【サーモアイの口コミ】メリットデメリット・価格や評判をまとめ!

屋根の塗り替えを検討しているけど、どんな塗料がいいか分からない…とお悩みの方。「サーモアイ」をご存知でしょうか?

サーモアイとは屋根用塗料の一種で、「屋根用塗料サーモアイシリーズ」という商品名の通称です。遮熱性に優れ、塗り替えるだけで省エネを実現できることから、多くの方に選ばれている人気の屋根用塗料です。

今回はサーモアイとは?といった基本情報から商品ラインナップ、そのメリット・デメリットまで、サーモアイについてマルっとご紹介します。屋根用塗料をどれにしようかなと悩んでいる方、必見です!

この記事でわかること
  • そもそもサーモアイって何?
  • サーモアイのメリット・デメリット
  • サーモアイの種類

サーモアイとは?

日本ペイント公式サイトより引用

「サーモアイ」って聞きなれない言葉ですよね?サーモアイは日本ペイントの屋根用塗料の一種です。まずはサーモアイがどんな塗料なのか、その特徴からご紹介します。

日本ペイントの遮熱塗料

日本ペイント株式会社は、住宅などの建築用塗料から橋などの大型構造物、自動車補修用塗料まで、多岐にわたって塗料を製造している総合塗料メーカーです。

「地図に残る、街を彩る」「職人技を支える」「社会のニーズに応える」という3つのキーワードを軸に、私たちの生活や産業を支える塗料を製作・販売しています。

前身となる会社の創業は明治14(1881)年。その歴史も長く、サーモアイは安心して選ぶことのできる塗料メーカーの製品といえるでしょう。

高い遮熱性

そんな日本ペイントがつくったサーモアイの一番の特徴は、高い遮熱性です。

屋根塗装は下塗り、中塗り、上塗りと3回以上塗装の工程があります。通常の塗料では熱を遮断する反射性能は、上塗りと中塗り塗料にしかついていません。

しかし、日本ペイントは、サーモアイ専用のシーラー・プライマー(塗料用下地)を開発しました。サーモアイは、下地にも反射性能を加えることによって高い遮熱効果を発揮します。

「赤外線透過混色」技術

太陽光には紫外線、可視光線、赤外線の3種類がありますが、温熱作用があるのは赤外線です。

サーモアイの上塗り塗料には、「赤外線透過混色」という新しい顔料技術が採用されています。

赤外線透過混色技術とは、上塗りで反射できなかった赤外線を吸収せず透過させる技術です。上塗り塗料に吸収させず透過させることで下塗りの反射性能を最大限活用することができ、トータルでの吸収率を下げているのです。

まとめると…
  • サーモアイは日本ペイントの屋根用塗料
  • 独自の下地塗料で遮熱性アップ
  • 「赤外線透過混色」技術を採用

サーモアイの基本情報をチェック!

サーモアイの特徴が分かったところで、価格やカラーバリエーションなど、製品の基本情報を確認していきましょう。

工程 シリーズ名 材工価格 耐用年数 系統
上塗り サーモアイ4F 4,610円/㎡ つや有り

40色

 

 

12~15年 2液弱溶剤4フッ化フッ素樹脂屋根用太陽熱高反射(遮熱)塗料
サーモアイSi 3,930円/㎡ 8~12年 2液弱溶剤シリコン系屋根用太陽熱高反射(遮熱)塗料
サーモアイUV 3,490円/㎡ 6~10年 2液弱溶剤耐UV特殊ウレタン樹脂屋根用太陽熱高反射(遮熱)塗料
サーモアイ1液Si 3,930円/㎡ つや有り5色 8~12年 1液弱溶剤シリコン系屋根用太陽熱高反射(遮熱)塗料
サーモアイヤネガード 3,780円/㎡ 3分つや有り

18色

5~8年 1液弱溶剤特殊アクリル樹脂長期防錆方屋根用太陽熱高反射(遮熱)塗料
下塗り サーモアイシーラー 2液弱溶剤エポキシ樹脂太陽熱高反射(遮熱)シーラー
サーモアイプライマー 2液弱溶剤エポキシ樹脂太陽熱高反射(遮熱)さび止め塗料

※材工価格とは、一般的に材料費と人件費を足した価格のことを指します。表中の価格はスレート屋根、300㎡以上、下塗りにサーモアイシーラーを使用した場合の価格です。

サーモアイのメリット

ここからはサーモアイのメリットをご紹介します。

業界最高クラスの反射率

日本ペイント公式サイトより引用

サーモアイ最大のメリットは、高い反射率による遮熱効果といえるでしょう。日本ペイントの実験では、従来の塗料とくらべ室内温度が最大3度下がったそうです。また、熱を貯めにくい分、ヒートアイランド現象にも効果があります。

施工した職人さんからも「きちんと遮熱効果があり、信用できる塗料」といった口コミがあり、評判がいいようです。

年々夏の暑さが厳しくなっていく日本。「サーモアイに塗り替える」という選択は比較的手軽に施工できる上に、得られる効果の大きい省エネ対策といえるでしょう。

電気代の節約ができる

遮熱性が高いということは、それだけ太陽の熱エネルギーの影響を受けにくいということです。屋内に伝わる熱の量が減少する分、エアコンの設定温度を高くしても涼しく感じられる、使用時間が短くなるなど、電気代の節約につながります。

実際に「サーモアイに塗り替えてから、室内が涼しく感じる」「エアコンの効きがよくなった」といった口コミもあります。

豊富なカラーバリエーション

日本ペイント公式サイトより引用

サーモアイ4F・SI・UVのカラーバリエーションは、全40色です。明るい色から暗い色まで、また寒色系から暖色系までバランスよくそろっています。

屋根は塗装面積が大きく、家のイメージを左右する大切なパーツです。製品の機能が気に入っても外壁に合う色がなければ、どの塗料にするか再検討が必要になるかもしれません。

しかし、サーモアイならたくさんの色の中から、あなたの家にぴったりの1色を見つけることができるでしょう。

まとめると…
  • 塗り替えるだけで省エネ・節電対策に
  • カラーバリエーションが豊富

サーモアイのデメリット

高い遮熱性が魅力のサーモアイですが、ここからはデメリットについてお伝えします。ご自身の家に適した塗料か、デメリットもふまえて確認してください。

サーモアイで断熱はできない

高い遮熱性を誇るサーモアイですが、断熱効果はありません。したがって、冬の寒さが厳しい寒冷地にはあまり適さない塗料かもしれません。

遮熱塗料のメリットが十分得られるのか、お住まいの地域の気候に合わせた判断が必要になります。

どう違う?“遮熱”と“断熱”
環境に配慮したエコな塗料として、“遮熱塗料”と“断熱塗料”があります。

“遮熱”と“断熱”。よく似た言葉ですが、どのように違うのでしょうか?

遮熱:光を反射することで、室内温度の上昇を防ぐ。反射するだけなので、保温効果はない。

断熱:熱の伝わりを遅くし、室内気温の上昇を抑える。また、室内の熱の放出も防ぐため、保温効果もある。

色によって反射率が異なる

高反射率がサーモアイのメリットですが、選ぶ色によって反射率が異なるため注意が必要です。やはり明るい色がより高反射、暗めの色は低反射になってしまいます。

40色あるバリエーションの中で最も反射率が高いのが「クールホワイト」の91.0%、最も低いのが「クールナスコン(ネイビーのような色)」の26.6%です。その差、64.4%。

サーモアイのメリットを最大限生かすなら明るめの色を選ぶ方がよいでしょう。

“ツヤあり”しか選べない

サーモアイシリーズはカラーバリエーションは豊富ですが、ツヤについては“ツヤあり”しかありません。したがって、ツヤなしの屋根にしたいと考えている方には適さない塗料です。

まとめると…
  • 断熱効果はない
  • 反射率が色によって変わる
  • “ツヤなし”にこだわる人には合わない

サーモアイのラインナップはこちら!

ここからはサーモアイシリーズの商品を詳しくご紹介していきます。

サーモアイ4F

サーモアイ4Fは4フッ化フッ素技術を用いることで、長期間の耐候性を備えたフッ素塗料です。

従来のフッ素塗料は、フッ素・炭素・塩素の結合で構成されています。フッ素塗料は耐候性の高さが特徴ですが、炭素と塩素の結合は紫外線に弱いという弱点がありました。

4フッ化フッ素技術は、フッ素と炭素のみによる結合を実現し、従来のフッ素塗料の弱点を克服した長い耐候性をもった塗料です。

サーモアイSi


サーモアイSiは耐用年数と価格のバランスがよくとれたシリコン塗料です。サーモアイシリーズの中で最も人気のある塗料といえるでしょう。

4Fに次いで、シリーズで2番目に耐候性・光沢保持性に優れた製品です。

サーモアイUV

サーモアイUVはコストパフォーマンスの高さが魅力のウレタン塗料です。

一般的にウレタン塗料は価格は安いのですが、紫外線に弱く劣化しやすいというデメリットもあります。しかし、日本ペイントは耐UVテクノロジーによって耐久性の向上に成功しました。

結局サーモアイの評価は?

サーモアイは製造メーカー、製品の実力ともに、とても安心して選ぶことができる遮熱塗料です。カラーバリエーションも豊富でさまざまなデザインの家に対応できますし、メーカー保証もついています。

通常の塗料に比べて高価なため、初期費用を徹底的に抑えたいと考えている方、シリーズ全てがツヤありの塗料のため、光沢感のある屋根にはしたくないという方以外は、ぜひ最有力候補の1つとして検討されることをおすすめします。

ただ「塗料だけでそんなに変わるの?」と不安に思われる方もいらっしゃると思います。実際、家の断熱対策や構造によっても効果の感じ方が異なるため、屋根の塗料を変更したからといって劇的な変化は感じにくいかもしれません。

遮熱効果を感じやすい家の特徴
遮熱効果を効果的に得られる家にお住まいかどうか、次にあげた特徴を確認してみてください。

屋根が金属製の家

金属製の屋根はスレートや瓦の屋根に比べ、熱伝導率が圧倒的に高くなっています。また、金属製の屋根は厚みも薄く、伝導率とダブルの効果で、太陽の熱が屋内に伝わりやすくなります。

吹き抜けのある家

吹き抜け部分の暑さに悩まされている方は多いのではないでしょうか?吹き抜けの上部は熱が溜まりやすく、室内面積も広くなるのでエアコンの効きも悪くなりがちです。

リビングが最上階にある家

家の中で一番過ごす時間が長くなるリビング。高層階は低層階に比べて暑くなりやすいため、日中よく過ごすリビングが最上階にあるとより暑さを感じやすくなります。

上記のような特徴のある家は、特に遮熱塗料の効果を感じやすいため、サーモアイを用いるメリットが大きいといえるでしょう。

サーモアイの評価
日射反射率 ★★★★★
耐久性 ★★★★
ポピュラー度 ★★★
カラーバリエーション ★★★★★
価格

近年、ますます暑くなっている日本の夏。少しでも快適に過ごしたいですよね?10年20年と住み続ける家に、塗料のみでできる省エネ対策は、長い目で見るとお値打ちになります。サーモアイを採用する参考にしてみてください。

サーモアイに塗り替えて省エネ住宅を実現!

サーモアイについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?省エネ住宅にしたいと考えている方におすすめのサーモアイ。他社メーカー品ともよく比較・検討し、あなたの家の屋根にベストな塗料を見つけてくださいね。

Bitnami