tel: 0120-124-775
logo
tel: 0120-124-775

【サイディングのメーカー一覧】主な商品や迷った時の選び方も大公開

その選択ひとつで家の雰囲気が決まる!と言っても過言ではないサイディングボード。

そんなサイディングボードを選ぼうと調べてみたら、その種類の多さにびっくり、なんて方、いらっしゃいませんか?

選択肢が多すぎて、どう選んでいいのかわからない、失敗したくないからこそ慎重に選びたい、そんな方も多いのではないでしょうか。

この記事では、サイディングボードの主な商品や、迷った時の選び方、メーカーさんについてお伝えしていきます。

サイディングボードで悩まれている方、慎重に選びたい方はぜひ読んでいってくださいね!

この記事でわかること
  • サイディングメーカーの選び方
  • サイディングメーカーの一覧
  • 選び方別!サイディングメーカーと商品
  • 選び方で迷ったときは…

サイディングってどう選べばいいの?

サイディングってどう選べばいいの?
まず初めに、サイディングボードの選び方を4つお伝えします。

サイディングボードは種類が多いため、いきなり選びはじめると何を基準にすればいいのかわからなくなり、迷宮入りしてしまいがちです。

こんな状況を防ぐためには、実際にサイディングボードを選ぶ前に、どんな基準で選びたいかを整理しておくのがおすすめです

ほかのサイディングボードを選んでいる方がどのような理由でサイディングボードを選んでいるのかを知ることで、あなたらしい選び方を見つけましょう!

外壁にサイディング材を用いるメリット・デメリットについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もチェックしてみてください。
サイディング外壁とは?種類やメリット&デメリットまで徹底解説!

価格で選ぶ

価格で選ぶ
サイディングボードを選ぶ理由として、モルタルやタイルの外壁にするよりも安価だから、というのも理由のひとつにある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

サイディングボードを選ぶうえで外せない大きなメリットがその価格ですが、安価で設置できるからこそ「なるべく安く抑えたい」という方もいれば「予算内でなるべくおしゃれな外壁にしたい」という方もいらっしゃるはず

サイディングボードの種類によっても値段の相場は変わってきますが、後の「メーカー徹底比較」のところでメーカーさんごとの価格帯についてご紹介しますので、目安にしてみてくださいね!

耐久性で選ぶ

サイディングボードの耐用年数やキズのつきにくさも、サイディングを選ぶうえでの大事な要素です。

施工の際にはつい初期費用に目が行ってしまいがちですが、コストパフォーマンスやメンテナンスの回数などを考慮することで、長期的な出費を抑えることができます。

メーカーさんごとに保証がついているところもありますので、補償の手厚いメーカーのサイディングを選べばさらにメンテナンスコストを抑えることができます。

デザインで選ぶ

デザインで選ぶ
たくさんの色や質感、デザインのあるサイディングボード。

凝ったデザイン、好きな色や質感・デザインのサイディングボードを選ぶのも、夢のマイホームの実現に力を貸してくれるかもしれません。

凝ったデザインがいい、シンプルなデザインがいい、いろんな希望を叶えることができますよ。

メンテナンス性で選ぶ

放置していても汚れが落ちるような機能を持つサイディングボードもあります。

汚れが目立ってくるのを避けたい方、普段のお手入れを楽に済ませたい方はこういったメンテナンス性で選ぶのもおすすめです。

汚れを自然と落としてくれるサイディングボードも、後ほどご紹介します!

サイディングのメンテナンス法や費用については、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひご一読ください。
サイディング メンテナンス アイキャッチサイディングのメンテナンス時期はいつ?方法や費用も詳しく解説!

まとめると…
    サイディングボードの選び方4種類

  • 価格で選ぶ
  • 耐久性で選ぶ
  • デザインで選ぶ
  • メンテナンス性で選ぶ

サイディングを取り扱うメーカー一覧

サイディングを取り扱うメーカー一覧
サイディングボード自身の性質での選び方をご紹介してきました。

次は、サイディングボードを取り扱うメーカーさんを8社、それぞれの特徴と共にご紹介していきます。

それぞれのメーカーさんが得意としているサイディングボードの種類のご紹介しますので、サイディングボードの種類を決めている方も、人気のメーカーさんが知りたい方、メーカーさんへの信頼でサイディングボードを選びたい方も見逃せませんよ!

ニチハ株式会社

窯業系サイディング
1社目は、「ニチハ株式会社」さんです。

「ニチハ株式会社」は、サイディングの有名メーカーで、主に窯業系サイディングを扱っています。

1956年設立で、現在、窯業系サイディングのシェアナンバーワンの老舗メーカーさんです。

アイジー工業株式会社

2社目は、「アイジー工業株式会社」さん。

「アイジー工業株式会社」は、サイディングの有名メーカーで、主に金属系サイディングを取り扱っています。

1970年設立で、現在、金属系サイディングのシェアナンバーワンの老舗メーカーさんです。

ケイミュー株式会社

金属系サイディング
3社目は、「ケイミュー株式会社」さんです。

「ケイミュー株式会社」は屋根材や外壁材を扱っているメーカーで、中でも窯業系や金属系サイディングが主体となっています。

2003年設立で、現在、窯業系サイディングではナンバーツー、金属系サイディングでも5本の指に入る実力のあるメーカーさんです。

旭トステム外装株式会社

4社目は、「旭トステム外装株式会社」さん。

住宅の外装を扱う大手メーカーで、窯業系サイディングだけでなく金属系・樹脂系などさまざまなサイディングを扱っています。

建材の分野で有名な、「AGC」さんと「LIXIL」さんの外装事業を統合して生まれたのが、「旭トステム外装株式会社」です。

東レACE株式会社

5社目は、「東レACE株式会社」さんです。

「東レACE株式会社」では、東レの技術を生かした住宅用の外装材やビル用内外装材、土木用建材などを製造販売しているメーカーで、窯業系サイディングを取り扱っています。

高広木材株式会社

木材
6社目は、「高広木材株式会社」さんです。

「高広木材株式会社」は、ウエスタンレッドシーダを扱うメーカーで、木質系サイディングボードを販売しています。

ウエスタンレッドシーダとは、ヒノキ科の木で、ヒノキ科特有の芳香をもち、肌ざわりが柔らかく温かみのある木のこと。

日本では、「カナダスギ」や「ベイスギ」と呼ばれ、親しまれてきました。

日本人が親しみやすく、落ち着くような気持ちになれる木材系サイディングのメーカーさんです。

株式会社中山源太郎商店

7社目は、「株式会社中山源太郎商店」さん。

「株式会社中山源太郎商店」は、1914年の創業以来長きにわたって木材を扱っており、高耐久性木材である「イペ」や「セランガンバツ」などを扱う企業です。

耐久性が高く、かつ木材特有の温かみのある木質系サイディングボードが豊富です。

ゼオン化成株式会社

樹脂系サイディング
8社目は、「ゼオン化成株式会社」さんです。

「ゼオン化成株式会社」は、1981年創業で、主に樹脂系サイディングを取り扱う企業です。

樹脂系サイディングでは、縦目地が入らず、スッキリした外観になります。

レンガタイルや、他の素材との組み合せることもでき、他では見られない独自のデザインを叶えることも。

デザインにこだわりたい方は必見のメーカーさんです。

まとめると…
    サイディングを扱っているメーカー

  • ニチハ株式会社
  • アイジー工業株式会社
  • ケイミュー株式会社
  • 旭トステム外装株式会社
  • 東レACE株式会社
  • 高広木材株式会社
  • 株式会社中山源太郎商店
  • ゼオン化成株式会社
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

サイディングの代表的メーカーを徹底比較!

サイディングの代表的メーカーを徹底比較!
メーカーさんを8社、ご紹介してきました。

ここからは、代表的なメーカーさんの商品の特徴や価格の紹介、そして比較をして見ていきましょう。

それぞれのメーカーさんにあるサイディングのシリーズや、その特性もご紹介していきますよ!

ニチハ株式会社

ニチハ株式会社は、窯業系サイディングでトップシェアを誇るメーカーさんです。

雨などで汚れを落とす「マイクロガード機能」が特徴的で、お手入れの手軽さが魅力のひとつ。

「プレミアムシリーズ」は、「マイクロガード機能」だけでなく、「プラチナコート30」という超高耐候塗料も使用。

こういった特殊技術により、窯業系サイディングでは初めて30年保証を実現した商品となっています。

価格帯は5,700〜21,000円/㎡です。

他にも、継ぎ目が目立ちにくい「フュージェ」シリーズや、色やデザインが豊富な「モエンエクセラード」シリーズ、柄の深堀が可能な「モエンサイディングS」シリーズ、鏡面・光沢を出さない表面を実現した「COOL」シリーズ、厚みがあり硬質な素材の「風光」シリーズがあります。

アイジー工業株式会社

太陽光
アイジー工業株式会社は、低価格の金属系サイディングを販売するメーカーさんです。

金属系サイディングでシェア1位のメーカーということで、国内で最もメジャーな外壁材である窯業系サイディングは販売しておらず、販売しているのは「アイジーサイディング」という金属系サイディングのみです。

この「アイジーサイディング」は、ガルバリウム鋼板の外壁材で、錆びにくく気候の変化にも強い特徴があります。

変色や赤サビ、穴に対して10年の保証が付きますので、メンテナンス面でも安心ですね。

3,900〜6,000円/㎡というお手頃な価格帯も魅力です。

ケイミュー株式会社

ケイミュー株式会社は、窯業系サイディングで2位のシェアを誇るメーカーさんです。

ケイミュー株式会社のサイディングの代表例である「レジェール」は軽量な素材で、太陽光で汚れを落とす機能がついているうえ、色あせしにくいのが魅力となっています。

価格帯は4,700〜8,300円/㎡です。

他のシリーズには、太陽光で汚れを落とし、色あせしにくい「光セラ」シリーズや、雨で汚れを浮き上がらせて流す「親水コート」シリーズ、「親水コート」シリーズに色あせしにくい特徴をプラスした「親水パワーコート」シリーズがあります。

旭トステム外装株式会社

旭トステム外装株式会社が販売しているのは「金属Danサイディング」という金属系サイディングです。

ガルバリウム鋼板だからこそ実現できる深い陰影が最大の魅力ですが、デザイン面での魅力はもちろんのこと、セルフクリーニング機能や優れた断熱性など、機能面もばっちり!

塗膜保証が10〜15年あり、価格帯は5,000〜7,000円/㎡となっています。

旭トステム外壁株式会社では、デザインによって3種類のシリーズに分かれています。

石積み柄や木目調など、デザインが豊富な「スチール深絞り」シリーズ、ストライプ柄が主体の「スチール ニュースタンダード」 シリーズ、無地などシンプルなデザインが主体の「スチール スタンダード」の3種類です。

東レACE株式会社

豊富なデザイン
東レACE株式会社は、デザイン性にこだわった外壁材を作っているメーカーさんで、代表例は「完璧(KANPEKI)」シリーズです。

「完璧(KANPEKI)」シリーズは、ラップサイディング工法によってサイディング同士の境界線が目立たないようになっています。

10〜15年の保証付きで、価格帯は5,000〜7,000円/㎡です。

会社名 強み 代表シリーズ 価格帯(円/㎡)
ニチハ 窯業系1位 プレミアム 5,700~21,000
アイジー 金属系 アイジーサイディング 3,900~6,000
ケイミュー 窯業系2位 レジュール 4,700~8,300
旭トステム外装 優れた断熱性 金属Danサイディング 5,000~7,000
東レACE デザイン性 完璧(KANPEKI) 5,000~7,000
まとめると…

ニチハ株式会社

  • 窯業系サイディングトップシェア
  • 30年保証を実現

アイジー工業株式会社

  • 金属系サイディングトップシェア
  • 変色や赤サビ、穴に対して10年保証

ケイミュー株式会社

  • 窯業系サイディングシェア2位
  • 太陽光や雨などで自然に汚れが落ちる

旭トステム外装株式会社

  • デザイン性がよく、セルフクリーニング機能付き
  • 塗膜保証10~15年

東レACE株式会社

  • デザイン性にこだわった窯業系サイディング
  • 10~15年保証

選び方別!おすすめサイディングメーカーと商品

選び方別!おすすめサイディングメーカーと商品
ここまで、サイディングボードの選び方や、メーカーさんの特徴、商品の紹介やメーカーさんの比較をお伝えしてきました。

こんな選び方をしたい!と決まった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

次は、選び方別におすすめのサイディングメーカーさんをご紹介します。

窯業系サイディングにしたい

窯業系サイディングにしたい方におすすめなのが、ニチハ株式会社の「プレミアムシリーズ」。

窯業系サイディングならではのデザインの豊富さ、また高耐久で保証も長いのが魅力です。

金属系サイディングにしたい

金属系サイディングにしたい方におすすめなのが、アイジー工業株式会社の「アイジーサイディング」。

リーズナブルかつ機能性も妥協したくない、という方には金属系サイディングがおすすめです。

シンプルなデザインにしたい

シンプルなデザイン
シンプルなデザインにしたい方におすすめなのが、旭トステム外装の「スチール スタンダード」シリーズ。

デザインは3種類と少ないものの、セルフクリーニング機能や断熱性など、機能面で非常に優れた金属系サイディングです。

凝ったデザインがほしい

凝ったデザインがほしい方におすすめなのが、東レACE株式会社の「完璧(KANPEKI)」シリーズ

サイディング同士の境界線が目立たず、選んだデザインの邪魔をしません。

メンテナンス性を重視したい

お手入れ
メンテナンス性に優れたサイディングが気になる方におすすめなのが、ケイミュー株式会社の「光セラ」シリーズ。

太陽光で汚れを落としてくれ、また、色あせしにくいので、普段のお手入れが格段に手軽になります。

まとめると…
  • 窯業系サイディングなら、ニチハのプレミアムシリーズ
  • 金属系サイディングなら、アイジー工業のアイジーサイディング
  • シンプルなデザインなら、旭トステム外装のスチールスタンダードシリーズ
  • 凝ったデザインなら、東レACEの完璧(KANPEKI)シリーズ
  • メンテナンス性なら、ケイミューの光セラシリーズ

サイディングのメーカー選びに迷ったときは……

サイディングのメーカー選びに迷ったときは……
いろいろとお伝えしてきましたが、家というのは一生もののお買い物。

簡単に決められない!という方もいらっしゃるでしょう。

ここからは、メーカー選びに迷ってしまったときにどうしたらいいのかをお伝えします。

ヒントになるようなことがあるかもしれませんよ。

実績のあるリフォーム会社に相談する

相談
迷ってしまったらまず、実績のあるリフォーム会社に相談するのもおすすめです。

ただし、ポイントは「実績のある」業者を選ぶこと。施工実績が少ない業者だと同じ商品ばかり使用していて、他のメーカーに詳しくない可能性があります。

施工実績が多く、さまざまな商品の長所や短所を幅広く知っているリフォーム会社に相談するのがいいでしょう。

有名メーカーの人気商品を選ぶ

有名メーカーの人気商品を選ぶというのも、賢い手段です。人気商品であれば、商品そのものの実績もさることながら、施工経験のある業者も多いため、失敗のリスクが少なくて済みます。

後悔のない外壁選びをしたいという慎重派な方は、メジャーな商品を選ぶとよいでしょう。

窯業系サイディングならニチハ株式会社の商品、金属系サイディングならアイジー工業株式会社の商品が有名ですよ。

目的別で探してみる

目的を決める
それぞれの商品によってメリット・デメリットがありますので、あなたが一番重視したいポイントを決めて、その目的別で探してみるのもいいでしょう。

価格が安いもの、デザインが優れているもの、耐用年数が長いものなど、譲れないポイントを決めて探しましょう

まとめると…
    サイディングメーカー選びに悩んだら

  • 実績のあるリフォーム会社に相談
  • 人気商品を選ぶ
  • 目的別で探す

理想の家にするために

価格や耐久性、デザイン、メンテナンス性など、さまざまな種類のあるサイディングボード。

その種類の多さや、メーカーの多さから、選ぶ基準もたくさんあり、十人十色になっています。

つくりたい、住みたい家に合わせてサイディングボードを選びましょう。

じっくり時間をかけ、調べたり、リフォーム会社に相談したりして、後悔の残らない選択を!

 

サイディング外壁のリフォームについて気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
「サイディングの外壁リフォーム」種類から費用まですべて解説!

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami