ルーフィングの全てを解説!種類からメリット・デメリットまで大公開

ルーフィングの全てを解説!種類からメリット・デメリットまで大公開

ルーフィングとは防水シートのことです。防水シートは屋根の下にあり、屋根を通過してきた雨水などが建物内部に侵入してしまうのを防ぎます。今回の記事では、ルーフィングの種類やメリット、デメリットなどについてお伝えしていきます。

そもそも「ルーフィング」ってなに?

そもそも「ルーフィング」ってなに?

「ルーフィング」というのは、建築ではどのような役割を果たす建材なのでしょうか。

ルーフィングとは

屋根に貼られたルーフィング

ルーフィングとは、瓦など屋根材の下に設置する防水シートのことです。外側から見えることはありませんが、一般的な戸建て住宅の屋根には必ず使用されています。

ルーフィングの役割は雨漏りや、下地の腐食を防止することです。実は屋根本体だけでは雨は防げません。ルーフィングがなければ、雨が簡単に建物の内部に浸透し、腐敗やカビの原因になってしまうため、非常に重要な部分です。

また、ルーフィングにはいくつか種類があり、性能や価格が変わります。新築時やリフォームの際には耐久性や屋根との相性を考えて選ぶ必要があります。

ルーフィングは軽視されがち

ルーフィングには様々な種類がありますが、目に見えない分、軽視されがちです。コスト削減のため安価なものが使用されることが多いのです。

特に、ローコスト住宅や分譲住宅では最低基準を満たした最も安価なルーフィングがよく使われます。10年程度しか耐用年数が無く、すぐメンテナンスが必要になってしまいます。

ルーフィングは家の寿命を左右する重要な健在なので、品質が良く長持ちするものを選ぶことをおすすめします。初期費用が高くても、メンテナンスコストが安く済み、家も長持ちします。

透湿性と非透湿性の違いって?

ルーフィングには、透湿性と非透湿性のものがあります。透湿性のルーフィングは湿気を通すタイプのルーフィングで、非透湿性のルーフィングは湿気を通さないタイプです。

透湿性のルーフィングは結露しにくいというのがメリットです。とは言え、通過した湿気が外部に逃げていく構造がないと機能しません。

非透湿性ルーフィングは湿気を通さず結露が発生しやす一方で、防水性は透湿性ルーフィングよりも高いです。

【種類別】ルーフィングの価格やメリット・デメリットを徹底比較

ルーフィングの価格やメリット・デメリットを徹底比較

ルーフィングには複数の種類があり、メリットやデメリット、価格や耐用年数も異なります。

種類 主な特徴
透湿ルーフィング 透湿性がある防水シート
アスファルトルーフィング 紙板にアスファルトを染み込ませた防水シート
改質アスファルトルーフィング アスファルトのほか、合成ゴムや合成樹脂を加えた防水シート
粘着層付改質アスファルトルーフィング 改質アスファルトルーフィングに粘着層を加えた防水シート
高分子系ルーフィング 主に塩化ビニルを使用する軽量の防水シート

透湿ルーフィング

透湿ルーフィングは透湿性がある防水シートです。

結露などで発生する湿気を通し、軽微な雨漏りの水分も乾燥できます。また、耐久性が高いので、同じく高耐久の瓦屋根などで使用すればメンテナンス費の削減につながります。

結露が発生しやすい高断熱の住宅、長寿命の住宅の方におすすめです。

項目 詳細
メリット 湿気を通して結露しにくい、耐用年数が長い
デメリット 費用が高い
耐用年数 50年以上
価格 1平方メートルあたり1000円〜

アスファルトルーフィング

アスファルトルーフィングは、板紙にアスファルトをしみこませた防水シートです。

アスファルトルーフィングの中でもアスファルトルーフィング940という種類が最も安価でポピュラーです。様々な施工基準においても、「アスファルトルーフィング940と同等以上」となっており、最低基準のルーフィングになります。

分譲住宅や、注文住宅でも何の希望も出さなかった場合、アスファルトルーフィング940になることが多いです。しかし耐用年数が10年ほどで、耐久性に劣るという報告も多く、あまりおすすめしません。

項目 詳細
メリット 費用が安い、止水性が透湿ルーフィングより高い
デメリット 破れやすい、結露する
耐用年数 15年
価格(施工費込み) 1平方メートルあたり500円〜

改質アスファルトルーフィング

改質アスファルトルーフィングとは、アスファルトの他に合成ゴムや合成樹脂を加えたルーフィングです。

アスファルトルーフィング940より高品質で破れにくく、耐久性が向上しています。費用はアスファルトルーフィング940と比べてプラス2万円ほどで済み、耐久年数が30年とかなりアップします。

高額な費用は払えないけれどきちんと耐久性のあるルーフィングを使いたい方におすすめです。現在よく使われているスレート屋根、アスファルトシングルとも相性がよく、多くの屋根材で推奨されているので安心です。

項目 詳細
メリット 破れにくい、止水性が透湿ルーフィングより高い
デメリット 費用がアスファルトルーフィングより高い、結露する
耐用年数 30年
価格(施工費込み) 1平方メートルあたり700円〜

粘着層付改質アスファルトルーフィング

粘着層付改質アスファルトルーフィングは、改質アスファルトルーフィングの裏面が粘着層になっている種類です。改質アスファルトルーフィングよりさらに高品質になります。

通常ルーフィングは針で仮止めを行いますが、粘着層のおかげでその必要がありません。ルーフィングの穴が減り、防水性が高くなります。

アスファルトルーフィング940と比べ1棟あたり6~7万円ほど高くなってしまいますが、確実に雨漏りを防ぎたい方におすすめです。

項目 詳細
メリット 接着タイプなので防水性が非常に高い
デメリット 価格が改質アスファルトルーフィングよりも高い
耐用年数 30年
価格 1平方メートルあたり900円〜

高分子系ルーフィング

高分子系ルーフィングは、主に合成ゴムや合成樹脂を原料とする、アスファルトを使用しないルーフィングです。

アスファルトルーフィングと違い軽いのが特徴で、耐震性を高めたい方におすすめです。また、スレート屋根やルーガなど、重さのある屋根にもおすすめです。

改質アスファルトルーフィングと品質は同程度で、価格は高いです。ですが、軽いというのは家屋の上に乗る屋根にとってかなりアドバンテージになります。

項目 詳細
メリット 非常に軽量。伸縮性が高く破損しずらい
デメリット 紫外線の影響を受けやすく、耐用年数も少なめ
耐用年数 20年以上
価格 1平方メートルあたり900円~

ルーフィングに求める性能とは

ルーフィングに求める性能とは

ルーフィングには主に水を通さない性能が求められますが、そのほかどんな性能が求められるのでしょうか。

水を通さないこと

ルーフィングに主に求められることは、水を通さないことです。水が建物に侵入すると、雨漏りなどを引き起こして建物内部が劣化してしまいます。

湿気を通すこと

ルーフィングは湿気を通すことが求められます。ルーフィングが湿気を通さないと、建物内部に湿気がたまってしまいます。

内部にたまった湿気は結露に影響し、建物内部を劣化させてしまうので透湿性がない防水シートを使う場合は別の対策が必要です。

耐久性が高いこと

ルーフィングの耐久性が高いことも大切なポイントです。耐久性が低くすぐ破損してしまうルーフィングは、度々メンテナンスが必要になります。

耐用年数の高いルーフィングを使用することでメンテナンスの回数を減らすことができます。

ルーフィングの施工方法

ルーフィングの施工方法

ルーフィングの施工方法について簡単にお伝えしてします。

軒先から棟先に向けて貼る

ルーフィングは軒先から棟先に向けて貼っていきます。屋根の下から頂点に向かっていくイメージです。このときシート同士を重ね合わせる「重ね代」は20cm以上の幅が必要です。

雨漏りしやすい部分の処置

水が溜まりやすいなどの理由で雨漏りしやすい箇所は、シートを二重、三重にして対策しておきます。

ルーフィングを留める

全体にシートを貼ることができたら、ルーフィングをタッカーで留めていきます。タッカーは深すぎても浅すぎても雨漏りしやすくなるので、留める際には注意が必要です。

屋根材を設置する

ルーフィングの設置が完了したら、屋根材の設置に移行します。

ルーフィングの施工を依頼する業者の選び方

ルーフィングの施工を依頼する業者の選び方

ルーフィングを施工する業者を選ぶときにはどんなポイントに気を付けたら良いのでしょうか。

ルーフィングについてきちんと説明してくれるか確認する

ルーフィング施工業者を選ぶ時は、ルーフィングについてきちんと説明してくれるかどうかを判断基準にすると良いでしょう。

ルーフィングは屋根に覆われて見えなくなる部分ですが、雨漏りを敷設重要な役割を果たします。疑問点は放置せずに、納得するまで業者に質問してください。

相見積もりをする

ルーフィングの工事に限らず、業者に工事を依頼する場合は複数の業者に見積もりを依頼しましょう。

価格だけを判断基準にせず、工事の内容が詳細に書かれているか、様々な疑問に丁寧に対応してくれる業者かといった点も比較して業者を選んでください。

まとめ:ルーフィングは目的に合ったものを選ぼう

ルーフィングは複数の種類があります。それぞれメリット、デメリット、耐用年数などが異なるので、目的に合ったタイプのルーフィングを選んでください。

ルーフィングとは屋根の内側に張る防水シートのことです。家の内部に雨水などが侵入するのを防ぐ役割があります。詳しくは「そもそも「ルーフィング」ってなに?」をご覧ください。

ルーフィングには複数の種類があり、それぞれメリットやデメリット、耐用年数、価格などが異なります。詳しくは「【種類別】ルーフィングの価格やメリット・デメリットを徹底比較」をご覧ください。

水を通さないことはもちろん、湿気を通す透湿性、長期間耐久できる耐久性などが求められます。詳しくは「ルーフィングに求める性能とは」をご覧ください。

 

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami