雨漏りの調査方法はこれ!修理費用・業者選びのポイントも解説

ある日突然、天井や壁にシミのようなものが発生したことはありませんか? その色が、雨が降るたびにだんだん濃くなったり、範囲が広がるようならば、雨漏りを疑ってみましょう。

雨漏りを放置してしまうと、補修工事の手間と費用は増える一方です。ですから、雨漏りを見つけたら早急な対応が大切になってきます。

この記事では、雨漏りの応急処置から雨漏り調査の方法など、雨漏りについての基本的な情報をまとめました。

この記事でわかること
  • 雨漏りの効果的な応急処置の方法は?
  • 雨漏り調査の方法と費用は?
  • 雨漏り修理はどの業者に頼めばいいの?

雨漏りは原因特定が難しい?

屋根や外壁の雨漏りは、雨水が浸入する箇所を特定し、素材を交換したり補修すれば直ります。とは言え、雨漏りの原因を特定するのは意外と難しいもの。素人判断で修理を行うと、雨漏りがひどくなったり別の場所から雨漏りが起きたりと、症状が悪化することもあるので注意が必要です。

雨漏りにはさまざまな原因があるので、専門業者でも雨漏り原因を特定するには検査や調査は必要不可欠。そこで、プロはどのような調査を行っているのかをご紹介します。

雨漏りによる悪影響は?

雨漏りしている天井まずはじめに考えられるのは、湿気や水分による建物内部の木造部分の腐食です。湿気の多い場所はカビが発生しやすくなりますから、建材の耐久性が弱まります。湿った木材はシロアリの格好のエサとなるので、あっという間に劣化が進むでしょう。

「カビはハウスダストの原因になる」というのは有名ですね。建材にカビが生えていては、いくら室内の環境に気をつけていても意味がないでしょう。さらに精神面においても、安心して休息できる場所であるはずのお住まいが雨漏りしていては、心身ともに休まりませんね。

このように雨漏りは建物だけでなく、住む人の健康や精神面にも悪影響を与えます。また、劣化がひどくなってからの工事では、費用も膨大になるのは間違いありません。「雨漏りぐらい」と軽く考えず、症状が悪化する前に適切な対応をするようにしましょう。

雨漏りの原因

雨漏りの原因を特定するには、そもそも建物のどのような箇所に雨漏りが現れやすいかを知る必要があります。

以下は、一般的に考えられている雨漏りの原因です。

  • 屋根やベランダの防水機能の劣化
  • 新築やリフォーム時の施工不良
  • コーキングの破損
  • 外壁のひび割れ
  • サッシまわりの劣化

素材の劣化や破損など、長年の使用によって発生するケースがほとんどですが、中には業者による施工不良もあるようです。このようにさまざまな原因があるため、原因調査は必ず行うようにしましょう。

雨漏りが見つかったら!修理までの流れ

雨漏りしている天井お住いの屋根や壁に雨漏りが見つかったら、具体的にどのような行動を取ればいいのでしょうか。

ここではまず、修理までの流れをご紹介します。

  • 雨漏り発生:バケツやビニールシートなどで応急処置をして、雨漏り修理業者に連絡する
  • 雨漏り修理業者に調査を依頼する:調査をして原因部位を特定できなければ雨漏り修理はできない
  • 雨漏り調査をしてもらう:目視検査だけで済む場合から、20万円以上の費用がかかることも
  • 原因部位を修理:雨漏り箇所でなくても、必要に応じて濡れた場所も補修

雨漏りの原因を特定するのは、プロの業者にとっても簡単なことではありません。天井から雨漏りしていたとしても、屋根が原因とは限らないのです。推測で判断して工事をしたのに雨漏りが続いている、といった施工不良を避けるためにも、プロによる原因調査が大切であることを認識しましょう。

まとめると…
  • 雨漏りの放置は建物の劣化を早める原因に
  • 修理工事の前に、原因の調査が必須!

調査の前に…雨漏りの応急処置OK・NG例

雨漏りは、雨や強風といった自然環境や、経年劣化によってもたらされることがほとんどです。そのため、日頃から劣化症状に気をつけていても、雨水やシミを室内で見るまでは気づくことが難しいでしょう。

突然の雨漏りに備えて準備をしている人はあまりいないかもしれませんが、ここでは、身近なものでできる雨漏りの応急処置をまとめてみました。また、それぞれの応急処置の際に気をつけたいポイントや、NG行動も合わせてご紹介します。

屋根をビニールシートで覆う

屋根からの雨漏りの場合は、屋根全体をビニールシートで覆うことで雨水の浸入を防ぐことができます。しかし、設置難易度が高く、素人が屋根に登ると落下する危険性もあるので要注意です。雨が降っている最中や、足元が濡れている時に行うのは絶対にNG! 風が強い場合も、強風にあおられて怪我をする危険がありますから避けるようにしましょう。

屋根以外からの雨漏りを防ぐにはあまり効果はありません。また、ビニールシートで雨漏りを防ぐのはあくまで応急処置です。早めに修理業者に連絡をするようにしましょう。

雨漏りの落下地点にバケツを置く

雨漏りを防ぐためのバケツ室内で雨漏りをしている場合は、どこのご家庭にもあるバケツを使い、落下する場所に置いて水を受け取りましょう。ありきたりなやり方ですが、水を拡散させないためには効果的です。

しかし、室内に水が滴り落ちる状態は、かなり雨漏りが進んでいると言えます。長く放置すると劣化が進むため、早急な修理が必要です。

雨漏り箇所に雑巾などを置いて吸い込ませる

窓や換気口から雨漏りする場合は、雑巾で吸い取る方法があります。ただし、雨漏りの量が多いと、雑巾は1時間程度で耐えられなくなるため、頻繁に交換が必要です。

本来、窓や換気扇などは雨水が浸水する場所ではありませんから、何かしらが破損や故障した可能性が高いと言えます。雨漏りの調査や修理はもちろん、雨漏りを繰り返さないためには根本的な原因を取り除く工事も必要となるでしょう。

防水テープで雨の浸入口を防ぐ

窓のサッシから雨漏りする場合は、防水テープで雨の浸入を防ぐことができます。しかし、雨を完全に防ぎきることは難しいため、効果の限度は1日〜2日程度と考えた方が良さそうです。防水テープはホームセンターなどで購入できます。

あくまで急場凌ぎの処置ですので、早めに専門業者に調査や補修を依頼するようにしましょう。

コーキングで原因箇所を埋める

コーキング シーリング壁の隙間から雨漏りする場合は、コーキングで埋めることも可能です。コーキングもホームセンターなどで簡単に手に入るので、業者による修理までの仮の処置としては効果的と言えるでしょう。

ただし、素人がコーキングで穴埋めすると雨漏りの範囲が広がる危険性もあります。そのため、あくまで「一時的な処置」と考え、被害が広がらないうちに専門業者に補修工事を依頼しましょう。

1人で作業をするのはNG

雨漏り補修の作業はサポートが必要なケースがありますから、必ず2人以上で行うようにしましょう。

特に、屋根のビニールシートは1人では困難です。足元の悪い慣れない場所での作業となりますし、落下の危険がありますから、天候や雨漏りの状況をよく見て判断するようにしましょう。

まとめると…
  • バケツで落下する雨水を受ける
  • ビニールシートや雑巾などで雨水の浸入を防ぐ。必要に応じて防水テープやコーキングを使用する
  • 1人での作業は危険! 必ず複数人で作業すること
  • 応急処置は、あくまで一時的なもの。早めに専門業者に修理工事を依頼する

雨漏り原因の調査方法

突然の雨漏りを防ぐには、プロの業者に定期的な調査を依頼するのがおすすめ。雨漏りの症状が軽い段階で発見できれば、補修の手間も少なく、費用も安く済むでしょう。

雨漏り調査にはいくつかの方法があります。手間と費用のかからない順番にご紹介すると以下の通りです。

  • 目視調査
  • 散水調査
  • 発光調査
  • 赤外線調査
それぞれの方法や特徴について順番に詳しく見ていきましょう。

目視調査

外壁の状態を調査している業者「目視調査」とは、文字通り目で見てチェックすること。雨漏り箇所から推測して、壁のつなぎ目や隙間、屋根の上や天井裏などを目で見て、雨水が浸入した跡を調査します。

目視調査は、検査員の実績や熟練度によって精度が異なることも。ですが、目視である程度の原因を特定することにより、それ以降の調査がスムーズになるのです。

一般的に、経験の豊富な業者であるほど、精度の高い調査が得られることでしょう。

散水調査

「散水調査」は、雨漏りの原因らしき部位に実際に水をかけて調査することです。雨漏りの再現をすることで、原因の特定できる確率がより高くなります。

散水調査は目視調査より手間も時間もかかりますが、目視の補助的な役割としては大変有効です。

発光調査

「発光調査」とは、紫外線を当てると発光する液体を雨漏りしていそうな部分に流して行います。雨漏り箇所が複数の場合に適した調査法です。

散水調査でだいたいの原因部位を特定した後に用いられる方法で、発光液の色を変えることで浸入した雨水の流れがひと目で分かるようになっています。一般的に、発光液は変色せず、数日で発光しなくなりますが、念のために実際の検査前にテストしておくことをおすすめします。

赤外線調査

「赤外線調査」は、高感度赤外線カメラで建物を撮影して検査します。建物内部の温度を観察することで、建物内部の雨水の浸入経路や異常のある部位が特定が可能。外壁の雨漏りに適した調査法です。

この調査は建物の環境や材質によって向き不向きがあるので、修理業者と相談して採用するようにしましょう。

まとめると…
  • 目視調査:目で見て雨漏り部位をチェックすること
  • 散水調査:雨漏りを再現することでおおよその原因箇所を特定する。目視調査の補助的な役割も
  • 発光調査:紫外線に反応する液体を原因箇所付近に流し、雨水の流れを調査。複数の箇所からの雨漏りに効果的
  • 赤外線調査:赤外線カメラによる温度観察で、浸水箇所と漏水箇所が分かる。外壁の雨漏りに適した調査法

雨漏り調査にかかる費用は?

雨漏り調査にもいくつかの種類がありますが、ここではそれぞれにかかる費用をまとめてみました。

目視調査

目視調査の費用は、5万円以内。「調査無料」と宣伝している業者の場合は、目視調査であるケースがほとんどです。

散水調査

お金とマイホーム散水調査の費用は、5〜10万円が相場です。ただし、お客様の水道を使用して散水するケースがほとんどなので、その分の水道代は別途必要となるでしょう。

また、補修業者によっては報告書の作成に費用がかかることもあります。

発光調査

発光調査の費用相場は15〜20万円。発光塗料を混ぜた専用の検査液が必要となるため、やや費用がかかるのはやむを得ないでしょう。

こちらも、別途で報告書の作成費がかかる場合があります。

赤外線調査

赤外線調査の費用は18〜30万円。赤外線サーモグラフィーなど専門の道具が必要となるため、他の調査と比べて高額になります。

紫外線調査のケースでも、報告書の作成費用が別途に必要となることがあります。

調査方法 費用
目視調査 0〜5万円
散水調査 5〜10万円
発光調査 15〜20万円
赤外線調査 18〜30万円

調査が終わったら…雨漏りの修理方法

補修業者による調査が済んだら、いよいよ雨漏りの修理工事が始まります。

雨漏り部位ごとの原因と、それに必要な補修について具体的に見ていきましょう。

屋根の部分補修

調査により屋根からの水漏れが確認できたら、次は該当部分の修理です。

今まで使っていた屋根材を剥がし、防水シートや下地素材から修理します。劣化状態によっては新しい素材と交換したり、屋根材の張り替えが必要となるケースも。

また、屋根からの雨漏りによって天井にシミができたり腐朽した場合には、天井の修理も必要となるでしょう。

ベランダや陸屋根の防水加工

ベランダや陸屋根が雨漏りする原因は、防水処理加工の劣化によるものが多いようです。

この場合、劣化した部分の防水を剥がして素材を交換したり、破損していればコーキング材などで修理が必要です。補修が終われば、防水加工してある塗膜を塗るか、防水シート、アスファルト防水などの防水処理加工を再び施します

サッシや換気口の穴埋め

窓のサッシから雨漏りをする原因は、窓とサッシの隙間を埋めるパッキングの劣化やひび割れによることがほとんど。パッキング部分も長期の使用によって劣化しますので、そこから雨水が浸入してしまうのです。修理には防水機能のあるコーキング処理や、防水シートといった下地の修理・交換などが必要となります。

換気口周りも外壁からの雨漏りが多い箇所です。換気口と外壁の隙間や設置部分に施されたシーリングに穴が開き、雨漏りの原因となります。サッシ同様、コーキングなどの補修材で穴埋めする必要があるでしょう。

まとめると…
  • 屋根の部分補修は、防水処理加工の下地に張り替える
  • ベランダ・陸屋根は、破損部をコーキング材で補修し、防水処理加工のある塗膜やシートを張る
  • サッシ・換気口は、劣化した部分をコーキングで穴埋め。症状によっては下地の修理・交換も必要

雨漏り調査・修理を依頼する業者の選び方

お住いのトラブルに多い雨漏り。しかしご覧いただいたように、一口に雨漏りと言っても、部位や原因によって対処法も違ってきます。雨漏りは、素人では原因究明や根本的な解決が難しいので、必ず専門の業者に依頼するようにしたいものです。

世の中にはたくさんの修理業者が存在しますが、優良業者を見分けるにはどのような点に気をつければいいのでしょうか?

ここでは、雨漏りを依頼するのにベストな業者の選び方をご紹介します。

調査の画像や映像を見せてくれる

塗装業者との費用見積もり雨漏りの調査は、業者に依頼するのが基本です。その時に、調査結果だけでなく、具体的な調査の状況や原因箇所を写真や動画で見せてくれる業者は信頼性が高いと言えます。

一見、何の問題もなさそうな外壁や、登ってみないと分からない屋根の上など、口頭で伝えられただけでは素人には判断が難しいこともあります。それを写真や画像を使って分かりやすく説明する労を取ってくれる業者は、仕事ぶりにも信頼が置けるでしょう。

相見積もりをする

修理業者が優良な業者であるかを判断するには、「相見積もり」がおすすめです。「相見積もり」とは、同じ条件で複数の業者に見積もりを依頼すること。最低でも3社以上の業者に依頼するようにしましょう。

相見積もりをすることで、金額が異常に高かったり、必要ない施工をしつこく提案してくる業者を判別することができます。そのような業者は詐欺や悪徳業者である可能性が高いので、依頼すればトラブルとなることも。そのような業者を見分けるには相見積もりはとても有効な方法です。

依頼先は外壁塗装や大工ではない

雨漏りの修理は防水分野です。そのため、防水処理の専門家がいない業者や、外壁塗装の業者に依頼しても十分な対処をしてもらえない可能性もあります。

二度手間やトラブルを避けるために、「雨漏り修理ができる業者」であることを確認した上で、調査や施工を依頼するようにしましょう。

原因を明確に特定できている

雨漏り補修には、まず調査が必要です。調査を依頼したら、雨漏りの部位を明確に特定できているかを確認しましょう。素人は「専門業者なら修理できて当たり前」と思いがちですが、雨漏り原因の特定は専門家でも難しいのが現実です。

原因がはっきりしていないのに手当たり次第に補修工事をする業者だと、必要な修理が行えず雨漏りが再発する恐れもあるでしょう。

まとめると…
  • 雨漏りの原因をしっかり特定し、画像や動画を使って説明できる業者を選ぶ
  • 相見積もりは必須!
  • 雨漏り修理に必要な「防水処理」ができる業者であることが基本

雨漏り調査は徹底的に行う業者を選ぼう

お住いで雨漏りが発生した時、「今後も快適に住み続けられるかは、修理業者選びにかかっている」と言っても過言ではありません。

業者選びの重要なポイントは、「時間をかけて徹底的に原因調査してくれるか」という点です。原因を明確に特定することで雨漏りの再発が防ぎやすくなるため、原因調査はとても重要な工程なのです。そのため、時間をかけて徹底的に原因調査する雨漏り業者は信頼できる業者である可能性が高いと言えます。

突然の雨漏りによる不安から、焦って修理業者を選ぶのはおすすめできません。この記事でご紹介した業者選びのポイントを参考に、信頼できる業者であるかをしっかり見極めて選ぶようにしてください。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami