モルタル壁はデザイン性が高い?その種類やメリットを詳しく解説!

アイキャッチ モルタル壁

モルタル壁が一般的だったのは90年代以前。今はサイディング壁が主流になっていますが、趣があり施工によってはとてもおしゃれに仕上がる「モルタル壁」が最近また注目を集めています。

しかし広く使われていたのが30年前なので、今「モルタル壁」と聞いてもピンと来ない人も多いのではないでしょうか?そこで今回はモルタル壁に注目し、その種類やメリットを詳しく解説していきます。モルタル壁と言ってもいろいろなタイプがあるので、ぜひ参考にしてくださいね。

この記事でわかること
  • モルタル壁の種類と特徴
  • モルタル壁のメリット・デメリット
  • モルタル壁のリフォーム方法とその費用
  • モルタル壁のメンテナンス時期と劣化症状

そもそも「モルタル壁」とは?

モルタル壁とは?
モルタル壁は塗り壁の一種。木造住宅が主だった日本家屋に、耐火性・耐水性の高いモルタル壁が普及したのは戦後になってからです。その後モルタル壁よりも扱いやすいサイディング壁が普及してから、モルタル壁人気はサイディング壁にとってかわられました。しかしが今でもデザイン性の高さや優れた耐久性から根強い人気があります。

モルタル壁とは

Exif_JPEG_PICTURE

モルタル壁の「モルタル」とはセメント、砂、水を練り混ぜて作った建築材料のことを指します。セメントと砂は重量比にして1:2~1:3の割合で配合されています。セメントと砂を混ぜ合わせるというとコンクリートと混同してしまいそうですよね。

しかしコンクリートはセメント、砂と一緒に砂利を混ぜて強度を高めたものです。壁や土間、玄関などを塗る場合にはコンクリートよりも滑らかなモルタルを使います。

モルタル壁の種類と特徴

モルタル壁の種類と特徴!
さてモルタル壁と一口に言っても、いろいろな種類があるのをご存知ですか?モルタル壁は仕上げによって見た目も風合いも変わってくるのが魅力の一つ。それぞれ特性も違うので、一つ一つみていきましょう。

一般塗装

凹凸によってデザイン性や風合いが楽しめるモルタル壁ですが、一般塗装ではモルタルをそのまま壁に塗っているので凹凸はなく、滑らかな仕上がりになります。これが一般的なモルタル壁です。このモルタル壁に趣向の違う仕上げをしていくことで、独特の風合いが生まれます。

リシン仕上げ

外壁 ピンホール
モルタル壁の仕上げ方法の一つが「リシン仕上げ」です。リシンという骨材を混ぜた塗料をエアスプレーガンで外壁に吹き付けていく工法で、ザラザラとした凹凸ができマットな質感が特徴。塗膜が薄いのではがれやすいデメリットがありますが、厚めに塗って刷毛で掻き落とす「掻き落とし」という工法ではそのデメリットも解消されます。

吹付けタイル仕上げ

白い 壁
「タイル」というとお風呂場や洗面所に使うタイルを想像してしまいますが、モルタル壁の吹付タイル仕上げとは関係ありません。吹付タイル仕上げはリシン仕上げのように吹き付けていくのですが、模様付けのために下地材を吹き付けていく仕上げ方法です。

リシンと違い骨材が入っていないためザラザラとした質感はなく、なめらかな凹凸模様でタイルのような光沢が特徴的。吹き付けタイル仕上げには凹凸が細かい「中粒仕上げ」と、凸部が平らでより光沢の出る「押さえ仕上げ」があり、仕上がりの趣が異なります。

塗り壁


左官職人の腕の見せ所が「塗り壁」です。コテを使って左官職人が手作業で塗材を壁に塗りつけていく工法で、家に様々な表情が生まれます。塗り方にはスタッコ仕上げや扇仕上げなど10種類以上のパターンがあり、それぞれ個性的でデザイン性豊かです。

コテや刷毛などを使って壁に模様を作っていくのですが、流線模様なら柔らかい表情が、エッジの利いた直線ならシャープな表情が生まれるなど、家の個性を表現できます。

モルタル外壁の種類 特徴
一般塗装 凹凸模様はなく、一般的な塗装方法
リシン仕上げ ザラザラした凹凸模様がある
吹付けタイル仕上げ なめらかな凹凸模様で、表面にタイルのような光沢がある
塗り壁 手作業のため、独自の模様が作れる

モルタル壁のメリット

モルタル壁のメリットとは?
さてサイディング壁に押され気味のモルタル壁ですが、モルタル壁にはサイディング壁にはない魅力があります!モルタル壁とサイディング壁を比較して
どのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

耐久性に優れている

モルタルはサイディングと比べ、頑丈で耐久性の高い素材です。確かにモルタル壁はメンテナンスが大切なので、面倒だという人もいます。しかしこのメンテナンスさえ怠らなければ、半永久的に使えるのがモルタル壁の大きなメリットです。サイディング壁のように継ぎ目部分がないため、そこから劣化することもありません。

防火性が高い


防火性が高いのもモルタル壁のメリットです。モルタルはセメントと砂を混ぜ合わせたものですから不燃性が高く、火事でも延焼しにくいことが実証されています。実際木造家屋が主流だった日本に戦後モルタル壁が普及したのは、この耐火性が大きかったからだと言われています。

独自の模様が作れる

外壁 漆喰
サイディング壁にはないモルタル壁の魅力はその意匠性です。凹凸部が作る陰影や、マットな仕上がり、光沢のある仕上がりなど出来上がったときの外壁の印象はまるで違います。

また左官職人さんが手作業で塗っていく工法では流れるような曲線や、シャープな直線などデザイン性や風合いも豊かです。質感も風合いもサイディングにはない魅力があり、独特の風合いを好む人にはモルタル壁をおすすめします。

モルタル壁のメリット
  • 耐久性がある
  • 防火性が高い
  • 独特の風合いがあり、趣深い仕上がりになる

モルタル壁のデメリット

モルタル壁のデメリットとは?
好きな人にはたまらない味わいのモルタル壁ですが、モルタル壁を検討するときにはモルタル壁の持つデメリットもしっかり頭に入れておくことが大切です。デメリットを理解した上でモルタル壁にするのなら対策できますが、なにも知らずにモルタル壁にしてしまうと後悔してしまうかもしれません。ではモルタル壁のデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

ひび割れが発生しやすい


確かにきちんとメンテナンスをしていれば、モルタル壁は耐久性が高く半永久的です。しかしひび割れしやすいのがモルタル壁のデメリット。ヘアークラックという細いひび割れから始まり、だんだん大きく深くなっていきます。モルタル壁は防火性が高いわりに防水性が低いので、モルタル壁のひびには注意しなければいけません。

「ヘアクラック」という髪の毛のように細いひびなら見た目以外の問題はありませんが、ひびが深くなるとそこから水が侵食し、腐食やカビの原因になります。そのために再塗装やフィラーの埋め込みなど、モルタル壁にはメンテナンスが欠かせないのです。

既存外壁をモルタルに変更することが困難

モルタル壁は下地部分の処理が難しく、一般的に既存の外壁をモルタル壁に変更することはとても困難です。そのためモルタル壁にする場合は、基本的に新築時にしか適応されません

もちろん既存外壁をモルタル壁にできないこともありませんが、費用もリスクも高い作業でおすすめはできません。反対にモルタル壁をサイディング壁に変更することは可能です。モルタル壁が気になる人は、家を建てるときに十分比較検討してから決めてくださいね。

モルタル壁のデメリット
  • ひび割れしやすい
  • 既存外壁からモルタル外壁への変更が難しい

モルタル壁のリフォーム方法とかかる費用

モルタル壁の リフォームと 気になる費用
さてモルタル壁が好きな人でも、長年住んでいると既存の外壁に飽きてくることもありますよね。また経年劣化でリフォームを考える時期にきている人もいるでしょう。ではモルタル壁をリフォームする際、どのようなリフォーム方法があるのでしょう?モルタル壁をリフォームする方法としては大きく3つあるのですが、それぞれ気になる費用と共に解説していきたいと思います。

塗装


モルタルだけでは防水性がないため、モルタルの上から仕上げ材を塗って仕上げるのがモルタル壁です。そのため経年劣化でこの仕上げ剤が剥げてきたり、小さなひびができてくることが多々あります。そのためモルタル外壁の表面を再塗装してリフォームする形が一番簡単で費用の安い方法です。この費用がだいたい70万~100万円ほどになります。

カバー工法


モルタル壁をリフォームする場合、モルタル外壁の再塗装ではなく思い切ってサイディング外壁に変更することもできます。モルタル外壁をサイディング外壁にする場合、2つの工法があり、その1つが「カバー工法」と言われるやり方です。

カバー工法はその名前の通り、モルタル外壁の上からサイディングを取り付ける方法です。モルタル外壁の上にサイディングをかぶせると、重量が大きくなるので2回以上は使えない方法ですが、工事期間が短く済むのがポイントです。カバー工法のリフォーム費用は140万~260万円ほど。

張り替え

既存のモルタル外壁がかなり傷んでいる場合、またカバー工法をする強度がない場合は、元々の外壁をはがしてサイディングを取り付ける「張り替え」になります。費用も高く工期も長くなりますが、剥がしてしまうので内部の防水紙などの取り換えもできます。

メンテナンスというよりも、新しく壁を作るイメージですね。費用は180万~280万円と一番高額ですが、外壁が生まれ変わるので耐用年数が大幅にアップするのが大きなメリットです。

リフォーム方法 費用 日数
塗装 70~100万円 約7日
カバー工法 140~260万円 約4日
張り替え 180~280万円 約7日
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

モルタル壁の耐用年数とメンテナンス時期

モルタル壁のメンテナンス時期は?
モルタル壁のメリットに耐久性があり「半永久的」と説明しましたが、それはマメにメンテナンスを施したうえでのこと。モルタル壁の耐用年数やメンテナンス時期を理解しておくことで劣化を防ぐことができます。

モルタル壁の耐用年数は30年


一般的にモルタル壁の耐用年数は約30年だと言われています。ただし前述したように、適切な業者が施工した上でメンテナンスを怠らずにやっていれば耐用年数は30年を優に超えます。施工技術に自信を持っている業者はモルタル壁の耐用年数を「半永久的」だとも言うくらいです。いかにメンテナンスが大切かが分かりますね。

モルタル壁のメンテナンス時期

説明 業者
モルタル壁のメンテナンス時期ですが、表面の塗り替えであれば10年おきが目安です。ただしこれは家が建っている土地の気象条件や地盤にもよるので、あくまでも目安だと思ってください。

塗り替えのサインは表面のひびや劣化ですから、初期段階で対策すると楽にメンテナンスできます。小さなヒビなら自分でもシーリングできますよ。一方、壁の張り替えの場合は30年が目安になります。

劣化の症状次第では早急なメンテナンスが必要

耐久性が長いのが大きな特徴のモルタル壁ですが、目で見て劣化が確認できるようであれば早急なメンテナンスが必要です。モルタル壁は施工業者によっても、その土地の気候や地盤の緩さによっても劣化の進みが変わります。

もしも目で見て、大きなひび割れや破損が確認できるのであれば早急に塗装や補修を検討してください。モルタル壁は高い耐久性がある一方、水に弱い特性があるので雨漏りの原因になってしまいます。

まとめると…
  • モルタル外壁の耐用年数は約30年!
  • モルタル外壁の塗り替えは10年が目安
  • 劣化の状態次第では早急にメンテナンスが必要

モルタル壁のメンテナンスを検討すべき劣化症状

モルタル壁の劣化症状!
ではどんな時にメンテナンスを検討すればよいのか、目で見て確認できる諸症状について見ていきましょう。次に紹介する症状は、家がメンテナンス時期が来ていることをお知らせしてくれているサインです。その場合は「まだ張り替え時期じゃないわ」と悠長に構えず、メンテナンスのことを考えてみましょう。

カビや藻


日当たりの悪い場所や雨の多い地域に多く見られる「カビ」や「藻」は、気づいたらこまめに落とすのが一番!ハイターやカビキラーを使うと落とせるのですが、これを放置しておくとカビの根が壁を侵食して外壁を弱らせてしまうので注意しましょう。

色あせ

モルタル壁の劣化症状の一つに「色あせ」がありますが、これは見た目の問題なので修理という意味でのメンテナンスは必要ありません。しかし外壁が色あせてしまうと見栄えが悪くなるので、気になるようなら再塗装をおすすめします。

チョーキング


外壁の塗装被膜が劣化して、チョークのように粉上になることを「チョーキング」と言います。モルタル外壁に手を当てて、手に白い粉がつくようであればチョーキング現象が起きていることになります。放置しておくと塗装が剥がれてしまいますし、塗装が剥がれると雨漏りの原因になるので再塗装が必要です。

剥がれ


塗装の剥がれはモルタル壁にとって致命傷ともいえる状態です。モルタルだけでは防水性がないため、雨が降れば雨が家の内部に侵食してしまいます。そのために上から塗装をしているので、塗装が剥がれているとモルタル壁はそこから著しく劣化してしまいます。外壁の保護機能が失われている状態なので、早急に対処しましょう。

ひび割れ


モルタルは「ひび」に弱い外壁です。そのためひび割れはできやすいのですが、ヘアクラックという小さなひびなら大きな心配はいりません。ただ見た目が悪いので、シーリングを使ってDIY補修するのもおすすめです。

早急に対処するべきひびは「構造クラック」と言われるもので、幅0.3mm以上、深さ4mm以上のひびを指します。ここまでひびが深いと雨水が侵食してしまうので、補修を考えないといけません。

破損


モルタル壁の劣化がすすみ、破損してしまうともう外壁としての役割が果たせないので、早急にメンテナンスが必要です。破損は放置しているとどんどん劣化が進み、メンテナンスどころか壁そのものを張り替えるハメになってしまいます。外壁に関しては、見て見ぬふりはご法度です。

まとめると…
  • モルタル外壁の劣化症状は様々
  • カビ・色あせ・小さなヒビはメンテナンスサイン
  • 大きなひび・塗装の剥がれ・破損は早急に修理が必要

モルタル壁のメンテナンス方法とは?

モルタル壁のメンテナンス方法
さてモルタル壁には定期的なメンテナンスが必要だと言いますが、一口にメンテナンスといっても何をすればよいのでしょう?ここでは初期のメンテナンスから劣化状態が進んでいる場合までのメンテナンス方法を紹介していきます。外壁の症状に合わせてメンテナンスを検討してくださいね。

洗浄


モルタル壁の洗浄は年1を目安に行います。外壁についた埃や汚れを洗い流すのですね。カビや藻がついている場合はハイターやカビキラーなどを使うとよいでしょう。費用は1万~10万円ほど。自分でするか、業者にお願いするかでもかなり変わってきます。

コーキング


次に外壁の目地に使われる「コーキング」を補修する作業があります。これは7年~10年に1度を目安に行うメンテナンスです。費用は5万~30万円程度。モルタル外壁のひび割れにもコーキング、もしくはシーリングで対応します。

塗り替え

モルタル外壁には耐久性があっても、上から塗る塗料は劣化してしまいます。そのため上の塗装は定期的に塗り替えが必要になってきます。主に使用されるシリコン塗料の耐用年数は10年~15年なので、メンテナンスの理想はそれと同じサイクルの10年~15年。費用は70万~100万円ほどかかります。

メンテナンス方法 目安の期間 費用
洗浄 1年に1回程度 1万~5万円
コーキング 7~10年に1度 5万~30万円
塗り替え 10~15年に1度 70万~100万円

モルタル壁を長持ちさせるコツ!

モルタル壁長持ちのコツとは?
意匠性が高く、おしゃれで趣深いモルタル壁ですが、壁を張り替えるような大掛かりな修理は大変です!モルタル壁を長持ちさせるにはちょっとしたコツがあるので、外壁の劣化が進まないようにぜひ実践してみてください。

カビや汚れなどを高圧洗浄で除去する


まず外壁の劣化をいつの間にか進行させてしまう、カビや汚れは気づいたときに除去しておくのが大きなポイント!手でゴシゴシ洗い落とすのも良いのですが、時間も効率も悪いので、高圧洗浄機を使って一気に汚れを落としましょう。ただし慣れない人がすると高い水圧でかえって外壁を傷つけることもありますから、十分注意してください。

定期的にメンテナンスを行う

定期的に外壁塗装を塗り替えるメンテナンスを行っていると、モルタルが劣化せずモルタル壁の寿命をのばすことができます。ほとんどの場合モルタル壁の劣化は上の塗装の劣化になるので、深刻でなければ再塗装で見た目だけでなく、補修もすることが可能です。

優秀な業者に工事を任せる


モルタル外壁は下手な業者が手がけると施工ミスや、技術の未熟さで耐用年数が大幅に短くなってしまいます。最初から優秀な業者に依頼することで、施工ミスによる外壁の短命化を防ぐことができます。

まとめると…
  • 定期的な洗浄とメンテナンスが大切!
  • 最初の施工は優秀で信頼のおける業者に任せる!

モルタル外壁はメンテナンスで長持ちさせよう

おしゃれで趣のあるモルタル外壁は、こだわりの強い人が特に好む傾向があります。そのように質感にこだわってモルタル外壁を選ぶのですから、美しいモルタル外壁を長く楽しみたいですよね。そのためにも定期的なメンテナンスは必須!きちんとメンテナンスをしてモルタルの外壁寿命を延ばしましょう。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami