パーフェクトトップの評判と人気色を紹介!価格やメリット・デメリットについても解説

外壁用塗料【パーフェクトトップ】の価格と評判!特徴やメリット・デメリットも紹介

パーフェクトトップは日本ペイント(ニッペ)が販売しているラジカル塗料です。2012年に販売され、現在では販売実績が60万棟を超えており、外壁塗装の塗料の中でも高い人気があります。

しかし、パーフェクトトップって実際、どんな塗料なのかわからない方はいるのではないでしょうか。そこで当記事では、パーフェクトトップの評判やメリット・デメリットについて詳しく紹介しています。

人気の色や価格、耐用年数についても記載しているので、パーフェクトトップで外壁を塗装しよう考えている方はぜひ参考にしてください。

パーフェクトトップってどんな塗料?

戸建て60万棟の販売実績がある人気の塗料

戸建て60万棟の販売実績

引用:日本ペイント

パーフェクトトップは、シリーズ累計戸建て60万棟の販売実績がある塗料です。高い耐久性でメンテナンス費用が安い、カラーバリエーションが豊富でつやがキレイなど、様々なメリットがあり、多くのユーザーから人気を集めています。

塗装費用もシリコンやフッ素など、他の塗料と大きな差はなく、価格がリーズナブルな点も魅力の1つです。メンテナンス費用を抑えたい、つやがキレイな外壁にしたいという方は、パーフェクトトップをおすすめします。

ラジカル制御で長持ちする

パーフェクトトップのラジカル制御技術の仕組み

引用:日本ペイント

パーフェクトトップは、「ラジカル制御」により劣化しにくい塗料です。ラジカルとは、原子や分子が足りない電子を奪い合う化学反応で、塗料内で発生すると塗膜の主成分である樹脂を分解してしまうので、劣化現象が起きます。

一般的な塗料だと、紫外線の刺激によりラジカルが発生し劣化しますが、パーフェクトトップには、ラジカルの発生と動きを封じる「高耐候酸化チタン」と、ラジカルを抑え込む「光安定剤」が使われているため、劣化しにくいです。

パーフェクトトップの5つのメリット

パーフェクトトップの5つのメリット

  1. コストパフォーマンスが高い
  2. 汚れに強くキレイな外観を保てる
  3. 美しいつやを実現できる
  4. 対応している外壁の種類が多い
  5. カラーバリエーションが豊富

1.コストパフォーマンスが高い

パーフェクトトップは、コストパフォーマンスに優れた塗料です。ラジカル制御技術により、値段の高い主剤を使わずに耐久性を上げているため、シリコン以上、フッ素未満とリーズナブルな価格で提供されています。

また、パーフェクトトップは1液型の水性塗料です。乾くのが早く塗りやすい特徴を持つので、業者の方も作業しやすく、手ごろな価格で塗装できる点もコスパの向上に繋がっています。

2.汚れに強くキレイな外観を保てる

パーフェクトトップは、汚れに強くキレイな外観を保てる塗料です。親水化技術により、外壁の表面が水になじみやすくなり、外壁についた汚れを雨や水洗いで一気に落とせます。

防藻・防かび機能もあるので、藻やカビの発生も抑制できます。オプションで強力防かびタイプも選択できるので、湿気が多い地域の方におすすめです。

3.美しいつやを実現できる

パーフェクトトップは、美しいつやを実現できる点もメリットです。パーフェクトトップには、塗膜の隙間を埋める成分が配合されています。そのため、塗装後、表面に凹凸ができず、キレイな光沢が生まれます。

また、「3分つや」や「つや消し」など、塗料の光沢を減らせば、つやの調整も可能です。光沢を減らすとマットな印象を与えられるため、落ち着いた雰囲気にしたい方におすすめです。

4.対応している外壁の種類が多い

パーフェクトトップは、対応している外壁の種類が多く、ほぼ全ての外壁に使用できる点もメリットです。

古い住宅に多く見られるモルタル外壁から、近代的な住宅に多いサイディング外壁まで、住宅であれば問題なく使用できます。ただし、鉄骨などの鋼構造物の建物のみ、相性が悪いです。

5.カラーバリエーションが豊富

パーフェクトトップは、カラーバリエーションが豊富です。標準色は47色と、ラジカル制御塗料の中でも、トップクラスのカラーバリエションを誇ります。

全体的に淡い色が多いため、落ち着いたカラーの外壁にしたい方におすすめです。

パーフェクトトップの3つのデメリット

パーフェクトトップの3つのデメリット

  1. 耐用年数の実績が少ない
  2. 濃い色は向かない
  3. 下塗り塗料もセットで必要

1.耐用年数の実績が少ない

パーフェクトトップは耐用年数の実績が少ない塗料です。発売開始が2012年なので、長くても10年ほどしか実用されていません。耐用年数は10~15年と設定されているため、実績については経過観察中です

そのため、耐用年数の実績が15年以上の塗料を求めている方にはおすすめできません。ただし、パーフェクトトップは日本で初めて発売されたラジカル制御塗料なので、ラジカル制御塗料の中では一番の実績があります。

2.濃い色は向かない

向かない濃いカラーの例

パーフェクトトップは、原色や濃い色の場合、ラジカル制御による効果があまり得られないのがデメリットです。濃い色だと、ラジカル制御の根幹となる「高耐候酸化チタン」の分量が減ります。

高耐候酸化チタンの分量が減ると、紫外線の影響で塗料に化学反応が起き、チョーキングやひび割れといった劣化現象が生じます。塗料を長持ちさせたい場合は、なるべく薄い色のパーフェクトトップを選びましょう。

3.下塗りもセットで必要

パーフェクトトップで外壁塗装を行う場合、下塗りもセットで揃える必要があります。下塗りには上塗りの性能を発揮させる役割があり、同シリーズの下塗りを使うことで、パーフェクトトップの劣化のしにくさを最大限活かせます。

反対にパーフェクトシリーズ以外の下塗りで塗装すると、うまく発色しない、短い期間で剥がれるといったデメリットが発生する可能性があるため、下塗りもパーフェクトシリーズで揃えるのが大事です。

パーフェクトトップのカラーとつや感

カラーバリエーションは現在47色

パーフェクトトップの標準色一覧

引用:日本ペイント

パーフェクトトップの標準色は現在47色です。ラジカル制御塗料の中でもカラーバリエーションが豊富です。

全体的に淡い色が多く、同じグレーやベージュ系でも細かな色味の違いを選べます。星印がついている濃いカラーは材料が割高です。

パーフェクトトップのつやの種類

名称 光沢度 特徴
つや有り 70%以上 塗った後はどこから見てもツヤツヤとした印象
7分つや有り 60%前後 曇りの日など、天気によってはツヤが目立たなくなる
5分つや有り 35%前後 つや有りとつや消しの中間程度で、落ち着いたつや感
3分つや有り 15%前後 天気の良い日に見る角度によってつやが分かる程度
つや消し 5%以下 ほぼつやが無い状態。完全なマットではなく若干は残る

パーフェクトトップのつや感は光沢の調整ができるため、光沢を持たせたい人と消したい人の両方の要望に答えられます。

さらに、とことん光沢を無くしたい方は、パーフェクトシリーズの「パーフェクトトゥルーマット」という塗料で完全なつや消しが可能です。

パーフェクトトップの人気色と施工例

順位 色の名前
1位 ベージュクリーム ベージュ(クリーム)
2位 ホワイト ホワイト
3位 ブラウン ブラウン

日本ペイントが公式HPで紹介している施工例の中で、多く使われている人気の色について紹介しています。街並みや周囲の環境によって合う色が変わるので、色で悩んでいる方は、塗装業者の方に相談しましょう。

人気色1位:ベージュ(クリーム)

ベージュクリーム

引用:日本ペイント

パーフェクトトップの人気色1位は、ベージュ(クリーム)です。ベージュは柔らかな印象を与え、落ち着いた雰囲気にできます。土の色がベースになっているので、周囲から浮くことなく自然に馴染みやすいです。

ベージュは淡いトーンの色と組み合わせると統一感が出ます。特にブラウンと合わせるのが王道で、高級感や上品な雰囲気を演出できます。

人気色2位:ホワイト

ホワイト

引用:日本ペイント

パーフェクトトップの人気色2位は、ホワイトです。膨張色である白は家を大きく見せ、高級感を出せます。白は明るく、爽やかな印象を与え、どんな色とも相性の良い万能カラーです。

黒やグレーと合わせてモードでスタイリッシュな印象に仕上げたり、ブラウンやベージュと合わせて柔らかい雰囲気に仕上げられます。

人気色3位:ブラウン

ブラウン

引用:日本ペイント

パーフェクトトップの人気色3位は、ブラウンです。温かみがあり、上品で落ち着いた雰囲気に仕上がります。落ち着いた色味は、飽きがきにくく、汚れも目立ちにくいです。

ブラウンは外壁の定番色ベージュとも相性がよく、ぼんやりしがちなベージュの引き締め役としても活躍します。

パーフェクトトップを実際に使った人の口コミ・評判

パーフェクトトップの口コミ・評判

パーフェクトトップの口コミ・評判
シリコン系塗料よりも優れた塗膜が形成でき、仕上がりも綺麗ですし、それが長く続きます。​
シリコン系塗料よりもやや高いですが、フッ素系塗料よりも安い価格なので、選びやすいです。
あまり安いものも、高いものも怖いので、ちょうどいい価格帯だと思います。​​
耐久性が格段に高く、塗ったときのつやが長続きするので、コスパに優れていると思います。
登場して間もない塗料なので、実績があまりなく、担当してもらった業者さんもあまり経験がないようだったので、少し不安でした。
不安な方は、業者さんに経験があるか確認してみるのは大事かもしれません。

パーフェクトトップと相性が良い建物と外壁

住宅や施設との相性が良い

主な相性が良い建物

  • 戸建住宅
  • マンション
  • 教育施設
  • 病院
  • オフィス
  • 商業施設
  • ホテル
  • 工場
  • 倉庫 等

パーフェクトトップは、戸建て住宅やマンション、教育施設などと相性が良いです。特に、モルタルやサイディングは人が住む住宅やマンションをメインに使用されています。

しかし、鉄骨などで作られている鋼構造物の建物はパーフェクトトップでの塗装は向いていません。建物に塗装できるかどうか気になった方は、塗装業者の方に相談してみましょう。

相性が良い外壁材

主な相性が良い外壁材

  • モルタル
  • 窯業系サイディング
  • 金属系サイディング
  • アルミ
  • コンクリート
  • ALCパネル
  • 鉄部
  • 木部
  • FRP
  • 亜鉛めっき 等

パーフェクトトップは、モルタルや窯業系サイディング、コンクリートなどほとんどの外壁材と相性が良いです。

現在、多くの住宅で使用されているサイディングから、比較的古い住宅に多いモルタル外壁まで、問題なく使用できます。

パーフェクトトップの耐用年数は15年

パーフェクトトップの促進耐候性試験グラフ

引用:日本ペイント

パーフェクトトップの耐用年数は、10~15年程度と言われています。パーフェクトトップは発売からまだ10年しか経っていないので、15年はあくまでも実験からの推測です。

促進耐候性試験の結果では、3,000時間で光沢保持率が約85%まで低下しました。試験環境での250時間が実際の環境での約10年間に相当するので、12年間で85%の状態まで、つやが無くなり劣化が進んだということになります。

パーフェクトトップは、日本ペイントのシリコン塗料と耐久性が高く、同じくらいの価格で購入できるので、パーフェクトトップの方がコスパが良くおすすめです。

促進耐候性試験とは

促進耐候性試験とは、塗料の耐用年数を調べるために各メーカーが行っている試験です。人工的に太陽光や紫外線、風雨などを再現し、塗膜がどれだけ色褪せずにつやを保持できるか確かめます。

中でもキセノンランプ式の試験はメーカー独自ではなく、JIS規格に則っているので信頼性が高く、塗料を同じ基準で比較できます。

パーフェクトトップの価格相場

パーフェクトトップの価格相場

ほっとらいんで実際に塗装した人の平均単価
塗装面積1㎡あたり
(下塗り、上塗り二回の合計)
2,362円/㎡

ほっとらいんで実際に塗装した人の平均単価は2,362円です。ほっとらいんで依頼すれば、メーカーの設計価格の3,890円~よりも下回った価格で施工できます。

パーフェクトトップの塗装を考えている方は、ほっとらいんでの見積もりを取ってみてください。

実際の相場を知って適正価格で塗装する

延床面積 工事総額の平均相場
25坪(約83㎡) 669,000円~756,000円
30坪(約100㎡) 806,000円~914,000円
40坪(約130㎡) 1,048,000円~1,188,000円
50坪(約165㎡) 1,330,000円~15,000,000円

実際の塗装費用は、塗装面積によって変動します。延床面積が同じでも家の形状などによって塗装面積と工事金額は変わります。外壁塗装をする場合は、自分の家の塗装の見積もりを取りましょう

外壁塗装は、業者によって費用がバラバラなので、お金をだまし取られるケースが多発しています。

実際の塗装費用は、延床面積が同じでも家の形状などによって、塗装面積と工事金額は変わるので、複数の業者と相見積もりを取って適正価格で塗装してもらいましょう。

パーフェクトトップと他の塗料を徹底比較!

パーフェクトトップVS他の塗料

パーフェクトシリーズとの比較

塗料名 パーフェクトトップパーフェクトトップ ファインパーフェクトトップファイン
パーフェクトトップ
パーフェクトトップローズパーフェクトトップ
ローズ
パーフェクトトゥルーマットパーフェクト
トゥルーマット
パーフェクトセラミックトップGパーフェクト
セラミックトップG
機能 ラジカル制御
高作業性
低汚染性
防藻・防かび
高光沢
ラジカル制御
高作業性
低汚染性
防藻・防かび
高レベリング性
ラジカル制御
高耐候性
低汚染性
防藻・防かび
透湿性
バラの香り
ラジカル制御
高耐候性
低汚染性
防藻・防かび
透湿性
完全つや消し
ラジカル制御
超高耐候性
超低汚染性
防藻・防かび
透湿性
難燃性
液型 水性1液型 弱溶剤系1液型 水性1液型 水性1液型 水性2液型
価格相場 4,370円~/㎡ 3,790円~/㎡ 3,410円~/㎡ 3,550円~/㎡ 4,860円~/㎡
光沢保持率
(3,000時間後)
約85% 不明 不明 光沢無し 約95%
つや つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つや消し
つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つや消し
つや消し つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つや消し

パーフェクトトップと、ファインパーフェクトトップなどのパーフェクトシリーズを比較した結果、自分の要望に合った塗料を選ぶのがおすすめです。

ファインパーフェクトトップは、弱溶剤系の塗料なので錆びやすい鉄部などの箇所でも問題無く塗れたり、パーフェクトトゥルーマットはつやを消したい方におすすめなど、塗料によって機能や使用する場所が異なります。

自分がどういった要望で、外壁を塗装したいのかを塗装業者の方に伝えて最適な塗料を選びましょう。

他のラジカル系塗料との比較

塗料名 パーフェクトトップパーフェクトトップ アレスダイナミックTOPアレスダイナミックTOP エスケープレミアムシリコンエスケープレミアムシリコン
メーカー 日本ペイント 関西ペイント エスケー化研
発売年 2012年 2016年 2014年
主剤 アクリル シリコン シリコン
機能 ラジカル制御
高作業性
低汚染性
防藻・防かび
高光沢
ラジカル制御
高作業性
超低汚染
防藻・防かび
高密着
ラジカル制御
高作業性
低汚染性
防藻・防かび
高光沢
種類 水性1液型 水性1液型 水性1液型
価格相場 4,370円~/㎡ 情報なし 4,370円~/㎡
光沢保持率
(3,000時間後)
約85% 約95% 約95%
標準色数 47色 35色 46色
つや つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つや消し
つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つや消し
つやあり
5分つや
3分つや
つや消し
特徴 ・親水化で雨だれ汚染から守る ・雨や高湿度でも施工可能 ・濃彩色のラインナップが多い

パーフェクトトップと同じラジカル制御型塗料と比較した結果、エスケープレミアムシリコンとアレスダイナミックTOPの方が性能が高くなっています。

理由としては、エスケープレミアムシリコンとアレスダイナミックTOPは、アクリルよりも性能の高いシリコンが使われているので、パーフェクトトップよりも耐久性や機能面で優れています。

そのため、塗膜の耐久性を調べる耐候性試験では、パーフェクトトップよりも良い結果となっています。塗料の耐久性や機能を重視する方は、エスケープレミアムシリコンとアレスダイナミックTOPがおすすめです。

日本ペイントの人気塗料との比較

塗料名 パーフェクトトップパーフェクトトップ ファイン4Fセラミックファイン4Fセラミック 水性シリコンセラUV水性シリコンセラUV
発売年 2012年 2014年 2016年
主剤 アクリル フッ素 シリコン
機能 ラジカル制御
高作業性
低汚染性
防藻・防かび
高光沢
超低汚染性
超高耐久
耐薬品性
難燃性
高作業性
低汚染性
種類 水性1液型 弱溶剤系2液型 水性1液型
価格相場 4,370円~/㎡ 5,530円~/㎡ 3,840円~/㎡
光沢保持率
(3,000時間後)
約85% 約90% データなし
標準色数 47色 47色 28色
つや つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つや消し
つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つやあり
7分つや
5分つや
3分つや
つや消し
特徴 ・フッ素塗料より低価格で高耐久
・親水化で雨だれ汚染から守る
・フッ素樹脂で耐候性が高い
・弱溶剤系でシンナーの臭いがある
・低価格で10年前後の耐久性がある
・鉄部、木部には使えない

パーフェクトトップと日本ペイントが販売している人気の高い塗料と比較した結果、「ファイン4Fセラミック」は耐久性が高く「水性シリコンセラUV」は低価格で購入できる点がメリットです。

ファイン4Fセラミックは、フッ素樹脂という高性能の樹脂を使用しており、パーフェクトトップと水性シリコンセラUVに比べ耐久性や耐汚染性に優れています。価格が高くても耐久性を重視したい方におすすめです。

お手頃な価格である程度の耐久性を備えている塗料を選びたい方は、水性シリコンセラUVを選びましょう。低価格で10年前後は持つので、定期的にメンテナンスを行いたい方にはピッタリです。

パーフェクトトップ関連のよくある質問

パーフェクトトップの希釈率は?

パーフェクトトップの希釈率は公式HPによると3〜5%となっています。はけやウールローラーでの1㎡の使用量は0.11〜0.17kgで塗装が行われます。

パーフェクトトップのおすすめの色の組み合わせは?

パーフェクトトップの色の組み合わせは、ベージュ(ND-104)とブラウン(ND-342)がおすすめです。ベージュとブラウンのツートンカラーは、外壁の中でも人気の組み合わせなので、おしゃれな建物にできます。

ファインパーフェクトトップの耐用年数は?

ファインパーフェクトトップの耐用年数は15年です。パーフェクトトップと同様にラジカル制御で塗装が劣化しにくく、長持ちしやすいです。

パーフェクトトップはコスパ重視の人におすすめ

パーフェクトトップは、価格を抑えつつも、ラジカル制御技術により耐候性が高い塗料なので、コスパ重視で塗料を選びたい方におすすめです。

2012年に販売を開始し、販売実績が戸建て60万棟を超えているので、実績と人気も十分あり信頼できます。

ただし、似たようなラジカル塗料が他のメーカーからも出ているので、複数の業者で見積もりを取り、自分の要望に合った塗装業者を選びましょう。

外壁塗装 あなたの地域の相場はいくら? ▶▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami