切妻屋根のメリットとデメリット!寄棟屋根・片流れ屋根との違いも

切妻屋根のメリットとデメリット!寄棟屋根・片流れ屋根との違いも

切妻屋根とは、どのような形状の屋根を言うのでしょうか。今回の記事では切妻屋根の形状の特徴や、メリット、デメリットのほか、他の屋根形状との比較などについてお伝えしていきます。

切妻屋根について興味がある方は、ぜひご一読くださいね!

この記事でわかること
  • 切妻屋根の特徴
  • 切妻屋根のメリット・デメリット
  • 寄棟屋根や片流れ屋根との違い

切妻屋根とは?

切妻屋根とは?
切妻屋根とは、どのような屋根のことを言うのでしょうか。ここでは、切妻屋根の語源や形の特徴、また部位の名前などについてお伝えしていきます。

切妻屋根の語源

切妻屋根という名称は独特の名称のように思えます。その語源はどのようなものなのでしょうか。切妻の妻とは、屋根の端部分を意味します。切妻屋根は、この端部分を切った形状をしているため、切妻屋根と呼ばれているのです。

古くからある屋根の形状で、このような形状の屋根を切妻造りと呼ぶこともあります。古く伊勢神宮や出雲大社などの建物の屋根もこの形状で作られています。

切妻屋根の形と部位の名前

?
切妻屋根は、本を開いて四角に覆い被せた様な形の屋根形状をしています。また部位ごとに名称がつけられていますので、代表的な部位の名称をご紹介していきます。

まず、屋根の頂点部分は「棟」、屋根の端の側面のうち、雨樋をつける部位を「鼻隠し」と呼ばれる部分です。そのほか、鼻隠しではない面の、外壁からはみ出た屋根部分のことを「ケバラ」、屋根の端の側面のうち、鼻隠しでは無い部位を「破風」といいます。

まとめると…
  • 切妻屋根の語源は妻(端)を切り取った形状なことからきている
  • 切妻屋根の部位の名称には棟、鼻隠し、ケバラ、破風といったものがある

切妻屋根のメリット

切妻屋根のメリット
切妻屋根にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、切妻屋根の主なメリットについていくつかお伝えしていきます。

価格が安い

切妻屋根の最大のメリットは、価格が安いという点です。形状がシンプルなため施工にかかる材料費や人件費が安いという特徴があります。

住宅にかかるコストをできるだけ抑えたいという方におすすめの屋根形状です。また施工できる会社も多いので、多くの業者の中から依頼する業者を選ぶことができます。

工期が短い

屋根 工事
切妻屋根はシンプルな形状のため施工期間が短いという特徴もあります。工期が短縮できるため、早めに住宅に暮らし始めることが可能です。

自宅を建築中、ホテルなどの滞在費をなるべく削減したい方などにもおすすめです。どのような勾配であっても三角の形であれば、他の屋根の形状に比べて工事期間が少なくて済みます。

換気がしやすい

切妻屋根の形状の関係上、室内の構造が三角になります。そのため風通しが良く、換気しやすくなるというメリットもあります。湿気がこもりやすい、空気を常に換気していたいという需要にマッチする屋根です。

昔ながらの三角の屋根裏部屋を作ることができ、風通しの良いロフト部屋でくつろぐことも可能です。また湿気がこもりにくいので、屋根裏部屋を子供部屋にするのもおすすめです。

ソーラーパネルを設置しやすい

切妻屋根は単純な構造をしているため、ソーラーパネルを設置しやすいというメリットがあります。適度な勾配と面積があるため、工事のための下準備が少なくて済みます。

ソーラーパネルなど屋根の設備を検討している方にも向いている形状です。勾配を片方だけ多く取ることで、ソーラーパネルの面積を大きくすることもできます。

屋根に積もる雪の量を調節できる

切妻屋根のメリット
屋根の形状が2方向に分かれているため、積雪の量を調節しやすいというメリットもあります。屋根の勾配を工夫することで、屋根に雪が積もりすぎないようにできます。

豪雪地方など、雪が大量に降る地方では重宝する屋根形状でしょう。屋根に雪を溶かすための設備をつけるときにもつけやすいなど、豪雪地帯にはメリットの多い屋根の形状です。

まとめると…
  • シンプルな形状なので工事費用が安い
  • 施工の難易度が低いので工事期間が短くて済む
  • 構造的に風通しが良くなるので、換気性が良くなる
  • フラットな形状なのでソーラーパネルを設置しやすい
  • 屋根に積もる雪の量を調節できるので豪雪地帯に向いている形状
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

切妻屋根のデメリット

切妻屋根のデメリット
切妻屋根のメリットは多くありますが、デメリットもあります。ここでは、切妻屋根のデメリットについてご紹介していきます。

個性が出しにくい

形状が単純なのは切妻屋根のメリットでもありますが、一方で単調で個性が出しにくいというデメリットもあります。自宅のデザインを個性的なものにしたい、こだわりのある屋根形状にしたいという場合には向いていない形状です。

おしゃれ感を出したい場合は、塗装で工夫するしかないので別の形状を検討した方が良いかもしれません。ただし世界でも多く見られる昔ながらのデザインでもあるので、見飽きないというメリットがあります。

長い期間住んでも飽きが来ないデザインでもあるので、そういった意味では一番安定感があるデザインかもしれません。

特定の面だけ紫外線や雨が当たりやすい

気候
切妻屋根は2面に分かれているので、一方だけに日光が当たりやすくなることがあります。一方にのみ日光が当たり続けることで、片面だけ劣化が早まってしまうこともあり注意が必要です。

劣化の状況によってメンテナンスの頻度を分ける必要があるので、メンテナンス費用が多くなる可能性もあります。

また日当たりが悪い方の屋根は結露がたまりやすく、建材が劣化しやすいので注意が必要です。

まとめると…
  • 世界で多く普及している屋根の形状なので個性が出しにくい
  • 一方向だけ日光や風雨が当たりやすく劣化しやすい

切妻屋根と寄棟屋根・片流れ屋根の違い

切妻屋根と寄棟屋根・片流れ屋根の違い
屋根の形状には、切妻屋根のほか寄棟屋根や片流れ屋根といった形状もあります。ここでは、それら切妻屋根以外の屋根の特徴についてお伝えしていきます。

寄棟屋根とは

寄棟屋根とは、切妻屋根に次いでよく見られる屋根の形状で、頂点から4方向に傾斜する屋根です。形状に個性が出やすく、様々な建物に対応できる形状となっています。

切妻屋根よりも耐久性が高いというメリットがありますが、屋根裏部屋が狭い、メンテナンスの費用がかかるといったデメリットもある屋根形状です。

そのほかデザインにこだわることができる一方で、形状が複雑になりやすく工事費用がかさんだり工事期間が長くなったりすることもあります。

片流れ屋根とは

片流れ屋根とは、1方向にだけ勾配がある屋根です。一方向だけに傾斜しているので、切妻屋根にある一面だけ劣化するといったデメリットを防げます。

見た目のデザイン性が高く、太陽光パネルをより多く取り付けることができる一方で、雨漏りしやすい、場所によっては日当たりが悪く結露が発生しやすいといったデメリットもある屋根です。

降雨量が少なく、日照時間が長い地域では片流れ屋根のメリットを最大限に活かすことができるでしょう。一方で雨が多い地域では雨漏り対策を十分にしておく必要があります。

切妻屋根と他の屋根の違いって?

比較
切妻屋根は寄棟屋根に比べると、耐久性が低い傾向があります。ただしソーラーパネルは切妻屋根の方が、形状が単純なだけ設置しやすいです。

また寄棟屋根は4方向に屋根が傾斜しているので、様々な構造を取ることができデザインにこだわった個性的な屋根にすることもできます。

そのほか構造上、寄棟屋根の方が耐久性が高いのですが、一方で風通しが悪くなるというデメリットも。また形状が複雑なので、コストがかかり工事期間も長くなりがちです。

片流れ屋根は切妻屋根よりも施工価格が高めです。しかし風に強いというメリットがあるので、強風や台風が多い地方では片流れ屋根の方が重宝されるでしょう。

屋根の面積が広いため、ソーラーパネルを設置する面積が広く、より多くのソーラーパネルを設置することが可能です。ただし、一方向にしか傾斜していないため、日当たりが悪いと屋根の内部で結露して建材が劣化しやすいというデメリットもあります。

また特に金属性の屋根に多いと言われていますが、片流れ屋根は雨漏りしやすいというデメリットもあり注意が必要です。降雨量が多い地域の場合は、雨漏り対策や結露対策も合わせて行う必要があります。

まとめると…
  • 寄棟屋根とは4方向に屋根が分かれている形状の屋根
  • 片流れ屋根は一方向だけに勾配がある形状の屋根
メリット デメリット
寄棟屋根 切妻屋根よりも耐久性が高い

デザイン性が高く個性が出しやすい

風通しが悪い

形状が複雑になりコストや工事期間がかかる

ソーラーパネルを設置しにくい

片流れ屋根 デザイン性が高く個性が出しやすい

ソーラーパネルを多く設置しやすい

風に強い

雨漏りしやすい

場所によっては日当たりが悪く結露が生じやすい

切妻屋根はシンプルな使いやすい形状の屋根

切妻屋根は2面に分かれた形状の屋根で、日本のみならず世界のの住宅では多く見られる形状です。シンプルな作りなので施工費用が安く、施工期間も短いため需要が高い屋根形状となっています。

ただしそれだけに特徴のあるデザインにしにくいという面もあり、デザインにこだわりがある人には向かない形状でしょう。切妻屋根にしつつ個性を出したいという方は、勾配や塗装で個性を出していくという方法もあります。

切妻屋根はメリットが多い屋根でなおかつ、コストや施工期間を短縮したい、周囲と馴染みやすいデザインにしたいという方にはピッタリの形状です。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami