ピンクの外壁の失敗しない選び方!相性のいい色や配色のコツを大公開

ピンクの外壁の失敗しない選び方!相性のいい色や配色のコツを大公開

外壁は、家のデザイン性や印象を大きく左右する重要なパーツ。どの種類の外壁材を用いるかによって、また何色の塗料を使用するかによって大きく家の外観が変化して見えます。

外壁の塗り直しやリフォームをお考えなら、最近人気のピンクカラーを候補に入れてみてはいかがでしょうか?

しかし、中には「ピンクの外壁なんて目立ちそう」「ピンクの外壁と合う色がわからない」と感じている方もいるはず。

そこでこの記事では、ピンクの外壁の失敗しない色選びの極意について徹底解説しています。

配色のコツやピンクと合う色の見極め方を知って、イメージ通りのおしゃれなピンクの外壁を叶えましょう!

この記事でわかること
  • ピンクの外壁のメリットとデメリットとは?
  • おしゃれなピンクの外壁を叶える配色のコツは?
  • ピンクの外壁と合う色は?
  • ピンクの外壁で失敗を避けるための注意点は?

ピンクの外壁のメリットとは?

ピンクの外壁のメリットとは?
外壁の色というと、ベージュやクリーム・アイボリー、あるいはブラウンやブラックなど落ち着いたベーシックなカラーをイメージする人が多いのではないでしょうか?

確かに、こうしたオーソドックスなカラーは外壁の色として無難ではありますが、人によってはどこか面白味がなく感じられるもの。

最近では、外壁をおしゃれにリフォームするためにピンク色をチョイスする人が増えてきているのです。では、ピンク色の外壁にはどのような魅力があるのでしょうか?

ここではまず、ピンクの外壁の魅力やメリットについてご紹介していきます。

明るく華やかな印象の家にできる

色選び
ピンクの外壁の魅力としてまず挙げられるのが、家全体の印象が華やかなものになるということ。

ハッピーなイメージの強いピンクカラーだからこそ、外壁の色としてチョイスすることで、家が明るく見えるのです。「華やかで目立つおしゃれな家にしたい」という方にピッタリだと言えるでしょう。

また、ピンクと一口に言ってもその種類は実に多種多様。濃いピンク色ではなく淡いピンク色を選べば、落ち着きがありながらも明るさのある雰囲気を演出できます。

日当たりの悪い家にピッタリ

ピンクの外壁は、立地条件が悪くて日当たりが悪い住宅に特におすすめ。

日が当たらない家はどんよりと暗い印象を受けるものですが、外壁をピンク色に塗り直すことで明るさを感じさせることができます。

逆に言えば、日当たりの悪い家に落ち着いたダークカラーの外壁はあまりおすすめできないと言えるでしょう。

淡いピンクなら優しい印象を与えられる

「濃いピンクの外壁は個性的すぎて、悪目立ちしそう」と、ピンクカラーの外壁にネガティブなイメージを抱いている人も少なくありません。

ですが、ピンクの中でも淡い種類の色を選べば、全体的に優しい雰囲気の外壁に仕上がるでしょう。

日が当たりにくく、家全体の印象が暗い雰囲気になっているのならば、上品なパステルピンクで外壁を塗り直してみてはいかがでしょうか?

個性的で可愛らしい印象を与えられる

メリット
ベージュやブラウンなど落ち着いた色を外壁に選ぶ人が多いもの。そんな中で外壁をピンク色にすれば、個性的な印象を与えられるでしょう。

ピンクにはキュートで柔らかなイメージがあるため、おしゃれで可愛らしい外観の家にしたいという方にもピッタリ。

「ありきたりな色の外壁だと面白味がない」「オリジナリティのあるおしゃれな外観の家にしたい」と考えているならば、ぜひピンクカラーの外壁を検討してみてくださいね。

汚れが目立ちにくい

ホワイト系の外壁は明るく清潔感のある印象になりますが、黒い汚れが目立ちやすいというデメリットも。反対に、落ち着いたブラック系の外壁は排気口から出る白っぽい汚れが目立ちやすくなってしまいます。

その点、ピンクカラーは明るさがありつつも、カビやコケのような緑色の汚れや、土・砂といった黒っぽい汚れが目立ちにくいというメリットがあるのです。

こまめに外壁の清掃をする手間を省けるうえに、おしゃれな外観に仕上がるので一石二鳥だと言えるでしょう。

まとめると…
  • ピンクの外壁にはメリットが多い
  • ピンクの外壁の魅力1:淡いピンク色を選べばソフトで優しい印象に
  • ピンクの外壁の魅力2:キュートでオリジナルティのある外壁になる
  • ピンクの外壁の魅力3:白や黒と比べると汚れが目立ちにくい

ピンクの外壁のデメリット

ピンクの外壁のデメリット
おしゃれで明るい外観になるなどメリットも多いピンクの外壁ですが、デメリットがないわけではありません。

メリットだけで外壁の色をピンクに決めてしまうと、外壁塗装工事完了後に「思っていたのと違った」「こんな短所があるなんて知らなかった」と後悔してしまいかねません。

そうならないように、メリットだけでなくデメリットについてもきちんと知っておく必要があるでしょう。では、ピンクの外壁にはどのような欠点があるのでしょうか?

ここからは、あらかじめ知っておきたいピンクの外壁のデメリットについてご紹介していきます。

鮮やかなピンクは周囲から浮いてしまう可能性も

ピンクの外壁をご希望の場合、色の種類選びは慎重に行ったほうがベター。というのも、ビビッドな濃いピンク色は主張が強すぎるため、周囲から浮いてしまう可能性が高いからです。

ほどよくおしゃれに仕上がるどころか、目立ちすぎてしまい、近隣の景観と調和が取れないおそれがあります。

外壁の塗り直しの際には要注意

メリット デメリット
特に既存の外壁の塗り直しを行う場合、屋根の色との相性を考えなければちぐはぐな外観になってしまいかねません。

できるならば、原色に近いピンクは避けたほうが無難でしょう。どうしてもビビッドなピンクを使いたい場合は、屋根の色との相性を考慮することが大前提。

あるいは、配色を工夫してみてください。たとえば、アクセントとして一部のみに濃いピンクを使えば悪目立ちすることなく、鮮やかなピンクを活かしたおしゃれな外壁に仕上げることができます。

色選びで失敗しやすい

ピンクの外壁には、色選びで失敗しやすいというデメリットもあります。ピンクと言っても、淡く上品な色合いのものからビビッドで個性的な色合いのものまで、その種類はさまざま。

「この色を選べばおしゃれな外壁に仕上がるはず」と思っても、面積効果を考慮に入れていなければイメージしたような仕上がりにいならないことが多いのです。

まったく同じ色であっても、面積が小さいものと大きいものとでは色の見え方や印象が大きく異なってくるもの。

ピンクは外壁の色としてはオーソドックスではないため、このような面積効果をよく考慮した上で慎重に色選びを行う必要があるでしょう。

まとめると…
  • ピンクの外壁にはデメリットも少なくない
  • デメリット1:原色に近いピンクは悪目立ちする可能性が大
  • デメリット2:既存の屋根と相性が合わないことも多い
  • デメリット3:面積効果を考慮しないと色選びで失敗しやすい
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

ピンクの外壁と相性のいい色とは?

ピンクの外壁と相性のいい色とは?
おしゃれな家の外観を実現するためには、外壁と屋根の色の相性やバランスを考えることが大切。

ホワイトやブラウンなどベーシックな色の外壁ならば比較的どんな色の屋根ともマッチしやすいものの、ピンクの外壁は相性のよい屋根の色が限られてきます。

では、ピンクの外壁と合う色としてどのようなものがあるのでしょうか?ここからは、ピンクの外壁と相性のいい色を3つ厳選してご紹介していきます。

ピンク×白

塗料 白
ピンクの外壁と相性のよい色としてまずおすすめしたいのが、ホワイトです。

ピンクとホワイトを組み合わせることで美しいコントラストを生んで、上品な仕上がりになるでしょう。

ソフトで優しい雰囲気をお好みの方にピッタリです。また、どちらも明るくソフトな種類の色であるため、日当たりの悪い家を明るく清潔感のある印象に見せてくれる効果も!

ピンク×タイル

「外壁全体をピンク色に塗ると目立ちそう…」と躊躇している方におすすめしたいのが、タイルをプラスするということ。

タイルと組み合わせることで、ピンクの外壁であっても格調高い外観の家に見えるでしょう。

ピンクとタイルのコンビネーションは、とりわけ欧米風の建築様式と相性がよいもの。エレガントで高級感のある洋風の家がお好みの方におすすめです。

ピンク×グリーン

ピンク
「ありふれたデザインの外壁だと面白味がない」「普通とは違うオリジナリティのある外壁にしたい」という方には、ピンクとグリーンの組み合わせがおすすめ。

パステル系のピンクとグリーンならば、個性的でセンスの光るおしゃれな外壁を実現できるでしょう。ただし、色選びに失敗すると悪目立ちしてしまい、周囲の景観になじまないので要注意。

グリーンとのコンビネーションには高いセンスが必要です。自分の好みや感覚だけで色の種類を選ぶのではなく、塗装業者に客観的な意見やアドバイスを求めたほうがベターでしょう。

まとめると…
  • ピンク×ホワイト:上品で柔らかな印象の外壁に
  • ピンク×タイル:エレガントで高級感のある仕上がりになる
  • ピンク×グリーン:オリジナリティのあるハイセンスな雰囲気を演出

ピンクの外壁の配色のポイント

ピンクの外壁の配色のポイント
外壁全体をピンク色で塗るよりも、他の色と組み合わせてツートンカラーにしたほうが、よりおしゃれで周囲の景観に溶け込みやすくなるでしょう。

そこでここからは、おしゃれな外壁にするためのピンクの配色のコツについてご紹介していきます。

濃い色と組み合わせメリハリをつける

淡い上品なパステルピンクをベースカラーに選ぶのならば、ダークブラウンのように濃い色と組み合わせてメリハリをつけるのがおすすめ。

個性的な外観にしたい場合は、彩度が高い色を組み合わせるとよいでしょう。

ワンポイントで黒やブラウンを使うと目立ちやすい

ピンク
洗練されたおしゃれな外壁にしたいならば、黒やブラウンなどの引き締めカラーをワンポイントアクセントとして配色するとよいでしょう。

全体をピンクにして、ベランダやサッシだけ黒色のアクセントをプラスすると、個性的な外観の家ができあがります。

なお、パステルピンクやベージュに近いピンクならばブラウン系もマッチしやすいでしょう。

まとめると…
  • 濃い色とのコンビネーションでメリハリのあるおしゃれな外壁に!
  • ダークカラーのワンポイントアクセントで個性的な外観を演出

ピンクの外壁の施工イメージ【トーン編】

ピンクの外壁の施工イメージ【トーン編】
「外壁をピンクに塗り直してみたいけれど、近隣から浮いてしまわないか不安」と感じている方もいることでしょう。

実際にどのような仕上がりになるのかをイメージできれば、不安を解消できるはず。そこで以下では、トーン別にピンクの外壁の施工イメージについて解説していきます。

淡いピンクと白で優しい印象に

ピンク
ベーシックカラーの外壁と比べると、ピンクの外壁は目立ちやすいのが玉に瑕。

ですが、ピンクの中でも淡い色合いのものを選んでホワイト系と合わせると柔らかい印象を与えられます。

パステルピンクとアイボリーやホワイトを組み合わせれば、エレガントで優しさのある外壁に仕上がるでしょう。

鮮やかなピンクで華がある仕上がりに

「濃いピンクは悪目立ちしそう」と躊躇する人も少なくありません。ですが、鮮やかなピンクでもホワイトなどと組み合わせれば華がある仕上がりに

清潔感のあるホワイトをプラスすることで、ビビッドなピンクのあくの強さを抑える効果もあります。

ピンクを縦で区切っておしゃれな外壁に

オリジナリティのあるハイセンスな外壁をお望みならば、ツートンカラーを縦に配色してみてはいかがでしょうか?

1階と2階といったように、横のラインで区切ったツートンカラーの配色ではなく、あえて縦で区切ることで他の家とは違うおしゃれ感を演出できます。

まとめると…
  • パステルピンク×白で柔らかく上品な印象になる
  • ビビッドなピンクで華やいだ雰囲気を演出
  • 縦のツートンカラー配色でハイセンスな仕上がりに

ピンクの外壁の施工イメージ【デザイン編】

ピンクの外壁の施工イメージ【デザイン編】
ピンクの配色や組み合わせを工夫すれば、希望するデザインの外壁を実現できるでしょう。

以下では、デザイン別にピンクの外壁の施工イメージをご紹介していきます!

ポイント使いは個性的でおしゃれ

ピンクは主張が強く、ともすれば個性的になりすぎてしまうことも…。

周囲との景観になじむことを重視するのであれば、外壁全体にベースカラーとしてピンクを使うのではなく、アクセントとしてベランダや窓際などの一部にワンポイント使いするのがおすすめ。

一部だけを濃いピンクをプラスすることで、外壁が一気におしゃれで華やいだ印象になるでしょう。

タイルと組み合わせて上品に

タイル
茶色やグレーのタイルと組み合わせると、高級感を演出できるのでおすすめ。

淡いパステルピンクとタイルは相性がよく、エレガントで洗練されたおしゃれさのある外壁になります。ヨーロピアンスタイルがお好みの方にピッタリだと言えるでしょう。

まとめると…
  • アクセントカラーとして使えば個性的な外壁が叶う
  • タイルとのコンビネーションでエレガントさを演出できる

ピンクの外壁の失敗しない選び方

ピンクの外壁の失敗しない選び方
外壁塗装工事には費用も時間もかかるため、「思っていた仕上がりと違った」と感じても、簡単にやり直しをすることはできません。

オーソドックスなベージュやアイボリー系と違い、ピンクは色選びで失敗するリスクが高いため、失敗・後悔のないように慎重に色選びを行うことが大切だと言えるでしょう。

以下では、外壁塗装で失敗しないピンク色の選び方の極意をご紹介していきます!

カラーシミュレーションを利用する

全体的なイメージを知るためには、カラーシミュレーションの活用がおすすめ。業者に依頼してもよいですが、最近ではインターネット上で無料で利用できるものもあります。

外壁と屋根の相性など、全体的な仕上がりイメージを把握するのに役立つものの、カラーシュミレーションだけで色を選んでしまうのはいけません。

パソコンやタブレットの画面によって色の見え方が大きく異なるため、実際の塗料の色や仕上がりとは差があるからです。

カラーシュミレーションの利用は、あくまで全体的な仕上がりを確認するためだけに留めておきましょう。

色板で実際の色味を確認する

色
カラーシミュレーションだけでは現実の色が表現できないため、色見本などを参考にしながら希望する外壁の色を絞り込んでいきましょう

色見本は、無料で入手可能な塗装メーカーのカタログのようなものと、日本塗装工業会が発行している色見本帳のように有料のものとに大別できます。

色見本帳ならば約650もの種類の塗料の色を比較・検討できるうえに、それぞれの色に番号が付与されているため、気に入った色を業者に正確に伝えられます。

Amazonや楽天市場などネット通販を利用すれば、ハンディサイズならば2000円前後で購入できるのもおすすめのポイント。

なお、色見本は屋内だけでなく屋外でもチェックをしましょう。というのも、太陽光の下と白色灯、蛍光灯の下とではそれぞれ色の見え方が変わってくるからです。

また、日の当たり方によっても家の見え方に差があるので、屋外では晴れの日だけでなく曇りの日にも色をチェックしてみてくださいね。

塗り板や試し塗りで色味を確認する

色
色見本と実際の塗料の色とは差があることが多いため、より正確な色合いを確認したいのであれば、塗り板や試し塗りを業者に依頼してみてください。

塗り板とは、板に実際の塗料を塗ったものです。有料にはなりますが、外壁材の種類を選べるので、ご自宅の外壁に塗料を塗った仕上がりがイメージしやすくなります。

塗り板を通じて2~3色に外壁の色を絞り込んだならば、念のため試し塗りをするのもよいでしょう。業者に有料で依頼すれば、自宅の外壁に希望する色を少しだけ塗って、実際の仕上がりを確認することができます。

業者と念入りに打ち合わせをする

細かい色やデザインの指定は、時間をかけてじっくりと打ち合わせしないとイメージ通りになりにくいもの。

希望する外壁を実現するためには、業者と念入りに打ち合わせをすることが大切です。おおまかなイメージだけを伝えて後は業者任せにてしまうと、デザインが予想外だったり色が違ったりすることも…。

言葉でのやりとりだけだと、お互いに「相手に伝わっている」と思い込んでしまっているだけで、実際にはきちんと意思疎通ができていない場合も少なくありません。

わからないことがあれば些細な点であっても質問し、きちんとコミュニケーションをとることが必要です。質問や相談に面倒臭がらずに誠実に対応してくれる業者を選んでくださいね。

まとめると…
  • カラーシュミレーションで全体的なイメージを把握する
  • 色見本を参考にしながら希望する外壁の色を絞り込んでいく
  • 業者とは綿密に打ち合わせを行う

ピンクを選べばおしゃれで明るい外壁に!

今回はピンクの外壁をテーマに、相性のいい色の組み合わせやおしゃれなデザイン性を実現するためのコツ・注意点などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

「ピンク色の外壁は周囲から浮いてしまいそう」「派手で悪目立ちしそう」とネガティブなイメージを抱いている人も一定数いるはず。

ですが、淡いパステルピンクを選べば周囲の景観に溶け込みやすく、柔らかで優しい印象を与えることが可能です。また、ピンクを外壁全体に塗るのではなく、アクセントとしてワンポイント使いをしたり、タイルと組み合わせるのもおすすめ。

配色や組み合わせる色を工夫することで、主張の強いピンクを用いても、悪目立ちすることなくおしゃれでオリジナリティのある外壁を叶えられるでしょう。

外壁の塗り直しをお考えならば、思い切ってピンクカラーにしてみてはどうでしょうか?

外壁・屋根塗装をお考えの方へ

外壁塗装で人気の
ブラック、ネイビー、グレー、ベージュ、ホワイト、
今流行りの人気色を紹介!

二色使いでデザインの幅が広がる__
濃淡で変わる外観の印象__

などなど、外壁塗装をお考えの方に、
”絶対”に見て欲しい
外壁塗装ほっとらいんオリジナルの資料です。

今なら、無料プレゼント中ですので、
下記より問い合わせください。

都道府県
お名前
電話番号
外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami