おすすめの屋根材はこれ!人気メーカー比較ランキング!

屋根材には様々な種類があり、メーカーも複数あります。数多くの商品があるので、どの屋根材を選べば良いのか迷ってしまいますよね。

今回の記事では、屋根材の主な種類や特徴、おすすめのメーカーやその商品などについてお伝えしていきます。屋根材に選びに悩んでいる方、屋根材について知りたい方はぜひご一読ください!

あなたの家に合う屋根材を選ぶ際に重要な3つのポイント

屋根材は素材などによって、特徴が違います。屋根材を選ぶときには、ニーズに合ったものを合うことが大切です。ここでは、屋根材を選ぶときに重要な3つのポイントをお伝えしていきます。

耐用年数

耐用年数とは、一般的な環境でどれぐらい建材がもつかという期間のことです。短くて10年ほど、長ければ50年を超える屋根材もあります。

耐久性が短い代表的な素材はトタン屋根、一方長い素材は日本瓦です。

デザイン

屋根材は、凹凸や形状、色や繋ぎ目など、屋根の素材によって大きく異なります。少なくともスレート、金属、アスファルトシングル、瓦屋根くらいは見比べたほうが良いでしょう。

価格

屋根材によって材料価格は2倍以上も違うことがあります。安い材料としてはスレートやトタン屋根、高い材料としては日本瓦があります。

屋根材の特徴・費用を種類別に解説

屋根材は素材ごとに特徴や費用が大きく異なります。ここでは、屋根材ごとの特徴や費用目安についてお伝えしていきます。

スレート系

国内でのシェア率がNo.1の人気の屋根材で色、デザインも豊富です。一般的によく使用されているのは化粧スレートですが、天然鉱物を使用した天然スレートもあります。

天然スレート

天然鉱物を薄い板状にした屋根材です。高級感があるが鉱石の希少性が高く価格も高価です。

化粧スレート

セメントと繊維質を薄い板状にした屋根材です。軽量で施工費用が安いため主流となっています。形状は「平型スレート」と「波型スレート」の2種類があります。

以下にスレートの種類ごとの価格と耐用年数をまとめました。

種類 価格 耐用年数
天然スレート 8,000円~/㎡ 20~40年
化粧スレート 4,500~8,000円/㎡ 20~30年

金属系

加工が自由で意匠性もあり、軽量で安価、雨漏りしにくい屋根材です。種類によっては錆びやすく、耐用年数に大きな違いがあります。

トタン

亜鉛メッキをほどこした金属素材です。耐久性が低く錆びやすいものの、非常に安価です。

ガルバリウム鋼板

アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%から成る、アルミ亜鉛合金めっき鋼板です。金属屋根材としては耐久性が非常に高いという特徴があります。

銅板

日本瓦に劣らないほどの耐久性を誇る金属素材です。酸性雨に弱いものの、施工がしっかりしていれば耐用年数は100年以上ともいわれています。

ステンレス

錆びにくいものの価格が高く、施工できる業者も限られています

以下の表は金属系の種類ごとの価格と耐用年数です。

種類 価格 耐用年数
トタン 4,000~7,000円/㎡程度 10~20年
ガルバリウム鋼板 6,000~9,000円/㎡程度 20~30年
銅板 20,000円/㎡程度 100年以上
ステンレス 10,000~14,000円/㎡程度 40~50年

瓦には、粘土やセメントを使用した瓦があります。粘土を使用した日本瓦に比べ、セメントを使用した瓦は安価で扱いやすいものの、現在需要は減っています。

粘土瓦

釉薬瓦・無釉瓦があり、日本瓦が代表的です。丈夫で、耐火性、断熱性に優れています。メンテナンスはほとんど必要ありません。

セメント瓦・コンクリート瓦

セメントが原料の瓦です。軽く、扱いやすいためかつては人気がありましたが、近年はメジャーではありません。

以下は、瓦の種類ごとの価格と耐用年数です。

種類 価格 耐用年数
粘土瓦 8,000~12,000円/㎡ 50~100年
セメント瓦・コンクリート瓦 6,000~8,000円/㎡ 30~40年

シングル屋根

シングル屋根(アスファルトシングル)は、アスファルトを使用した、日本では比較的新しい屋根材です。

軽量の柔らかいシート状屋根材なので扱いやすく、さまざまな形状の屋根に施工することができます。表面に石粒を施しているため色あせしにくく、傷やひび割れ、錆びつきの心配がありません。

値段は6,000~8,000円/㎡、耐用年数は20~30年ほどです。

結局どの屋根材がおすすめ?

屋根材は様々ですが、結局どの屋根材が一番良いのでしょうか。ここでは、ニーズに合わせたおすすめの屋根材をご紹介していきます。

近年の主流はガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板は、重さ、耐久性、コスパなど、どの観点においても優れていてバランスが良い屋根材です。メンテナンス代も比較的安く済むので定期的なメンテナンスを行えば長持ちします。

和風の家屋には日本瓦もおすすめ

日本瓦は、丈夫でメンテナンスの必要があまりない屋根材です。機能性だけでなく見た目の重厚感もあり、本格的な仕上がりとなります。

デザイン性を重視したいならスレート

スレートは金属屋根よりシェア率は落ちますが、まだまだ人気があります。ガルバリウム鋼板と比べ、色やデザインの種類が豊富なので、デザイン性を重視したい人におすすめの屋根材です。

屋根材の人気メーカーおすすめランキング

屋根材はメーカーによっても特徴が異なります。ここでは、人気のあるメーカーをランキング形式でご紹介していきます。

おすすめランキングの判断基準

おすすめランキングの判断基準は、価格、デザイン性、シェア率の3項目で決めています。

価格

価格が安いほど評価が高くなります。

デザイン性

デザインの種類が多い、特殊なデザインがあるといった場合に評価が高くなります。

シェア率

屋根材のシェア率が高いほど人気があると判断して、上位に設定しています。

1位 ケイミュー株式会社

ケイミュー株式会社は屋根材最大手メーカーです。スレート、金属、軽量瓦と、幅広い取り扱いなのでほしい機能に合わせて選べます。

代表商品は化粧スレート屋根「カラーベスト」シリーズ。カラーベストシリーズは、形、色が豊富でデザイン性も抜群の商品です。

価格はカラーベストシリーズのスタンダードなモデルで約4300円/㎡~、金属屋根の「ケイメタル」のシリーズは約6500円/㎡~となっています。

2位 アイジー工業株式会社

アイジー工業株式会社は、金属建材に強いメーカーです。耐久性・快適性・意匠性が融合した屋根材として人気があります。

代表商品は「スーパーガルテクト」シリーズで、遮熱性鋼板と断熱材の相乗効果で優れた断熱性能を発揮します。価格はスタンダードなモデルで7310円/㎡です。

3位 ニチハ株式会社

ニチハ株式会社は、外壁材最大手メーカーです。屋根材では、金属屋根の他に国内では珍しいアスファルトシングルを取り扱っています

代表商品は金属屋根の「超高耐久 横暖ルーフ」シリーズで、遮熱鋼板と断熱材の一体成型で抜群の耐久性能と遮熱性能を発揮するのが特徴です。

価格はスタンダードなモデルで約6700円/㎡~となっています。

目的別で選ぶ外壁材(サイディング)メーカーの人気製品

目的に合わせて外壁を選ぶことも大切です。ここでは、目的にマッチしたサイディングメーカーの人気商品をご紹介していきます。

費用を抑えたい人

費用を抑えたいという人には、ケイミューの「コロニアル・グラッサ」が特に安いのでおすすめです。価格は4300円/㎡~となっています。

デザイン性を重視する人

アイジー工業の「スーパーガルテクト」は特殊な「ちぢみ塗装」を採用した、意匠性に富んだ屋根材です。カラー展開も5色あり、金属屋根でもデザイン性を重視したい人におすすめとなっています。

断熱性を重視する人

ニチハの横暖ルーフシリーズのなかでも最上位モデルの「横暖ルーフα プレミアムS」は断熱性に特に優れている屋根材です。フッ素加工を使用、高断熱を実現しています。価格は、約7,850円/㎡です。

外壁材のメーカーや商品を比較するときに注意したいポイント

外壁材やメーカー、商品などを比較するときには、どのようなポイントに気を付けたら良いのでしょうか。

どの種類の屋根素材を選ぶか

例えばリフォームの場合、カバー工法では金属屋根を用いるのが一般的です。下地などによっては使える屋根材と使えない屋根材があるので、注意しておきましょう。

ソーラーパネルを載せるなら軽い屋根の方がいいなど、条件もあるので価格・見た目だけでなく、重さや機能性をよく確認してください。

依頼する業者も厳選する

どれほど優れた素材を使っても、業者の腕が未熟だと性能が発揮できません。特に銅板やアスファルトシングルなど、特殊な屋根材はきちんと施工できる業者が少ないので注意が必要です。

メーカー保証もチェックする

初期不良などに対して保証があるかどうかもしっかりと確認しておきましょう。

おすすめの屋根材のポイントをおさらい!

屋根材のおすすめポイントをおさらいしましょう!

屋根材の種類は?

コンクリートが主な素材のスレート、素材が金属の金属系、粘土を焼成する瓦、薄くて軽いアスファルトシングルなどがあります。屋根材の種類についてはコチラ


屋根材選びのポイントは?

耐用年数とデザイン、価格を考慮して選ぶことがポイントです。選び方のポイントはコチラ


屋根材のおすすめメーカーは?

ケイミュー、アイジー工業、ニチハといったメーカーの商品はシェア率が高く人気があります。それぞれの特徴やおすすめの商品についてはコチラ


外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami