雨漏りはどうして起こるの?雨漏りの原因や発生しやすい場所を解説!

梅雨の季節になると雨の日が多くなり雨漏りしないか心配になってしまっている方、もしくはもうすでに雨漏りが発生してしまい、うんざりしている方もいらっしゃることでしょう。

乾けばなんとかなるなどと楽観的に考え雨漏りを放置してしまうと、致命的な被害を被ることとなります…!実は家の寿命を縮めてしまうだけでなく、人体への悪影響も引き起こしかねないのです。

しかし、そもそもどうして雨漏りしてしまったのかわからないと行動に移せませんよね。そこで、この記事では雨漏りが起こる要因発生しやすい場所について詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください!

この記事でわかること
  • 雨漏りの様々な原因
  • 雨漏りが発生する場所
  • 雨漏りの原因を特定する方法
  • 雨漏りが発生した際の応急処置方法

雨漏りの直接的な原因

雨漏りには屋根や外壁の寿命、人為的な要因など、様々な原因が考えられます。そしてこの雨漏りを引き起こす原因は、直接的なもの間接的なものに分けることができます。

まず、雨漏りの原因のうち直接的なものは主に以下の6つです。

  • コーキングの剥がれ
  • ストレートの部分にヒビが入っている
  • 屋根の防水機能の低下
  • 屋根の老朽化
  • サッシに隙間がある
  • 給排水管からの雨漏り

それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

コーキングが剥がれている

防水・耐久性の効果を持ち合わせているコーキングは隙間を埋める役割を担っています。窓枠を外壁にはめ込む際に隙間ができてしまうのですが、それを埋めてくれるゴム状の建材がコーキングです。

雨風や紫外線などの原因によりコーキングは寿命を迎えてしまいます。このコーキングが剥がれて隙間ができると、そこから最終的に雨が侵入してしまうのです。

スレートの部分にヒビが入っている

ひび割れから雨が侵入して雨漏りを引き起こすことがあります。スレート屋根はひびが入ってすぐに雨漏りをするわけではありませんが、放置してひび割れがさらに大きくなると雨水が染み込んできて最終的に雨漏りしてしまいます。

ひび割れは屋根材が劣化してきたサインであるため、放っておかず直ちに補修しましょう。

屋根の防水機能の低下

防水機能が低下した屋根は水をはじきにくくなり、雨を通しやすくなってしまいます。いくら強力な防水機能のある塗料を使ったからといってそれは永久的ではありません

経年劣化によって防水加工効果は落ちていくのが事実です。雨漏りを防ぐために定期的に屋根のメンテナンスをすることをおすすめします。

屋根が老朽化してきた

どんなに素材にこだわったとしても、屋根には寿命があります。老朽化した屋根というのは破損やひび割れが起こるため雨が内部に侵食しやすいのです。

サッシに隙間がある

そもそもサッシとはどこのことを言っているのかいまいち分からない方もいるかもしれませんが、サッシとは窓枠のことを指します。サッシは窓を幽閉することで雨風を防いでくれるのです。

特に窓のサッシの隙間は雨漏りしやすい場所とされ、隙間がある状態だと雨が内部に侵食しやすくなっています。

給排水管から雨水が侵入

主要な原因として挙げられることが少ないのが給排水管からの雨漏りです。サッシ枠と同様に外壁と防水シートを貫通しているため、隙間ができてしまうと雨が浸入してしまいます。

雨漏りの間接的な原因

続いて、間接的な原因にはどのようなものがあるのでしょうか?意外と気づかないうちに雨漏りしていた…という場合はこの間接的なものが考えられます。ここでも、まずが代表的な間接的な原因を5つ紹介します。

  • 地震による破損
  • 強風や雨
  • 業者の施工不良
  • 屋根のトップライト
  • 太陽光パネルの設置

それでは、ひとつずつ解説していきます。

地震による破損

日本はやはり特に地震が多い国であるので、地震が原因となる雨漏りの発生は全く珍しくありません。まずは地震の衝撃で外壁にひびが入り、そこから少しずつ雨が侵入し続けるケースがあります。

また、瓦が地震の影響でずれてしまったり、屋根から外れてしまった部分から雨水が入りこみ雨漏りの引き起こすこともあるのです。

強風や雨

風や雨が強すぎるために、本来なら問題なかった窓の隙間などから雨が入り込んでくる場合があります。実際は普段から少しずつ雨水が内部に侵入はしていたものの限界は超えていなかったため雨漏り発生までには至らなかっただけなのです。

強風や豪雨によって大量に雨水が一気に侵入してしまうと限界を超えてしまい、雨漏りしてしまいます。雨漏りしてしまってからは遅いので、こまめに屋根や外壁の状態をチェックしておきましょう。

業者の施工不良

作業する職人によって外壁や屋根の出来栄えには差が出やすいものです。特に「新築なのにもう雨漏りしている」という場合はほぼ施工不良が原因といえます。

コーキングや防水テープ、塗装、防水シートの手抜き作業などがあるとすぐに雨漏りなどの不具合が生じてしまうのです。

また、リフォーム時に業者が施工不良を起こしてしまい雨が侵入する場合もあります。業者はなるべく注意深く選びましょう。

屋根のトップライト

光を室内に取り込み明るい空間をつくり出してくれる天窓(トップライト)ですが雨漏りの原因となることが意外にも多いのです。水が溜まりやすいのと、水が回りこんでしまいやすいことが大きな理由となっています。

トップライトや天窓を設置したために防水処理が不十分で雨漏りが起こるということもあります。

太陽光パネルの設置

太陽光パネルを設置するには屋根に穴を開けなければなりません。野地板の上にある防水シートや屋根材にも穴を開けることとなるため非常にリスクの伴う作業となっています。

設置時の工事で失敗したために雨漏りを引き起こすケースがあるのです。

雨漏りが発生する場所は?

雨漏りといえばまずは屋根を想像するでしょう。しかしながら、実は屋根以外の場所で雨漏りが発生する場合の方が高いと言われています。

主な発生場所として考えられるものを挙げていきます。

  1. 雨樋
  2. 外壁
  3. サッシまわり
  4. バルコ二ー
  5. 屋根

以下では、それぞれの場所で発生する原因や対処法などを解説していきます。

雨樋

こちらは「あまどい」と読みますが、屋根の上の雨を地面に逃がすパイプのことを指します。この雨樋の部分が土やほころ、葉っぱなどが原因で詰まりを起こすと、雨漏りが発生してしまうのです。

ちなみにこの雨樋が詰まってしまうと、雨漏り以外にもさらに深刻な問題が発生する可能性もでてくるのです。例えば、基礎内の高湿化に繋がったり、シロアリ被害の原因になったりもするのです。

そのため、雨樋は定期的に掃除するようにすることが大切です。

外壁

外壁に関しては、ひび割れやコーキングの破損によって雨漏りが起こる場合が考えられます。外壁のひび割れは「クラック」とも呼ばれ、状態によって呼び方も変わってきます。

その種類は主に4つあり、ヘアークラック、構造クラック、乾燥クラック、縁切れクラックなど。それぞれの特徴は以下の通りです。

種類 状態
ヘアークラック 塗膜の部分だけひびが入っている
乾燥クラック 乾燥していく過程でひびが入ってしまう
構造クラック 構造の柱となる深い部分にまでひびが入っている
縁切れクラック 作業を中途半端な状態で止めたりしたせいで劣化しひびが入っている

また、ひび割れのしやすさは外壁材の種類によっても変わってきます。特に窯業系の外壁はひび割れが発生しやすい傾向にあると言われます。反対に、ガルバリウム鋼板などの鋼板系はひび割れが起きにくい外壁です。

コーキングの破損の原因としては、外壁の動きにコーキングの接着強度が耐えられなかったことが考えられます。他にも、プライマーの塗り方が雑だったり、塗り方にムラがあったりした場合もコーキングが破損する原因に繋がります。

サッシまわり

サッシまわりに隙間があったり、コーキングが破損したりすると、これも雨漏りが起こる原因となります。この場合、ひどくなると雨の量によっては窓台に雨水が溜まってしまう場合もあります。

サッシまわりに隙間ができる原因としては、防水紙が施工不良だったり、サッシまわりの仕上げが雑だったりなどが考えられます。

バルコニー

バルコ二ーに関しては、防水加工が劣化していると雨漏りが起こってしまいます。また、バルコ二ーの排水口が詰まっている場合も雨漏りの原因となってしまいます。

特にバルコ二ーの排水口には、虫の死骸や落ち葉、ホコリやゴミなどが詰まりやすくなっているため、定期的に掃除するようにしましょう。

屋根

瓦が外れていたり、屋根材が破損したりしている場合なども雨が内部に侵入する原因となります。屋根材の種類によって雨漏りの原因が異なっている場合もありますので、以下の表を参考に、ぜひ自分の家の屋根材と照らし合わせて読んでみてください。

屋根材 雨漏りの主な原因
瓦屋根 瓦のズレ、瓦の破損
ストレート屋根 棟板金の浮き

瓦のズレや破損が起こる原因としては、強風や雨などによるものが考えられます。ストレート屋根の釘の部分が浮いてしまう原因は、こちらも強風によるものがありますが、温度変化や釘がある木材部分の劣化なども原因として考えられるでしょう。

雨漏りの原因を調査する方法は?

今までは雨漏りの原因をみてきましたが、実際自分の家の雨漏りの原因はどれなのか分からないと対処法もわかりませんよね?

主に雨漏りの原因を調査する方法は、自分で調査する方法と業者に頼んで調査してもらう方法があります。ここではそれぞれ解説していくので、自分に合う方法を選んでみるといいでしょう。

自分で調査をする

一番手取り早いのは、雨漏りの原因と思われる場所を目で確認してチェックする方法です。こちらはすぐにできますが確実性が低く、ほとんどの場合は雨漏り箇所を特定できないでしょう。

しっかり雨漏りの原因を特定して確実に対処したい場合は、以下で紹介する、業者に頼んで調査してもらう方法をおすすめします。

業者に頼んで調査してもらう

業者がチェックする際は、主に以下の4つの種類があります。

  1. 目視検査
  2. 散水検査
  3. 発光検査
  4. 赤外線検査

では、ひとつひとつ解説していくので、方法を選ぶ際ぜひご参考にしてみてください。

目視検査

こちらは業者が目視でチェックする方法です。しかし、外部から確認するだけなので精度が低いと言えるでしょう。費用は0〜5万円程度です。

散水検査

雨漏りの原因と思える部位からわざと水を流して、漏れているかどうかを調べる方法です。目視よりも精度が上がりますが「強風がなければ雨漏りしない」といった条件付きで浸水する場合は原因の特定が難しいでしょう。費用は5〜10万円程度となっています。

発行検査

こちらは紫外線を当てると発光する特殊な液体を流して調べる方法です。雨漏りが複数ある場合に利用することが多いです。15〜20万円程度で行うことができます。

赤外線検査

雨水の影響で変化した温度を感じ取ることで外壁内部で浸水している部位を特定する検査方法です。液体を流すことなく外壁内部の状況を把握することができます。検査するためには三脚などを立てるスペースが基本的に必要で、狭い場所では検査が難しく、その分費用も高くなってしまいます。およそ18〜30万円程度でできます。

以下に費用を一覧にまとめていますので、値段と比較して検討してみましょう。

検査方法 費用
目視検査 0〜5万円
散水検査 5〜10万円
発光検査 15〜20万円
赤外線検査 18〜30万円
まとめると…
  • 雨漏りの原因を自分で調査する場合は目で確認する
  • 目視検査の場合は、正確性に欠ける
  • 業者に調査してもらう場合は、目視検査、散水検査、発光検査、赤外線検査などがある

雨漏りが発生した場合の応急処置方法は?

雨漏りの発生に気づいたら、とりあえず応急処置をして雨漏りを防ぎたいですよね。雨漏りを放っておいては生活に困ってしまいます。

ここではそんなときのためにすぐにできる雨漏の対処法をいくつかご紹介しているので、ぜひ応急処置として試してみてください。

雨漏りの落下地点にバケツを置く

これはバケツさえあれば一瞬でできる方法です。室内の天井から雨漏りしている場合は、これで一旦は床が濡れるのを防げます。

しかし、大雨の日はバケツの水を数時間置きに捨てなかったりバケツに落ちる際響く音もうるさい場合もあるので、応急処置法として万全とは言いづらいかもしれません。

屋根にビニールシートをかぶせる

その他には、屋根からビニールシートをかぶせる方法もあります。こちらは、雨漏りの原因が屋根からの場合のみ可能な応急処置法です。

ただし屋根に登る必要があり、落下する危険があるためオススメはしません。特に雨が降っていると屋根が滑りやすくなっているため、たいへn危険な作業と言えます。

窓に防水テープを貼る

こちらはサッシからの雨漏りの応急処置法です。しかし、わずかでも隙間があると水が漏れてしまうため、万全に対処するのはなかなか難しいでしょう。

もし防水テープで対処する場合は、雨漏り部分を掃除道具などで綺麗にしてから貼るようにしましょう。

まとめると…
  • 室内の天井から雨漏りしている場合はバケツで対処
  • 屋根から雨漏りしている場合はビニールシートで対処
  • サッシから雨漏りしている場合は防水テープで対処

このように、自分で応急処置をする方法はいくつかあります。しかし、上記のような方法を自分でやっても、その時の一瞬はいいかもしれませんが、間に合わせでしかありません。

雨漏りを発見した場合は、すぐに雨漏り業者に依頼することが重要です。

雨漏りの原因特定は困難!見つけたらすぐに業者に依頼しよう

雨漏りの特定を自分ですることは正直難しいです。節約のために自分で雨漏りの原因を探したけれど特定できなかったでは、結局余分な費用がかかってしまうことにつながります。

そうならないためにも、雨漏りを発見した場合は、すぐに信頼できる業者に依頼し、適切な方法で修理してもらうことが大切でしょう。

Bitnami