「外壁のコケ」落としたい方必見!原因や掃除方法・予防法まで解説!

外壁のコケを落としたいけど何をしたらいいのか分からない、また自分でやった方がいいのか業者に頼んだ方がいいのか、判断基準は?など、経験の少ない方は困りますよね。

この記事では、そんな初心者の方でもすぐに始められるように他の記事に書いていある内容をほとんど網羅しながら、原因や掃除方法・予防法なども含めステップを分かりやすく解説しています。

この記事でわかること
  • 外壁にコケができる原因
  • 外壁のコケの予防&除去方法
  • 外壁のコケの除去を業者に依頼するかの判断基準

そもそもなぜコケが生えるのか?

まずはじめに、コケはなぜ外壁についてしまうのか?そのメカニズムを解説していきます。少しでも知っておくことでコケの増殖防止に繋がります。

コケの正体、コケの種類

コケ以外に、カビが原因で外壁が汚れる場合もあります。この二つは一見似ていますが、全く種類が異なります。性質の違いによって除去の仕方や予防法も変わってくるので、簡単に相違点を覚えておきましょう。

種類 蘚苔類(コケ) 真菌類(カビ)
特徴 コケは植物とされており、主にの3つの種類に分類され(蘚類、苔類、ツノゴケ類)、蘚苔類とはこれらをまとめて呼んだものです。

蘚苔類は配偶体の形が維管束植物に似て,茎の形をした部分と葉の形をした部分とが明確に分かれています。

コケとは異なり、カビは植物ではありません。細かくは、原生生物に含まれます。

菌類のうち,細菌類さいきんるいと変形菌類へんけいきんるいをのぞいた菌類きんるいをあわせて真菌類しんきんるいといいます。

また、栄養が十分にある場所でないと、生息は難しいとされています。

湿度 系統上は,水中に生活する藻類と陸上に生活する維管束植物との中間に位置し,一般的に陰湿な環境を好みます カビが発生するには、高い湿度が必要です。75~80%以上あることが条件です。
生息する場所 わずかな光でも生息はできますが、完全に日光が当たらない場所には生息できません。 また、水分も必要なため、乾燥している場所には生えづらいという特徴もあります。 蘚苔類は日光を必要としないので、湿っていて、日のあたらない場所を好みます。すなわち、日光が当たっている場所かどうかもコケかカビか判断する材料になります。

コケが発生する原因って?

外壁にコケが発生する原因(壁の近くにある木)家の外壁にコケが生えることについて、いくつか原因が考えられます。以下の項目に該当するものが多ければ多いほど、コケが生えやすいということになります。

  1. 外壁の防水機能が低下している
  2. 凹凸が多い外壁
  3. 風通しが悪い
  4. 外壁の近くに木がある
  5. 日光がわずかに当たっている

あなたの家は、上記の条件にどれくらい当てはまっているでしょうか?続いて、それぞれについて詳しく解説していきます。該当する項目を特に読み、参考にしてみて下さい。

①外壁の防水機能が低下している
先ほどの表にあった通り、コケといものは、一般的に湿度が高い場所に生息します。外壁塗装が本来の機能を発揮していれば、湿度はそこまで高くならないのでコケができることは稀です。しかし、住宅の周辺の湿度が高いところや外壁塗装が劣化していると、その分湿度が高くなってしまい、コケが繁殖しやすくなります。外壁塗装の劣化が原因で防水機能が低下している場合、自分で直すのは困難です。その場合は、外壁塗装の検討をしてみましょう。

②凹凸が多い外壁
表面に凹凸があったり表面がザラザラとしている場合は注意が必要です。凹凸によって光の当たり具合が変わったり、水が溜まりやすくなったりします。水が溜まりやすいといことは、その分湿度が高くなるのでコケにとって良好な生息場所になってしまします。また、凹凸が多いと胞子や養分がへこみにたまる可能性もあることから、コケの繁殖を促進してしまいます。

③風通しが悪い
住宅の構造によっては風通しが悪い場所が生まれます。風通しが悪いとその分湿気が高くなるので、これもコケを繁殖させる原因となってしまいます。

④外壁の近くに木がある
外壁の近くに木がある場合、その木からの胞子が飛んできて外壁につきやすくなってしまします。また田舎の場合は都会よりも自然が多いため、その分コケが発生しやすくなります。

⑤日光がわずかに当たっている
コケは性質から考えて、日光がよく当たる場所や逆に全くあたらない場所には生息できません。屋根の影に当たる場所や、隣の家と密接していて日光があたりづらい場所である場合、コケは発生しやすくなってしまいます。

放っておくとどうなる?

外壁のコケを放っておくと、様々な問題が発生してしまいます。

コケの増殖をさらに促進してしまう

外壁にあるコケ外壁についたコケを放置していると、外壁の防水性を低下させてしまいます。外壁の防水性が低下してしまうと、外壁の表面が湿った状態になりやすいので、はやめに手を打たないとコケが今以上に発生しやすくなってしまいます。

外壁劣化の原因に

コケによって外壁の塗装が侵食され、劣化する危険性もあります。外壁の塗装が機能を失うと外壁材の寿命が縮み、最悪の場合はコケが雨漏りなどを引き起こす遠因になります。

アレルギーの原因にも

また、コケは外壁のみならず、人間の体にも悪影響を与える恐れがあります。たとえば、アレルギー性鼻炎など。アレルギー性鼻炎は、ハウスダストやカビが原因で発生することがありますが、コケの放置はカビの発生原因にもなってしまいます。

まとめると…
  • 外壁のコケは放置するとさらに増殖しやすくなる
  • 外壁のコケの放置は、塗装や外壁材の劣化、アレルギーなどの原因にもなる

 

自分でコケの除去を行う方法

コケの除去は、業者に頼まなくても自分でできる場合もあります。例えば、コケの発生している範囲が狭かったり、頑固でなく比較的とれやすいコケの場合です。以下に自分でコケの除去をおこなう場合の手順を書くので、参考にしてみてください。

必要な道具をそろえる

外壁のコケを除去する道具

  • ブラシ
  • 中性洗剤
  • ゴム手袋
  • バケツ
  • レインコートで身体の保護
  • ゴーグルで目の保護
  • 脚立やはしご
可能であれば、ホームセンターの高圧洗浄機もあるとよいでしょう。高圧洗浄機があれば、コケだけではなく広範囲の汚れも比較的簡単に落とせます。

ブラシと中性洗剤で洗う

まず始めに、バケツに水を入れて外壁全体の汚れやホコリを落としましょう。

注意
この時、外壁を傷つけないように優しく洗ってください。一気に洗おうとゴシゴシ洗うのではなく、何度も優しく洗うようにしましょう。仮にコケを落としても外壁の塗装を削ってしまうと、外壁材の劣化は早くなってしまいます。

また、シーリング(ゴムのように柔らかい目地部分)はブラシでこすらないようにしてください。この部分が剥がれると、外壁の劣化が一気に進んでしまいます。

業者に頼んだ方がいい場合とは?

外壁を可能な限り傷つけたくない場合

自分での除去はできないことはないですが、プロに任せれば外壁の塗装は最小限の被害で済みます。また、自力でやっ場合、塗替え期間を数年早めてしまう恐れもあります。外壁の急激な劣化を防ぎたいときは、プロに洗浄を依頼しましょう。

除去したいコケが高所にある場合

高所にある外壁のコケを除去する業者コケが高所にある場合、自分で除去を行うのは大変危険です。特にコケが生えている場所が高所に何箇所もある場合は、足場が必要になってきます。

長期間放置していてコケが落ちにくい場合

長期間放置していたコケはなかなか落ちないため、ブラシでゴシゴシと力を入れなければいけない場合があります。しかし、ブラシで強くこすってしまうと、外壁塗装が剥がれ、劣化の原因になるので、してはいけません。このような場合は、自分では除去できる方法がないので、業者に頼みましょう。業者は専用の薬品を所持しているため、自分で行うよりも確実性が高いです。

まとめると…
  • 外壁を傷つけたくない場合や長期間放置したコケは、専用の薬品を所持している業者に依頼する
  • 高所での作業は危険が伴うため自分で除去せずプロにまかせる

 

外壁のコケを予防する方法

外壁のコケが発生してしまってからでは、除去する手間がかかってしまいます。そうなる前に防ぐのが可能であれば、あらかじめ予防にておいたほうが良いです。いくつか予防対策を紹介するので、参考にしてみてください。

光触媒塗料を使う

外壁のコケを予防する光触媒塗料まずは、光触媒塗料を使う方法があります。光触媒塗料は光によって汚れを自動で落としてくれ、またコケ対策にもなるのでとても便利です。ちなみに光触媒塗料は空気を浄化する性能も合わせもつため、臭いを分解してくれるのに加え、環境にも優しいです。

ただし高額な塗料であり、適切な施工技術を持つ業者も限られるため、一般の人が買うとなると少し厳しいかも知れません。

防カビ(防藻)塗料を使う

防カビや防藻性能がある塗料を使うことでも、コケ対策が可能です。防カビ塗料には、カビの発生を抑制する成分が配合されています。建設物から建設される菌は種類が多いことが特徴であり、ふつうの防カビ剤では対応できないところも、この防カビ塗料は対応できます。

タイル外壁にする

外壁にコケができにくいタイル外壁または、タイル外壁にする方法も存在します。先ほど、凹凸の外壁の場合光の当たり具合が変わったり水が溜まりやすくなったりするためコケが発生しやすいと書きましたが、反対にタイル外壁なら凸凹が少ないため、コケが発生しにくくなります。

また、タイル外壁には、気象の変化にも強いため色あせしたり変色するといったこともないというメリットもあります。

バイオ洗浄する

その他には、バイオ洗浄するという方法もあります。こちらは薬品を含んだ洗浄水で外壁を洗う方法なのですが、個人で行うのは難しいため業者に依頼する必要があります。

まとめると…
  • 外壁のコケは光触媒塗料または防カビ(防藻)塗料で予防できる
  • 凹凸の少ないタイル外壁はコケが発生しにくい
  • 外壁を洗うバイオ洗浄は業者に依頼するのがおすすめ

 

まとめ

外壁のコケ落としは自分でも行えますが、失敗してしまう可能性や安全面を考慮して、業者に頼んでいる方が多いです。業者に頼んだ場合、自分で洗浄するよりもコストがかかってしまいますが、様々な側面を考えた場合、やはり業者に依頼するのが確実です。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami