tel: 0120-124-775
logo
tel: 0120-124-775

屋根材の種類と特徴を徹底解説!【完全版】主なメーカー&商品も紹介

屋根材にはサイディングや瓦など、様々な種類があります。屋根材は種類ごとに特徴やメリット・デメリットが異なるので、目的に合った建材を使用することが大切です。

では、それぞれの屋根材にはどのような特徴があるのでしょうか。今回の記事では、屋根材ごとに異なる特徴や、メリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

屋根材の種類やその違いについて知りたい方は、ぜひご一読ください!

この記事でわかること
  • 屋根材を選ぶときに気を付けるポイント
  • 屋根材の種類の特徴やメリット・デメリット
  • 屋根材の比較やおすすめの屋根材・メーカーの紹介

屋根材の基礎知識

屋根材の基礎知識
屋根材とは屋根に使用する建材です。屋根材は目的に合ったものを選ぶことが大切です。それでは、どのような選び方が良いのでしょうか。

ここでは屋根材の選び方や、主な種類についてお伝えしていきます。

屋根材選びは重要

屋根材は屋根に使用する建材で、高い耐久性が必要とされます。屋根材の素材には様々な種類があり、素材やその特徴によってメリット・デメリットが異なるため、目的に合った特徴のある屋根材を選ぶことが大切です。

また、屋根材によって耐用年数や価格が大きく異なるため、不必要なほど高性能な材質を選んでしまうと、費用が無駄になるおそれがあります。費用と性能のバランスを考慮して使用する屋根材を決めてください。

屋根材は主に4種類

屋根材には様々な種類があります。主な屋根材はスレート、金属、瓦、アスファルトシングルの4種類です。

スレートは、天然の岩やセメントで作る薄い板状の屋根材、金属は金属素材で作られている屋根材です。また、瓦は、粘土やセメント、コンクリートで作る厚みのある重い屋根材で、アスファルトシングルは、ガラス繊維にアスファルトを含ませて砂などを付着させたシート状の薄い屋根材です。

まとめると…
  • 屋根材は目的に合った特徴の素材や価格を選ぶことが大切
  • 屋根材はスレート、金属、瓦、アスファルトシングルの主に4種類がある

屋根材を選ぶ際に確認すべきこと

屋根材を選ぶ際に確認すべきこと
屋根材は、種類ごとに特徴や耐用年数などが異なります。どのような点に気を付けて屋根材を選べば良いのでしょうか。

ここでは、屋根材を選ぶ際に気を付けるべきポイントについてお伝えしていきます。

耐用年数

耐用年数とは、一般的な環境でどれぐらい建材がもつかという期間のことです。屋根材によって耐久性が異なるため、耐用年数もバラバラで、さらには環境によっても耐用年数の長短が変わってきます。

短くて10年ほど、長ければ50年を超えるので、どの程度の耐用年数が必要なのかを考えて屋根材を決めることが大切です。

また、耐用年数が長いほど価格も高くなる傾向があるので、希望価格とのバランスも考慮する必要があります。

価格

価格
屋根材の種類によって、価格にも大きな違いがあります。金属やスレートはおおむね安価なので、多くの住宅で使用されており、シェア率も高い屋根材です。

ただし、同じスレートでも銅やステンレスなど、一部の金属が素材となっている屋根材は高額になります。また瓦や木質系のサイディングなど、種類や素材によっては高額なこともあります。

屋根塗装に必要な費用相場については、こちらの記事で詳しくご紹介しています。
「屋根塗装の単価」費用・相場をくわしく解説!【屋根材別・坪別】

重さ

重量も屋根材の種類によって大きく異なります。

アスファルトシングルや金属系の屋根材は、一般的に、軽量なものが多くなっています。

粘度を焼き固めた瓦は重量があり、建物全体の重量がかなり増します。

建物の耐震性は建物全体が軽いほど高くなるため、重い屋根材を使用するときは耐震性のことも考慮しながら決めていくと良いでしょう。

デザイン

デザインで選ぶ
選べるデザインやカラーの幅も、屋根材の種類によって異なります。

アスファルトシングルと瓦はデザイン性が高く、スレートも窯業系のものは様々なデザインがあり、デザインにこだわりたい場合によく選ばれる屋根材です。

金属系の屋根材は素材が金属ということもあり、選べるデザインは少ない傾向にあります。ただし、近年では金属系の屋根材であっても、様々なデザインから選べる商品も販売されています。

耐火性

耐火性能で言うと、瓦が一番耐火性が高い屋根材です。耐火性能は燃える素材が多いほど低くなっていくので、繊維が多く含まれるアスファルトシングルは耐火性が低いという特徴があります。

周辺に建物が密集している、木造建築が多いなどの住宅環境の場合は、耐火性を考慮して屋根材を選んでも良いでしょう。ただし、重量の問題で耐震性が低下することもあるので、バランスを考慮しながら決めていくことも大切です。

耐熱性

耐熱性とは、熱が内部にどれぐらい伝わりやすいかという基準です。耐熱性が高いほど内部の温度を保ちやすくなり、また外部からの熱の影響を受けにくくなります。

耐熱性が一番高い屋根材は瓦で、アスファルトシングルは耐火性能に加えて耐熱性も低い傾向があります。夏の暑さがきつい地域や、冬の寒さが厳しい地域などでは、冷暖房の効率を上げるためにも、耐熱性のある屋根材を選ぶと良いでしょう。

普及率

屋根材は、普及率が高いほど工事や材料価格が安くなる傾向にあります。スレートや金属系の屋根材は価格が安く、性能とのバランスが良いので、普及率が高い屋根材です。

アスファルトシングルは安価ですが、性能面で劣ることが多い屋根材なので、普及率はあまり高くありません。

普及率が高い屋根材を選ぶことで、建材が入手しやすくなるだけでなく、施工会社も多くなり、業者をたくさんの選択肢の中から選ぶことができます。

メンテナンス性</耐熱性h3>
屋根材は定期的にメンテナンスが必要です。どの程度メンテナンスが必要かは、建材の種類によって異なり、メンテナンスの頻度は低い方がコストを抑えられます。

瓦はほとんどメンテナンスの必要がないので、初期費用は高いものの、メンテナンスコストを抑えることができます。瓦以外の屋根材は塗装の塗り替えなど、定期的なメンテナンスが必要となります。

確認する項目 ポイント
耐用年数 素材により異なる

耐用年数が長い方が価格が高くなる傾向

価格 素材により異なる

予算に合った価格帯を選ぶことが大切

重さ 素材により異なる

重量が大きいと建物の耐震性が低下する

一番重量があるのは瓦、軽いのはアスファルトシングル

デザイン 素材によってデザインの幅が異なる

デザインにこだわりたい場合は選択肢が多い素材を

デザインの幅が広いのが窯業系スレート、低いのは瓦

耐火性 高いのは瓦、低いのはアスファルトシングル
耐熱性 番高いのは瓦、低いのはアスファルトシングル
普及率 普及率が高いと入手しやすく施工も依頼しやすい

普及率が高いのは窯業系スレート、次いで金属系

メンテナンス性 メンテナンスが少なくすむのが瓦

ほかは定期メンテナンスが必要

「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

屋根材の種類と特徴①スレート系

屋根材の種類と特徴①スレート系
スレートは普及率が一番高い屋根材です。スレートにはどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、スレートの主な特徴や価格、主な種類などについてお伝えしていきます。

価格は1平方メートルあたりの相場をお伝えするものです。

人工スレート

スレート屋根
人工スレートは、人工的に素材を合成して作ったスレート材です。セメントを材料とした窯業系や、金属素材からできた金属系などの種類があります。

価格は1平方メートルあたり、4,500円から8,000円。耐用年数は20年から30年のものが一般的です。主なメリットは初期費用が安く施工しやすいという点で、デメリットはメンテナンス頻度が高くメンテナンスのコストが高いという点です。

天然スレート

天然スレートとは、天然の石や木材を使って作られたスレート材です。人工のスレートよりも材料単価は高めですが、自然の風合いを出せるなど外観に高級感を持たせることができます。

価格は1平方メートルあたり8,000円程度で、耐用年数はおおむね20年から40年です。主なメリットは、人工スレートよりもデザイン性が高く雰囲気のある屋根に仕上げられるということ、一方デメリットは人工スレートよりも価格が高いということです。

まとめると…
  • 人工スレートは価格が安くて普及率も高く、施工しやすいがメンテナンス頻度が高い。
  • 天然スレートはデザイン性が高いが、価格が高くあまり普及していない

屋根材の種類と特徴②金属系

屋根材の種類と特徴②金属系
金属系の屋根材も多くの住宅で使用されています。金属系の屋根材にはどのような特徴があるのでしょうか。

ここでは、金属系の屋根材の特徴や価格、主な種類などについてお伝えしていきます。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、金属系の屋根材の中で最もポピュラーな屋根材です。価格は1平方メートルあたり6,000円から9,000円程度、耐用年数は一般的なもので30年程度と言われています。

主なメリットは、軽量で耐震性が高く、金属としては錆びにくいという点、一方デメリットは、傷が付きやすく、錆びにくくはあるが、錆びないわけではないという点です。

トタン

トタン
トタンはガルバリウム鋼板が人気となる前に多くの住宅で使用されていた屋根材です。価格は1平方メートルあたり4,000円から7,000円程度。アルミのグレードによっても価格や性能が異なります。

耐用年数はやや短めで、10年から20年ほどです。主なメリットは、屋根材のなかでも特に価格が安いということ、一方デメリットは耐久性が低いということです。

ただしアルミの種類によっては、耐久性が高く、錆びにくいものもあります。

銅板

銅板は金属系の屋根材の中でも高価な屋根材です。価格は1平方メートルあたり20,000円程度で、ガルバリウム鋼板と比べても倍以上の価格です。耐用年数も長く60年以上と言われています。

主なメリットは、耐用年数が長いことと、たとえ錆びても耐用年数が落ちないということです。一方、デメリットは、価格が高く初期費用が高額になるということです。

ステンレス

ステンレスも金属系の屋根材の中では高価な部類に入ります。価格は1平方メートルあたり10,000円から14,000円程度、耐用年数は40年から50年ほどです。

主なメリットは、基本的に錆びないという点で、デメリットは価格が高く、高い技術力が必要なため施工できる業者が少ないという点です。

まとめると…
  • ガルバリウム鋼板は、価格も安く施工しやすいので普及率が高い
  • トタンは、価格が安いが耐用年数が低い
  • 銅板は、メンテナンスの頻度が少なく耐用年数も長いが、価格が高い
  • ステンレスもメンテナンスが少なく耐用年数が長めだが、高価格

屋根材の種類と特徴③瓦

屋根材の種類と特徴③瓦
日本で昔から使われたきた屋根材のひとつに、瓦があります。瓦にはどんな特徴があるのでしょうか。

ここでは、瓦の特徴や種類、価格などについてお伝えしていきます。

粘土瓦

瓦
粘度瓦は、日本で昔から使われてきた粘土を焼いて作った瓦です。価格は1平方メートルあたり、8,000円から12,000円ほど。耐用年数は長く、50年以上と言われています。

主なメリットは、メンテナンスが不要なのでメンテナンスコストがかからないということ、デメリットは、重量があるため建物の耐震性が低下するということです。

セメント瓦

セメント瓦はセメントを使って固めた瓦です。表面に塗装が必要になります。価格は1平方メートルあたり6,000円から8,000円と、粘土瓦よりも安価で、耐用年数は30年から40年ほどです。

主なメリットは、粘土瓦のように焼きムラがないという点で、デメリットは重量があるため耐震性が低下するところと、塗装などのメンテナンス頻度が高くコストがかかるという点です。

コンクリート瓦

コンクリート瓦は、セメント瓦と材料の配合が違いますが、形状や使用方法が違うだけで特徴にほとんど差はありません。価格もセメント瓦と同じく1平方メートルあたり、6,000円から8,000円。耐用年数は30年から40年です。

メリットもデメリットもセメント瓦とほぼ同じで、メリットは焼きムラがないという点、デメリットは重量が重い、メンテナンス頻度が高いという点です。

まとめると…
  • 粘度瓦はメンテナンス頻度が低く耐用年数も長いが、重くてデザインが少ない
  • セメント瓦、コンクリート瓦は価格が安いが、重量がありメンテナンス回数が多く、耐用年数もそれほど長くない。

屋根材の種類と特徴④アスファルトシングル

屋根材の種類と特徴④アスファルトシングル
近年はあまり使われていませんが、アスファルトシングルもかつては多くの住宅で使用されてきました。価格は1平方メートルあたり、6,000円から8,000円ほど。耐用年数は20年から30年ほどです。

主なメリットはデザイン性が高くて軽量であるという点です。一方、デメリットは軽量で薄いため、強い風が吹くと剥がれてしまうおそれがあるという点でしょう。

まとめると…
  • アスファルトシングルは軽量でデザインも幅広いが、耐用年数、耐久性が低いというデメリットがある。

屋根材を徹底比較!

屋根材を徹底比較!
屋根材ごとの特徴を以下に一覧表としてまとめました。それぞれの特徴を比べて、目的に合った建材を探してみてくださいね。

素材の種類 特徴
スレート 人工スレート:4,500~8,000円/㎡。耐用年数は20年から30年。

天然スレート:8,000円/㎡程度で、耐用年数はおおむね20年から40年。

金属 ガルバリウム鋼板:6,000~9,000円/㎡程度、耐用年数は一般的なもので30年程度。

トタン:4,000~7,000円/㎡程度。耐用年数はやや短めで、10年から20年ほど。

銅板:20,000円/㎡程度。耐用年数も長く60年以上。

ステンレス:10,000~14,000円/㎡程度、耐用年数は40年から50年ほど。

粘土瓦:8,000~12,000円/㎡ほど。耐用年数は、50年以上。

セメント瓦・コンクリート瓦:6,000~8,000円/㎡。耐用年数は30年から40年ほど。

アスファルトシングル 6,000~8,000円/㎡ほど。耐用年数は20年から30年ほど

屋根の形状別!おすすめの屋根材

屋根の形状別!おすすめの屋根材
屋根の形状によって、マッチする屋根材は変わってきます。では、どのような特徴の屋根に、どの屋根材が合うのでしょうか。

ここでは、屋根の形状ごとに向いている屋根材、向いていない屋根材をご紹介していきます。

急勾配(6寸勾配以上)

屋根の傾きいろいろ
勾配が6寸以上あるような屋根の場合は、雨水が一気に流れていくのでどのような屋根材を使用しても雨水がたまる心配がありません

そのため、スレートでも瓦でも使用することができます。

並勾配(約3~6寸勾配)

勾配が3から6寸程度の通常の屋根の場合は、瓦以外の屋根材が使用できます。瓦は4寸以上の勾配が必要なので、3寸の勾配の屋根には設置できません。

緩勾配(3寸勾配以下)

勾配が3寸以下の角度がゆるい屋根の場合は、金属系の屋根材のみおすすめできます。ほかの屋根材を使用すると、雨水がたまって雨漏りや劣化のリスクが高まります。

なお、金属系の屋根材を使用したとしても水が流れにくい場合は、錆びが発生しやすいので注意が必要です。

まとめると…
  • 勾配が6寸以上の屋根はすべての素材の屋根材を使うことができる。
  • 勾配が3から6寸程度の通常の屋根は瓦以外の屋根材が使用できる。
  • 勾配が3寸以下の角度がゆるい屋根の場合は金属系の屋根材がおすすめ。

屋根材を選ぶ際の注意点!

屋根材を選ぶ際の注意点!
屋根材を屋根に設置してもらうときには、業者に依頼する必要があります。では、どのような業者に依頼すると良いでしょうか。

ここでは、優良な業者を見分ける方法などについてお伝えしていきます。

業者選びは慎重に


業者を選ぶときは、複数の業者に見積もりを依頼して比較検討することが大切です。少なくとも3社以上に見積もりを取った方が、より正確に業者の質を判断することができます。

また、訪問営業してくるような業者は、詐欺や悪徳業者の可能性もあるので依頼しないようにしてください。質問をしたときの業者の対応も、優良業者かどうかを判断する目安になります。

保証を確認しておく

工事を業者に依頼すると、施工後の保証があるのが一般的です。保証がない業者は、悪徳業者の可能性があるので依頼するのを避けましょう。

また、保証期間があっても長すぎる保証期間の場合も注意が必要です。悪徳業者の場合、保証期間を長く設定していても、実際には保証がされないといったこともあります。

屋根の勾配に注意する

屋根の勾配が緩い、もしくは平らな屋根の場合は金属系の素材など使用できる屋根材が限られているので屋根材を選ぶときに気を付けましょう。

屋根に合わない屋根材を使用すると、水が流れずに建物の劣化を早める恐れがあります。

また、屋根が平らの場合は屋根材を使用せずに、防水処理を行う必要があります。屋根材の施工とは別になるので、別途工事を検討した方が良いでしょう。

耐震性も考慮する

耐震性
重量のある屋根材は建物の耐震性を下げてしまいます。建物の耐震性も考慮しながら、使用する屋根材を選ぶようにしましょう。

また建物の強度によっては、使用できない屋根材があります。カバー工法の場合は、既存の屋根の重さも考慮する必要があるので、軽量な屋根材を選ぶことが大切です。

まとめると…
  • 複数の業者から、見積もりを取って比較検討する。
  • 施工後のアフターサービスや保証をチェックして決める。
  • 屋根の勾配によって、使用できる屋根材が異なるので気を付ける。
  • 重量が上がると耐震性が低下するので注意する。

主な屋根材メーカーと商品を紹介!

主な屋根材メーカーと商品を紹介!
市場には多くの屋根材が販売されていますが、人気の定番商品もいくつかあります。

ここでは屋根材として人気のある定番の商品をご紹介していきます。

ケイミュー コロニアルグラッサ

ケイミュー株式会社の「コロニアルグラッサ」は、人気のある「コロニアル」シリーズのスレート材です。安価で高性能なので、多くの住宅で使用されています。

選べるデザインやカラーの幅も広いので、自宅の屋根の色を自由に決めたいという場合にもおすすめの屋根材です。

ニチハ 横暖ルーフα・プレミアムS

ニチハ株式会社の「横暖ルーフα・プレミアムS」は、ガルバリウム鋼板の人気商品の一つです。安価で耐久性が高く、錆びにくいという特徴があります。

ガルバリウム鋼板も様々な特徴の商品が出ているので、価格や機能のバランスを考慮しながら、目的に合った屋根材を選ぶと良いでしょう。

鶴弥 防災瓦エース

株式会社鶴弥の「防災瓦エース」は、人気の粘土瓦です。日本瓦の弱点である、耐震性や耐風性を強化した商品となっています。

粘度瓦を使っている住宅は少なくなっていますが、昔ながらの和風建築にはまだまだ欠かせない屋根材です。昔からの見た目を残しながら機能をアップさせたいときにも、おすすめの粘土瓦となっています。

旭ファイバーグラス リッジウェイ

旭ファイバーグラスの「リッジウェイ」は、アスファルトシングルの屋根材です。欧米の国々で利用されており、スレートの上からも貼ることができます。

建物の耐震性を上げたいときは、アスファルトシングルはピッタリの建材です。またカバー工法にも使いやすい素材なので、耐震性をあげつつメンテナンスを行いたい場合にも使いやすい屋根材でしょう。

まとめると…
  • ケイミューのコロニアルグラッサは安価で高性能なスレート材。
  • ニチハの横暖ルーフα・プレミアムSはガルバリウム鋼板の人気商品。
  • 鶴弥の防災瓦エースは耐震性耐風性を改善した人気の粘土瓦。
  • 旭ファイバーグラスのリッジウェイは欧米で多く利用されているアスファルトシングル材。

屋根材は目的に合った商品を選びましょう

屋根材は様々な種類があり、種類や素材によって特徴やメリット・デメリットが異なります。また価格も様々で、耐用年数も商品によって大きく違いがある建材です。

価格と機能のバランス、また耐震性能や防火性能などの性能などを総合的に判断して、目的に合った屋根材を選ぶようにしてください。また屋根の勾配や形状によっては、使用できない屋根材もあるので気を付けましょう。

目的に合った屋根材を選んで、満足度の高い屋根に仕上げてくださいね!

 

外壁塗装の費用についても気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
外壁塗装の費用相場が全てわかる!リフォーム価格の計算方法&注意点

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami