雨漏り修理の全情報をまとめ!費用相場から応急処置まで徹底解説

梅雨や台風、秋の長雨、降雪など、季節を問わず雨の日はやってきます。雨の日が続くと起こり得るのが雨漏りです。天井からポタポタと雨水が落ちてきたり、いつの間にか天井や壁に染みができていたらショックですよね…。

この記事では、そんな雨漏りについて原因から対策や補修工事、費用相場までを徹底的にまとめました。既にお悩みの方はもちろん、不安に思われている方は是非ご一読ください!

突然の雨漏りの原因は?

突然雨漏りが起こるときは、様々な要因が考えられます。例えば屋根材の破損、防水機能の劣化などです。また、防水機能の劣化を早める原因として、塗装の劣化もあげられます。

また、雨どいが落ち葉やゴミなどで詰まることで、水が正しく排水されず雨漏りを起こすことも。建物の築年数が経過すると、サッシやパッキンが劣化することも雨漏りの原因のひとつです。

そのほか、屋根の上に太陽光パネルなどの設備がある場合、それらの設備が劣化して雨漏りの原因になることもあります。ベランダや屋上など、水がたまりやすい場所の損傷や劣化にも注意が必要です。

以下の記事にも雨漏りの原因が詳しくまとめてあります。こちらの記事もあわせてご覧ください。

雨漏りはどうして起こるの?雨漏りの原因や発生しやすい場所を解説!

雨漏りが起きたらまず確認すべきこと

雨漏りが起きてしまったら、まず何をすべきでしょうか? すぐに業者に連絡したとしても、警備会社のように即座に駆けつけてくれるわけではありません。業者が来るまでにできることをやっておきましょう。

STEP.1
雨漏りの発生条件を確認する
まずは、どんなときに雨漏りが起きているのかを確認しておきましょう。
  • いつから(今日であれば今日の日付を控えておきましょう)
  • 天候(雨が降ると起きる、天気は関係ない、雨風どちらも強いと起きる、等)
  • どこ(1階の天井から、天井と壁の間から、窓から、天井のシミやクロスの剥がれ等)
  • 程度(水滴が垂れてくる、染みが出来ている、水が滲み出てくる、等)
後日、業者が来るタイミングで雨漏りが起きているとは限らないため、上記のような情報をまとめておくと、原因調査の際に役立ちます!

また、天井のシミは雨漏りのサインとして見落とされがちなので注意が必要です。シミが大きくなって雨漏りに気が付くという方も多いですが、天井にシミができているということは、軒裏に相当量水がたまっている可能性があります。

STEP.2
思い当たる原因がないか考える
どうして雨漏りが起きてしまったのか、心当たりがあればそれも大事な情報のひとつです。例えば、台風が来たタイミングで、などはわかりやすいですね。他にも家を外から確認して、屋根や外壁に異変が起きていないか、わかる範囲で把握しておくと良いでしょう。
STEP.3
雨漏り以外の原因を確認
水滴が垂れてきたり、染みが出来たからと言って、必ずしも雨漏りではない場合があります。何かというと結露や漏水です。これらが原因の場合は、雨漏りではなくても雨漏りに似た症状が起こる可能性が高くなります。

雨漏りが発生したときの応急処置

続いて、現在雨漏り発生中の方々に向けての応急処置、対処方法になります。「今、何をすればいいの?」と急を要している方は、以下必読です!

ブルーシートなどをかぶせる

よくテレビなどでも見かける光景ではないでしょうか。屋根からの雨漏りであれば、古典的ですが非常に効果的です。

注意点として、素人が屋根に登るのは大変危険なため、屋根に上がることはできるだけ避けること、ブルーシートが飛んでいかないようにしっかりと固定しておくことが求められます。

バケツ・新聞紙・雑巾

水滴が垂れてきているのであれば、二次被害を防ぐためにも水滴を受けるバケツ等を置きましょう。窓や壁の四隅から滲み出てくるような場合は、雑巾や新聞紙等で広がらないように抑えておきましょう。

防水テープを貼る

穴が開いている、ひび割れている等、原因も箇所もハッキリしている場合はこちらも効果的です。貼り付ける際は、貼り付け箇所を綺麗に拭き取ってからでないと、テープの粘着力が落ちてしまうため注意しましょう。

コーキング材を打つ

コーキングの剥がれやひび割れが原因だとわかっている場合の対処方法です。コーキングする場合は、古いコーキングを綺麗に除去してから打つようにしましょう。

また、必要以上にコーキングしてしまうと水の通り道を塞いでしまい、別の箇所から雨漏りしてしまう危険性があるため要注意です。

やってはいけないNG応急処置
壁や屋根などに釘を打つことは避けましょう。釘穴からさらに水が入ってくることになったり、家そのものを傷める原因となります。

応急処置のために台風などの最中に屋根に上がったり、外に出たりするのは危険ですので絶対に避けましょう。また、どれもあくまで応急処置であることには変わりありません。なるべく早く信頼できる業者に見てもらい、適切な修繕をしてもらうのがベストです。

雨漏りの応急処置については、以下の記事にも詳しくまとめてあります。こちらの記事もあわせてご覧ください。

雨漏りの応急処置と修理までに確認すべきこと4つ!原因と対策を解説雨漏りの応急処置はどうすればいい?突然の雨漏りの対処法!

雨漏りの調査・修理は業者に依頼!

雨漏り調査修理は業者に依頼

雨漏りに対処するためには、雨漏りの原因や場所を特定する必要があります。ただし自分で雨漏りの原因を特定するのは難しいでしょう。

雨漏りを調査するためには目視調査のほか、散水調査、発光調査など様々な調査方法がありますが、いずれも自分で行うのは難しく抜けも多くなる可能性が高いです。

さらに修理となると、専門的な知識や技術が必要になります。雨漏りの原因や場所の特定、修理は、自分で行わずに業者に依頼した方が確実です。

雨漏りの原因調査については以下の記事で詳しくお伝えしています。こちらの記事もあわせてご覧ください。

雨漏りの応急処置と修理までに確認すべきこと4つ!原因と対策を解説雨漏りの応急処置はどうすればいい?突然の雨漏りの対処法!
雨漏りでお困りではありませんか?
外壁塗装ほっとらいんなら、雨漏りのお悩みも解決できます。全国300社越えの加盟店の中から、雨漏り修理の実績が豊富な業者をご紹介。完全無料、会員登録不要で今すぐ相談できます。
60秒で完了!
無料で相談する▶

雨漏り修理の方法・費用・工期まとめ

雨漏り修理の方法費用工期まとめ

実際に修理にかかる費用がどれくらいなのかが一番気になるところですよね。また修理にどれくらいの期間が必要なのか、その際に気を付けることは? と疑問は後を絶たないでしょう。

次の修理箇所それぞれの費用相場、工期について、順に確認していきましょう。

  • 屋根
  • 外壁
  • その他

屋根の補修

雨漏りで最も原因を疑われる屋根の補修について、部分的な補修と全体的な補修でそれぞれまとめました!

部分的な補修

屋根や屋根の付帯物を固定するために施されているコーキングは、経年劣化の影響を受けるため定期的な補修が必要です。また、コーキングを増し打ちするのか、打ち換えするのかで費用が異なってきます。
費用:¥50,000~¥500,000
工期:数時間程度
足場が必要な場合は、足場設置の分、費用も工期も長くなります。また、コーキング以外に屋根材の補修等が必要になる場合は別途料金がかかります。

瓦屋根等は前述のコーキングではなく、漆喰が用いられています。漆喰も経年劣化で補修が必要となります。

費用:¥180,000~¥450,000
工期:1日~3日程度

漆喰の補修は熟練の技術を持った職人が必要となります。瓦屋根については「かわらぶき技能士」という国家資格もあり、誰にでもできることではない点をおさえておきましょう。

棟板金とは、屋根の一番高い部分、三角屋根であれば尖っている部分に取り付けられている部材を指します。この部分にひびや破損があると、隙間から水が浸入することになります。

費用:¥30,000~¥200,000
工期:半日~1日程度

交換が必要となる棟板金の大きさや形によって、費用が異なります。家屋によって棟板金の長さが異なるためです。

谷樋(たにとい)とは、屋根と屋根がぶつかり、谷となる部分のことを指します。谷樋は屋根の排水で要となる部分で、「谷板金」と呼ばれることも。屋根からの雨漏りの原因第1位という調査結果もある、大事な箇所です。

費用:¥30,000~¥800,000
工期:1日~2日程度

谷樋は経年劣化により穴が開いたり、変形したり、釘が浮いたりしてしまいます。そのため、破損した場合は交換が基本。ただ、谷樋が原因で屋根材にまで腐食が進んでいるような場合は谷樋の修理だけに収まらないため、費用がさらに高額になります。

屋根瓦自体は耐久性が高い素材ですが、それでも台風や暴風雨が原因で破損してしまうことも。このような場合は、瓦自体を修理・交換することになります。

費用:¥10,000~¥50,000
工期:1日程度

施工自体はパテや防水テープで修繕したり、割れている場合はその瓦ごと交換することになります。「それくらいなら自力で」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、踏む場所に気を付けないと新たな破損個所を生む原因になってしまうので注意が必要です。

屋根の部分的な補修についてまとめると以下の通り。

補修方法 費用 工期
コーキング補修 ¥50,000~¥500,000 数時間程度
漆喰の補修 ¥180,000~¥450,000 1日~3日程度
棟板金の交換 ¥30,000~¥200,000 半日~1日程度
谷樋の交換・撤去 ¥30,000~¥800,000 1日~2日程度
瓦のずれの修理・交換 ¥10,000~¥50,000 1日程度

全体的な補修

調査の結果、部分的な補修では追い付かない場合、全体的な補修を行ないます。そのひとつがカバー工法です。既存屋根の上からルーフィングを施工し、新しい屋根を取り付けます。

費用:¥700,000~¥1,500,000
工期:7日~10日程度

全体補修というよりは、リフォームと考えていただいて問題ありません。ただカバー工法が施工できない場合もありますので、そこは業者に確認が必要です。

リフォームと同じになりますが、屋根そのものを全て取り換えてしまう工法です。下地材などに深刻な傷みがあった場合、補修では追い付かず、屋根そのものを交換してしまいます。

費用:¥800,000~¥2,500,000
工期:1週間~2週間程度

屋根全体の交換となるため、屋根の大きさや素材、形状によって費用差が大きくなります。また既存屋根の撤去費用も必要です。

全体的な補修③屋根塗装

屋根材の防水塗装が経年劣化により機能が衰えてしまった場合、再塗装が必要となります。ただ、塗装の剥がれが雨漏りの直接的な要因となっていることは少ないようです。

費用:¥400,000~¥800,000
工期:2週間程度

雨漏りは破損やひび割れが主要因のことが多いため、塗装だけで雨漏りが解消すると考えない方がいいでしょう。屋根の大きさや塗料の種類によってかなり価格差が出るため、見積もりが必須です。

屋根の全体補修に必要な費用・工期についても一覧表にまとめました。

補修方法 費用 工期
カバー(重ね葺き)工法 ¥700,000~¥1,500,000 7日~10日程度
葺き替え工法 ¥800,000~¥2,500,000 1週間~2週間程度
屋根塗装 ¥400,000~¥800,000 2週間程度

 

屋根塗装の費用を詳しく知りたい方には以下の記事もおすすめです!
「屋根塗装の単価」費用・相場をくわしく解説!【屋根材別・坪別】

外壁の補修

屋根に問題が無い場合、外壁からの浸水が考えられます。

部分的な補修

コーキングや外壁のひび割れに対して、コーキングを増し打ちする補修です。外壁からの雨漏りで一番軽度な場合となります。
費用:¥50,000~¥100,000
工期:数時間程度

コーキングもひび割れも軽度な場合にのみ、可能となります。ひび割れが大きい、深い場合にはこの限りではありません。

既存のコーキングを取り除き、コーキングを打ち替える場合です。コーキングも経年劣化で傷みや剥がれが出てくるため、定期的な打ち替えが必要となります。
費用:¥100,000~¥500,000
工期:半日~1日程度

雨漏りの原因となっている箇所によっては足場が必要となるため、その際は費用が高額となります。

雨漏りの要因が外壁にある場合、外壁の再塗装で雨漏りが解消できる場合があります。調査結果から業者と相談してみてください。

費用:¥600,000~¥1,600,000
工期:2週間程度

築年数が浅い物件でなければ、外壁塗装は全体に施すのがおすすめ。塗装も経年劣化するため、一面だけ塗装しても、塗装しなかった面にもいずれは再塗装が必要となります。

外壁の部分的な補修について、費用や工期をまとめると以下の通りです。

補修方法 費用 工期
コーキング補修 ¥50,000~¥100,000 数時間程度
コーキング打ち替え ¥100,000~¥500,000 半日~1日程度
外壁塗装 ¥600,000~¥1,600,000 2週間程度

全体的な補修

外壁重ね張り(カバー工法)と張り替えの違い

屋根同様に、外壁にもカバー工法が施工できます。カバー工法は既存の外壁の上から下地材を取り付け、新しい外壁を施工する方法です。

費用:¥1,300,000~¥2,500,000
工期:10日~20日程度
カバー工法は外壁全体を新しい外壁で覆うため、一面だけの施工には向きません。また、既存外壁の種類によってはカバー工法では施工できない場合があるため注意しましょう。
外壁の傷みが酷く、下地材から全て交換した方が良い場合は張り替えになります。その際は、カバー工法にはない既存外壁の撤去・処分費用などが必要です。
費用:¥1,200,000~¥3,000,000
工期:2週間~1ヶ月程度

張り替えであれば部分的な施工も可能ですが、既存外壁との耐用年数に差が出るため、経年劣化によるリフォームを検討中であれば、全面張り替えしてしまった方がお得かもしれません。

補修方法 費用 工期
カバー(重ね張り)工法 ¥1,300,000~¥2,500,000 10日~20日程度
張り替え工法 ¥1,200,000~¥3,000,000 2週間~1ヶ月程度

窓の補修

窓からの浸水はわかりやすいかもしれません。窓と天窓(トップライト)について、こちらも症状に応じて、補修か交換かなどについてまとめました。

経年劣化により窓枠と外壁の間のコーキングが傷んだり、窓枠が変形してしまうと補修が必要になります。

費用:¥30,000~¥250,000
工期:数時間程度

窓枠の交換も可能ですが、経年劣化による補修であれば他の窓も同様に劣化が進んでいる可能性が高いため、ひとつだけではなく全てを交換してしまった方がよいかもしれません。

ほとんどの建物で手が届かないところにあるため、日々のメンテナンスができないのが天窓(トップライト)。外側の屋根と天窓の隙間にゴミが溜まってしまい、雨漏りの原因になることも。

費用:¥30,000~¥40,000
工期:数時間程度

天窓だけの清掃で済む場合と、天窓の周りの屋根材の補修・交換が必要になる場合があります。屋根材にも手を加える場合は、費用が倍以上になるため注意しましょう。

耐久年数を超えてしまった天窓(トップライト)を交換・撤去することも可能です。雨漏りをきっかけに撤去して塞いでしまう方も多いそうです。

費用:¥200,000~¥900,000
工期:1日~4日程度

メーカーが無くなり、交換ができなくて塞いでしまう方もいるようです。また交換・撤去共に周囲の屋根材を一度外す必要があります。天窓の撤去であれば塞ぐ屋根材も必要です。

補修方法 費用 工期
窓・窓枠(サッシ枠)の補修 ¥30,000~¥250,000 数時間程度
天窓(トップライト)周囲の清掃 ¥30,000~¥40,000 数時間程度
天窓(トップライト)の撤去・交換 ¥200,000~¥900,000 1日~4日程度

その他の補修

雨漏りによって必要となる補修はこれだけではありません。この種類の多さが技術と経験が必要とされる理由のひとつです。

屋根や外壁からの浸水が原因で、天井から雨漏りするようになった場合は天井の修理が必要となります。

費用:¥180,000~¥450,000
工期:2日程度

天井から雨漏りしている場合、ほとんどは屋根もしくは外壁から影響を受けているため、天井だけの修繕では済まないことは覚悟しておきましょう。また天井の修繕をしている間は中に入れないため、仮住まいが必要となります。

ベランダ(バルコニー)からの雨漏りの原因は、経年劣化、手すりや外壁の接合部分の劣化によりできた隙間、施工不良などがあります。

費用:¥30,000~¥250,000
工期:2日~3日程度

ベランダ(バルコニー)だけの補修をするより、家全体で外壁や屋根と同時にリフォームしてしまう方が、足場の設置などを考えるとお得です。また排水溝の詰まりが原因の場合は、清掃するだけで解決することもあります。

「屋根」と言うと傾斜のある屋根を思い浮かべますが、「陸屋根(ろくやね)」とは平面上で傾斜がない屋根のことです。モダンな外観で、屋根の上は屋上としても使えるため最近人気の屋根です。

陸屋根は勾配がないため、勾配のある屋根と比べて水はけが悪いというデメリットが…。陸屋根の下に敷いた防水材が劣化したり排水溝が詰まれば、雨漏りの原因となります。

費用:¥200,000~¥1,000,000
工期:1日~3日程度

防水材の種類によっての価格差と、広さによる価格差があります。また、陸屋根に階段などがついていないケースでは、足場代も別に必要です。

防水加工は主に勾配が少ないフラットタイプの屋上や、バルコニーの床面などに施される加工です。この防水加工は経年劣化していくため、定期的なメンテナンスをすることで雨漏りなどの被害を防ぐことができます。

防水加工にかかる費用は1平方メートルあたり約5,000円から1万円ほどです。工期は1日から3日程度かかります。防水加工にかかる期間は、防水する面積や形状によっても異なるので個別に確認が必要です。

防水工事については以下の記事が詳しいです。こちもあわせてご覧ください。

防水工事の種類と特徴とは?メリット・デメリットや目安費用も紹介防水工事の種類と特徴とは?メリット・デメリットや目安費用も紹介

雨漏り修理の費用がばらつくのはなぜ?

雨漏り修理の費用や工期には随分と落差があることにお気付きでしょうか? その違いについて説明します。

材料費の違い

お客様の要望や家の構造に沿って修理を行うため、どの家でも全て同じ材料を使うことはほぼあり得ません。

瓦屋根なのかスレートなのかといった、材料の違いによる費用の差が出てきます。

施工の違い

修理箇所が全く同じように見えても、傷み方の深刻具合が異なれば、別の修理方法で行うことになるでしょう。また同じような傷み方でも全体的に施工するのか、部分的に施工するのかでも費用が異なります。

広さの違い

施工する部分の広さ(面積)によっても異なります。屋根や外壁であれば、部分的か全体かでそもそも修理方法が異なってくることもありますが、例えば棟板金の交換の場合、家の屋根の形状に応じて長さが異なります。それに伴い、費用にも差が出てきてしまうのです。

単価と数量の違い

項目ごとに業者によって単価設定が異なります。さらに見積もりを出す場合は、そこに面積や坪数を数量としてかけることになるのですが、その数量の算出方法が業者によってまちまちです。そのため、費用に差が出てきます。

まとめると…
  • 雨漏りの症状に対してどんな修理方法を提示されるかで費用が変わる
  • 単価設定や数量算出は業者によって異なる

 

外壁のリフォーム費用については、こちらの記事も参考にしてください!

【令和3年更新】外壁塗装の費用相場はいくら?内訳と計算方法を解説【保存版】

雨漏り修理は悪徳業者に要注意!

残念なことに、雨漏り修理をうたう業者にも悪徳業者がいます。だからこそ、性急に業者を決めてしまうのはちょっと待ってください! 悪徳業者を避けるためのポイントをしっかりとおさえてから、業者決定をしましょう。

安易に葺き替えをすすめてくる

雨漏りだからといって、全ての原因が屋根にあるとは限りません。部分補修で済ませられる事例も多いのに、葺き替えをやたらとすすめてくるような業者は要注意です。

葺き替えになると大がかりな工事になるため、大金がかかります。築年数が浅く耐用年数も問題無いような場合、このような業者は危険でしょう。

調査の時間が短い

雨漏りの原因をはっきりさせるには技術と経験が必要ですが、だからといって熟練の職人ならひと目でわかる、というものでもありません。原因と共に、どこまで被害が及んでいるのか等、調べることは多々あります。なので、逆に30分以内で調査が終わたり、調査で屋根に上がらない、といった業者は要注意です。

見積書の内容が薄い

どれだけ接客が丁寧でも、書式や形式がちゃんとしていない業者は危険です。見積書の項目や内訳が「一式」としか記載されていなかったら、多額請求がかかっている可能性もあります。「一式」としか記載できない項目もありますが、それしか無いような見積書を出す業者は要注意です。また10万円以上の値引きも怪しいです。

「無料で調査します」と言ってくる業者

前述の調査費用のところでも少し触れていますが、目視調査のみであれば無料でやってくれる業者は多いです。しかし、やたらと無料調査をすすめてくるような業者や、無料と言いつつ無断で他の調査を始めるような業者は、追加分の調査費用や修理とセットで無料になります、といったことを後から言ってくる危険性があります。

見積もりから施工までの期間が長い

見積もりを出してもらってから、施工可能日を聞いた際にやたらと先の日程を提示してくる業者は危険です。雨漏り修理もクーリング・オフできるため、施工開始を待っている間にその期間が過ぎてしまうことも。依頼者都合ではない随分先の契約には要注意です。

まとめると…
  • やたらとおすすめしてくる業者は要注意
  • 雨漏りはぱっと見で判断できない
  • 見積書の内容まできちんと確認を
  • 「無料」という言葉に飛びつかない
  • 施工を先延ばしする業者は危険

雨漏り修理はどんな業者に頼めばいい?

多種多様な雨漏りですが、ではどんな業者に頼むのがいいのでしょうか? 症状や施工方法のチョイスによっても変わってくるため、きちんと確認しておきましょう。

屋根の状態を写真などで明示してくれる

見積もり依頼して調査をした後、ちゃんと調査結果を言葉だけでなく資料を使って説明してくれる業者は信用できると思います。実際に依頼主の家の屋根に上がって撮影した写真があればベストです。

状況をきちんと説明してくれる

端的な説明で納得できればいいのですが、雨漏りについて知識を有している方は少ないはず。依頼主がわからないことや不安なことに対して、誤魔化したりせずきちんと対応・説明してくれる業者を選びたいですね。

地域密着で実績がある

雨漏り修理は技術と経験が必要です。そのため、実績の有無は大事なポイントになります。

さらに地域密着で長くやっていけている業者というのは評判が良いという表れでもあります。また何かあった時にすぐに駆けつけてくれるというのも地域密着のメリットです。

有資格者がいる

雨漏りに関連する資格が、実はいくつかあります。国家資格として実務経験も必要で難易度の高いものもあるため、有資格者を擁しているかどうかも業者選定のひとつの要素と考えていいでしょう。

  • 建築板金基幹技能者(国土交通省)
  • 1級・2級・3級建築板金技能士(厚生労働省)
  • 1級・2級建築士(国土交通省)
  • 1級・2級施工管理技士(国土交通省)
  • 屋根外装調査士(全日本板金工業組合)
  • 瓦屋根工事技士(全日本瓦工事業連盟)
  • 瓦屋根診断技士(全日本瓦工事業連盟)
  • 外壁診断士(全国住宅外壁診断士協会)
  • 雨漏り診断士(雨漏り診断士協会)
  • 雨漏調査技師(全日本雨漏調査協会)
  • 雨漏検査技師(全国雨漏検査協会)
  • 雨漏り検診士(雨漏り検診技術開発研究所)

施工後の保証やアフターフォローがある

せっかく修理したのに再発したり、別の箇所から不具合が出たりといったことが起こらないとは限りません。ちゃんとした業者であれば、一定の保証やアフターフォローまで対応してもらえます。

まとめると…
  • 症状や施工内容について丁寧に説明できるのは経験あってこそ
  • 地域密着は地域の方からの信頼の証
  • 資格の有無も判断材料のひとつ
  • 万が一のためのアフターフォローも大事

雨漏り修理の費用を抑えるコツ

起こってしまった雨漏りに対して、何も手を打たないということはないと思います。でも少しでも安く済ませたいとお考えの方は多いでしょう。実は安くできる可能性があります!

火災保険が適用できる場合も

実は自然災害による被害として雨漏りが起きてしまった場合は、火災保険が適用できる可能性が高いです。火災保険だから火事にしか適用されないと思い込まれている方も多いですが、風や雪、落雷などが原因であれば、修理費用を保険で全額もしくは一部を賄うことができる場合があるのです。その際は「風災」という保険が適応されます。

築年数が10年未満なら住宅瑕疵担保責任保険も

災害が原因でなく、築年数が10年未満の物件で雨漏りが起きた場合は、住宅瑕疵担保責任保険が適用できる可能性が高いです。

この保険は施工不良に対する保険で、ハウスメーカーが健在であれば、ハウスメーカーに修理費用を支払う保険となります。倒産していた場合などは、施主に払われることもあるようです。

複数の業者から見積もりを取る

どんな工事をする場合でも同じかもしれませんが、複数の業者から見積もりを取りましょう。おすすめは3社以上です。

複数の見積書を見比べることで、相場や各業者の特徴なども見えてきます。安すぎる業者も高すぎる業者も危険です。いくつかを見比べて業者選定に臨んでくださいね。

まとめると…
  • 自然災害が原因なら、火災保険の「風災」が適用される可能性がある
  • 築年数10年未満であれば住宅瑕疵担保責任保険が適用されるかも
  • 見積もりは必ず複数社から取る

雨漏りの対処に焦りは禁物

いかがでしたでしょうか? 雨漏りが起こってしまうと、早く何とかしなきゃと思ってしまう方がほとんどかと思いますが、滅多に起きないことだからこそ、冷静な判断と対処が重要です。

繰り返し雨漏りに悩まされることがないよう、慎重な業者選定と適切な応急処置が求められます。安易に決めてしまって後悔することのないようにしたいですね。

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami