外壁塗装のおすすめ時期は?塗装の寿命・塗り替えのタイミングを解説!

外壁が傷ついてきたり、塗装が落ちてきて見栄えが悪い…とお悩みの方。実は、外壁塗装はデザインや見栄えのためだけではなく住宅を長持ちさせるのに重要なものなんです。

「そう言われても、自分ではいつ塗り替えれば良いか判断できない…」
そう思ってる方もいらっしゃるのでないでしょうか。

外壁塗装を行うことで家が長持ちし、見栄えも良くなります。

今回は外壁塗装のオススメ時期塗り替えのタイミングについてわかりやすく解説します。

外壁塗装の塗り替えるタイミングとは?

見出し画像(外壁塗装を塗り替えるタイミング)まずは、塗り替えのタイミングについて見ていきましょう。

外壁塗装が寿命を迎えたとき

外壁塗装 寿命を迎えた塗装

最初の塗装のときに使った塗料によっても変わりますが、だいたい8〜15年程度と言われています。

しかし、あくまでこの耐用年数は目安ですので、劣化が激しい場合は8〜15年たっていなくても外壁塗装をしなおすことをオススメします。

外壁材別の耐用年数や補修法については、以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。
外壁の「種類」どう選ぶ?素材の特徴や費用・選び方をくわしく比較

劣化症状が出ているとき

外壁塗装の劣化症状(剥がれ)

「ウチの壁が大変なことになってる!」そう思いながらも「まあ、まだ大丈夫でしょ…」なんて考えていませんか?

軽度の劣化でも対策しないとさらにひどい劣化につながります。『外壁塗装を考えるべき劣化症状とは?』で解説している劣化症状があるか、ぜひ一度お家を確認してみてください。

デザインを変えたい

外壁塗装 工事中の足場

「家を建てたままのデザインで10数年たったけど、このデザインも見飽きてしまった。」「今時のデザインと違って、ダサく見えるかも。」そう思うときがありませんか?

外壁は塗り替え可能です。自分の好きなデザインに外壁を塗り替えましょう。

そもそも外壁塗装は必要なの?

結論から言うと、絶対に必要です。

外壁塗装の劣化を放置すると、ひび割れ等から雨水が内部に侵入して雨漏りを引き起こしたり、外壁素材を侵食してしまうことがあります。

また、そのまま放置し続けると建築材まで劣化させてしまい、住宅の建て直し時期が早まることに。「外壁塗装」が「住宅の建て直し」にまで発展してしまいます。

塗装は住宅のデザインを変える以外にも、外壁素材の保護の役割も果たします。

「リフォームで直せる状態」から「建て直さないといけない状態」にならないためにも、劣化症状が確認できたら迷わず塗装の塗り直しを考えましょう。

外壁塗装の耐用年数はどのくらい?

見出し画像(外壁塗装の耐用年数とは?)

そもそも外壁塗装の耐用年数って?

外壁塗装には塗料の耐用年数と外壁材の耐用年数が関わってきます。外壁材自体には30年~40年の耐用年数がありますが、それは適切に塗装などのメンテナンスを行った場合です。

例えば国内シェア80%の窯業系サイディングは元の防水性がありません。塗装で防水性を持たせているので、長い時間放っておくと、劣化の原因になります。

塗料の耐用年数に合わせて外壁塗装を定期的に行い、外壁を長持ちさせることが大切です。

塗料の種類ごとの耐用年数を表にすると、以下のようになります。

塗料の種類 耐用年数
アクリル塗料 5~7年
ウレタン塗料 8~10年
シリコン塗料 10~15年
ラジカル塗料 12~15年
フッ素塗料 15~20年
光触媒塗料 15~20年
無機塗料 20~25年

現在最もよく使われているのはシリコン塗料です。また、壁の防水加工も7~10年で寿命を迎えるので、10年が一つの目安になります。

“内部リンク
外壁塗装 種類”

耐用年数はあくまで目安!

目安時期

周辺環境、塗装技術、手入れの状況によって劣化具合は異なるため、耐用年数は塗替え時期の目安でしかありません。

海が近くて塩害の被害を受けやすい地域や、湿気が多く外壁材が劣化しやすい地域、紫外線が強い地域、自然が多くてカビやコケが生えやすい地域などは、外壁が劣化しやすい傾向があります。

耐用年数だけで判断せずに、実際の状況に応じてメンテナンスしていくことが大切です。

外壁塗装を考えるべき劣化症状とは?

見出し画像(外壁塗装を考えるべき劣化症状とは?)

外壁のメンテナンス時期を耐用年数だけで判断しないためには、実際の劣化状況を知っておくことが大切です。では外壁の劣化にはどのようなものがあるのでしょうか。

以下に、対処が必要な外壁の劣化状況とその主な対処方法を表にまとめておきました。

劣化の状況 状態や対処方法
色あせ 色あせは経年劣化によって色が薄くなる劣化現象です。
急いで塗装する必要はありませんが、見た目が気になる人は塗り替えを検討してください。
カビ、コケ 外壁にカビや苔が生える劣化現象です。長く放置すると塗装に根を張ってしまい劣化しやすくなりますが、見た目以外で致命的な問題は少ないでしょう。

ただし、カビやコケが外壁に付くということは塗膜が劣化している可能性が高いため、塗り替え時期が近いことを示しています。緊急性は低いものの、近いうちに塗り替えが必要です。

チョーキング 外壁をさわると白い粉がつく現象です。塗料に含まれる「顔料」という粉末状の成分が露出している状態なので、指でなぞると粉がチョークのように指に付着します。

塗り替え時期は、チョーキングの度合いにもよりますが、外壁のほとんどで起こっている場合は塗り替え時期と判断して良いでしょう。

塗膜の膨れ 塗膜が一部分だけ下地からはがれて、膨れている状態です。膨れている部分の内部には空気や水がたまっており、塗装が外壁保護の機能を果たしていません。

数カ所程度なら問題は小さいものの、外壁の多くの場所で見つかったなら塗替え時期です。膨れを放置すると、膨れた部分が剥がれたり、内部の水が外壁を侵食するといったことも起こってきます。

膨れが起こると塗膜の劣化が進むので、対処するなら早めの方がおすすめです。

塗膜の剥がれ 塗装の膨れよりも状況が進行し、塗装が下地から剥がれている状態です。

年月の経過によって外壁の多くの塗装が剥がれている場合は塗り替えが必要となります。

ひび割れ 塗膜や外壁がひび割れている状態を指します。塗装だけの割れをチェッキング、外壁素材までわれている場合をクラッキングと呼ぶことが多いです。

ひび割れを放置すると、外壁素材や建築材が劣化し雨漏りの原因となることもあるため注意が必要です。ひび割れが見つかった場合は、補修や塗り替えをする時期でしょう。

外壁塗装に最適な「季節」とは?

外壁塗装に適切な季節

外壁塗装に不利な条件とは

外壁塗装が劣化しやすい条件には、以下のようなものがあります。

  • 気温5℃以下(乾燥不良)
  • 気温35℃以上(塗料に気泡が発生する)
  • 湿度85%以上(乾燥不良)
  • 塩害が発生する場所(乾燥不良)
  • 強風(ホコリがくっついて見栄えが悪化)

上記の条件で塗装をすると、施工不良となる可能性が高くなります。

季節ごとの外壁塗装の相性は?

季節

季節によっても、外壁塗装の出来映えが変わってきます。以下に季節ごとのメリットとデメリットをまとめました。

季節 メリット デメリット
気温が安定、降水量少ない 天気が不安定
気温が高く乾燥がはやい 養生のため窓が開けられない、気温が高すぎる日はNG
気温と湿度が安定 台風が来る可能性がある
乾燥していて乾きやすい 雪が降るとこ、寒冷地はNG
梅雨 外壁塗装する人が少なく、業者が空いているため安くなる可能性がある 雨の日が多く工期が伸びる

上記は絶対的なものではありません。地域による特性によっても変わります。また、どの季節にもメリット・デメリットはあるので、住む地域の特徴も考慮して時期を選びましょう。

風水も活用してみよう

どの季節にもメリットデメリットがあるので、いつにするか悩まれる方も多いと思います。そんなときは風水を活用してみるのもおすすめです。

風水的には、リフォームには風水的に悪い時期と良い時期があります。風水的に悪い時期と良い時期には、主に以下のような時期です。

  • 土用の日はNG 1,4,7,10月の後半、17日くらいから約20日間が土用。この期間は避けるべき。
  • 外壁塗装には十二直の「平」二十八宿の「危」の日がよい。この日を工事開始日にするのも◯。

いつが土用や十二直の「平」二十八宿の「危」にあたるかは毎年変わります。ネットで簡単に調べられるのでチェックしてみてください!

塗装にオススメの季節は?

鯉のぼり

一般的には5月中旬~梅雨前、梅雨明け~7月前半、9月がおすすめです。気候的にも良く、風水の土用にかぶりません。暖かい地域なら3月も良いでしょう。

外壁塗装の時期を知るためのポイントをおさらい

 

外壁の塗装時期については外壁の状態を定期的なチェックが重要。ポイントをおさらいしましょう!

外壁塗装を行う目安の時期は?

使用している塗料にもよりますがだいたい8〜15年程度と言われています。詳しくはコチラ


塗料の違いによって、耐用年数に違いはあるの?

アクリル塗料で5〜7年、ウレタン塗料で8〜10年、シリコン塗料で10〜15年と使用している塗料によって大きく異なります。詳しくはコチラ


外装塗装に適切な季節ってあるの?

気温が5℃以下や、35℃以上、湿度が85%以上などは不利な条件になります。一般的に5月中旬から梅雨前、梅雨明け〜7月前半、9月がおすすめと言われています。詳しくはコチラ


外壁塗装にかかる費用や注意点が気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
【令和3年更新】外壁塗装の費用相場はいくら?内訳と計算方法を解説【保存版】

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami