軒の長さは何㎝を選ぶのがベスト?軒の必要性や役割も詳しく解説!

軒の長さは何㎝を選ぶのがベスト?軒の必要性や役割も詳しく解説!

軒とは屋根の先の出っ張った部分のことを指します。軒はどのような役割を果たしているのでしょうか。

今回の記事では軒の主な役割や、適切な長さ、デメリットなどについてお伝えしていきます。軒について興味がある、適度な長さを知りたいという方は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • 軒とは何?
  • 軒の主な役割とは
  • 軒の適切な長さについて
  • 軒のメリットとデメリット
  • 軒がつけられない場合はどうするか

木造住宅で知っておくべき「軒」とは?必要性は?

木造住宅で知っておくべき「軒」とは?必要性は?
軒は木造住宅に欠かせないものですが、そもそもどのようなものを指すのでしょうか。

ここでは、「軒」とは何かという基本的なことについてお伝えしていきます。

そもそも軒とは

軒とは、一戸建ての住まいの屋根の一部分のことで、家の外壁や窓、扉よりも、突き出ている屋根部分、出っ張りの屋根部分を指します。

切妻屋根や寄棟屋根などの、傾斜がついている屋根の下端、先端部分です。

軒はなぜ必要?

?
軒はなぜ住宅に必要とされているのでしょうか。軒は、風や雨、直射日光などの外の刺激から外壁を保護する役割があります。

外壁を保護することで家の耐久力をアップすることも可能です。特に雨による劣化が起こりやすい木造住宅には、軒は必須とされています。

適切な軒をつけることで、家の寿命を延ばすことができます。

軒先・軒下・軒天の意味

軒先とは、「軒」の先端の部分のことです。軒下とは出っ張った屋根部分の真下の空間全体を指し、軒天とは「軒」の裏側の部分で、「軒裏」「軒裏天井」とも呼ばれます。

軒天は、軒下から「軒」を見上げたときに天井となるので、「軒天」と言います。

まとめると…
  • 軒とは屋根の先端の出っ張っている部分
  • 直射日光や風雨から外壁を守る役割を果たす
  • 軒先は屋根の先端部分、軒下は軒の下にある空間、軒天とは軒の裏側の部分

軒の主な役割

軒の主な役割
軒は住宅にとって主にどのような役割を果たしているのでしょうか。

ここでは、軒の主な役割についてお伝えしていきます。

日差しを調節する

突き出ている部分が日除けの役割を果たします。太陽の高度が高い夏季には、軒が直射日光を遮るため紫外線による外壁の劣化の程度を軽くすることが可能です。

また直射日光が外壁に直接あたるのを避けられるので、外気温の影響を受ける割合が少なくなります。空調の効率を良くしたいときは、屋根に軒を付けた方が良いでしょう。

雨水の吹き込み防止

結露
軒があることで、雨水が直接外壁に当たるのを防ぐことができます。軒が雨水を防がないと、窓やドアから雨水が吹き込みやすくなります。

また窓やドアを雨天時に閉め忘れた場合にも、軒があることで雨が吹き込んでくるのを少量に抑えることが可能です。また、降水量にもよりますが、軒があることで家の周囲に濡れにくい部分ができます。雨の日にお出かけするときなどは、傘の開閉をするのに便利です。

外壁を保護する

家の外壁は風でホコリがつきやすいのですが、軒があることでホコリをよける効果が期待できます。また雨が直接当たることでも、汚れが外壁全体に広がってしまいますが、軒で雨を止めることで汚れの広がりも防ぎます。

また雨が外壁に直接当たる範囲を狭くして、劣化の進行を遅くすることが可能です。直射日光もある程度防げるので、塗装の色褪せなども防げます。

屋根裏の換気をする

軒天の部分には、屋根裏(屋根下の空間)を換気する役割もあります。換気口を取り付けるか、有孔ボードを一部に使うことで通気することが可能です。

なお、有孔ボードとは「穴の開いたボード」という意味で、ボードに空いた穴から空気が出入りします。

まとめると…
  • 部屋に差し込む日差しを調節する
  • 雨が当たらないスペースを作る
  • 外壁を保護する
  • 屋根裏の換気をする

軒の長さに悩む!何cmがベスト?

軒の長さに悩む!何cmがベスト?
軒は屋根から出っ張った部分のことですが、そもそも何センチぐらい出ていればベストなのでしょうか。

ここでは、どの程度の軒の長さが適切なのかについてお伝えしていきます。

軒の出とは?

軒の出とは、外壁から出っ張っている部分のことを言いますが、この出っ張った部分はどれぐらいの長さがベストなのかは目的によっても変わってきます。

軒の出が長いほど建物の劣化も食い止められますが、室内が暗くなるなどのデメリットも。昔の家は軒の出が長い家も多かったですが、近年の住宅ではそれほど長い軒はあまり見かけません。

軒の長さは90㎝がおすすめ

メリット
軒をどれぐらいの長さにするかについては、明確な決まりはありません。軒がないという家もあれば、長さが深い軒を持つ家もあります。

軒が長いほど、雨や直射日光などの刺激から外壁や家屋を守ることができます。しかし、日光を遮る面積が大きいので、室内が暗くなりやすいという特徴も。

軒の長さのメリットやデメリットを合わせて考えると、理想とされている軒の長さは90cm程度です。90cmほど軒の長さがあれば、高度の高い夏の日射を遮ることもできますし、逆に高度が低い冬の日差しが差し込みやすくなります。

夏に涼しく冬に暖かい量の日光が差し込むという、日光の差し込みを上手に調節できるのが90cmの長さと言われています。

まとめると…
  • 軒の出とは軒の出っ張っている部分を指す
  • 軒が長いと保護できる外壁も多いが室内が暗くなるなどのデメリットも
  • 日差しの量の調節などがちょうど良いので、軒の長さは90cm程度がおすすめ
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

軒はベランダより長い方がいい?その理由とは

軒はベランダより長い方がいい?その理由とは
軒は家屋のベランダよりも長い方が良いと言われています。

ここでは、ベランダよりも軒の方が長い方が良い理由についてお伝えしていきます。

雨漏りリスクが下がる

軒がベランダよりも長いことで、ベランダに雨水が直接降り注がずベランダが水浸しにならずに済みます。またベランダは勾配が少ないため水が溜まりやすい構造です。

軒がベランダよりも長ければ、雨水がたまりにくくなるので、そこから雨漏りが起こる可能性を抑えることもできます。

洗濯物が濡れない

ベランダに洗濯ものを干す人は多いでしょう。ベランダよりも軒が長ければ、雨が直接洗濯ものに当たるのをある程度避けることができます。

また、洗濯ものを取り込むときもびしょぬれにならずに済むので、ベランダの上には軒が出ている状態にした方がベランダの使い勝手が良くなります。

外観に高級感が出る

オリバーより引用

外観的にも、ベランダより軒が長い方が家が豪華に見えやすくなります。家屋を高級感のある見た目にしたい場合にも、軒は長い方が良いでしょう。

縁側の代わりになる

縁側とは、軒下にある空間のことを言います。縁側がある家屋は少なくなりましたが、軒がベランダの上にあればベランダを縁側のように使うことができます。

ベランダにテーブルやいすを置いて、くつろぎのスペースを作ることも可能です。軒があることで適度に直射日光を遮ってくれるので、ベランダでゆっくりと日向ぼっこすることもできます。

まとめると…
  • 軒が長い方が雨漏りしにくい
  • 洗濯ものが濡れにくい
  • 住宅の見た目が高級になる
  • ベランダの縁側の代わりの空間として使える

軒は長すぎるとデメリットも?

軒は長すぎるとデメリットも?
軒が長い方が家屋の劣化を防ぎやすいですが、デメリットもあります。

ここでは、軒が長いことで起こるデメリットをいくつかご紹介していきます。

家のバランスが悪くなる

軒が長いと、屋根部分が大きく出っ張った構造になるので、でこぼこした家という印象になりやすいです。バランス的に屋根が大きすぎる感が出てくるので、適度な長さの方が見栄えが良くなります。

一方で軒がない家は「箱型ですっきり」としており、現代的な見た目になります。軒はメリットも多いですが、「古い家」といった印象を与えることもあるでしょう。

建築面積に影響が出る

軒が1mを超えると、建築面積として含まれてしまうので、建築面積に影響が出てしまいます。軒の長さを建築面積に含めた分、室内の面積を減らさなくてはいけない可能性もあるので注意が必要です。

風の影響を受けるリスク

軒が長いと、その分風の影響を受けやすくなります。強風のときは軒に風が多くあたることで、屋根があおられやすくなるので注意が必要です。

屋根があおられてはがれてしまうと、飛ばされるリスクもあります。軒を長くする場合は、ピンポイントで風の力が加わったときの対策をする必要があるでしょう。

建築費用がアップする

費用
軒を長くすることで、そのぶんの木材が増え建築コストがアップします。コストを抑えて建物を建てたい場合は、軒を必要以上に長くしない方が良いでしょう。

まとめると…
  • 軒が長すぎると見た目のバランスが悪くなる
  • 軒が1mを超えると建築面積に含まれるので影響が出るかもしれない
  • 軒が長いと風の影響を受けやすい
  • 軒の分だけ建築コストがアップする

家に軒が付けられない場合には…

家に軒が付けられない場合には…
何らかの事情で家に軒がつけられない、ということもあるでしょう。

そのような場合にはどうしたら良いのでしょうか。

窓に庇を設置する

家屋に軒をつけられない場合は、窓に庇(ひさし)をつけるという方法があります。庇とは、家の窓や扉などの上に部分的に取りつけ可能な小さな屋根のことです。

庇を窓の上部に取り付けることで、部屋に雨が入り込むリスクを少なくできます。また、サッシ周りの劣化も防ぐことが可能です。

外壁をタイルにする


軒で外壁を保護できないときは、外壁を水に強いタイルにする方法があります。タイルは水分を吸収しづらい素材でできているため、外壁から雨水が浸入するのを防ぎやすくなります。

またタイルは塗装をしなくても良いので、塗装の塗り直しなどのメンテナンスが必要なく維持コストを安く抑えることが可能です。耐用年数も長いので、長期間メンテナンスなしで外壁を維持できます。

ただし、タイルの色が薄い色味だと雨による水垢が目立ちやすく汚れが気になることも。濃い色のタイルを使用した方が、外壁の汚れが気にならないでしょう。

まとめると…
  • 窓に庇をつけることで雨漏りのリスクを低減できる
  • 外壁をタイルにすることで外壁から水が入りにくくなる

軒は住宅を守る役割を果たす

軒は木造住宅には必須の部位です。軒がないと風雨が直接外壁に当たるので、外壁が劣化しやすくなります。軒をつけることで、家屋のダメージを少なくして家を長持ちさせることができるのです。

一方で、軒が長すぎると部屋が暗くなるなどのデメリットも出てくるので気を付けましょう。軒は90cmほどが理想とされていますが、決まりはないので目的に合った長さの軒にするのがおすすめです。

また軒が設けられない場合は、傷みにくいタイルにする、窓の上側だけに庇をつくるなど、建物を守る対策を考えておくと建物が長持ちします。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami