tel: 0120-124-775
logo
tel: 0120-124-775

金属サイディングの価格はどれくらい?リフォームにかかる費用も解説

金属サイディングの価格はどれくらい?リフォームにかかる費用も解説

サイディングは、日本の家屋の実に9割に使用されているもっともメジャーな外壁材です。ただ、サイディングと一口に言っても金属系・窯業系・木質系・樹脂系とさまざまな種類があることをご存知でしたか?

これらの中でも特に金属サイディングは軽量で安価なところが魅力的。ですが、「金属サイディングのメリットとデメリットがよくわからない」「施工時にはどのくらいの価格なの?」と疑問をもっている方も多いことでしょう。

そこでこの記事では、金属サイディングの基礎知識から、外壁材に金属サイディングを選ぶメリット・デメリット、価格の相場まで徹底解説しています。

「金属サイディングを使って外壁塗装のリフォームを考えている」という方は、ぜひ最後までご覧ください!

この記事でわかること
  • 金属サイディングのメリットとデメリットは?
  • 金属サイディングの価格の相場は?
  • 金属サイディングの人気メーカーの商品と価格は?
  • 金属サイディングのリフォーム費用はどれくらい?

金属サイディングの価格ってどれくらいなの?

金属サイディングの価格ってどれくらいなの?

「外壁のリフォームを考えているけれど、できるだけ費用を抑えたい」という方には、外壁材の中でも比較的安価でコストパフォーマンスに優れた金属サイディングがおすすめ。

しかし、金属サイディングと一口に言ってもメーカーや商品によって価格は異なるものですし、どの外装塗装業者にリフォームを依頼するかによっても費用は異なってきます。

できるならば、リフォーム前に金属サイディングの大体の価格を知っておきたいものですよね。

外壁塗装業者に見積もりを依頼する前に、この記事を通して金属サイディングの価格の相場や特徴についてあらかじめ把握しておきましょう!

価格の前に!そもそも「金属サイディング」とは?

価格の前に!そもそも「金属サイディング」とは?
外壁塗装関連の仕事をしていない限り、「金属サイディング」という言葉に馴染みのある方は多くないことでしょう。

「金属サイディングがそもそもよくわからない」という方も少なくないはず。そこでここではまず、金属サイディングの基本知識について解説していきます。

自宅の外壁塗装のリフォームを考えているという方は、外壁材選びの参考としてぜひご一読ください。

金属サイディングの基礎知識

サイディングとは、日本国内でもっともシェア率の高い外壁材のこと。サイディング外壁材には窯業系・木質系・樹木系などさまざまな種類があり、金属サイディングはその一種です。

金属サイディングは、柄付けされた金属板と断熱効果のある裏打材によって構成されています。

金属板とは具体的に言えばガルバリウム鋼板のことで、軽量で外壁や建物に負担をかけにくいだけでなく、サビにくくて耐久性に優れているという特徴をもっているのです。

なお、サイディング外壁材の中で最も人気が高いのは窯業系で、金属系はそれに次いで人気があります。

サイディング材の種類やそれぞれの特徴については、こちらの記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。
サイディング外壁とは?種類やメリット&デメリットまで徹底解説!

「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

金属サイディングのメリットとデメリット

メリット デメリット
外壁塗装工事にはお金も費用もかかるもの。「イメージしていた仕上がりと違う」からと言って、簡単にやり直しはできません。

だからこそ、外壁材選びで後悔することのないように、外壁材のメリットだけでなくデメリットについてもきちんと知っておくことが必要です。

では、金属サイディングにはどのような長所と短所があるのでしょうか?以下では、知っておきたい金属サイディングのメリットとデメリットの両方について徹底解説しています。

外壁材選びにあたって、ぜひ参考になさってみてください!

メリット1:軽くて重ね張りに適している

金属サイディングのメリットとしてまず挙げられるのが、軽量であるということ。サイディング外壁材の中では最も軽量なため、既存の外壁に重ね張りするカバー工法に適しているのです。

既存の外壁を全部撤去して新しく外壁を張り直すとなると、重ね張りと比べて費用も期間も増えてしまいます。

他方で、既存の外壁を利用した重ね張りならばリフォーム時の費用と期間を抑えることができるでしょう。

このように金属サイディングには軽くて建物に負担をかけないという特性があることから、リフォーム時に用いられることが多いのです。

メリット2:耐震性が高い

外壁材として軽量な素材を使用すると、地震時に住宅全体が揺れにくくなるため耐震性が向上します。

南海トラフ地震や東京直下型地震のように、30年以内に大規模地震が起こる確率が高いと言われているからこそ、耐震性が高い外壁材を選びたいものですよね。

その点、金属サイディングはサイディングの中でもっとも軽量であり、窯業系サイディングの4分の1ほどの重さしかないため、耐震性を重視する方におすすめできます。

他方で、タイルのように重さのある外壁材は外壁だけでなく住宅そのものに負担をかけてしまうため、地震発生時に建物が揺れやすくなるでしょう。

メリット3:断熱性が高い

断熱性
金属サイディングには断熱材が使用されているため、熱を通しにくく断熱性に優れているというメリットも。

暑い季節には外側の熱を住宅の内側に通しにくく、寒い季節には住宅内の室温を外側に逃がしにくいため、夏も冬も快適に過ごしやすいと言えるでしょう。

また、窯業系サイディングと比べると耐凍害性が高いのも金属サイディングならではの特徴。

保温性が高く雪や低音にも強いため、金属サイディングは寒い地域にお住まいの方におすすめできます。

住宅のすき間風が気になりはじめたなら、軽量で重ね張りが可能な金属サイディングを使用して外壁のリフォームを行ってみてはいかがでしょうか?

メリット4:ひび割れしにくい

金属サイディングのメリットのひとつとして忘れてはならないのが、ひび割れしにくいということ。そもそも金属は割れにくい素材だからです。

地震が起きた時でも、ひび割れに強い金属サイディングを使用した外壁ならば、崩れにくく破損しにくいと言われています。

まとめると…
  • メリット①軽量で住宅に負担をかけにくく、重ね張りのリフォームに適している
  • メリット②軽量なので地震発生時に住宅が揺れにくく、耐震性に優れている
  • メリット③断熱性が高く夏も冬も快適に過ごしやすい
  • メリット④ひび割れしにくく耐久性が高い

デメリット1:キズや衝撃に弱い

デメリット
多くのメリットがある金属サイディングではありますが、デメリットがないわけではありません。そのひとつとしてまず挙げられrのが、キズや衝撃に弱いということ。

軽量であり、なおかつ素材として金属が使用されているため、金属サイディングは表面にキズがつきやすいのです。

キズがつくと見た目的にもよくありませんし、キズが出来た部分から塗膜が劣化していく原因にもなるため、耐久性にも悪影響が出てしまいます。

また、衝撃に弱くへこみやすいという性質も。

たとえば外壁と駐車スペースが隣接していて、車庫入れ時に外壁に接触しやすいといった場合には金属サイディングの使用を避けたほうが無難でしょう。

デメリット2:デザインが金属質

金属素材のため、どうしてもデザインが金属質になるというのも金属サイディングのデメリット。

おしゃれな外観の仕上がりを重視する方にはあまりおすすめできません。審美性の高さを重視するのであれば、木質系サイディングや窯業系サイディングをチョイスしたほうがよいでしょう。

たとえば、木の温かみのある外壁に仕上げたいならば木質系サイディングがおすすめ。金属サイディングにも木目調のデザインがありますが、天然木を使用した木質系サイディングと比べると、質感の美しさやナチュラルさの点で劣ってしまいます。

ただし、木質系サイディングは費用や修繕費が高くなりやすいため、コストパフォーマンスと審美性の高さを両立したいならば窯業系サイディングを選ぶとよいでしょう。

デメリット3:錆びる

汚れ
金属はサビに弱いものですよね。金属サイディングは金属を使用しているため、錆びることは避けられません

とりわけ、表面にできたキズを放置していると、水や空気の影響を受けて錆びが発生しやすくなってしまうので要注意。

また塩害に弱いため、海岸が近くて潮風が強い地域にお住いの場合は、金属サイディング以外の外壁材を選んだほうが無難でしょう。

メンテナンス頻度や費用が高くなることを覚悟の上で、金属系サイディングを選ぶ必要があると言えるでしょう。

まとめると…
  • デメリット①表面にキズがつきやすく衝撃でへこみやすい
  • デメリット②金属感のある仕上がりになるため審美性は高くない
  • デメリット③錆に弱く、潮風が強い地域の住宅にはおすすめできない

金属系サイディングのメリット・デメリットについてさらに詳しく知りたい方は、ぜひ次の記事もチェックしてみてください。
金属サイディングは超優秀!そのメリットやデメリット・価格まで解説

金属サイディングの価格の目安

金属サイディングの価格の目安

ここまで見てきたように、金属サイディングにはメリットもあればデメリットもあります。両方を正しく理解した上で金属サイディングを選びたいものです。

では、実際に金属サイディングを使用して外壁塗装工事を行う場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

ここからは、気になる金属サイディングの価格の目安についてご紹介していきます。

金属サイディングは厚みで価格が変わる

金属サイディングの価格は、どの厚みを選ぶかによって変わってくるもの。材料を使う量が変わるため、薄いほど安く、厚いほど高くなります

断熱性や遮音性の高さを重視するのであれば、薄い金属サイディングよりも厚みのあるものを選んだほうがベターでしょう。

他方で、重ね張りによって外壁のリフォームを行う場合、厚みがある金属サイディングだと重量が出てしまうため、薄いほうを使用することが多いです。

厚み別の金属サイディングの価格

金属サイディングの厚さ別の価格の目安(1平方メートル単価)は、以下の表の通りです。

厚さ 1平方メートル単価の価格目安
14mm 2,500〜3,500円
15mm 4,000〜6,000円
16mm 5,000〜7,000円
18mm 6,000〜8,000円

ただし、この価格帯はあくまで目安であることに要注意。使用する商品や工事内容によって価格が大きく変わることも知っておきましょう。

他のサイディングとの価格の比較

比較

では、金属サイディングを他の種類のサイディングと比べるとどうなのでしょうか?

サイディングの種類 価格の目安
金属系サイディング 4,000〜6,000円
窯業系サイディング 3,700〜5,500円
木質系サイディング 5,000〜9,000円
樹脂系サイディング 4,000〜10,000円

 

上の表のように、金属サイディングはサイディングの中でも比較的安価な外壁材です。ちなみに、窯業系サイディングはデザイン性に優れているのに価格はそこまで高くないため、コストパフォーマンスがよいと言えます。

木質系サイディングは、他の種類のサイディングと比べるとやや寿命が短めで価格は高く、メンテナンス費用も高くなる傾向にあります。天然の木を使用しているため防火性に弱く、一部の地域では使用できないことも。

ただし、本物の木を使用しているだけあって仕上がりの美しさとナチュラルさにおいてはピカイチです。金属系サイディングや窯業系サイディングでも木目調のデザインのものがありますが、デザイン性を重視するならば木質系サイディングを選ぶべきでしょう。

樹脂系サイディングは、アメリカやカナダなどの北米地域では一般的な外壁材ですが、日本でのシェア率はたったの1~2%ほど。

日本ではマイナーなので費用も高くなりがちで、取り扱いや施工可能な業者が少ないというデメリットもあります。他方で、他のサイディングと違って耐久性が非常に高く、メンテナンス要らずなので長期的に見るとお得だと言えるでしょう。

まとめると…
  • 金属サイディングの価格は薄いと安く、厚いと高くなる
  • 他のサイディングと比べても金属サイディングの価格は比較的安い

メーカー別!金属サイディングの商品と価格

メーカー別!金属サイディングの商品と価格

金属サイディングの価格は、厚さや工事内容に加えて、商品によっても大きく異なってくるもの。

ここからは、メーカー別に金属サイディングの人気商品と価格をご紹介していきます。

どのメーカーの金属サイディングを選ぼうか迷った際に、ぜひ参考になさってみてくださいね。

アイジー工業「アイジーサイディング」

アイジー工業の「アイジーサイディング」は、ストライプ模様やレンガ風模様、木目調などさまざまな模様が選べる人気の金属サイディング。

「金属サイディングは他のサイディングと比べると審美性に劣る」と考えている方でも、優れたデザインを誇るアイジーサイディングならば満足できるでしょう。

錆びにくいガルバ鋼板を表面に使用しているため、「錆びに弱い」という金属サイディングのデメリットを見事に解消しています。

気になる材料価格は、1平方メートルあたり3,900〜6,000円程度です。

ニチハ「センターサイディング」

雨
ニチハの「センターサイディング」は、フルカラーのインクジェット塗装によってレンガやブロックのリアルな質感を追求しているところが特徴的。

金属サイディングにもかかわらず、高い審美性を実現できます。またセルフクリーニング機能がついており、雨が降るたびに自動で外壁表面の汚れを落としてくれるところも人気の秘訣として挙げられるでしょう。

材料価格は、1平方メートルあたり4,000〜7,000円程度です。

旭トステム「金属Danサイディング」

旭トステムから発売されている「金属Danサイディング」の魅力は、最大で5mmの溝がある深い陰影を作り出せるという点にあります。

金属Danサイディングならば、イメージ通りのおしゃれなデザインの外壁を実現できるでしょう。また、セルフクリーニング機能付きなのでこまめに外壁の清掃をせずにすむのも嬉しいポイント。

汚れが付きにくくなるため、メンテナンスの頻度も費用も抑えられるでしょう。気になる材料価格は、1平方メートルあたり5,000〜7,000円ほどです。

ケイミュー「はる・一番」

ケイミューの「はる・一番」は、深い造詣が魅力的な金属サイディング。洗練されたおしゃれな質感を実現できます。

遮熱性フッ素塗料を使用しているため、色あせに強くメンテナンスの頻度・費用を抑えられるところも特徴的。

材料価格は1平方メートルあたり4,560〜5,450円ほどです。

まとめると…
  • センターサイディング:インクジェット塗装でリアルな質感を実現
  • 金属Danサイディング:溝によって陰影を作り出すことで高級感を演出
  • はる・一番:色あせしにくく耐久性が高い

金属系サイディングのおすすめメーカーについては、以下の記事でも徹底解説しています。
金属系サイディングのメーカー一覧|それぞれの特徴を一挙解説!

金属サイディングにリフォームする際にかかる費用

金属サイディングにリフォームする際にかかる費用

「金属サイディングを使って外壁のリフォームを考えている」という方も多いはず。では、この場合どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

事前に概算費用がわかれば安心できますよね。そこで以下では、金属サイディングのリフォーム費用について詳しくチェックしていきましょう。

金属サイディング本体の価格

金属サイディング本体の価格は、1平方メートルあたり4,000〜6,000円程度です。

窯業系サイディングよりもやや安価か同等であり、木質系サイディングや樹脂系サイディングよりは安いと言えるでしょう。

工事費

価格
外壁のリフォームにあたっては、人件費や作業に必要な道具の費用として工事費用がかかってきます。

工事費用はリフォーム総額の4〜7割程度を占めるのが一般的ですが、工事内容や面積でその価格は大きく変わるため、具体的な数値化はできません。

ケースバイケースの工事費用に関しては、業者に見積もりを出してもらう必要があります。

諸経費

事務費用や業者の利益、ゴミ処理費用などはまとめて「諸経費」として計上されます。諸経費は総工事費の5〜15%程度ですが、業者によって異なることに要注意。

まとめると…
  • 金属サイディング本体:4000~6000円(1平方メートル単価)
  • 工事費:工事内容などによって大きく異なる
  • 諸経費:業者によって差がある

長所と欠点を理解した上で金属系サイディングを選ぼう

今回は金属系サイディングの基礎的な知識から、そのメリット・デメリット、リフォームにかかる費用などについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

金属系サイディングは軽量であるため、耐震性が高く重ね張りにも適しており、リフォーム時に採用されることが多いという特徴をもっています。他方で、錆びやすく金属的な質感が否めないというデメリットも…。

「思っていたのと仕上がりイメージが違う」「こんなにメンテナンスに費用がかかるとは思わなかった」と後悔しないように、メリットにだけ気を取られるのではなく、デメリットについてもしっかりと理解しておくことが必要です。

なお、最近では金属サイディングであっても高いデザイン性を実現したものや、錆びにくく加工されたものも発売されているため、商品選びを適切に行えば金属サイディングのデメリットを上手に補えるでしょう。

外壁のリフォームをお考えの方は、ぜひ金属サイディングを候補に入れてみてはいかがでしょうか?

 

サイディング外壁の種類別・施工別の費用について気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
外壁サイディングの価格を徹底比較!費用を抑えるポイントとは?

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami