トタン外壁の基礎知識!メンテナンス方法から張り替え費用まで解説

トタン外壁の建築材料の「トタン」と聞くと、多くの人は「トタン屋根」を想像しますよね。しかしトタンは屋根だけではなく外壁にも使われる、非常に扱いやすい建築材料なんです。ただ「トタン」といっても種類は一つではなく、なかなか奥の深い建材。しかも最近のトタン外壁はおしゃれでデザイン性が高いのも魅力です。そこで今回はトタン外壁を考えている人のために、トタンの種類やメリット、気になる費用まで紹介していきたいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

この記事でわかること
  • トタンの種類と特徴
  • 外壁をトタンにするメリット・デメリット
  • トタン外壁のメンテナンス時期とリフォーム費用
  • トタン外壁の深刻な劣化症状とは?

「トタン外壁」とは?

トタン外壁って何?今回はトタン外壁のお話をしていきます。しかしそもそもトタンとは何か?よく知らない人も多いですよね。身近だけれど「トタンってなに?」と聞かれると、答えに窮することだと思います。本題に入る前に、まずはトタンとは何か?基本情報から解説していきましょう。

そもそも「トタン」って何?

「トタン」とは薄い鉄板に亜鉛をメッキしたものを指し、「亜鉛メッキ鋼板」と呼ばれます。鉄はそのままでは水分に弱く、たちまち錆びてしまいます。しかし錆びやすい材質は建材には向きませんよね?そこで鉄の板に亜鉛の膜を張り、錆びにくく加工したうえで建材に利用しているというわけです。この錆びにくいという特性から、トタンはよく屋根の建材として使われます。

トタン外壁の特徴

トタン外壁は他の建材と比べて「継ぎ目」がないため、雨水が侵入しにくく雨漏りに強い建材です。ただし亜鉛でコーティングしているとはいえコーティングの下は鉄の板ですから、コーティングが剥がれたり傷ができたりすると錆が発生し雨漏りを引き起こすことはあります。またとても軽量で素人でも扱いやすい建材であるため、DIYの材料としても広く使われます。

まとめると…
  • トタンとは亜鉛でメッキシ鉄板を錆びにくく加工した建材
  • トタンは継ぎ目がなく雨水が侵入しにくい

トタンの種類と特徴

トタンの種類とその特徴トタンといっても種類は一つではありません。トタンには大きく4つの種類があり、それぞれ使われる場所や見た目の印象が違います。ここではトタンの種類や見た目の違いを紹介するので、自分の家にはどんなトタンが似合うのか、参考にしてくださいね。

波トタン

まず「トタン」といえば「波トタン」です。昔から使われてきたトタンの、いわば代表格。一般的に多くの人が想像するトタンは、この波トタンでしょう。サイドから見ると均一に波状加工されていて、昭和の一般住宅でよく見かけた外壁材です。家の外壁はもちろんですが、倉庫の外壁にもよく使用されます。

角波トタン

よく工場や倉庫、お店などに使用されるのが、この「角波トタン」です。一般的な波トタンはサイドから見た時の波上の曲線が特徴的ですが、角波トタンは山形や角型の突起が特徴。角波トタンは強度が高くコスパの良い性能の高さが一番の魅力です。

スパンドレールトタン

ビスや釘部分が隠れた面白い形状をしているのが、スパンドレールトタンです。隠れた部分があるため塗装のときに、塗りこぼしに注意して丁寧に塗装作業を行います。スパンドレールトタンは一般的に天井や看板、エントランス天井、ガソリンスタンドの天井部分によく使われます。

リブ波トタン

少し前に比べて最近使用頻度が減っているのが、リブ波トタンです。主に和風住宅の外壁材として利用されます。平面部分が広いので一見木の板のようにも見えるところから、和風住宅にマッチするのです。木目調にプリントしたものもあるんですよ。ただリブ波トタンの外壁塗り替え時は、釘部分のカスレや塗り継ぎ斑が出やすいので、塗装するときには注意しなければいけません。

トタンの種類 特徴
波トタン 一般的なトタン。昭和住宅によく使われた
角波トタン 強度が高く工場や倉庫の外壁に使われる
スパンドレールトタン ビスや釘部分が隠れた形状のトタン
リブ波トタン 和風住宅の外壁材に利用していたトタン
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

外壁をトタンにするメリット

トタン外壁の メリットとは?トタンを外壁に使うには、見た目のチープさが気になる…という人もいるでしょう。しかしトタン外壁には、そのほかの建材にはないメリットがあるんです。トタン外壁にはどのようなメリットがあるのか具体的に紹介していきましょう。

軽量で耐震性が高い

まずトタン外壁の一番大きなメリットは「軽量」だということ。加工した金属の板であるにもかかわらず、とても軽く耐震性に優れているところが特徴です。外壁材の質量が大きいと、それだけ家に負荷がかかってしまうため耐震性に弱くなってしまいます。トタンは軽いからこそ耐震面にも力を発揮できるというわけですね。

価格が安い

外壁塗装 費用 価格トタン外壁のもう一つの魅力は、価格の安さです。トタンは安っぽく見えると言いますが、確かに他の建材に比べて価格が安いので、建築費を大幅にカットできるのがメリットです。

またトタン外壁は単価が低いだけでなく、取り扱いが簡単なので施工も比較的簡単!素人のDIYにも使われる建材ですから、施工にもそんなに時間がかかりません。他の壁材に比べて工期が短縮できるので、さらに予算を節約することができるんですよ。

価格の割に耐久性が高め

価格が安いと言うと、すぐに劣化してダメになってしまうのでは?という不安が付きまといますが、実際トタンは価格のわりに耐久性が高めです。トタンは鉄の板を亜鉛の膜を作り錆び防止をしているのですが、塗装の被膜が剥がれない限り耐久性は10年~20年と他の外壁材に比べても見劣りしません!定期的に塗装のメンテナンスは必要ですが、メンテナンス次第で長持ちするのがトタン外壁の良いところです。

外壁をトタンにするデメリット

トタン外壁のデメリットとは?どんなものでもメリットがあれば、当然デメリットもあります。外壁をトタンにするデメリットもきちんと頭に入れておきましょう。トタン外壁にするかどうかは、このメリットとデメリットのバランスを考えて選択するとよいですよ。

夏場に温度が上がりやすい

天気 気候 晴れ金属の板であるトタンは、熱伝導率が高いため夏場に温度が上がりやすいのがデメリット。直射日光に当たるとトタンは焼きついてしまうので、表面がかなり高温になります。そのため家の中にも熱がこもり温度が上がってしまうのです。ただ遮熱塗料を使えば表面温度がかなり抑えられるので、家の中の熱もこもりにくくなります。夏場の暑さが気になる人は、遮熱塗料をお願いしてみましょう。

錆びやすい

錆びないように亜鉛の膜で鉄板を覆っているとはいえ、トタンは元々鉄の板なのですから錆びやすいという点は残念ながら否めません。特に塗料が剥がれると、そこから水が中の鉄の部分に侵入するので、たちまち錆びの原因になってしまいます。トタンに錆びができる原因は表面の塗装が劣化するためですから、塗料の塗りなおしはトタン外壁の大切なメンテナンスというわけです。

外壁をトタンからリフォームする費用とは?

トタン外壁のリフォーム費用このようにトタン外壁にはメリットもデメリットもあります。では既存のトタン外壁をリフォームしたい場合、どのような方法があるのでしょうか?ここではトタン外壁のリフォームについて、方法や気になる費用を紹介します。

トタン外壁から別の外壁にするリフォーム費用

トタン外壁が劣化してきて、そろそろリフォーム時期だなと思ったら、今度はトタンではなく違う外壁にしたいな…と思う人もいるでしょう。トタンから違う建材の外壁にリフォームする場合、サイディングボードを使うことがほとんどです。サイディングボードには窯業系サイディングボードと金属系サイディングボードの2種類があり金属系サイディングボードの方が若干安くなります。サイディングボードへのリフォーム費用はおよそ200万円~

このほかに既存のトタン外壁を上からサイディングをかぶせるカバー工法もあります。カバー工法の方が安く100万円~可能ですが、外壁自体が重くなること、そして劣化した既存の外壁を補修していないため、2回はできない工法です。

外壁のリフォームは屋根とセットがおすすめ?

屋根 修理工事 足場外壁をリフォームする場合は、屋根のリフォームもセットで行うのがおすすめ。というのも屋根も一緒にリフォームしたほうが、費用を節約できるからです。高所で作業をする外壁リフォームは足場を建設する必要があります。屋根もしかり…ですね。そのため外壁をリフォームして、その数年後に今度は屋根をリフォームするとなると、この足場費用が倍かかってしまうことになるんです。

屋根を一緒にすると5万円前後外壁だけの場合よりも足場代は高くなってしまいますが、それでも別々に行うよりはよっぽどお得!どちらにせよ、いずれは屋根もリフォームしないといけないのですから、一緒にする方が合理的ですよね。

まとめると…
  • トタン外壁の張り替え費用は約200万円
  • 屋根も一緒にリフォームすると節約になる

トタン外壁の耐用年数とメンテナンス時期

トタン外壁の耐用年数は?さてリフォームの話がでましたが、トタン外壁って何年くらいが交換時期なのでしょう?適切にお手入れするためにも、トタン外壁の耐用年数やメンテナンス時期を知っておくと便利なので、みていきましょう。

トタン外壁の耐用年数

トタン外壁の耐用年数はだいたい10年~20年。しかし性格に言うと、耐用年数はトタンに塗られた塗料の種類によってかわってきます。塗料の種類は主に4種類あり、アクリル→ウレタン→シリコン→フッ素塗料の順番に耐用年数が長くなります。それぞれの耐用年数を分かりやすく下に表にしてあるので、参考にしてくださいね。

塗料の種類 耐用年数
アクリル塗料 約5年
ウレタン塗料 約8年
シリコン塗料 約12年
フッ素塗料 約15年

ただしこれはあくまでも目安。直射日光や湿気など気象条件でも耐用年数は変わってきます。耐用年数の数字だけを参考にするだけでなく、自分の目で見て明らかな劣化がないかチェックすることがとても重要です。

トタン外壁のメンテナンス時期

耐用年数に対して、メンテナンス時期はというと…。基本的にはトタン外壁の再塗装が10年、そして20年になると張り替え時期になります。ちなみにトタンの塗装は適した季節に行うことも大切!たとえば梅雨など雨の多い季節はトタンのメンテナンスには向きません。ベストは塗料の乾きやすい春や秋の気候の良い時期です。メンテナンス時期は前もって計画しているとスムーズですよ。

劣化症状が出たらメンテナンスのサイン?

メンテナンス時期の目安は塗装が10年です。しかしトタン外壁には10年たたずに劣化がおきることがあります。トタンの元は鉄の板ですから、塗料が劣化するとたちまち錆びてしまうのです。そこで、10年たたなくても劣化症状が目に見えて現れるようなら、それがメンテナンスのサイン。まだ10年もたってないし…と思わず、早急に対処しましょう。

まとめると…
  • トタン外壁の耐用年数は10年~20年。ただし塗料の質による
  • トタン外壁の塗り替え目安は10年、張り替えは20年
  • 耐用年数内でも劣化があればメンテナンスが必要

トタン外壁のメンテナンスを検討すべき症状とは?

トタン外壁のメンテナンス症状しかし「劣化」とはいっても、何をもってして劣化というのか…素人には分かりにくいもの。メンテナンスが必要な劣化にも様々な症状があるので、今から紹介する症状に注意してみてくださいね。

錆が発生している

まず、一番表れやすいトタン外壁の劣化は「錆」です。トタン外壁に錆はつきもの。もちろん錆びないようにコーティングをほどこされている建材ですが、鉄以外の建材に比べるとどうしても錆びやすいのです。小さな錆なら業者に頼まず自分でもできるので、目で見る点検+早めの対処が重要になってきます。

塗装がひび割れている

塗装のひび割れは、塗っている塗料の劣化が原因で起こります。錆は雨など水分が原因で発生しますが、塗料の劣化は紫外線で起こります。日当たりが良い家は理想的ですが、日差しが強すぎると塗料のヒビの原因に。ヒビが入るとそこから雨水が侵入し、中のトタンに触れてしまうので錆が発生しやすくなります。錆が一番厄介ですから、塗料のヒビには早めに再塗装を検討しましょう。

塗装が剥がれている

塗装のヒビがひどくなると塗装が剥がれてきます。ヒビどころか塗装が剥がれてしまうと直接トタンに雨水がついてしまうので、錆の発生は避けられません。早急に補修が必要な劣化症状です。

トタンが破損している

外壁に物があたって破損してしまうなど、トタンそのものが破損している場合は塗装の問題ではないので、張り替えが必要です。しかしトタン外壁を張り替えになると大掛かりな修理になってしまいますよね。しかし破損している箇所が一部だけの場合は、全体のトタンを張り替える必要はありません。トタン外壁なら破損している部分だけを張り替えることもできるので、業者に相談してみましょう。全体的に劣化しているわけではないのであれば、部分補修の方が費用が安く済みますよね。

メンテナンスが必要な劣化症状
錆・塗装のひび・塗装の剥がれ・トタンの破損…など

トタン外壁のメンテナンス方法と費用

トタン外壁の メンテナンス費用外壁は家を支える重要なパーツ。家の強度を左右してしまうので、トタン外壁のメンテナンスはしっかりと行いたいもの!ではトタン外壁にはどのようなメンテナンス方法があるのか、また気になる費用はおいくらぐらいなのかみていきましょう。

外壁塗装

塗料まず、トタン外壁のメンテナンスの一つが「外壁塗装」です。メンテナンスの外壁塗装とは、名前の通りトタンの表面を塗りなおすことを指します。特にトタン外壁は水に弱いので、塗装の劣化は家の寿命にかかわりますよね。外壁塗装の費用は、使う塗料・塗る面積によって変わってきますが、目安はだいたい70万円~100万円として予算を考えておくとよいでしょう。ただし費用を安く抑えたいからといって、安い塗料をお願いするのはNG!結局すぐに劣化してしまい、次のメンテナンス時期が早まってしまうだけです。これではかえって高くついてしまいますよね。表面上の費用に飛びつかないことが大切です。

外壁の張替え

つぎに、トタン外壁の張り替えという方法があります。トタン外壁の再塗装では解決しない場合には、外壁そのものを張り替えるメンテナンスになります。たとえばトタン外壁に穴が開いている場合や、トタンそのものが変形してしまっている場合などは塗装で対応できないので張り替えしなければいけません。家の外壁をすべて張り替えるので、費用は外壁塗装よりも高く200万円ほど。外壁塗装と比べると費用が2倍近く変わってきます。

トタン外壁のカバー工法は不可能?

外壁重ね張り(カバー工法)と張り替えの違いトタン外壁には「塗り替え」と「張り替え」以外に、カバー工法も一つのメンテナンス方法です。ただしトタン外壁のメンテナンスでカバー工法をすることは、あまりありません。カバー工法とは、傷んだトタン外壁の上から重ねて外壁を張っていくメンテナンスのことです。これは元々の外壁の傷みを補修しているわけではないのであくまで一時的な処置になります。

張り替えと違い、カバー工法の方が施工日数が短いため費用も安いのですが、根本的な問題が解決できないため家の強度が保証できません。それに加え、既存の外壁の上から新しい外壁で囲ってしまうので、外壁の重量が増え家の負担になってしまいます。これでは家の耐久性が落ちてしまいますから、あまりトタン外壁のカバー工法はおすすめできないというわけなのです。

まとめると…
  • トタンの外壁塗装費用は70万円~100万円程度
  • トタン外壁の張り替え費用は200万円前後
  • カバー工法はおすすめしない

トタンの外壁塗装を業者に頼むべき理由とは?

トタンの外壁塗装は業者がおすすめトタンの外壁塗装は、自分でもDIYできる作業です。そのため自分でDIY塗装する人も多いのですが、トタン外壁の塗装に関しては業者に頼む方が実はおすすめ!「自分でもできるのに、どうしてわざわざ業者に?」と疑問に思う方のために、業者に依頼する方が良い理由を紹介します。DIYしたい人は、これらの理由をよく理解したうえで自己責任で行ってくださいね。

高所での作業が危険

まず外壁の塗装には高所での作業が含まれます。高所での作業は慣れない素人には少々ハードルが高い作業です。うっかり足場から足を滑らせて転落でもすれば、大怪我は免れません。せっかく費用を浮かせようとして自分で塗装しているのに、入院費や怪我の治療費が発生してしまうのなら本末転倒ですよね。自己責任ですから、当然誰もあなたの怪我のことを保障してくれません。部分的な塗装ならよいのですが、高所での作業が含まれる場合は怪我の危険性から業者に依頼する方がおすすめなのです。

錆の対策が難しい

トタン外装の塗装には、錆の対策が不可欠です。塗装をするときは元々の塗装が劣化しているからですよね?それならなおさら錆対策をしっかりとしておかなければいけません!まず、錆の部分をしっかりとケレン(錆を研磨して落とす作業のこと)しないといけないのですが、素人にはこのケレンがなかなか難しいのです。なぜならケレンは元の素地が見えるところまでしっかりと研磨する必要があるからです。

業者なら専用の器具を使ってケレンしますが、素人ではそうもいきません。また錆がしっかりとれたと思っても、プロの目から見るとまだ甘い!と思われる仕上がりになっていることも往々にしてあります。中途半端な錆取りでは、根本的な問題が解決しないためせっかく塗ってもあっという間にまた劣化する結果に…。それに加え、錆止めを使う場合や下塗りだけでよい場合など正しい状況判断もやはりプロではないと難しですね。

工期が短縮できる

トタン外装の再塗装を業者にお願いした方が良い3つ目の理由は、工期の短縮です。素人が1人でコツコツと作業をするには限界がありますよね。これにはかなりの日数がかかります。下塗りから上塗りまで、工程の一つ一つが終わるとしっかりと乾かす時間も必要になるので、途中雨でも降られたら延長に次ぐ延長です。業者に依頼すると、まず作業を数人で行うこと、長年培った経験から手早くきれいに作業ができるという点から、DIYよりも工期をかなり短縮できます。

このように、怪我のリスク・錆対策のリスク・日数のリスクを考えると、業者に依頼する方が仕事が丁寧で安くつくのでプロにお願いする方がおすすめなのです。

まとめると…
  • トタン外壁塗装は怪我のリスクが高い
  • 素人では錆対策が難しい
  • 業者なら短期間できれいに仕上がる

トタン外装はメンテナンスが命!

トタンは軽くて頑丈で、しかも安いという3拍子揃った外壁材です。その一方鉄でできているために錆やすいというデメリットもあり、日ごろのメンテナンスが欠かせません。トタン外壁の近くには錆びやすい物(自転車や金属類)を置かないようにし、定期的にメンテナンスを行いましょう。外壁は家を守る鎧のようなもの。しっかりと点検して、家そのものが劣化しないようにうまくトタン外壁と付き合ってくださいね。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami