tel: 0120-124-775
logo
tel: 0120-124-775

モルタル・コンクリート・セメントの違いはコレ!基礎知識を解説

モルタル コンクリート セメント アイキャッチ

モルタルとコンクリート、セメントは建築材料としてよく耳にする言葉です。これらは何がどう違うのでしょうか。

今回の記事ではモルタルやコンクリート、セメントそれぞれの性質や違い、作り方、主な用途などについてお伝えしていきます。モルタルとコンクリートの違いがいまいちわかりずらいという方は、ぜひご一読ください。

工事したい場所に適した建材が正しく選べるようになるはずです!

この記事でわかること
  • モルタル・コンクリート・セメントの違い
  • モルタル・コンクリート・セメントの基礎知識
  • モルタルとコンクリートの特徴を比較

モルタル・コンクリート・セメントの違いって何?

モルタル・コンクリート・セメントの違い

モルタルと同じような材質にコンクリートやセメントがあります。これらの違いはどのようなところにあるのでしょうか。簡単に言うと、セメントはモルタルとコンクリートの材料です。

セメントは、粘土を含む石灰石や石膏(せっこう)を焼いて作った粉末です。これをもとにして、モルタルやセメントを作っていきます。

モルタルは先ほどご紹介したセメントと、砂と水を混ぜて作ったものです。適度な強度と柔軟性があり、装飾性も高いので、建物の外壁などによく使用されます。

一方コンクリートはセメントと砂と水、そして砂利を混ぜて作ります。モルタルよりも強度が高いので、強度が必要な道路や柱などによく使用される建材です。

まとめると…
  • セメントはモルタルとコンクリートの材料
  • セメントは強度が高く、モルタルは柔軟性があり装飾性が高い

基礎知識①モルタル

モルタルの基礎知識

モルタルとはどのような特徴を持った建材なのでしょうか。ここでは、簡単にモルタルの持つ特徴や作り方、主な用途などについてご紹介していきます。

モルタルとは?

モルタル壁

先ほどの章でもご紹介しましたが、モルタルはセメントに水と砂を混ぜて作った建材です。柔軟性があるため装飾性が高く、また振動にも強いという特徴があります。

これらの特徴のため建物の外壁などに使用されることが多い建材です。建物の壁として使う場合は、左官職人の技術が必要になります。板の上にモルタルを乗せて、ヘラで下地に塗りつけていくという行程を取ることが多いです。

モルタルの作り方

混ぜる イメージ

モルタルの作り方はセメントと水、砂を混ぜ合わせて作ります。セメントと砂を1対3の割合で混ぜ合わせることで、適度な強度のモルタルが出来上がりです。

水、砂、セメントの材料を混ぜ合わせ、灰色に色が変わったら使用します。天候や湿度によって、水や砂の配合を微妙に調整して作ります。

適度な強度のモルタルを作るのには、職人の経験が必要です。施工実績が豊富な左官業者に依頼することで、質の良いモルタル外壁を作ることができるでしょう。

モルタルの主な用途

モルタル 赤い窓

モルタルは主にタイルやレンガの下地材や接着剤、コンクリートの上塗り材、セメント瓦やスレートの材料として使用されます。適度な柔軟性があるため、仕上がりも柔らかい雰囲気となり外壁材としても適した建材です。

特にコンクリートの上塗り材として使用されることが多く、ひび割れしにくいため振動を受けやすい場所の建物に使用するのに適しています。

また材料単価が比較的安価なので、普及率の高い屋根材のセメント瓦やスレートの材料としても多く使用されており、身近な場所で多く使用されている建材です。

まとめると…
  • モルタルはセメントと水、砂を混ぜたものでセメントと砂は1:3の割合
  • 柔軟性と装飾性が高いので建物の表面部分に使用されることが多い

モルタル外壁について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてください。
アイキャッチ モルタル壁モルタル壁はデザイン性が高い?その種類やメリットを詳しく解説!

「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

基礎知識②コンクリート

コンクリートの基礎知識

モルタルの材料にさらに砂利を混ぜ合わせたコンクリートには、どのような特徴があるのでしょうか。ここでは、コンクリートの特徴や作り方、主な使用用途についてお伝えしていきます。

コンクリートとは?

コンクリート壁

コンクリートとは、モルタル(水とセメントと砂)にさらに砂利を混ぜ合わせた建材です。強度がモルタルよりも高いので、強度が必要な建物の構造部分に多く使用されています。

また高い負荷がかかる道路にも使用されており、大きな建物やビル、橋といった公共交通機関にも多く使用されている建材です。装飾性はそれほど高くないので、建物の外壁として使用されることはあまり多くないでしょう。

ただしコンクリートの打ちっ放しをあえてデザインとして建物に使用する例もあります。

コンクリートの作り方

コンクリートミキサー

コンクリートの作り方は、セメント、砂、砂利を1:3:6の割合で混ぜ合わせて使用します。砂利が見えにくくなるほど徹底的に混ぜて、さらに湿度や天候に応じてみずを調整し、そのうえでさらに混ぜ合わせて完成です。

ちなみにコンクリートは常にかき混ぜていないと固まってしまうため、大規模にコンクリートを運ぶときはミキサー車で運搬します。計画的に使用できるようにコンクリートの作成から施工まで、厳密に時間管理をして運搬するシステムとなっています。

コンクリートの主な用途

コンクリート 床 植物

コンクリートの主な用途は、先ほども少しお伝えしましたが、強度が必要な住宅やビルなどの構造部分に使用されます。また橋や高架、ダム、港湾、トンネル、といったインフラ設備にも多く使用されている建材です。

コンクリートは砂利を混ぜて強度を上げているため、モルタルに比べて大きな負荷にも耐えられます。そのため大規模な施設を作るときにはよく使用される建材なのです。

住宅を装飾する目的で使用されることはほとんどありませんが、住宅の垣根などを作るコンクリートブロックはコンクリートで出来ています。

まとめると…
  • コンクリートはモルタルに砂利を混ぜて強度を上げた建材
  • 建物の構造材や橋や高架などの大規模な設備に使用される

基礎知識③セメント

セメントの基礎知識

モルタルやコンクリートを作るのに欠かせないのがセメントです。ではセメントはどのような性質がある建材なのでしょうか。

ここではセメントの性質や主な材料、作り方のほか、主な用途についてお伝えしていきます。

セメントの基礎知識

ミキサー車

セメントは粘土を含む石灰石や石膏(せっこう)を焼いて作った粉末で、モルタルやコンクリートの原料に使われています。セメントの利点は粉末状で保管できるため、使用する場所で建材を作ることができる点です。

工事現場までセメントを運んで、そこで水や砂と混ぜ合わせて材料を作ることができます。しかし大量にコンクリートが必要な場合は、コンクリートの製造工場でコンクリートを作ってミキサー車で混ぜながら運ぶ必要があります。

材料を接着する性質があり、また乾いた後に非常に硬くなります。セメントと混ぜ合わせる材料や割合を変えることで、強度の異なる建材を作ることが可能です。

セメントの主な用途

セメントの主な用途は、ほとんどがコンクリートやモルタルの材料として使用されます。強度に合わせて配合の割合や材料などを変更して使用します。

セメントは粉末状の材料なので、水やその他の材料と混ぜ合わせなければ使用できません。またセメントと水だけで使用すると、柔軟性がなさすぎてすぐにひび割れを起こすなど建材としてあまり役に立ちません。

そのため砂や砂利、繊維などを混ぜることで柔軟性や強度を向上させる必要があります。どのような材料を混ぜ合わせるかは、どの程度の強度の建材を作りたいかによっても変わってきます。

セメントはホームセンターでも購入可能?

 

テラコッタ

セメントは業者でなければ入手できないようなイメージがありますが、ホームセンターでも入手可能です。また通販でも販売されているので、インターネットで注文することもできます。

DIYでちょっとした外壁や床を作りたいという場合に便利です。色々な作り方があるので、パッケージの使用方法をよく読んで使用するようにしてください。

また、DIYでちょっとした場所の修復や工事はできないことはありません。しかし長持ちして見栄えが良い外壁や床などを作りたい場合は、業者に依頼した方が確実でしょう。

まとめると…
  • セメントは石膏などが材料の粘着剤で主にコンクリートに使用される
  • 水と混ざると固くなるが、砂などを混ぜないと固すぎて建材として使えない

モルタルとコンクリートを徹底比較!

モルタルとコンクリートを比較

モルタルとコンクリートでは何がどう違うのでしょうか。ここでは、モルタルの特徴とコンクリートの特徴を、それぞれ比較してお伝えしていきます。

まず強度ですが、コンクリートの方がモルタルよりも優れた強度を持っています。コンクリートは強度を上げるために、砂や繊維質の建材などを混ぜあわせて作っており、建物の構造材や橋や港湾といった大きな施設にもよく使用されている建材です。

一方モルタルは強度は低いものの柔軟性があり、ひび割れにくいという特徴があります。装飾性も高いので、家や建物の外壁によく使用されます。

価格はコンクリートもモルタルも、強度や必要な技術などによって価格差が大きいので一概にはお伝え出来ません。しかしコンクリートは一般的に、1立方メートルあたり2万円以上が目安とも言われています。

モルタルは1平方メートルあたりの単価で計算されますが、モルタルを作るための技術は差が激しく職人によっても施工量などが変わります。また、材料の単価もピンキリなので使用するモルタルによっても変動するため比較するのが難しい建材です。

一般的に強度が高いコンクリートは建物の構造材など、建物を支える根幹の部分に使用され、モルタルは装飾性や柔軟性の高さから建物の表面部分に使用されることが多いです。

モルタル コンクリート
強度はあまりないが装飾性と柔軟性が高い 柔軟性はあまりないが強度は高い
建物の表面に使われることが多い 建物の構造材や大規模な設備に使われる
価格は施工業者の技術や単価に左右される 材料にもよるが1立方メートルあたり2万円から

モルタル外壁の使用を検討中の方には次の記事もおすすめです。ぜひご一読ください。
モルタル外壁の塗装前に必読!おすすめ塗料・DIYのポイントとは?

モルタルとコンクリートの違いは強度と装飾性

セメントはモルタルやコンクリートの原材料です。セメント単体では柔軟性が低くてすぐにひび割れてしまうため、建材として使用することができません。

水や砂利などと混ぜることでモルタルやコンクリートとなり、建材として役立つものができます。モルタルは装飾性や柔軟性が高いので表面部分に使用されることが多く、コンクリートは強度の高さから構造材などに使用されることが多いです。

モルタルとコンクリートの違いを理解して、用途にあった建材を選ぶようにしていきましょう!

 

外壁塗装の費用について気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
外壁塗装の費用相場が全てわかる!リフォーム価格の計算方法&注意点

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami