外壁塗装のチラシで注意すべきことって?優良業者を見分けるコツも

外壁塗装のチラシで注意すべきことって?優良業者を見分けるコツも

「外壁のリフォームやメンテナンスを考えているけれど、どの業者に依頼すればいいのかわからない」と感じている方も多いことでしょう。

自宅のポストに投函されたチラシをもとに、外壁塗装工事を検討するケースも少なくないはず。

ですが、外壁塗装業者と一口に言っても、誠実かつ優良な業者もいれば、手抜き工事をしたり追加費用を請求してくる悪徳業者もいます。

外壁塗装にはお金も時間もかかるもの。だからこそ、安心して工事を依頼できる優良業者を見極める方法を知っておきたいところでしょう。

この記事ではチラシをもとに外壁業者選びをおこなう際の注意点に加えて、優良業者を見つけるとっておきの方法についても解説しています。外壁塗装工事をお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • チラシを配布する外壁塗装業者の種類とは?
  • 業者選びのためにチラシでチェックしておきたいポイントは?
  • チラシ以外で優良業者を見極めるコツとは?
  • 外装塗装業者の選び方の極意は?

チラシで外壁塗装の業者を決めても大丈夫?

チラシで外壁塗装の業者を決めても大丈夫?
郵便受けに投函されたチラシを見ながら、「この外壁塗装業者に工事を依頼しようかな」と考える方も多いことでしょう。

チラシは、外壁塗装業者にとってオーソドックスな宣伝方法のひとつ。ですが、チラシだけで外壁塗装業者を決めても大丈夫なのでしょうか?

ここではまず、外壁塗装業者選びでチラシを利用することの良し悪しについてチェックしておきましょう。

チラシは昔からある営業方法

子どもから大人までインターネットを日常的に利用するようになった昨今では、SNSやホームページなどインターネットを通じて自社の宣伝や集客をおこなう外壁塗装業者が増えてきました。

ですが、インターネットが主流ではなかったかつてはチラシ営業が多かったのです。現在でも、シニア世代などインターネットを利用しない人も一定数存在するため、チラシ営業を継続する業者も少なくありません

またインターネット広告には費用がかかるものですし、わざわざ検索をして自社のホームページを閲覧してくれる人はごく一握りです。

その点、チラシは相手の目に触れる可能性がインターネット広告よりも高く、なとなしにチラシを見たことがきっかけで「外壁塗装工事を頼もうかな」という気になる人もいます。

このような理由から、インターネットでの集客が主流になった現在でも外壁塗装チラシの配布は決して珍しいことではありません。

チラシだけで判断するのは難しい

難しい
チラシは外壁塗装業者選びの一助にはなるものの、それだけで信頼できる業者かどうかを判断するのは難しいもの。

というのも、チラシに書かれている内容は業者が特にアピールしたいポイントを厳選したものだからです。

新規顧客の獲得につながるように、各種工事の中でも特にお得な安い価格を全面的にアピールしたり、自社のイメージアップにつながる「お客様の声」のみをチラシに掲載するのが一般的です。

また、特に外壁塗装のメンテナンスやリフォームをする予定がなかったにもかかわらず、魅力的な内容が書かれたチラシを見ていると「やった方がいいかな」と思い始め、それが無駄遣いにつながってしまうことも…。

「先着○名様のみ割引キャンペーンを実施中」「今なら赤字覚悟の期間限定価格で工事が可能」といったキャッチフレーズに心を掴まれて、業者に問い合わせしたくなる人も少なくないことでしょう。

ですが、外壁塗装工事にはお金もかかれば時間もかかります。チラシだけを見て安易に工事を依頼するのは、リスクがあると言えるでしょう。

まとめると…
  • 現在もチラシを配布する外壁塗装業者は少なくない
  • チラシだけで外壁塗装業者選びをするのはおすすめできない

外壁塗装のチラシを配るのはどんな業者?

外壁塗装のチラシを配るのはどんな業者?
そもそも、チラシを配布する外壁塗装業者にはどのような種類があるのでしょうか?ここからは、業者の主な種類についてご紹介していきます。

地域密着型の業者

その地域で名前が知られている塗装業者は、チラシを配布するケースがよくあります。地元密着型の業者は大手業者と比べると規模が小さく知名度が低かったとしても、長年の実績があり信頼できることが多いでしょう。

地域によって自然環境はさまざまであり、たとえば海岸地域の土地では塩害などによって金属製のサイディングが傷みやすいといった特徴があります。

その地域の気候などを知り尽くした地元密着業者ならば、自然環境などの条件をよく考慮した上で適切な施工をしてくれるでしょう。

また、こうした業者は下請けに工事を発注するのではなく契約から工事まですべてを自社で担うため、中間手数料がかかからず費用が安くすむ傾向にあります。

大手のハウスメーカー

ハウスメーカー
大手のハウスメーカーの場合は塗装だけでなく、屋根や住居内など家全体に関する工事を請け負っています。外壁塗装に特化した専門業者とは違い、オールマイティーなリフォームやメンテナンスが可能です。

「CMで見たことがある」といった名前を知っている安心感や信頼感から、大手のハウスメーカーに工事を依頼する人も多くいます。

なお、地域密着型の中小の外壁工事業者でもアフターフォローや保証が充実しているところはありますが、大手のハウスメーカーだとよりそうした傾向性が高いと言えます。

ただし、大手のハウスメーカーは基本的に自社施工はおこなわず、塗装工事は下請けに出すため、中間手数料をとられて費用が高くなるといったデメリットもあることを知っておきましょう。

リフォーム会社

外壁塗装以外にも、家の内部のリフォームも請け負っているのがリフォーム会社。外壁塗装を専門とする業者と違い、塗装工事をするときは下請け業者に発注するケースが大半です。

そのため、大手ハウスメーカーと同様に中間手数料がかかってやや割高の費用になることが多いでしょう。

個人経営

業者
法人ではなく個人経営している外壁塗装業者がチラシを投函することもよくあります。

大手メーカーはインターネット上での宣伝活動に力を入れているのに対して、個人経営の業者はチラシを通じて集客をおこなっているケースが多いと言えるでしょう。

軽微な工事では特別な許可がなくても施工可能なため、建設業許可がない場合もあります。外壁塗装において必須な許可ではありませんが、許可を得ている業者ならば一定の安心感が得られるはず。

ただし、建設業許可がなくても豊富な経験と実績を有している個人経営の職人さんもいるため、許可の有無が技術力の高さや信頼度に直結するとは一概には言えません。

知り合いの紹介や信頼できる口コミなどを通じて、信頼できる優良な個人経営の業者を見つけることも十分に可能です。

ホームセンター

昨今のDIYブームの影響もあり、外壁塗装のDIYグッズなどのチラシを配布するホームセンターも少なくありません。

ホームセンターがいわば「契約窓口」となって店舗内で外壁塗装工事の案内や契約手続きをおこなっているケースもありますが、塗装は他の業者に外注するのが一般的です

なお、外壁塗装業者で働いた経験などがあり、DIYが可能な技術と経験があればホームセンターで必要な道具や塗料を購入し、セルフで外壁塗装をおこなうことも不可能ではありません。

ただし、高所での作業が必要な場合は安全面でのリスクが大きく、また綺麗な仕上がりにならないといったデメリットもあるため、できれば信頼できる外壁塗装業者に依頼するのがおすすめです。

まとめると…
  • 地元密着型の中小業者:自社工事のため費用を安く抑えられる
  • 大手ハウスメーカー:知名度があり安心感があるが中間手数料がかかる
  • リフォーム会社:工事自体は下請けに依頼することが大半
  • 個人経営:建築業許可を得ていない業者も一定数いる
  • ホームセンタ:工事自体は他の業者がおこなう
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

外壁塗装のチラシで注意すべきこと

外壁塗装のチラシで注意すべきこと
魅力的なチラシを見たことがきっかけで、外壁塗装工事を依頼するというケースも珍しくありません。

ですが、チラシから分かるのは業者の魅力的な部分などの良い情報のみであり、ネガティブな情報は一切書かれていないのが普通です。

そこでここからは、外壁塗装のチラシで注意してチェックおきたいポイントについてご紹介していきます。

安すぎる金額には要注意

格安であることをアピールしているチラシには注意したほうがよいでしょう。相場と比べてあまりにも安過ぎる場合、チラシに記載されているのは「塗装代」のみで、契約の段階になるとほかに追加で費用をとられることが多いからです。

また、足場代を別途に請求されるなど、「結果的にほかの業者に依頼したほうがトータルの費用が安かった」というケースも珍しくありません。

だからこそ、チラシに記載された安すぎる費用に飛びついてしまうのはNG。相見積もりを活用したりインターネットで工事の相場費用を調べたりして、依頼したい工事内容の費用相場を把握しておくとよいでしょう。

値引き額を大幅にアピールする

プライスダウン
「今なら半額!」といったキャッチコピーで大幅値引きをしていることをアピールするチラシは、「怪しい」と疑ってかかったほうがよいでしょう。

本当にキャンペーン価格で正規の工事をしてくれる業者もいますが、大幅値引きというお得感で関心を引き、実際には通常よりも安価な塗料を使って密かに採算をとっているというケースもあるからです。

安い塗料は通常の塗料よりも耐久性・審美性が低く耐用年数も短いため、塗って数年程度で剥がれなどの不具合が生じることも…。

通常の塗料を使用する場合でも採算をとるために人件費を削り、手抜き工事をするケースもあります。

チラシの値引きに釣られて安易に工事を依頼してしまうと、すぐに補修工事を依頼しなければならなくなるリスクがあることを知っておきましょう。

足場無料には注意する

足場無料というチラシを見て「お得に外壁塗装工事ができる」と受けとめてしまうのも要注意。

足場をかけるだけでも十数万円かかるため、足場代無料サービスの裏には、ほかの価格を高額に設定している場合があるからです。

足場無料に釣られて契約しても、トータルコストを見るとほかの業者と比べて特に安くなっていないというケースも少なくありません。

コミコミ価格をアピールしている

金額
「○坪○○円」といったコミコミ価格をアピールしているチラシにも注意が必要。というのも、下地処理や、下塗りなど必要な工程をカットしているケースがあるからです。

また、値引きアピールのチラシと同様に、採算をとるべく安い塗料を使われるケースもあります。

クーリングオフ制度を知っておく

メリットばかりを強調するチラシに釣られて、つい外壁塗装工事の契約をしてしまったという場合も珍しくありません。

冷静になって考えてみると「やっぱり工事の契約をするべきではなかった」と後悔することがないように、クーリングオフ制度についての正しい知識を得ておくことが必要です。

クーリングオフとは、一定の条件を満たせば契約後でも解除ができる制度のこと。クーリングオフ制度が利用できるのは「訪問販売」「電話勧誘」によるものであり、すべての契約に対して解除ができるわけではありません。

チラシを見て、自分から「塗装工事をしてほしい」と業者に連絡した場合はクーリングオフ制度が適用できないことに要注意。

ただし、チラシを持った業者が訪問販売して契約をした場合などは、クーリングオフの対象になることもあります。クーリングオフが可能かどうか分からないときには、お住まいの地域の消費者センターに相談してみてください。

保証に関して記載されているか

保証
外壁塗装工事直後は、美しく素晴らしい見栄えに仕上がることがほとんどであり、後から施工不良が起こることが多いため、万が一手抜き工事をされてもすぐにそれが判明するわけではないのです。

だからこそ、不具合が起こったときの保証制度の有無がチラシに記載がされているかチェックしておくことが大切。

あまりにも安すぎる費用を売りにしていて、なおかつ保証制度が一切ない業者は手抜き工事によるリスクが高いため、警戒したほうがよいでしょう。

自社で独自の保証システムやアフターフォローを設けている業者も少なくありませんが、リフォーム瑕疵保険に登録している業者ならば、瑕疵などの問題が生じたときに保険を利用して補修工事をおこなえます。

万が一リフォーム業者が倒産した場合でも、瑕疵保険会社に申請して保険金を受け取ることも可能ですので、チラシを見る際には瑕疵保険登録業者の記載があるかどうかも確認してみてください。

住所のチェック

チラシに住所さえ記載されていない塗装業者は、信頼性という点において論外です。チラシに住所が書かれていても、存在しない住所や嘘の住所を記載している悪徳業者もいるので用心しましょう。

塗料に関する詳しい情報が書かれているか

塗料にはさまざまな種類があり、耐久性や審美性によって価格が変わるのが普通です。

安い塗料を使えば工事費用は全体的に安くおさえることが可能ですが、耐用年数が短くなる可能性が高いため、長い目で考えると将来的なメンテナンス費用が負担になってしまうことも…。

まとめると…
  • 大々的な値引きや足場無料アピールのチラシには要注意
  • 値引きの代わりに安価な塗料の使用や手抜き工事をする業者も存在
  • クーリングオフ制度の利用が可能か事前に把握しておく
  • 施工トラブルへの保証の有無を確認
  • 住所の記載や使用塗料の説明についてもチェック

外壁塗装のチラシで優良業者を見分けるコツ

外壁塗装のチラシで優良業者を見分けるコツ
チラシで優良な外壁塗装業者かどうかを見極めるためには、どのような点をチェックすればよいのでしょうか?

以下では、チラシで信頼できる業者を見分けるコツについてご紹介していきます。

地域密着型の業者か

一般的に地元密着型の業者は信頼度が高い傾向にあるため、地元で長年塗装を行っている実績があるかどうかをチェックしてみましょう。

長い間地元で愛され、一定の顧客を獲得している業者はそれだけ信頼性が高く、技術力も期待できる傾向性があるからです。

たとえば昔ながらの「○○塗装店」や名前を聞いたことがある業者、創業年数が古い業者などが挙げられます。

相場に近い金額を提示している

見積もり
相場と同じくらいの金額を提示しているならば、良心的な業者である可能性が高いでしょう。

反対に相場よりも安すぎる金額をアピールポイントにしている業者は、手抜き工事や後からの追加費用の請求のリスクがあります

また足場代についても「無料」とせずに、きちんと説明している業者は信頼度が高い傾向と言えるでしょう。

ホームページを持っている

自社のホームページがある業者ならば、チラシ掲載以外の情報がチェックできるのでおすすめ。

読みやすくするためにチラシには必要最低限の情報しか記載できませんが、ホームページならば施工実績が詳しく載っていることが多いからです。

チラシに記載されていない施工内容や費用の詳細に加えて、施工実績の写真などをホームページ上でチェックしてみてください。

塗料についての情報が書かれている

塗料 白
塗料はメーカー・グレードによって価格が大きく異なってきます。塗料の良し悪しによって仕上がりも変わってくるため、塗料についての情報が書かれているかどうかを確認してみましょう。

「○○塗料は耐用年数が○○年」など、使う塗料によっての違いが明記されている業者は親切で信頼できる傾向性があります。

保証について記載されている

工事後に定期的に点検してくれるかどうか、万が一不具合があったときに対応してもらえるかどうかも絶対にチェックしておきたいポイントのひとつ。

費用が相場よりも安すぎる業者は保証が一切ないという可能性もあるので、できるだけアフターフォローが充実している業者を選びたいところです。

有資格者がいる

塗装に関係する資格を持っている職人がいるかどうかも、優良業者を見つけるための指標のひとつ。塗装工事は資格がなくてもおこなえますが、資格があることで信頼感は増すからです。

お客様の声など過去の実績が掲載されている

どれくらいの実績があるのかが分かれば、技術力や信頼性のある業者かどうかを見極めやすいでしょう。実際に施工された写真が掲載されていると参考になるはずです。

まとめると…
  • 地元で長く続いてきた業者は信頼性が高い
  • 施工費用が安すぎる業者よりも相場に近い業者を選ぶ
  • ホームページで詳しい情報を掲載している業者もおすすめ
  • 保証制度や資格の有無を確認する
  • 実績のわかる施工写真などがあればチェックする

チラシ以外で外壁塗装業者を探す方法

チラシ以外で外壁塗装業者を探す方法
満足のいく外壁塗装工事を実現したいならば、チラシ以外の情報も得た上で優良業者を探すことも大切です。

ここからはチラシ以外で信頼できる外壁塗装業者を見つける方法についてご紹介していきますので、工事を検討中の方はぜひ参考になさってみてください。

知り合いに紹介してもらう

おすすめしたいのが、実際に塗装工事をした知人から塗装業者を紹介してもらうという方法です。チラシやホームページに掲載された「お客様の声」と違い、知人から直接感想を聞くことができるので安心感と信頼性があります

ただし、知人が「よかった」と工事に満足していたとしても、すべての人にとっておすすめできる業者とはかぎりません。

知人に業者を紹介してもらう場合でも、きちんと見積もりをとってから契約するかどうかを決めるべきです。自分でしっかりと納得できた業者を選び、違和感がある業者との契約は保留にしましょう。

インターネットで調べる

電話
チラシをきっかけに塗装工事を考えたのならば、まずはインターネットで情報を探してみてください。

インターネットならホームページを持っている塗装業者を検索できますし、チラシよりも多くの情報を入手しやすいはず。

また、口コミサイトなどで評判をチェックするのもおすすめです。

まとめると…
  • 塗装工事を依頼した知人に業者を紹介してもらう
  • インターネットで詳しい情報を調べる

外壁塗装業者を選ぶときのポイントは?

外壁塗装業者を選ぶときのポイントは?
美しく耐久性のある外壁塗装を実現するためには、確かな技術のある業者に依頼することが必要です。ここからは、外壁塗装業者選びで失敗しないためのコツについてご紹介していきます。

保証内容を確認する

塗装工事は「塗ったら終わり」ではありません。手抜き工事であっても多くの場合、工事完了直後は美しい仕上がりになるものです。

塗ってから数年後に施工不良が見られることも多いため、わずかな期間で塗り直しになったときに無償で対応してくれるかどうかを確認しましょう。

ちなみに、リフォーム瑕疵保険の登録業者ならば保険を利用した補修工事が可能です。瑕疵保険の登録業者かどうかは以下のサイトで検索が可能ですので、契約前にチェックしてみてください。

相見積もりを行う

価格
一社だけをチェックしただけで契約を決めるのはおすすめできません。比較対象がなければ、施工内容や費用が納得のいくものかどうかを確認しにくいからです。

いくつかめぼしい業者を絞り込み、相見積もりをおこなって信頼のできる業者を厳選しましょう。なお、「見積もりで提示された費用が安いから」という理由で業者を選ぶのもNGです。

相場よりも費用が安すぎる業者は手抜き工事や追加費用の請求などをされるリスクがあるため、相場に近い良心的な費用を提示しており、事前調査をしっかりしてくれる業者や、見積書が丁寧に書かれている業者がおすすめです。

また、見積もりの段階でも不明点は遠慮せずに質問しましょう。質問に対して丁寧で納得のいく説明をしてくれる業者は、優良である可能性が高いでしょう。

まとめると…
  • アフターフォローが充実している業者を選ぶ
  • 相見積もりを通じて比較・検討をして優良業者を見極める

外壁塗装業者選びではチラシ以外もチェックしよう

今回は外壁塗装業者のチラシの見方や注意点についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。チラシは昔からある営業活動であり、インターネットが一般的になった現在でもチラシを配布する業者は少なくありません。

チラシは業者選びの材料にはなりますが、そこに記載された金額やお得な情報だけに注目せずに、複数の情報を集めて信頼できる業者かどうかを見極めることが大切です。

「今だけ!」「先着○○名だけ」など極端な値引きアピールをしている業者には注意しましょう。また、チラシだけでは悪徳か優良かを判断しづらいため、ホームページなどインターネット上の情報に目を向けることも必要。

その上でめぼしい業者をいくつか見つけて、実際に見積もりをとって比較してみてください。他の塗装業者とも相見積もりをすることで、適切な費用・施工内容を提示してくれる業者を見つけやすくなるはずです。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami