外壁塗装のおすすめ時期は?塗装の寿命・塗り替えのタイミングを解説!

外壁が傷ついてきたり、塗装が落ちてきて見栄えが悪い…とお悩みの方。実は、外壁塗装はデザインや見栄えのためだけではなく住宅を長持ちさせるのに重要なものなんです。

「そう言われても、自分ではいつ塗り替えれば良いか判断できない…」
そう思ってる方もいらっしゃるのでないでしょうか。

外壁塗装を行うことで家が長持ちし、見栄えも良くなります。

今回は外壁塗装のオススメ時期塗り替えのタイミングについてわかりやすく解説します。

この記事でわかること
  • 外壁塗装のタイミング
  • 塗料別の長所・短所
  • 塗装に最適な季節

外壁塗装の塗り替えるタイミングとは?

まずは、塗り替えのタイミングについて見ていきましょう。

外壁塗装が寿命を迎えたとき

最初の塗装のときに使った塗料によっても変わりますが、だいたい8〜15年程度と言われています。

しかし、あくまでこの耐用年数は目安ですので、劣化が激しい場合は8〜15年たっていなくても外壁塗装をしなおすことをオススメします。

劣化症状が出ているとき

「ウチの壁が大変なことになってる!」そう思いながらも「まあ、まだ大丈夫でしょ…」なんて考えていませんか?

軽度の劣化でも対策しないとさらにひどい劣化につながります。『外壁塗装を考えるべき劣化症状とは?』で解説している劣化症状があるか、ぜひ一度お家を確認してみてください。

デザインを変えたい

「家を建てたままのデザインで10数年たったけど、このデザインも見飽きてしまった。」「今時のデザインと違って、ダサく見えるかも。」そう思うときがありませんか?

外壁は塗り替え可能です。自分の好きなデザインに外壁を塗り替えましょう。

そもそも外壁塗装は必要なの?

結論から言うと、絶対に必要です。

外壁塗装の劣化を放置すると、ひび割れ等から雨水が内部に侵入して雨漏りを引き起こしたり、外壁素材を侵食してしまうことがあります。

また、そのまま放置し続けると建築材まで劣化させてしまい、住宅の建て直し時期が早まることに。「外壁塗装」が「住宅の建て直し」にまで発展してしまいます。

塗装は住宅のデザインを変える以外にも、外壁素材の保護の役割も果たします。

「リフォームで直せる状態」から「建て直さないといけない状態」にならないためにも、劣化症状が確認できたら迷わず塗装の塗り直しを考えましょう。

外壁塗装の耐用年数はどのくらい?

外壁塗装の耐用年数は平均築10年と言われていますが、劣化が激しい場合は10年未満でも塗り替えが必要になります。

まとめると…
  • 外壁塗装は住宅の保護に必要
  • 塗装の寿命はだいたい8〜15年
  • 劣化症状によっては10年未満でも塗り替えが必要

また塗料によっても耐用年数が変わってきますので、次に塗料ごとにどんな違いがあるかご紹介します。

塗料別の長所と短所って?

アクリル塗料 【耐用年数6〜8年】

価格がかなり安い(約1300〜1500円/㎡)、コスパが高い、歴史的に長く使われてきたため豊富な種類があるなどの理由から、以前ほどではありませんが現在も使われている塗料です。シリコン塗料の約7割の費用で塗装工事ができます。

出来上がりは、ツヤがありはっきりとした色合いになることが特徴です。

ただ、劣化がはやいため、5〜7年ほどで塗りなおす必要が出てきます。さらに、塗膜が固いのでひび割れしやすい塗料になっています。建物に動きがある場合はすぐにひびが入ってしまうのであまりオススメできません。

ウレタン塗料 【耐用年数8〜10年】

ウレタン塗料もアクリル塗料と同様に、シリコン塗料などに比べて価格が安いこと(約1500〜2000円/㎡)がメリットとして挙げられます。さらに、出来上がりの塗膜に弾性があり伸縮性に優れているのでひび割れしにくいです。

しかし、シリコン塗料より耐用年数が短い、紫外線に弱く、変色しやすいなどの機能的な側面と、耐用年数が2〜5年程度の差があるにも関わらず、価格の違いが2割程度なので費用対効果の面でもシリコン塗料に劣ってしまいます。

シリコン塗料 【耐用年数10〜15年】

費用対効果が高い、汚れにくい塗膜が出来上がる、塗膜の光沢保持率が高く綺麗なツヤが出る、定番の塗料ゆえに種類が多いなどの理由から現在もっとも使われている塗料です。

アクリル塗料やウレタン塗料に比べて、約2500〜3000円/㎡と高価なため、それなりの機能を発揮してくれるだろうと思ってしまうのも分かりますが、防汚性があるといっても一般的な防汚性程度しかありません。

特殊な効果を期待したい場合は、他の機能性塗料を検討してみると良いでしょう。

フッ素塗料【耐用年数15〜20年】

フッ素塗料の圧倒的なメリットは耐用年数が非常に長いことです。塗り替えなどをする予定がない場合、費用をトータルで見ると高いというデメリットも解消できます。

しかし、フッ素塗料は約3500〜4500円/㎡と価格が高いことが難点です。長期的に見れば安くなることもありますが、まとまった工費の負担が重い、といった家庭も多いでしょう。また、フッ素塗料はその結合力の強さにより次の塗装をする際に、特別な下塗りをしないと新たな塗料をはじくので、シリコン塗料より費用がかかるといった欠点があります。

  •  基本的には安くて短いor高くて長いの二択になります。

オススメの塗料とは?

「こんなに種類があって、どれを使えば良いか分からない…」とお悩みの方にオススメの塗料を2つほどご紹介します。

エスケー化研の「クリーンマイルドシリコン」
セラミック複合による超程汚染性、特殊設計による防カビ性、そのほかにも耐候性や透湿性にも優れたシリコン塗料です。また、密着性にも優れているので前回の塗膜の種類に関わらず塗装ができます。

日本ペイントの「ファイン4Fセラミック
耐久性、耐汚染性、透湿性、防カビ性など全てにおいて優れているフッ素塗料です。

耐用年数はあくまで目安!

何度もお伝えしているとおり、周辺環境や塗装技術、手入れの状況によって劣化具合が異なるため、耐用年数は塗り替え時期の目安でしかありません。

海が近い、潮風があたる場所では塩害によって、湿気が多い場所ではカビやコケによって、外壁は通常の耐用年数よりはやく劣化していきます。

お家がどんな場所にあるかで外壁塗装の耐用年数は変わるので、10年という数字はあくまで目安ということだけは忘れないでください。

外壁塗装を考えるべき劣化症状とは?

ここまで「外壁が劣化したら塗り替えのサイン」とお伝えしてきましたが、そもそも外壁の劣化症状とは具体的に何を指すのでしょうか?次はなにが「劣化症状」にあたるのかご紹介します。

色あせ:劣化度【低】

色あせはよく街中で見かけることも多いと思いますが、これも劣化症状の1つです。

急いで塗装する必要はありませんが、見た目が気になる人は塗り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

カビ、コケ:劣化度【低】

湿度が高く、直射日光が当たらないところにできるものとされていますが、これも外壁の劣化症状によるものです。

長く放置すると塗装に根が張ってしまい劣化しやすくなりますが、見た目以外で致命的な問題は少ないです。

ただし、カビやコケが外壁に付くという事は塗膜が劣化している可能性が高いため、塗り替え時期が近いことを示しています。

チョーキング:劣化度【中】

よく外壁を触って白い粉が手についたことがありませんか?あの白い粉、実は塗料に含まれている「顔料」という粉末で劣化が進んでることを示しているんです。

チョーキングの度合いにもよりますが、外壁のほとんどで起きている場合は塗り替えのタイミングです。

塗膜の膨れ:劣化度【中】

塗装が膨れることで内部に空気や水がたまってしまい、塗装としての機能を果たさなくなることです。

数カ所程度なら問題は小さいですが、外壁の多くの部分で起きている場合は塗り替えのタイミングです。

放置してしまうと膨れた部分が剥がれたり、内部の水が外壁を侵食するので出来るだけはやく対処しましょう。

塗膜の剥がれ:劣化度【高】

塗装の膨れがさらに進行し悪化した状態です。塗膜の剥がれが見られたときは劣化がとても進んでると思ってください。

 

年月の経過によって外壁の多くの塗装が剥がれている場合は塗り替えが必要になります。

ひび割れ:劣化度【高】

ひび割れは劣化症状の中で一番ひどい症状ですが、見かけたことありませんか?空き家などがお家の近くにある人は見かけたことがあると思います。

ひび割れを放置すると、外壁素材や建築材が劣化して雨漏りの原因になりますので、ひび割れが見つかった場合は補修や塗り替えが必要です。

また、ひび割れにも種類があり、塗装だけの割れをチェッキング、外壁素材まで割れている場合をクラッキングと呼ぶことが多いです。

まとめると…
  • 劣化症状には様々な種類がある
  • 症状によってははやく対処する必要がある

外壁塗装に不利な条件とは

気温が5°C以下のとき

気温が低いと塗料が固まるのに時間がかかります。固まる前の塗料に埃や塵、水滴が付くことで、塗膜を形成する化学反応が適切に反応しなくなる可能性があります。

そのリスクがあるため、塗料が固まるのに時間がかかる気温では外壁塗装は推奨されていません。

気温が35°C以上のとき

気温が高いと塗料が急激に加熱され、ピンホールという小さな穴ができます。数個なら問題ありませんが、数多くできてしまうと塗膜として均等な厚みにならず、十分な性能を確保できないので耐久性にかけてしまいます。

湿度が高いとき

湿度が85%以上になると、塗膜が硬化するまでの時間が長くなります。塗料を固める化学反応は複雑なので、時間が長くかかると正常に化学反応が起きないリスクが高まります。そのため高湿度下での外壁塗装は推奨されていません。

塩害が発生する場所にお家があるとき

海から近い地域・建物は、潮風の影響によって外壁に塩分が付着し、建材をサビさせてしまったり劣化をはやめてしまったりします。さらに塩害による劣化が進むと、金属部分に穴ができ、その穴から雨水が入ることで軒下の電気回線が腐食してしまったり、ショートしてしまう可能性があります。

強風が吹いているとき

強風が吹くと、塗りたての外壁に塵や埃が付いて出来上がりが見栄え良く塗装できないのであまり推奨されていません。

 

以上のような条件で塗装を行うと施工不良となる可能性が高くなります。

まとめると…
  • 温度が高すぎても低すぎてもダメ
  • 湿度が高い、海の近く地域は注意が必要!

季節ごとの外壁塗装の相性は?

塗装工事との相性【春】

春は気温が安定していて、雨もあまり降らないため外壁塗装を行うには適しています。

ただし、北海道のように、3月でも気温が5℃を下回る地域においては4月以降に外壁塗装を行うことをオススメします。

塗装工事との相性【夏】

夏は平均気温が高く、塗料をはやく乾燥させるのに適しています。

ただ、あまりにも気温が高すぎる日や梅雨の時期は施工不良になる可能性があるので、避けて塗装を行うようにしてください。

塗装工事との相性【秋】

秋は気温、湿度ともに安定しているため外壁塗装をするのにとても適しています。

秋は外壁塗装に適していますが、台風が来る時期と被らないように注意しましょう。

塗装工事との相性【冬】

冬は乾燥しているため温暖な地域であれば外壁塗装を行うのに適しています。

ただ、雪が降る地域や気温が5℃を下回る地域ではまともに塗装ができませんので注意が必要です。

注意
上記のものは絶対的なものではないので、お住まいの地域によって異なります。また、業者によっても外壁塗装に最適だと考える季節は異なります。

塗装にオススメの季節は?

季節ごとの相性を見てきましたが、外壁塗装を行うベストシーズンは、春と秋でしょう。

気温・湿度ともに安定していているので外壁塗装を行うのにうってつけの季節と言えます。

ただし…

しかし、いくら春や秋が適しているといって、外壁塗装を行ったとしても雨や降雪などの影響を受ける可能性があります。たとえ天気予報で明日晴れると言っていっていたとしても雨が降ることもありえます。

したがって、安心して塗装の工事を行える季節はありません。

また、住んでいる地域によっても気温・湿度・天候などが異なるので、一概に春や秋に行った方が良いとは言えません。たとえば、降雪量の多い北海道や東北では春に行うより、夏のあったかい時期にやった方が良いということもあります。

ですので、その地域その地域にあった時期で外壁塗装の工事を行うことをオススメします

専門業者に相談しよう

今回、外壁の劣化症状や塗装の塗り替えタイミングについてご紹介しましたが、「もしかして劣化症状…?」と思った時はスグに専門業者に相談するのが一番と言えます。最近は無料で見積もりまで行ってくれる業者が増えているので、楽に相談することができます。

最初にも言いましたが、外壁塗装は住宅の見栄えを良くするだけではなく、長持ちさせるのに必要なものです。定期的に劣化症状が出てないか確認してあげてください。

Bitnami