ガルバリウム外壁にリフォームしたい!メリットや費用を徹底解説!

ガルバリウム鋼板は薄くて耐久性が高い外壁材です。耐久性の高さの他にも多くのメリットがあり、人気の建材となっています。

今回の記事では人気のガルバリウム鋼板の特徴や、そのメリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。ガルバリウム鋼板に興味がる方は、ぜひご一読ください!

この記事でわかること
  • ガルバリウム鋼板の概要・メリット・デメリット
  • ガルバリウム鋼板の代表的な商品及びメーカー・費用
  • 外壁をガルバリウム鋼板にするときの注意点や業者の選び方

外壁をガルバリウム鋼板でリフォームしたい!

外壁をガルバリウム鋼板でリフォームしたい!外壁をリフォームするときには、長持ちする丈夫な建材を使いたいですよね。ガルバリウム鋼板は耐久性が高い丈夫な外壁材なので、リフォームにピッタリの建材です。

この章ではガルバリウム鋼板の主な特徴や、人気の理由などについてお伝えしてきます。

ガルバリウム鋼板の基礎知識

ガルバリウム鋼板 外壁ガルバリウム鋼板とは、薄い板状の外壁材です。アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%で構成されており、耐久性が高い金属製の外壁材となっています。

薄くて軽量なので、建物の耐震性を上げるのに役立ちます。

軽量で安価が特徴

ガルバリウム鋼板は金属でできた外壁材で、薄い板状の建材です。軽量で耐久性が高い上、価格も安価なので、住宅の建築やリフォームでよく使用されます。

カバー工法が可能

ガルバリウム鋼板は薄くて軽いため、建物の重量がそれほど増えません。そのため重ね張りのカバー工法で外壁をリフォームすることもできます。

外壁をすべて撤去して新しく張りなおす張り替え工法に比べ、工期が短くて施工費用も安価です。耐震性についてもほとんどの場合、深刻な影響が出るほど下がることはありません。

まとめると…
  • ガルバリウム鋼板とは薄い金属でできた板状の外壁材。耐久性が高い。
  • 軽量かつ価格が安価なので人気がある外壁材
  • 重量が少ないのでカバー工法に適している

外壁のリフォームを検討するタイミングとは?

外壁のリフォームを検討するタイミングとは?外壁は劣化が進んで来たらリフォームを検討しなくてはいけません。では、どんなタイミングでリフォームをしなくてはいけないのでしょうか。

ここでは外壁をリフォームするタイミングの目安についてお伝えしていきます。

外壁が耐用年数を迎える時期

外壁の耐用年数は、環境にもよりますが一般的に10年から15年ほどと言われています。また、外壁の素材や塗装の種類によっても、耐用年数は左右されます。

耐用年数の目安を知るには、外壁の材質は塗料の種類によって判断すると良いでしょう。目安として10年以上経過したら、一度外壁の様子を確認しておくと安心です。

外壁に劣化症状が出た時

外壁 劣化外壁が劣化すると、様々な症状が出てきます。耐用年数の目安よりも、劣化の症状に着目して外壁の耐久性を判断した方が確実です。

外壁に劣化の症状が出てきたら、リフォームを検討する時期です。劣化の症状は後の章で細かくご紹介していますので、ぜひご一読ください。

まとめると…
  • 外壁材の耐用年数が近づいてきたらリフォーム
  • 耐用年数前でも劣化が進んで来たらリフォームを検討する

ガルバリウム鋼板への外壁リフォームを検討すべき劣化症状

ガルバリウム鋼板への外壁リフォームを検討すべき劣化症状外壁が劣化してきたら、外壁のリフォームを検討する必要があります。外壁の劣化症状とは、どんな症状なのでしょうか。

ここでは外壁が劣化したときの症状について、主なものをご紹介していきます。

色褪せ

外壁 色あせ色褪せは、外壁に施されている塗装が劣化しているときの症状です。外壁の色が薄い色に変化する以外は大きな問題はありませんが、このまま劣化を放置すると他の問題が出てくる恐れがあります。

色褪せが起こってきたら、他の問題が起こる前に塗り替えなどのメンテナンスを検討してください。

傷やへこみ

ガルバリウム鋼板は薄い金属の板なので、局部的な強い衝撃には弱く傷やへこみができやすい性質があります。傷やへこみができると、外壁の中の建材にも劣化が進んでしまうので注意が必要です。

外壁に傷やへこみを発見したら、外壁の補修をする必要があります。雨水が染み込むような傷の場合、建物の内部に浸水してしまう可能性があるので補修を急ぎましょう。

チョーキング

チョーキングチョーキングとは塗装の表面から粉を吹いている状態のことを言います。チョーキングが起こるのは、塗膜が劣化してきているということなので塗り替えなどのメンテナンスを検討する必要があります。

緊急性はそれほど高くありまえせんが、放置していると塗膜の剥がれやひび割れなどが起こり、ガルバリウム鋼板本体にも劣化が進んでしまうので要注意です。

ひび割れ

ひび割れは塗装の劣化が進んで、塗膜がひび割れている状態のことを指します。塗膜にひび割れが起こると、そこから雨水などが浸入しガルバリウム鋼板本体を劣化させる原因となるので注意が必要です。

塗装表面にひび割れを見つけたら、早急に補修をしてください。放置しておくと錆びなどの劣化が進んで、外壁だけでなく建物の建材などにも劣化が進む恐れがあります。

塗装のはがれ

塗装 はがれ塗装のひび割れを放置していると、塗膜が剥がれ落ちてきます。塗膜が剥がれるとガルバリウム鋼板の本体がむき出しの状態になり、紫外線や風雨の影響を直で受けてしまい危険です。

劣化が進んで外壁の耐用年数が減少してしまうので、塗膜の剥がれを発見したら早急に補修を行ってください。

まとめると…
  • 塗膜の劣化は色褪せ、チョーキング、ひび割れ、剥がれとして出てくるので塗り替えを検討
  • 外壁材そのものが損傷したときも補修やメンテナンスが必要

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームするメリット

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームするメリットガルバリウム鋼板は近年そのメリットから人気の外壁材となっています。ガルバリウム鋼板には、どのようなメリットがあるのでしょうか。

ここではガルバリウム鋼板を外壁材にすると、どんなメリットがあるのかについてお伝えしていきます。

デザインが豊富

ガルバリウム鋼板 外壁デザインガルバリウム鋼板は主に金属でできているため、デザインやカラーは他の素材でできている外壁材に比べれば少なめです。しかし金属系の外壁材としては、カラーやデザインの種類が豊富にあります。

金属の外壁材を使って耐用年数を多くし、デザインにもある程度はこだわりたい方には、ガルバリウム鋼板はメリットが大きい外壁材です。

価格が安い

ガルバリウム鋼板は外壁材の中でも比較的安価な外壁材となっています。塗装などのメンテナンスは定期的に必要ですが、外壁工事の初期費用は安く抑えることが可能です。

外壁工事の費用を抑えつつも、耐久性の高い外壁材にしたいという方におすすめの外壁材となっています。

軽量で耐震性が高い

ガルバリウム鋼板 外壁ガルバリウム鋼板は金属が主な原料ですが、薄い板状の建材のため軽量です。外壁の重さを抑えられるので、建物の耐震性をアップさせることができます。

建物の耐震性をアップさせたい方や、揺れや振動が多い場所に家を建てている方には、メリットが多い建材です。

金属としては錆びに強い

ガルバリウム鋼板は金属でできてきる外壁材ですが、金属の素材の割には錆びにくいという性質があります。錆びにくいので耐久性が高く、長持ちする建材です。

コストを抑えつつも外壁をなるべく長持ちさせ、建物の耐久性をアップさせたいという方にピッタリの外壁材となっています。

まとめると…
  • 金属性の外壁材の割にはカラーやデザインが豊富
  • 軽量でかつ耐久性が高い
  • 金属性の割には錆に強い

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームするデメリット

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームするデメリットメリットが多いガルバリウム鋼板ですが、デメリットもあります。

ここではガルバリウム鋼板のデメリットについて、主なものをご紹介していきます。

施工の難易度が高い

ガルバリウム鋼板は耐久性が高くて長持ちする外壁材ですが、傷つきやすいため繊細な扱いをしなくてはいけません。また施工にも細心の注意が必要なので、作業の質が良くない業者に頼むと施工不良を起こす可能性があります。

ガルバリウム鋼板を使いたい時は、ガルバリウム鋼板の施工に実績のある業者を探す必要があります。業者が限られているという点は、ガルバリウム鋼板のデメリットです。

メンテナンスコストが高い

ガルバリウム鋼板 外壁メンテナンスガルバリウム鋼板の表面には塗装が施されているため、塗り直しなどのメンテナンス作業が必要です。

最低でも10年に1度は塗り直しが必要になるなど、メンテナンスの頻度が高く、そのたびに費用がかかります。

錆びる

ガルバリウム鋼板の表面には塗装が施してあり、雨風に直接さらされないようになっています。また、ガルバリウム鋼板自体も錆びにくいので、簡単に錆びることはありません。

とは言え主な素材が金属なので、条件が悪い場合は錆びることもあります。錆が進むと劣化や漏水が起こりやすくなるため、錆びを見つけたらメンテナンスが必要です。

デザイン性が低い

ガルバリウム鋼板 外壁 家金属性の外壁材は、全般的にカラーやデザインが少ない傾向にあります。ガルバリウム鋼板は比較的デザイン性が高い方ですが、スレートや窯業サイディングなどに比べると、デザイン性は劣ります。

デザインに細かくこだわりたいという方には、物足りなく感じるかもしれません。

まとめると…
  • 施工に熟練の技術が必要
  • 定期的なメンテナンスが必須なのでメンテナンス費用がかかる
  • 錆に強い特徴があるが錆びないわけではない
  • 外壁材全体で見るとデザイン性が高い方ではない

外壁リフォームにおすすめ!ガルバリウム鋼板の種類とメーカー

外壁リフォームにおすすめ!ガルバリウム鋼板の種類とメーカーガルバリウム鋼板の外壁材は、複数のメーカーが販売しています。メーカーによって工夫が凝らされ、商品によって特徴も様々です。

ここでは中でも信頼性が高く、人気のガルバリウム鋼板の外壁材をご紹介していきます。

アイジー工業「アイジーサイディング」

アイジーサイディング

アイジー工業より引用

アイジー工業の「アイジーサイディング」は、価格が安いのが特徴です。1平米あたり、4,000円から5,000円程度で、金属系の外壁材にしたいがコストは抑えたいという方におすすめの商品となっています。

お手頃感のある価格なので、金属系サイディングでは人気の商品です。

ニチハ「センターサイディング」

ニチハの「センターサイディング」は、カラーが豊富という特徴があります。金属系の外壁材はカラーやデザインが乏しい傾向にあるので、デザインにこだわりがある方にうれしい商品でしょう。

価格は1平米あたり6,000円程度です。ガルバリウム鋼板の商品の中では、それほど安価ではありませんがデザインにこだわることができます。

旭トステム外装「金属Danサイディング」

旭トステム外装の「金属Danサイディング」は、独特のデザインが特徴となっています。極細石積柄デザインという渋めのデザインが特徴で、大人向けのシックな外壁にしたい方におすすめです。

価格は1平米あたり6,700円程度で、安価ではありません。外壁のデザインに高級感や落ち着きを求める方に向いている商品でしょう。

日鉄日新製鋼建材「セリオスサイディング」

日鉄日新製鋼建材「セリオスサイディング」はレンガ調のデザインが特徴の外壁材です。窯業サイディングにはレンガ調のデザインも多いですが、金属サイディングではあまり見かけません。

耐久性などを考慮して金属系サイディングを外壁に使いたいけど、柔らかい雰囲気を出したいといった場合に便利です。価格は1平米あたり5,200円程度となっています。

まとめると…
  • アイジー工業「アイジーサイディング」は価格が安い
  • ニチハ「センターサイディング」はカラー展開が豊富
  • 旭トステム外装「金属Danサイディング」はシックで高級感のあるデザインが特徴
  • 日鉄日新製鋼建材「セリオスサイディング」はレンガ調など柔らかいデザインが多い

ガルバリウム鋼板に外壁リフォームするための費用

外壁をガルバリウム鋼板にする際の費用とは?外壁をリフォームする際に、外壁材をガルバリウム鋼板に変更するケースが増えてきています。ガルバリウム鋼板に外壁をリフォームする方法は、カバー工法と張り替え工法の2つです。

カバー工法とは古い外壁の上に新しい外壁を貼り付ける工法で、張り替え工法よりも工期が短く費用も抑えられるというメリットがあります。カバー工法の費用は一般的に190万円から250万円程度です。

張り替え工法は古い外壁を撤去して、その後に新しい外壁を設置する工法です。カバー工法よりも工期が長く費用もかかりますが、次回のリフォームで、古い壁と現在の壁の撤去費用がかからないというメリットもあります。

施工費用は一般的に210万円から270万円程です。

まとめると…
  • カバー工法だと190万円から250万円。張り替え工法だと210万円から270万円ほどかかる。

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームする際のポイント

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームする際のポイントガルバリウム鋼板にリフォームするには、いくつか注意するべきポイントがあります。どのような点に注意すれば良いのでしょうか。

ここでは外壁をガルバリウム鋼板にリフォームする際の、主な注意点についてお伝えしていきます。

防音性が低い点に注意

ガルバリウム鋼板は金属が主原料のため、防音性が低いという特徴があります。そのため、騒音に悩まされる環境での使用はあまりおすすめできません。

ただしカバー工法は防音性を高める効果もあるため、カバー工法でガルバリウム鋼板を使用する場合はある程度の防音性は期待できます。

結露が起こりやすいため対策を

結露 金属また金属サイディングであるガルバリウム鋼板は、気密性が高いため結露が発生しやすいという特徴も。室内と室外の気温差が大きい環境で使用する場合は、結露対策が必要です。

ガルバリウム鋼板の主な結露対策は、断熱材を使用するなどの対策が考えられます。

塩害が起こる地域では避ける

ガルバリウム鋼板は、金属性の外壁材の中では錆びにくいという特徴があります。とは言うものの、錆が絶対に起こらないというわけではありません

金属が錆びるなどの塩害が発生しやすい、海周辺地域での使用には注意が必要です。

まとめると…
  • 防音性が低いので騒音がある場所には向かない
  • 絶対に錆びないわけではないので塩害地域での使用は要注意

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームする際の業者の選び方

外壁をガルバリウム鋼板にリフォームする際の業者の選び方
ガルバリウム鋼板の外壁材は、多くのメリットがあるため人気があります。とは言えガルバリウム鋼板を施工するには、高い水準の技術が必要です。

ここではガルバリウム鋼板を正しく施工できる業者を選ぶ際に、気を付けるべきポイントをいくつかご紹介していきます。

経験豊富で歴史ある業者を選ぶ

ガルバリウム鋼板は、施工に熟練の技術が必要な外壁材です。実績が少ない業者に依頼すると、施工不良を起こす恐れがあるので気を付けましょう。

また施工実績が少ない業者は実績を偽るなどの詐欺を行う可能性もあります。施工実績が本物かどうか、確認をしてから依頼するようにしてください。

複数の業者に見積もりを出すと、費用だけではなく工事内容も検討することができるのでおすすめです。

自社施工している業者を選ぶ

外壁リフォーム 自社施工施工業者の中には、受注した仕事を下請けに回して仲介料だけを取る業者もいます。自社で工事を行う自社施工の業者に依頼すれば、無駄な仲介料を払わずに済むため施工費用が安くなりお得です。

工事を依頼する場合は、自社施工の業者かどうかを確認してから依頼すると良いでしょう。

訪問営業をする業者は危険

施工業者の中には、訪問営業をかけてくる業者がいます。訪問営業をする施工会社は、悪徳業者が多いので注意が必要です。

訪問営業の外壁施工会社が安い見積もりを出してきても、詐欺の可能性が高いので依頼しないように気を付けましょう。

まとめると…
  • 施工実績がある施工業者に依頼すれば施工不良の可能性が極めて低くなる
  • 自社施工をしている業者は仲介料がないのでお得
  • 訪問営業するリフォーム業者は信用できないので発注しない

ガルバリウム鋼板はメリットも多いが施工には高い技術が必要

ガルバリウム鋼板は耐久年数が長く、耐震性も高いなどメリットが多くある外壁材です。防音性の低さや結露の発生しやすさなどのデメリットもありますが、近年外壁リフォームに多く使用される人気の外壁材となっています。

しかし、ガルバリウム鋼板は施工するのに高い技術が必要です。施工実績が少ない業者に依頼すると、施工不良を起こす可能性があるので依頼する業者は慎重に選んでくださいね。

ガルバリウム鋼板を正しくメンテナンスして、耐久年数の長さをキープしていきましょう!

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami