【ガルバリウム鋼板】外壁の特徴やメンテナンス方法を紹介!

ガルバリウム鋼板を使った外壁材は、耐用年数が長いなどメリットが多く近年人気となっています。今回はガルバリウム鋼板を使った外壁材の特徴や耐用年数や費用対効果などについてご紹介していきます。

そのほかガルバリウム鋼板のメリットやデメリット、メンテナンスの時期やサイン、ガルバリウム鋼板の外壁材を提供しているメーカーなどについてもあわせてお伝えしますので、ぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • ガルバリウム鋼板とは?
  • ガルバリウム鋼板のメリット・デメリット
  • ガルバリウム鋼板の費用と耐用年数
  • ガルバリウム鋼板の塗装について
  • ガルバリウム鋼板のメンテナンスの時期と方法
  • ガルバリウム鋼板の外壁材を製造販売しているメーカー

ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウム鋼板は主に外壁の材料として使われる素材です。ガルバリウム鋼板とはどんな特徴を持つ外壁材なのでしょうか。以下にガルバリウム鋼板の素材や特徴などについてお伝えしていきます。

ガルバリウムの素材・特徴

ガルバリウム鋼板とは鉄を主原料とした合金のことで、表面に特殊なメッキを施した金属素材です。外壁素材の材料として使われることが多く、錆びにくく軽量というメリットがあります。

主に外壁を覆う金属サイディングなどの外壁材や、屋根を作る建材の素材として使用されることが多い外壁材です。

ガルバリウム鋼板が人気の理由

ガルバリウム鋼板はステンレス鋼板より、防食性で劣ります。しかしステンレス鋼板よりも価格を安く抑えられるため、広い面積を覆う建材として人気です。

また耐用年数が長く錆びにくいため、他の金属を使用した鋼板よりもメンテナンス費用を抑えることができます。軽量なので地震などの衝撃に強いというメリットがあるのも人気の理由となっています。

まとめると…
  • ガルバリウム鋼板は主に外壁材の材料として使用される金属
  • 鉄を主原料として表面に特殊なメッキを施している外壁材
  • 軽量で劣化しにくいため外壁材に人気

ガルバリウム鋼板のメリット

近年人気が高いガルバリウム鋼板ですが、主なメリットはどのようなことがあるのでしょうか。以下でガルバリウム鋼板の主なメリット面についてお伝えしていきます。

金属製なのに錆びにくい

ガルバリウム鋼板は金属の一種ですが、他の金属に比べると錆びにくいというメリットがあります。亜鉛を加工したトタンに比べると錆びにくく、耐用年数が長いです。

軽量なため地震に強い

ガルバリウム鋼板は他の素材を使った鋼板よりも軽量です。そのため地震などの衝撃が加わったときの損傷が少なく、建物の劣化が進みにくいというメリットがあります。

外壁は軽いほど地震などの衝撃に強くなる特徴があります。モルタルや外壁によく使用される窯業系サイディングに比べると、ガルバリウム鋼板を使った金属サイディングは非常に軽いので耐震性が高くなるのです。

耐用年数が長い

金属を使った外壁素材にはトタンもありますが、耐用年数は一般的に10年から20年ほどです。対してガルバリウム鋼板を使った金属サイディングは25年以上の寿命があることも多く、耐用年数が長いです。

初期投資はトタンよりも高値ですが、耐用年数のことを考慮するとガルバリウム鋼板を使った金属サイディングで外壁工事をした方が長期的にコストを抑えることができます。

まとめると…
  • ガルバリウム鋼板は錆びにくく軽量
  • 軽量なので地震などの衝撃に強い
  • 耐用年数が長くコストを抑えられる

ガルバリウム鋼板のデメリット

外壁材としてメリットが多いガルバリウム鋼板ですが、デメリットもいくつかあります。以下ではガルバリウム鋼板のデメリット面についていくかお伝えしていきます。

価格が高い

ガルバリウム鋼板を使った金属サイディングは、トタンや他の金属を使った金属サイディング、窯業系サイディングに比べるとやや高値です。また施工に技術が必要になるため、窯業系サイディングなどの他のサイディングに比べて工事費も高くなる傾向があります。

断熱性能がない

ガルバリウム鋼板自体には断熱性能がありません。そのため金属サイディングに加工する際に、別途断熱材を使う必要があります。断熱剤を追加で使う分、コストが増えるというデメリットがあります。

デザインの自由度が少ない

ガルバリウム鋼板を使用した金属サイディングは、窯業系サイディングのようにデザインが豊富ではありません。複数の色や模様から選ぶことはできますが、単調なデザインだと感じる人もいるでしょう。

また金属の質感が強く、メタリックなイメージが苦手な人には向かない外壁材です。窯業系サイディングはレンガ調や木目調など幅広いデザインが選べるため、希望のデザインを実現できます。

錆びにくくはあるが金属製のため錆びは避けられない

ガルバリウム鋼板は他の金属素材に比べて錆びにくいですが、金属素材なのでいずれは劣化して錆びが発生します。錆びてしまった場合は外壁交換などのメンテナンスが必要です。

傷がつきやすい

ガルバリウム鋼板は厚さ0.5mm以下の薄い金属板です。そのため傷がつきやすいという特徴があります。傷がつくとその箇所から錆びが発生して建物を劣化させてしまうため注意が必要です。

防音性能が低い

ガルバリウム鋼板自体には遮音性能がほとんどありません。そのため防音効果を持たせたい場合は、防音効果が期待できる工事方法で外壁工事を行うなどの工夫が必要です。

まとめると…
  • 他の外壁材に比べ高価格
  • ガルバリウム鋼板自体に断熱性や防音効果はない
  • 金属なので錆びやすい
  • 薄いので傷がつきやすい

ガルバリウム鋼板の費用を解説!

ガルバリウム鋼板は他の金属素材に比べると、やや価格が高い傾向があります。ガルバリウム鋼板はだいたいどれぐらいの価格なのでしょうか。以下にガルバリウム鋼板の材料単価や工事費用などについてお伝えしていきます。

材料単価

材料単価は加工方法や素材などによって異なりますが、おおむね1平米あたり4,000円から7,000円程度です。メーカーや商品によっても価格が異なるので、様々ンガルバリウム鋼板を使用した金属サイディングの価格をリサーチしてみましょう。

張り替えにかかる工事費用

ガルバリウム鋼板を使用した金属サイディングで外壁を張り替える場合、30坪の住宅ではだいたい210万円から270万円ほど必要になります。

工法や材料単価によっても価格は変動するので、外壁の張り替えを検討する際は複数社に見積もりを依頼する必要があります。

塗り替えにかかる工事費用

ガルバリム鋼板の金属サイディングにも塗装が施されています。塗装がはげてくると金属サイディングの劣化が早まるため、定期的に塗り替え作業が必要です。

塗り替えの費用は30坪の住宅で約70万円から100万円ほど。業者や塗料単価によっても価格は変動するため、複数社に見積もりをだして正確な価格を把握してください。

まとめると…
  • 材料単価は1平米あたり4,000円から7,000円程度
  • 張り替えにかかkる費用は30坪の住宅で210万円から270万円ほど
  • 塗り替えの費用は30坪の住宅で約70万円から100万円ほど

ガルバリウム鋼板の耐用年数は25年以上!

ガルバリウム鋼板は耐用年数が他の金属素材に比べて長く、一般的には25年以上と言われています。以下にガルバリウム鋼板の耐用年数や費用対効果についてお伝えしていきます。

ガルバリウム鋼板の耐用年数は25年以上

ガルバリウム鋼板の耐用年数は、メーカーや商品によっても異なりますが概ね25年以上あると言われています。トタンなど他の金属素材は10年から20年程度と言われているので、それに比べるとガルバリウム鋼板は耐用年数が長い金属素材です。

ガルバリウム鋼板を選んだ際の「費用対効果」は?

まず塗装にかかる費用ですが、塗装費用は外壁素材に関わらず変わらないので初期費用および素材の耐用年数によって塗り替えの回数の分だけ差が出ます。また窯業系サイディングの工事費用との比較では、耐用年数があまり変わらないので金属サイディングの方が高価格なぶんコストは割高です。

外壁の交換については一般的に「カバー工法」と「張り替え工法」があります。カバー工法は古い外壁の上に外壁材を張っていく工法で、張り替え工法は古い外壁をはがして外壁材を張っていく工法です。

カバー工法の方が工事費用が安いですが、重量がある窯業系サイディングの場合カバー工法が使えないこともあります。そのためカバー工法を行える金属サイディングの方が工事費用を抑えられるでしょう。

例としてガルバリウム鋼板の金属サイディングを使ってカバー工法を行った場合、工事費は190万円から250万円程度。窯業系サイディングを使用して張り替え工法を行った場合の工事費用は、210万円から279万円程度になります。

カバー工法で外壁工事を行う場合は、ガルバリウム鋼板の金属サイディングを使用した方が費用を抑えられます。

まとめると…
  • ガルバリウム鋼板は耐用年数が25年ほどあり、他の外壁材よりも長い
  • 張り替え工法よりカバー工法の方が工事費用が安い
  • 窯業系サイディングは重いのでカバー工法ができないことが多い
  • ガルバリウム鋼板の外壁材のカバー工法での工事費は190万円から250万円ほど
  • 窯業系サイディングの外壁材のカバー工法での工事費は210万円から279万円ほど

ガルバリウム鋼板の塗装方法

ガルバリウム鋼板の金属サイディングにも塗装が施されています。ガルバリウム鋼板の金属サイディングはどのタイミングで塗装をすれば良いのでしょうか。以下に金属サイディングの塗装時期や工法などについてお伝えしていきます。

適切な塗装時期は?

ガルバリウム鋼板の金属サイディングの塗装時期は、使用している塗料によって異なります。ウレタン塗装であれば8から10年程度、シリコン塗装であれば10年から15年、フッ素塗装なら15年から20年程度が目安です。

ガルバリウムの塗装を業者に頼むべき理由は?

ガルバリウム鋼板の塗装はDIYでやるよりも、業者に依頼した方が確実です。理由としては金属サイディングの表面はツルツルして塗料が付着しにくいため、素人判断で塗装してしまうと失敗してしまう可能性が高くなります。

またガルバリウム鋼板の塗装には下処理が必要なため、適切な下処理を行わずに塗装してしまうと塗装がすぐにはがれてしまいます。下処理を素人が行うと失敗する確率が高いので、業者に依頼した方が確実に塗装をしてくれます。

ガルバリウムの塗装は業者でも難しい?

実はガルバリウム鋼板の塗装は塗装の専門業者にとっても難易度が高い塗装です。ガルバリウム鋼板の表面は特殊な加工がしてあるため、塗料が付着しにくいという特徴があります。

塗装業者であってもガルバリウム鋼板の性質について知識がない場合は、施工不良を起こしてしまう可能性も。そのためガルバリウム鋼板の塗装を依頼するときは、ガルバリウム鋼板の塗装の実績が豊富な業者に依頼した方が確実です。

まとめると…
  • ガルバリウム外壁材の塗装時期は塗料によって違う
  • ウレタン塗装であれば8から10年程度、シリコン塗装は10年から15年、フッ素塗装は15年から20年程度
  • 窯業系サイディングは重いのでカバー工法ができないことが多い
  • DIYで塗り替えすると失敗するので業者に依頼するのが確実
  • ガルバリウム鋼材は特殊な加工がしてあるので実績豊富な業者に頼む

ガルバリウム外壁のメンテナンス方法は?

耐用年数が長く汚れに強いガルバリウム鋼板の金属サイディングであっても、定期的なメンテナンスは必要です。以下にガルバリウム鋼板のメンテナンスの時期や方法などについてお伝えしていきます。

定期的なメンテナンスが必要!

ガルバリウム鋼板は錆に強く耐用年数も長いですが、長年メンテナンスをしないと汚れや塗料のはがれなどが起きてきます。主に必要なメンテナンスは水洗い、塗り替え、外壁の交換です。

なお水洗いの際には傷がつく可能性があるため高圧洗浄機を使用しません。水洗いの際はホースで水をかけ、汚れや海水からの塩分などを洗い流す程度にするのがベストです。

メンテナンス時期はいつ?

メンテナンスが必要な時期はメンテナンスの方法によっても異なります。水洗いは一般的な環境では年に1回程度ですが、酸性雨が発生しやすい工業地帯や海が近い地域では金属や塗膜が劣化しやすいため3ヵ月に1回程度の頻度で必要です。

表面の塗装の塗り替え作業はおおむね10年に1回程度、外壁材の交換は25年以上経過した時点で傷や穴あきが増えてきた段階で行います。

劣化のサインは?

ガルバリウム鋼板の金属サイディングの劣化のサインは、チョーキングやひび割れ、錆びなどです。チョーキングとは塗料が劣化して粉末状になることで、手でこすると手に塗料の白い粉がつきます。

ひび割れが塗料が劣化することで起こります。放置すると下地や家の中の建材まで傷んでくるので、ただちにメンテナンスしましょう。

また錆びはサイディングの表面の塗膜に傷から水分などが染み込んで起こります。放置すると外壁材や家の建材にまで劣化が進行するので、放置せずに修繕することが大切です。

まとめると…
  • ガルバリウム鋼板の外壁材もメンテナンスが必要
  • 水洗いは年に1回程度だが環境が過酷な場合は3ヵ月に1回行う
  • 塗装の塗り替えは10年に1度が目安
  • 外壁交換は25年以上経過した段階で検討する
  • 塗装の劣化のサインはチョーキング、ひび割れ、錆びなど

ガルバリウム鋼板の注意点

ガルバリウム鋼板の外壁材を使用する場合には、いくつか注意が必要な項目があります。以下でガルバリウム鋼板の外壁材を使用するときに注意すべき点についてお伝えしていきます。

屋根の場合

屋根にガルバリウム鋼板の外壁材を使用すると、切断時などに金属粉が付着してしまいます。金属粉が屋根に付着するとそこから錆びが広がって劣化の原因に。

屋根にガルバリウム鋼板の外壁材を使用する場合は金属粉を残さないように注意が必要です。またアンテナなどを屋根に立てる際は、倒れて屋根の外壁材を傷つけないように気を付けましょう。

外壁の場合

外壁にガルバリウム鋼板の外壁材を使用する場合は、窓などがあるため施工の難易度が高くなります。そのため施工業者を選ぶ際には実績が豊富な業者を選ぶ方が確実です。

またガルバリウム鋼板の外壁材は傷がつきやすい外壁材なので、物をぶつけないように注意しましょう。そのほかセメントが付着すると光沢を失って黒くなってしまうので、ガルバリウム鋼板の外壁材を使用するなら塗装をするのが確実です。

まとめると…
  • 屋根の工事は金属粉が付着して錆びやすいので要注意
  • アンテナなど倒れやすいものの設置に気を付ける
  • 外壁工事は実績豊富な業者に依頼
  • 外壁をガルバリウム鋼板にする場合は物をぶつけない
  • 外壁をガルバリウム鋼板にするなら塗装は必須

ガルバリウム外壁鋼板を製造販売しているメーカーは?

ガルバリウム外壁鋼板を製造販売しているメーカーは、どの建材メーカーでしょうか。以下にガルバリウム外壁鋼板を製造販売しているメーカーを、いくつかご紹介していきます。

ニチハ株式会社

ニチハ株式会社では、雨などで汚れが自動的に洗浄されるセルフクリーニング機能に加えて、フルカラーのインクジェット塗料によって、レンガやブロックなどのリアルな質感を追求したガルバリウム外壁鋼板も提供しています。

旭トステム外装株式会社

旭トステム外装株式会社の提供しているガルバリウム外壁鋼板は、セルフクリーニング機能に加えて、最大5mmの溝がある深い陰影を作り出せる外壁材です。

高級感のあるデザインを追求したい方に向いています。

ケイミュー株式会社

ケイミュー株式会社のガルバリウム外壁鋼板には、高い耐食性を持つ「「エスジーエル(スーパーガルバリウム)」があります。

また耐食性に加えて遮熱性もあるため、ガルバリウム外壁鋼板にも関わらず高い遮熱効果も期待できる外壁材です。

アイジー工業株式会社

アイジー工業株式会社のガルバリウム外壁鋼板は、レンガ風模様や木目調など様々なデザインから選ぶことができます。ガルバリウム外壁鋼板は単調なデザインが多いので、デザイン性の高いガルバリウム外壁鋼板を探している方に向いています。

また価格が安い「ベーシックシリーズ」というシリーズも提供中。金属サイディングの価格が高くて使用を躊躇している方にも、おすすめできる商品です。

まとめると…
  • ニチハ株式会社の外壁材はセルフクリーニング機能付きでインクジェット塗料を使ったリアルな質感が特徴
  • アンテナなど倒れやすいものの設置に気を付ける
  • 旭トステム外装株式会社の外壁材はセルフクリーニング機能に加えて、高級感のある凹凸加工が施されている
  • ケイミュー株式会社の外壁材は高い耐食性と遮熱効果が期待できる
  • アイジー工業株式会社は幅広いデザインと低価格の外壁材が提供している

ガルバリウム外壁鋼板は耐用年数が長く丈夫!

ガルバリウム外壁鋼板は耐用年数が長くて丈夫です。価格は他の外壁材に比べるとやや割高ですが、長持ちするうえメンテナンスの頻度が少なくて済むのでランニングコストを含めるとコストを抑えることができます。

ガルバリウム外壁鋼板のデメリットに、デザインの幅が狭いのと価格の高さがありますが、デザイン性の高く価格が安いガルバリウム外壁鋼板を提供しているメーカーもあるので検討してみてはいかがでしょうか。

Bitnami