サーモアイsiの基礎知識!メリット・デメリットや目安価格も解説

サーモアイsiの基礎知識!メリット・デメリットや目安価格も解説

サーモアイsiは日本ペイントの販売する塗料のひとつです。サーモアイsiとはどのような特徴がある塗料なのでしょうか。

今回の記事では、サーモアイsiの特徴やそのメリット、デメリットなどについてお伝えしていきます。サーモアイsiについて興味がある方は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • サーモアイsiとはどんな塗料?
  • サーモアイsiのメリットとデメリット
  • サーモアイsiの使用方法や使用手順
  • サーモアイsiの目安価格
  • おすすめの下塗り材

サーモアイsiってどんな塗料?

サーモアイsiってどんな塗料?
サーモアイsiとはどのような特徴を持つ塗料なのでしょうか。

ここでは、サーモアイsiの特徴やそのシリーズの特徴についてお伝えしていきます。

そもそも「サーモアイ」とは?

「サーモアイ」とは、日本ペイント株式会社が販売する屋根用のシリコン系遮熱塗料です。

熱を遮る性能があるため、室内の冷房効率を上げたい場合に有効な塗料です。

サーモアイsiと他のサーモアイとの違い

?
サーモアイには他にもシリーズがあります

サーモアイsiとそのほかのシリーズとの違いについて以下の表にまとめましたので、ご参照ください。

サーモアイSi 弱溶剤

シリコン樹脂

つや有りのみ

高耐候性あり

JIS K 5675 2種2級取得

8~12年 3,930円/平方メートル(3工程・下塗りがサーモアイシーラーの場合)
サーモアイ1液Si 弱溶剤

シリコン樹脂

つや有りのみ

1液タイプ

スレート屋根用

8~12年 価格非公表
サーモアイ4F 弱溶剤

フッ素樹脂

つや有りのみ

高耐候性あり

JIS K 5675 2種1級取得

12~15年 4,610円/平方メートル(3工程・下塗りがサーモアイシーラーの場合)
サーモアイUV 弱溶剤

ウレタン樹脂

つや有りのみ

高耐候性あり

JIS K 5675 2種2級取得(一部色相を除く)

6~10年 3,490円/平方メートル(3工程・下塗りがサーモアイシーラーの場合)
サーモアイ ヤネガード 弱溶剤

アクリル樹脂

つや有りのみ

厚膜り用

長期防食性あり

5~8年 3,780円/平方メートル(3工程:下塗りがサーモアイシーラーの場合)

サーモアイsiのメリット

サーモアイsiのメリット
サーモアイsiにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、サーモアイsiの主なメリットについてお伝えしていきます。

高い遮熱効果

サーモアイsiは遮熱塗料です。そのため他の塗料よりも遮熱性能が高く、従来の塗料とくらべると室内温度が最大3度下がった結果があると言われています。

室内温度を一定に保ちたい場合や、冷房効率を上げたい場合に便利な塗料です。

カラーが豊富

大手メーカーの塗料はカラーのラインナップが豊富な傾向がありますが、サーモアイsiも大手の日本ペイントの商品なので豊富なカラーが販売されています。

遮熱性能だけでなくデザイン性にもこだわりたい場合にもおすすめです。

電気代の節約が期待できる

費用
サーモアイsiは遮熱性能が高い塗料なので、室内の温度をある程度一定に保つことができます。

主に冷房の効率を良くする効果が見込めるので、エアコンの電気代を抑える効果が期待できるでしょう。

まとめると…
  • サーモアイsiは遮熱性が高い塗料なので冷房効率が上がりやすい
  • カラーが豊富にあるのでデザインにもこだわることができる
  • 冷房効率が上がるので電気代も節約できる
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

サーモアイsiのデメリット

サーモアイsiのデメリット
サーモアイsiにはメリットのほか、デメリットもあります。

ここでは、サーモアイsiのデメリットについてお伝えしていきます。

光沢が「艶あり」のみ

塗料の中にはツヤがないタイプを選べる商品もありますが、サーモアイsiはツヤがあるタイプのみの販売です。

色によってはピカピカし過ぎて屋根が目立ってしまうことがあるため、色選びには注意が必要でしょう。

断熱性がない

耐火性
サーモアイsiは赤外線を反射することで遮熱性能を発揮するタイプの塗料です。

温度の上昇を抑える効果はありますが、断熱性能はないので室内の暖気を保っておく効果は期待できません。

夏の冷房効果を上げることはできますが、冬の暖気を室内に保っておく保温効果はないと考えた方が良いでしょう。

まとめると…
  • ツヤがあるタイプしか販売されていない
  • 遮熱性能はあるが断熱性はないので冬の暖房効率は上がらない

サーモアイsiの使用方法

サーモアイsiの使用方法
サーモアイsiはどのように使用される塗料なのでしょうか。

ここでは、サーモアイsiの主な使われ方についてお伝えしていきます。

準備するもの

サーモアイsiを塗装するときは、主に以下のような道具を使用します。

  • 下塗り用塗材(サーモアイシーラーといった専用下塗り材を推奨)
  • 仕上げ塗料(サーモアイ)
  • ローラーやハケといった塗装道具
  • 高圧洗浄機やホースなどの洗浄道具
  • テープやマスカーなどの養生道具
  • 足場
  • 2液塗料を混ぜる撹拌機

なお、塗装方法はひとつではないので、塗装する方法に合わせて道具は変わります

塗装に必要な道具は施工方法によって異なるので、必要な道具について知りたい場合は都度確認した方が良いでしょう。

希釈

希釈とは、塗料を薄める作業のことです。サーモアイsiは弱溶剤塗料なので専用の塗料用シンナーで希釈をします。

希釈率は塗装方法によって変わりますが、一般的な刷毛やローラーで塗装する場合の希釈率は0~5%です。

塗装の流れ

塗装
サーモアイsiで塗装を行うときは、一般的に以下のような手順で行います。

  1. 足場設置
  2. 足場や塗装しない場所の養生
  3. 必要に応じて下地補修
  4. 下塗り
  5. 中塗り
  6. 上塗り
  7. スレート屋根の場合は縁切り
  8. 仕上げチェック
  9. 養生剥がし、足場解体

なお、塗装手順も状況や施工方法によって変わります。詳しくは塗装を依頼する業者に確認してください。

塗装する際の注意点

サーモアイsiを塗装するときは、3回重ねて塗装する必要があります。2回の塗装だと、十分に塗料の効果を発揮できない可能性があるので注意が必要です。

乾燥は半日以上必要です。最低でも3時間から4時間は乾燥させてから重ね塗りしないと、施工不良を起こしてしまうでしょう。

また、塗装をするときは、気温が5度以下の場合塗料がうまく乾燥せず施工不良が起こる可能性があるのでこちらも要注意です。

まとめると…
  • 準備する道具は塗装方法によっても異なるので都度確認する
  • 塗装手順も塗装方法によって変わるので業者に確認する
  • サーモアイsiはシンナーで希釈する
  • 乾燥時間や塗装するときの気温に注意しないと施工不良が起こりやすい

サーモアイsiの目安価格

サーモアイsiの目安価格
サーモアイsiの塗装にかかる費用は、一般的な広さの住宅で40万円から80万円程度が目安です。

ただし住宅の広さや塗装面積などによっても変動するので、業者に見積もりを取ってただしい費用を確認してください。

まとめると…
  • 一般的な住宅での塗装費用は概ね40万円から80万円程

サーモアイsiにおすすめの下塗り材

サーモアイsiにおすすめの下塗り材
サーモアイsiを塗装するときは、下塗り作業が必要です。

どのような下塗り材を使用すると良いのでしょうか。ここでは、サーモアイsiの下塗り材におすすめの下塗り塗料をご紹介していきます。

サーモアイシーラー

サーモアイシーラーはスレート屋根用の下塗り材です。耐用年数は上塗材に依存します。価格は非公表です。

サーモアイプライマー

塗装
サーモアイプライマーは金属屋根用の錆止め剤です。耐用年数は上塗材に依存し、こちらも価格は非公表となっています。

まとめると…
  • サーモアイsiのおすすめの下塗り材はサーモアイシーラーとサーモアイプライマー
  • サーモアイシーラーはスレート用の下塗り材
  • サーモアイプライマーは金属屋根用の錆止め剤

サーモアイsiは遮熱性に優れカラーも豊富な塗料

サーモアイsiは日本ペイントの販売する遮熱性塗料です。赤外線を他の塗料よりも多く反射し、室内に太陽光の熱が伝わるのを防ぎます。

冷房効率を上げるのに役立つ一方で、断熱性能はないため冬の暖房効率を上げる役割は期待できません。冬の室温を効率的に保つよりも、夏の冷房効率を上げたい方におすすめの塗料です。

また、太陽光の熱をためにくい塗料なのでヒートアイランド対策にも役立ちます。

色味によって反射率や温度上昇を抑える性能が異なるので、温度の上昇をより大きく抑えたい場合は淡色の使用がおすすめです。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami