「セラミック塗料」は悪徳業者のキーワード?正しい知識を解説!

今回はセラミック塗料の特徴から代表的なセラミック塗料の紹介、セラミック塗料に関する間違った知識などもご紹介していきます。

また、優秀なセラミック塗料ですが、悪徳業者が絡んでくることも…!騙されないようにはどういったことを気をつければいいのかも解説していくので最後まで読み進めてみてください!

この記事でわかること
  • セラミック塗料についての正しい知識がまるわかり!
  • セラミック塗料に関する勘違いを治せる
  • セラミック塗料で悪徳業者に騙されなくて済む!

 

セラミック塗料とは?

見出し画像(セラミック塗料とは?)セラミック塗料と聞いてすぐにイメージが湧く方はどれぐらいいるでしょうか?まずは、セラミックの意味からみていきましょう。

そもそも「セラミック」とは

「セラミック」とは、本来は「陶磁器」のことを指します。セラミック塗料におけるセラミックの定義は「無機物を焼き固めたものの総称」です。

金属や非金属を問わず、炭化物、酸化物、ホウ化物、窒化物などの無機化合物の成形体、膜、粉末、などの無機固体材料の総称として「セラミック」は用いられています。

セラミック塗料とは?

セラミック塗料 悩む女性

「セラミック塗料」とは、セラミックを配合した塗料の総称です。「シリコン塗料」や「フッ素塗料」といった塗料グレードの1つとは認められておらず、「セラミック配合のシリコン塗料」といった性能の1つとして扱われています。

あくまでも、セラミックが主成分となっている塗料のことではありません。別の樹脂が主成分である塗料の一部にセラミックが配合されているだけという認識が正しいです。

そして塗料の1種とは言えないため、専門家はセラミック塗料とは呼びません。

セラミック塗料の特徴を解説!

見出し画像(セラミック塗料の特徴を解説!)セラミック塗料は、他の塗料と比べてどのような特徴があるのでしょうか?実はこのセラミック塗料、デザイン性があったり、遮断性があったりなど様々なメリットがあります。以下で細かく解説していくので、ぜひ特徴を覚えておきましょう。

立体感のある仕上がり

セラミック製の骨材を入れた塗料を使えば、凹凸のあるデザイン性が高い外壁が作れます。

また、立体感のある仕上がりや多彩な発色が、深みのある色の演出も可能です。そのため仕上がりにこだわる方はこのセラミック塗料を選ぶ場合が多いでしょう。

遮熱・断熱効果

セラミック塗料 青空と太陽セラミックは真空状態を作りやすいため、セラミック配合塗料には遮熱性や断熱性が高いものが多くなっています

また、紫外線に強く、 硬度が高いなどの特徴もあります。実は外壁材にとってこの紫外線は大敵となるのです。外壁には塗膜という部分があって、外壁のバリアのような役割を果たしています。ですがこの紫外線が当たるとこの塗膜の部分を壊してしまうので、そうなると風や雨のダメージを受けやすくなってしまいます。

汚れにくい

セラミック塗料 まだら

セラミックが塗装表面に影響を与え、雨などによって汚れを落としやすい塗料となっています。なぜかというと、塗膜表面にシリカ微粒子という成分がくるように配合されており、表面の親水性が高くなっているためです。

汚れにくい分メンテナンスを頻繁に行う必要がなくなるので手間や時間が省けるという点はメリットと言えるでしょう。

耐久性に優れている

また、セラミック塗料は耐久性がとても高いと言えます。というのも、セラミック塗料に配合されている成分には主に石であったり、水性であるため通気性が良かったりするからです

そのため、比較的昔にできた建物や外壁で、セラミック塗料を使用しているため現在でも長持ちしているものは多く見られます。

まとめると…
  • セラミック塗料を使用すると立体感のある仕上がりにできる
  • セラミック塗料には遮熱・断熱効果がある
  • セラミック塗料は汚れにくくなるというメリットもある
  • セラミック塗料は耐久性に優れている

代表的なセラミック塗料

見出し画像(代表的なセラミック塗料)続いて、代表的なセラミック塗料を紹介していきます。それぞれの特徴と値段との兼ね合いなどにも注目してみると選ぶ際よりスムーズに決めることができるかもしれません。

GAINA(ガイナ)

こちらは宇宙ロケット技術を応用した特殊塗料で、セラミックの配合率が過半数を超えています。また、このGAINAは一般の塗料の2倍から3倍長持ちすると言われているように耐久性に優れていると言えるでしょう。

断熱機能、遮熱機能に非常に優れているというメリットがある分、価格も高いです。また、その他にも遮音・防音効果、室内空気改善などの効果も期待できます。

価格:3,800円/㎡(2回塗り。追加で下塗り費用がかかる)
耐用年数:15〜20年

水性セラミシリコン

セラミック塗料 白い塗料水性セラミシリコンは、セラミック配合のシリコン塗料です。シリコンとしては高耐久であり、汚染性が低い、また防水性があるなどといった特徴があります。

また、水性であるため安全な設計になっており、火災になったり溶剤中毒になる心配がありません。超耐久性であるというメリットもあります。それに加え水性塗料の為溶剤中毒の心配も無いため、作業性の向上に役立ちます。

・価格:1,900円/㎡(2回塗り。追加で下塗り費用がかかる)
・耐用年数:12〜15年

クリーンマイルドフッソ

こちらは、セラミック配合のフッ素塗料です。汚染性が低いなど、下地適用性が幅広いという特徴があります。また、弱溶剤系で安全性が保たれているので、良い作業環境が作れます。

また、特殊設計になっているため微生物汚染を防ぎ、防かび性や防藻性があるというメリットも。

ちなみにクリーンマイルドフッソは、3分艶、5分艶、7分艶、艶ありの4種類があります。

・価格:2,800円/㎡(2回塗り。追加で下塗り費用がかかる)
・耐用年数:15〜20年

ここまでご紹介した3種類の塗料を一覧表にしましたので参考にしてみてください。

塗料の種類 価格 耐用年数
GAINA(ガイナ) 3,800円/㎡ 15〜20年
水性セラミシリコン 1,900円/㎡ 12〜15年
クリーンマイルドフッソ 2,800円/㎡ 15〜20年

セラミック塗料によくある「勘違い」

見出し画像(セラミック塗料によくある勘違い)セラミックについて勘違いしている方は意外と多いです。みなさんも、もしかしたら間違った知識で覚えている可能性があります。ぜひ以下でチェックしてみてください!

セラミック塗料は塗料の種類名ではない

セラミック塗料を塗料の名前だと思っている方は意外と多いです。しかし、ウレタン、シリコン、フッ素といった塗料の種類にセラミック塗料は含まれません。

あくまでセラミック配合塗料をセラミック塗料と呼んでいるに過ぎないので、混同しないように気をつけましょう。

セラミックだからといって耐用年数が長いわけではない

セラミック塗料 ベージュ外壁の家

塗料の耐用年数は塗料グレードで決まるので、セラミック=耐用年数が長いという考えは正しくありません。ちなみに塗料グレードとは、ウレタン、シリコン、フッ素などのことです。

ウレタンのセラミック塗料よりもシリコンのセラミックなしのほうが耐用年数は長くなっています。つまりセラミック配合だからといって耐用年数が長いとは限らないという点を押さえておきましょう。

同じ塗料グレードならセラミック配合塗料のほうが優秀なのか?

セラミック配合塗料には2種類あります。ひとつは塗料自体にセラミックを融合させたもので、もうひとつは塗料とは別にセラミックの骨材を混ぜたものです。

骨材を混ぜたものは塗料の装飾目的でしか無いため、耐用年数は長くなりません。また、塗料自体にセラミックを融合させたものは汚れに強くなりやすくなっています。ただし汚れに強くても耐用年数が延びるかは別問題です。

基本的にはセラミックを配合した塗料のほうが遮熱性能や断熱性能に優れているケースが多いと言えます。

まとめると…
  • セラミック塗料=塗料の種類名は勘違い
  • セラミック塗料=耐用年数が長いは勘違い
  • セラミックが融合されている塗料は汚れにくくはなるが耐用年数が伸びるわけではない

「セラミック塗料」は悪徳業者の常套句?

見出し画像(セラミック塗料は悪徳業者の常套句?)訪問販売などでセラミックを勧められた経験はありませんか?実は、セラミック塗料を利用して詐欺をする悪徳業者が存在します。

騙されないためにも、以下の内容には注意するようにしましょう。

セラミックの配合量に注意

セラミックが配合されていると言われる簡単に高級な塗料だと思ってしまうかも方も少なくないはず。そのため、これを契約獲得のためにうまく利用しようと思っている悪徳業者も存在します。

わずかでもセラミックを配合していたら「セラミック塗料」を名乗れるのです。

「セラミック」という言葉があるからとすぐに信じず、しっかり配合量まで確認するようにしましょう。

「セラミック塗料だから耐用年数が長い」は要注意

セラミック塗料 書類を書く手

セラミックを配合したからといって耐用年数が長くなるとは限りません。「セラミックを配合したので長寿命」とうたう業者は詐欺の可能性が高いです。

「セラミック100%の塗料です」はとにかく信用しないことが重要です。セラミックは粘性が無く、有機素材を配合しなければ塗料としての性質を維持できないため、そもそもセラミックが100%の塗料は現在の技術では作れません

そもそも優良業者は「セラミック塗料」とアピールしない

セラミック配合はあくまで性能向上のための手段の1つでしか無いため、塗料の種類として専門業者が呼ぶことはほとんどありません。

優良業者であれば「シリコン塗料のセラミック配合塗料」と呼ぶため、「セラミック塗料」とだけ語る業者には注意が必要です。

まとめると…
  • 塗料に含まれるセラミックの量には注意する
  • セラミック塗料だから耐用年数が長いと言われたら注意する
  • セラミック塗料とアピールしてきた業者がいたら詐欺の可能性を疑う

セラミック配合塗料は優秀だが悪徳業者には注意!

セラミック配合によって低汚染性や断熱性といった性能向上は見込めます。そのため、セラミック塗料で塗料の寿命が延びると強く主張する業者がいますが、そのような場合は詐欺である可能性が高いです。すぐに信じずに、疑ってみることが大切です。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami