屋上防水ってどんな工事?種類・費用・メンテナンスまで一挙解説!

屋上防水ってどんな工事?種類・費用・メンテナンスまで一挙解説!

屋上には雨が直接降り注ぐので、防水工事は必須です。また屋上防水工事には、さまざまな種類があります。

今回の記事では、屋上防水の種類やその特徴などについてお伝えしていきます。屋上防水について興味がある方や屋上のあるビルやアパートなどをお持ちの方は、ぜひご一読ください。

そもそも屋上防水とは?

そもそも屋上防水とは?
屋上防水とはどのような工事のことを言うのでしょうか。

ここでは、屋上防水の概要やなぜ必要なのかといったことをお伝えしていきます。

屋上防水とは

屋上防水とは、屋上や陸屋根で行う雨漏り対策の工事のことです。なお陸屋根とは、平らな屋根のことで、陸屋根で屋上防水をしないとすぐに建物内部に雨水が染み込んでしまいます。

建物を長持ちさせるには、屋上防水は必須の工事です。また後の章でお伝えしていきますが、屋上防水には様々な種類があります。

防水性が高いけど費用が高いもの、逆に防水性が劣るけど狭い場所の防水にも適用できる工法などがあるので、目的に合った工法を選んで防水工事ができます。

屋上防水はなぜ必要?

?
先ほども少しお伝えしましたが、屋上を防水しないと雨水がどんどん建物内部に入り込んで建材を劣化させます。水が染み込んだ建材は腐食が進むので、改修工事も大規模なものになってしまうでしょう。

建物を長持ちさせて、改修工事を最小限に済ませるためにも、屋上防水は必ず必要な工事です。目的に合った工法で正しく施工し、またメンテナンスも適切に行っていくことも合わせて大切でしょう。

また屋上防水が劣化した状態をそのままにしておくと、建物全体に劣化が起こってしまいます。腐食などが進んだ建材は、まるごと取り換えなくてはいけないなど改修する箇所が大きくなってしまうので防水がしっかりできているかどうかで建物の寿命が変わってきます。

屋上防水が必要な劣化症状

屋上防水が必要な劣化症状
屋上防水の処理も年月を経ることで劣化していきますが、劣化した屋上防水は補修の必要があります。

ここでは、補修が必要になる屋上防水の劣化症状についてお伝えしていきます。

ひび割れとは、防水層や塗装がひび割れを起こす劣化現象です。ひび割れが起こるとそこから雨水などが内部にしみこんで、ベランダやバルコニー、屋上などの内部にも劣化が進んでしまいます。なるべく早期に補修してください。

防水層や塗膜が劣化して剥がれてしまう現象です。前述したひび割れが進行すると塗膜が剥がれ始めます。防水層から水がしみこんでしまうので、早期に補修が必要です。

塗装や防水層が内部から膨れ上がってしまう劣化現象です。塗装面が下地から剥がれてそこに空気が入っている状態で、放置すると剥がれます。

室内に雨水が入り込んでしまう劣化現象です。ひび割れや剥がれを放置すると起こります。内部にまで水が侵入すると、建物全体の耐久性も下がるので、すぐにでも対処が必要な劣化症状です。

雨が上がった後など水が降り注いだ後に水がたまってしまう現象です。水たまりがある場所の塗膜の劣化が早まってしまうため、水たまりがある場所の補修が必要になります。

シート防水が施されている場所の場合、シートが劣化すると剥がれてきてしまいます。一般的には10年ほど経過すると起こる現象なので、シートの耐用年数を迎えるころには補修が必要です。

パラペットとは、屋根や屋上の端に取り付ける小さな手すりのような部位のことです。屋根と外壁の接合部の防水の役割があります。

このパラペットの金属部分の錆び、つなぎ目の亀裂、防水シートの劣化などの症状がでたら補修が必要です。

屋上防水の種類と特徴①シート防水

屋上防水の種類と特徴①シート防水
屋上防水には様々な種類がありますが、シート防水は中でも多くの防水工事で使われている工法です。

ここでは、シート防水の概要やメリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

シート防水とは

シート防水とは、防水シートという建材を使って屋上や陸屋根を防水する方法です。

シートの種類も複数あり、どの種類を使うかで費用や工事期間も変わってきます。シート状の防水シートを張り付けていくので、作業自体はそれほど難易度は高くないようです。

耐用年数を過ぎたら点検をしてもらうなど、メンテナンスもこまめに行うことが大切です。

シート防水のメリット・デメリット

メリット デメリット
シート防水の主なメリットは、施工が簡単で費用が安いことです。家屋の雨漏りを防ぐために、多くの家屋では防水シートが使われています。また、四角くて平らな床面に向いているので、ビルなどの大型物件の屋上防水にもよく使用されています。

一方デメリットは、シートの形が決まっているので屋根の形状が複雑だと利用できません。形状が複雑な場所の防水は、ウレタン塗料などの塗料を使った防水が向いています。

費用・工期・耐用年数

シート防水に必要な費用は1平方メートルあたり、約6,000円程度です。面積や屋根の形状によっても、価格は変わってくるでしょう。

工期は約4~5日、耐用年数は10年から15年ほどです。

詳しくは業者に見積もりを取って確認してください。

シート防水については以下の記事にまとめてあります。こちらもあわせてご覧ください。

シート防水の基礎知識まとめ【保存版】メリットや費用の相場とは?シート防水の基礎知識まとめ【保存版】メリットや費用の相場とは?
実際の塗装の相場はいくら?
外壁塗装や屋根塗装の相場は、工事内容はもちろんのこと地域によっても違うことをご存じでしたでしょうか? 実際のお客様のデータを反映させた相場シュミュレーションをぜひお試しください! カンタンな質問に答えるだけで、あなたのお家の塗装費用がわずか30秒で受け取れます。ご利用はもちろん無料&匿名です。
▼合わせて読みたい記事 【令和3年更新】外壁塗装の費用相場はいくら?内訳と計算方法を解説【保存版】

屋上防水の種類と特徴②アスファルト防水

屋上防水の種類と特徴②アスファルト防水
屋上防水にはアスファルト防水という工法もあります。

ここでは、アスファルト防水の概要やメリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

アスファルト防水とは

アスファルト防水とは、アスファルトを使って屋上を防水する方法です。

防水性能は高いですが、工事の手間がかかる、費用が高いなどのデメリットもあります。工事をする際に悪臭が出やすいという面があるので、工事の際には周辺への気遣いも必要です。

またシートを張り付けていく方法のほか、アスファルトをそのまま溶かして張り付けていく工法もあり、アスファルト防水と一言で言っても様々です。

費用やメリット、デメリットが目的と近いアスファルト防水を行うと良いでしょう。

アスファルト防水のメリット・デメリット

アスファルト防水の主なメリットは、先ほども少しお伝えしましたが防水性が高いという点です。耐用年数が他の防水工事よりも長く、丈夫で長持ちする防水方法を望むのであればアスファルト防水で工事すると良いでしょう。

一方デメリットは、アスファルトを高熱で溶かして施工するため工事中に異臭や煙が発生するという点です。周辺からの苦情にもつながりますので、施工する際はご近所に事前にお伝えするなどの配慮が必要でしょう。

また専用の機械を使うこともあるので、その場合は屋上にある程度広い面積が必要になります。アスファルト防水は、広い面積があり、かつ頻繁にメンテナンスするのが難しいビルなどの屋上におすすめの防水方法です。

費用・工期・耐用年数

アスファルト防水にかかる費用は、工法によっても違いますがシートを使う場合は、1平方メートルあたり約8,000円程度です。

工期は1週間前後で、耐用年数は15年から25年ほどです。

また、防水工法によっても値段は変わってきます。工法によってはこの値段よりも高くなることもあるので、依頼業者に問い合わせてください。

アスファルト防水については、以下の記事にまとめてあります。こちらもあわせてご覧ください。

アスファルト防水の基礎知識|工法からかかる費用まで徹底解説!

屋上防水の種類と特徴③ウレタン防水

屋上防水の種類と特徴③ウレタン防水
ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使った防水工法です。

ここでは、ウレタン防水の概要、メリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

ウレタン防水とは

ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使って屋上やバルコニー、ベランダを防水する工法です。

塗装することで防水していくので、シートを使った防水工事よりも複雑な形状の防水に適しています。ただし耐久性が低いのでメンテナンスが頻回に必要です。

メンテナンスは塗り替え作業が主ですが、ウレタン防水の下の建材が劣化している場合は、下の建材ごと取り換える必要もあるでしょう。

補修費用を抑えるためにも、こまめなメンテナンスが欠かせない工法です。

ウレタン防水のメリット・デメリット

ウレタン防水のメリットは、塗料で防水するので防水工事をする場所の形状を問わないという点です。シート状だと四角くてまっすぐな場所以外の防水工事は難しいでしょう。

また、塗料単価や工事費用が安いのでリーズナブルに防水工事ができるのもウレタン防水のメリットです。

一方デメリットは、他の防水工法に比べて耐久性が低いという点です。塗料が劣化することで防水性能も下がってしまうので、耐用年数が経過したり塗膜の劣化症状が出たりしたら、塗り替えの作業が必要になります。

そのほか塗料の剥がれやふくれなどを放置しておくと、建材の内部に雨水が染み込んで補修する箇所が大きくなってしまいます。メンテナンスは必ず数年おきにしなくてはいけません。

ウレタン防水は一般の家屋やベランダなどせまい場所に使われることが多いですが、複雑な形状や凹凸のある屋上にも対応できるので、そういった場合にも活用できる防水方法です。

費用・工期・耐用年数

ウレタン防水にかかる費用は、1平方メートルあたり7,500円程度です。工期は4日から5日ほど、耐用年数は10年程度になります。

ウレタン防水に使う塗料や業者によっても変わるので、詳しくは業者に見積もりを取って確認してください。

またメンテナンスも他の工法に比べると頻回に必要なので、メンテナンスの費用も含めてコスト面のことを考えておいた方が良いでしょう。

ウレタン防水については、以下の記事でまとめてあります。こちらもあわせてご覧ください。

ウレタン防水とは|塗料の特徴や適切な補修のタイミングについて解説
パラペットの補修法

屋上にはパラペットが設置されていることがほとんど。屋上の床面だけでなく、パラペットの補修も重要です。

補修方法 費用
つなぎ目・笠木の部分の劣化 コーキングや部品の交換 コーキングは1平方メートルあたり1,000円程度。
部品の交換は1メートルあたり5,000円~10,000円程度。
内樋の劣化 内樋の清掃・部品の補修 清掃は1万円~10万円程度。
補修は1か所あたり5,000円~3万円程度。
防水シートの破損・防水シートの交換 1平方メートルあたり1,000円から3,000円程度。

屋上防水はどれを選ぶべき?

屋上防水はどれを選ぶべき?
屋上防水工事でどのような点を重視するかで、向いている工法は異なります。

費用を重視するなら比較的コストが安いウレタン防水がおすすめです。ただし、耐久性が低いので長持ちさせたい場合は向いていません。

耐久性を重視するのであれば、耐久性が高いアスファルト防水が良いでしょう。アスファルト防水は費用が高く工事に手間や悪臭が伴いますが、防水性と耐久性が高い防水工法です。

一方簡単な構造かつ広い屋上であればシート防水がおすすめです。費用もアスファルト防水よりはお手頃で、シートを張り付けていく手間もそれほどかからないので工事期間も短くて済みます。

以上のことから、複雑な形状、狭い場所にはウレタン防水が、ビルやマンションなどで、頻繁なメンテナンスが難しいならアスファルト防水がおすすめです。また、費用や工期を少なく抑えたいならシート防水が良いでしょう。

 

防水工法 メリット デメリット
シート防水 工事が簡単でコストも安い 屋根の形状が単純でないと施工できない
アスファルト防水 防水性能、耐久性ともに高いので丈夫で長持ち 工事費用が高く、施工時に臭いや煙が発生する
ウレタン防水 塗料を使った防水なので複雑な形状の場所にも施工できる

費用が安い

防水性や耐久性が他の工法に比べて劣る

塗膜が劣化するたびに塗り替えなどのメンテナンスが必要になる

屋上防水を依頼する際の注意点!

屋上防水を依頼する際の注意点!
屋上防水を業者に依頼するときには、いくつか注意すべき点があります。

ここでは、屋上防水を業者に依頼するときに気を付けるべきポイントについてお伝えしていきます。

防水工事を専門とする業者を選ぶ

防水工事を業者に依頼するときは、防水工事を専門としている業者を選ぶことが大切です。

防水工事は専門的な知識や経験が必要な工事なので、他の工事を主に行っている工務店に依頼すると施工不良が起こる可能性があります。

工務店の情報をチェックして、防水工事に関する知識や経験が十分かどうかを確認しておきましょう。

10年おきに大規模メンテナンスが必要

業者
屋上防水は耐久性が高いアスファルト防水以外は、10年に1回はメンテナンスが必要になります。メンテナンスまで含めた費用を考えて、長期的な視点でコストを計算した方が良いでしょう。

アスファルト防水は初期費用が高いですが、他の防水方法よりも耐用年数が長めです。メンテナンスにコストをかけたくない場合は、アスファルト防水も検討してみてください。

自主的な定期メンテナンスも必須

屋上防水は日常的なメンテナンスも大切です。排水溝が落ち葉などで詰まっていると、水漏れを起こして劣化が早まってしまいます。

排水溝の詰まりのほか、水たまりができていないかなどを毎年こまめにチェックしておくと、屋上防水が長持ちします。

屋上防水を長持ちさせるメンテナンス方法

屋上防水を長持ちさせるメンテナンス方法
屋上防水の長持ちさせるには、メンテナンスをこまめに行うことが大切です。

ここでは、どのようなメンテナンスをしていけば良いのかをご紹介していきます。

排水溝の掃除

排水溝は落ち葉やほこりなどが詰まりやすい箇所です。汚れが詰まったまま放置すると、水が屋上から流れていかずそのまま防水面にとどまり続けます。

たまり続けた水分は防水層を劣化させるので、排水溝をこまめに清掃するメンテナンスはこまめにしておきましょう。内部の方でゴミが詰まった場合は、業者に依頼して取り除いてもらうという方法もあります。

いずれにせよ、雨樋の清掃は大切なので1年以上放置しない方が良いでしょう。

5年おきのトップコート塗り替え

ローラー 刷毛
屋上防水をウレタン塗装で行った場合は、トップコートを5年おきに塗り替えるメンテナンスが必要になります。

防水層の上にトップコートを塗り替えることで、防水機能を長期間維持することができます。一方トップコートの塗り替えをせずに放置してしまうと、塗膜の劣化が早まり防水層の機能が低下してしまいます。

ウレタン防水で防水工事をする場合は、こまめなメンテナンスが欠かせません。トップコートのほか、塗膜のふくれやはがれなどがないかなども、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

どのような業者に依頼する?優良業者の探し方は?

それじゃあ早速、「業者探し」をしないと!でもどんな業者さんに依頼すればいいんだろう?
はっきりと申し上げます。
沢山の業者の中から、希望に合った施工ができる地元の業者を見つけることは素人では難しいです。
なぜなら、住宅リフォームにおいて『何でも屋さん』はいないからです。
業者によって施工の得意不得意があり、対応できない施工もあります。
それを知らず近くの業者に依頼したらこんな面倒なことが起きたケースも…

ほっとらいんスタッフ

よくあるケース
屋根塗装を業者に依頼したら、現地調査で防水工事も必要なことが判明。
しかしその業者は防水工事を扱っていなかったため、別の業者を探さなければいけなくなった。
条件にあった良い業者がなかなか見つからず、何社も相見積もりをする羽目になった

うわ、これは大変。じゃあどうすればいいの??
外壁塗装ほっとらいんが最適な業者をお探しします!ほっとらいんでは、ただ相見積もり業者を紹介するのではなく、
お家の状況に合わせて、必要な施工が可能な地元の優良業者をご紹介いたします。
お客様が無用な相見積もりを行わなくてもいいようにご協力させてください!

ほっとらいんスタッフ

 

業者選びに悩む前にぜひご相談下さい!

業者選びを依頼する

まとめ

屋上防水工事のポイントをおさらいしましょう!

屋上の防水工事にはどんな種類がある?

シート防水、アスファルト防水、ウレタン防水などがあります。防水工事の種類について詳しくはコチラ


ビルやマンションなどの屋上に適した防水は?

頻繁なメンテナンスが難しいビル、マンションの屋上にはアスファルト防水がおすすめです。防水工事の選び方について詳しくはコチラ


屋上の防水を長持ちさせる方法は?

防水機能を長持ちさせるには、排水溝の掃除やトップコートの塗り替えなど定期的なメンテナンスが大切です。防水機能を長持ちさせる方法についてはコチラ


外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami