無機塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品3選も公開!

無機塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品3選も公開!

外壁塗装の塗料選びでお悩みでしょうか?あなたのお家に最適な外壁塗料の選ぶためには、「建材と塗料の相性」が大切です。以下の記事で詳しく説明させていただいております。ご参考になさってくださいね。

外壁塗料の正しい選び方3STEP|種類や特徴を理解して最良な外壁塗装を!

無機塗料とは

無機塗料とは
一般的な塗料には、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素といった樹脂が配合されています。これらの樹脂は石油などの炭素を含む「有機物」を主成分としており、「有機塗料」と呼ばれています。

有機物を含む塗料は紫外線によって劣化しやすく、チョーキングや色あせなどの症状を引き起こします。紫外線による劣化症状は樹脂のグレードによって差があるため、それぞれのグレードごとに塗膜の耐用年数が変わってきます。

一方で「無機塗料」とは、石やレンガ、ガラスなど炭素を含まない「無機物」を配合した塗料のことです。一般的にはケイ素やセラミックといった無機物を主成分にした塗料を指します。

2019年10月現在の基準では、わずかでも無機物が塗料に含まれていたら「無機塗料」と呼ぶことができます。そのため、質の悪い無機塗料もあるので商品を選ぶ際には粗悪品を選んでしまわないよう注意が必要です。

無機塗料の特徴

無機塗料には、その耐久性にかかわる特徴が多く見られます。

その特徴を確認していきましょう。

耐久性・耐候性

無機塗料は、耐久性や耐候性に優れています。

紫外線などの刺激により劣化するのは有機物なので、無機塗料では、劣化を遅らせることができるのです。

不燃性

無機塗料は、不燃性も持ち合わせています。

皆さんの住宅を守る外壁を、火災の延焼からも守る塗料と言えるかもしれません。

親水性

親水性にも優れていて、雨水などによって汚れを落とすことができます。

お手入れの回数を減らしたい方におすすめの塗料です。

無機塗料の価格

費用
無機塗料の価格は、4,500~5,500円ほどとされています。

家庭用の塗料としては、かなり高価な部類と言えます。

無機塗料の耐久年数

無機塗料の耐用年数は、20~25年と言われています。

塗料の中では、最も耐久性に優れた塗料です。

塗料の耐候性とは?
耐候性とは、プラスチックや塗料、繊維、有機素材等の工業製品が太陽光・温度・湿度・雨等の屋外の自然環境に耐 えうる性質であることをいいます。
メーカーが自社の塗料の耐久年数のテストをする場合は、促進耐候性試験と呼ばれ、室内で人口の強い太陽光を浴びせる試験をします。
ただし、室内の試験なので、塩害や凍害、雨などの劣化を早くする要素が含まれていません。あくまでもテスト上の耐久年数です。

無機塗料のメリット・デメリット

無機塗料のメリット・デメリット
塗料を選ぶ際には、メリットとデメリットの両方を詳細に知っておく必要があります。

良いところと悪いところの両方を知った上で、理想の仕上がりや欲しい効果を比較しながら慎重に決めるためにも、無機塗料のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット

無機塗料のメリットとして、無機素材が用いられているが故の低汚染性や、耐久性にまつわるものが挙げられます。

詳しいメリットについて確認していきましょう。

雨や紫外線の影響を受けにくい

無機物は有機物と違い、紫外線など外部からの影響を受けにくい物質です。そのため無機物が配合されている塗料は、紫外線や雨風などの環境にさらされても、劣化しにくいという特徴があります。

無機塗料は紫外線を長時間浴び続けるなど、過酷な環境での使用に向いている塗料です。日当たりの良い場所や、屋根の塗装にも適しています。

不燃性がある

無機物は炭素が含まれていないため、燃えにくいという特徴もあります。無機物が配合されている無機塗料は、有機塗料に比べても不燃性が高い塗料です。

火事などによる燃え広がりを抑えたい場合は、無機塗料を使用すると良いでしょう。火を多く使う環境や、高温になりやすい環境に適した塗料です。

耐用年数が長い

無機塗料は無機物の配合の割合が高いほど、耐用年数が長くなります。ただし無機質がどれぐらい含まれているかは商品によって異なるので、耐用年数を長く保ちたい場合は塗料の品質に気を付けてください。

無機物をどれぐらい含めば無機塗料という基準がないため、質の悪い無機塗料にはほんのわずかしか無機物が含まれていないこともあります。無機塗料の高耐久性などのメリットを発揮したい場合は、信頼性の高い大手メーカーの無機塗料を選ぶと安心です。

変色しにくい

無機塗料は紫外線や雨風など、外部の環境の影響を受けにくいため、色の劣化も抑えることができます。塗膜が変色するのを防ぎたい場合は、無機物の比率が高い高品質の無機塗料を使用すると安心です。

汚れにくい

無機塗料は親水性が高いものが多く、水に馴染みやすいのが特徴。そのため塗膜の表面に汚れがついても、降った雨が汚れと塗膜の間に入り込み、洗い流してくれるのです。

また、無機塗料にはカビやコケの栄養分となる有機物を含む割合が少ないため、有機塗料を使用した場合と比べてカビやコケの発生を抑えることができます。

無機塗料には静電気が発生しにくいため、空中のチリやゴミなどの付着を防ぐメリットもあります。

デメリット

メリット デメリット
次に、デメリットについて確認しておきましょう。

無機塗料は価格が高いこと、デザインや下地を選んでしまうことなどがデメリットとして挙げられます。

他塗料に比べ価格が高い

無機塗料は無機質が含まれている塗料のため原材料費が高く、他の塗料に比べて価格が高い傾向にあります。有機塗料と比べると数千円以上価格差が出ることもあるほど高価な塗料です。

無機塗料は商品によって品質や価格にバラつきがあります。中には価格が安い無機塗料もありますが、品質面で信頼性が低いことも多くおすすめできません。

ひび割れをおこしやすい

無機塗料は無機物が含まれている関係で、柔軟性は有機塗料に比べて劣ります。そのためひび割れしやすいというデメリットがあり、ひび割れを起こしやすい素材には向きません。

モルタルの外壁や揺れが起こりやすい環境の外壁の塗装は、柔軟性の高いウレタン塗料などでの塗装がおすすめです。

色味が少ない

無機物を塗料に配合すると、鮮やかな色を出しにくくなるという特徴があります。そのため、無機塗料は有機塗料に比べて、色味が少なく、デザイン性では劣ってしまいます

耐久性や耐候性よりも、デザイン性を重視したい場合は、色味や色数が豊富な有機塗料での塗装が適しています。

現在、大手メーカーから販売されている無機塗料は、3分艶・5分艶といった艶のあるタイプのものが販売されています。艶のある外壁がお好きな方なら良いのですが、「派手すぎる」「安っぽい」と感じる方も少なくないようです。

艶はあるほど汚れにくく、耐久性が高くなります。艶をどうしても抑えたいのならば、艶を消す調整剤を配合することも可能ですが、そうするとせっかくの耐久性が低下することに…。また、艶を調整すると塗りムラができやすくなるので、あまりおすすめできません。

品質がピンキリ

無機塗料はわずかでも無機物が含まれていれば「無機塗料」と表記できるため、品質に大きなバラつきがあります。セラミックを少量配合しただけで「無機塗料」と名乗り、高額な価格で販売されている悪質な商品もあるほどです。

そのため商品を選ぶ際は、信頼性の高い高品質の無機塗料を選ぶ必要があります。低価格な商品もありますが、信頼性が確保されていない商品は選ばない方が無難です。

重ね塗りできない

無機塗料の塗膜表面には汚れが付着しにくい、というメリットがあります。しかし逆に、無機塗料で形成された塗膜には新しい塗料も密着しにくくなる、ということがいえるでしょう。

そのため、無機塗料の上に重ね塗りしてもしっかり密着せず、早い時点で塗装が剥がれ落ちてしまうこともあるようです。

素材によっては塗装できないことも

無機塗料を塗ると硬い塗膜ができますが、その性質ゆえ、収縮性のある木の素材とは相性が悪いのです。また、無機塗料の製品によってはガルバリウム鋼板に向かず、塗装ができないこともあります。

無機塗料を使用する際には、塗る素材との相性も忘れずに確認するようにしましょう。

他の塗料との比較

他の塗料との比較
無機塗料を他の塗料(アクリル塗料、ウレタン塗料、シリコン塗料、ラジカル塗料、光触媒塗料、フッ素塗料)と比較すると、7種類の中で価格・耐用年数共に最も高い位置にあたります。

最も高価なものではありますが、耐久性や低汚染性では他の塗料よりも優れており、頻繫に塗り替えを行いたくない人に向いています。
外壁塗料の正しい選び方3STEP|種類や特徴を理解して最良な外壁塗装を!

塗料選びの落とし穴!業者によって塗れない塗料があるって本当⁈

残念ながら本当です。 塗料によっては高度な塗装技術が必要だったり、特定の業者にしか取り扱いを認めていない塗料も存在するのです。つまり、塗料が決まっても業者さんが塗ることができなかったら意味がないのです。

そこで外壁塗装ほっとらいんでは、経験豊富なスタッフがお客様にぴったりの塗料・業者選びをサポートいたします。 「自宅の外壁にどんな塗料が最適なのかわからない。」 「おすすめの塗料を提案してほしい!」 といったお悩みの方もぜひお気軽にご相談ください!もちろん費用はかかりません。

無料相談フォームへ

オススメの無機塗料商品一覧!

オススメの無機塗料商品一覧!
高性能な無機塗料には、多くの種類があります。

無機塗料は、屋根用には向かないため、今回は、外壁用を3点おすすめ塗料として紹介していきます。

パーフェクトセラミックTOPG

パーフェクトセラミックTOPG

楽天通販より引用

ポイント パーフェクトセラミックTOPG
メーカー 日本ペイント
分類 水性2液形セラミックハイブリッド超高耐候超低汚染無機系塗料
対応建材 窯業系サイディングボード、モルタル、コンクリート、ALCパネル面等の各種旧塗膜の上(高弾性タイプの旧塗膜は除く)
機能性 高耐候性、低汚染性、防カビ・防藻性、透湿性
価格 4,430円/m²
艶タイプ つや有り、7分つや、5分つや、3分つや、つや消し
パーフェクトセラミックTOPGは、耐候性や低汚染性に優れ、透湿性にも優れているため、外側からだけでなく内側からの劣化も防ぐことができます。また、無機塗料としては珍しく、つや消しも選べます。
参考 パーフェクトセラミックTOPG日本ペイント

アレスダイナミックMUKI

アレスダイナミックTOPG

楽天通販より引用

ポイント アレスダイナミックMUKI
メーカー 関西ペイント
分類 超耐候性超低汚染ハルスハイリッチ無機有機ハイブリッド塗料
対応建材 コンクリート・モルタル・ALC・窯業系サイディングボード・各種旧塗膜
機能性 超高耐候性、超低汚染性、防カビ・防藻性
艶タイプ つや有り、7分つや、5分つや、3分つや
アレスダイナミックMUKIは、ハイブリッドテクノロジーにより「無機」と「有機」の特性を最大限に発揮するように作られた塗料です。超高耐候性、超低汚染性を持ち、仕上がりが美しいだけでなく、安全なのもメリットと言えるでしょう。
参考 アレスダイナミックMUKI関西ペイント

エスケープレミアム無機

エスケープレミアム無機

楽天通販より引用

ポイント エスケープレミアム無機
メーカー エスケー化研
分類 超低汚染ハイブリッド水性無機塗料
機能性 超高耐候性、超低汚染性、防カビ・防藻性
艶タイプ つや有り、5分つや、3分つや
エスケープレミアム無機は、滑らかな塗膜を持つ塗料で、仕上がりの美しさを期待できます。1液タイプなので、安定した性能を誇り、安全性にも優れている塗料です。
参考 エスケープレミアム無機エスケー化研
①水性と油性って?
同じグレードの塗料でも水性か油性かの違いがあります。水性は水で希釈しますが油性はシンナーで希釈します。油性のほうが耐久性良いものの、臭いはきつい傾向が。一方水性塗料は耐久性では油性では劣るものの、きつい臭いがしません。

②1液性と2液性って?
1液タイプは缶を空ければそのまま使用できるタイプで、2液タイプは主剤と硬化剤の2種類の材料を混ぜるタイプの塗料です。
1液タイプよりも2液タイプの方が耐久性が高く、価格も高価な傾向があります。1液タイプの方が施工しやすいものの、2液タイプの方が仕上がりも良く、塗装できる素材も豊富です。

無機塗料はどんな人におすすめ?

無機塗料はどんな人におすすめ?
無機塗料は有機塗料に比べて柔軟性はありませんが、その分汚れがつきにくいというメリットもあります。環境的に外壁に汚れが付着しやすい環境の場合は、耐候性の高い無機塗料での塗装が向いているでしょう。

雨風が多い、土埃が立ちやすい、日照時間が長いなど、塗料の劣化を招きやすい環境での使用に適しています。初期費用をかけてでも、劣化を遅らせたり、お手入れの回数を減らしたりしたい方におすすめの塗料です。

また、無機塗料は耐候性、耐久性ともに高いため、耐用年数が長い塗料です。そのため、メンテナンスの回数も有機塗料に比べて少なくて済みます。

初期費用が高くても、塗り替えなどのメンテナンスを極力減らしたいという場合は、無機塗料での塗装がおすすめです。ただしこちらも、ひび割れしやすい環境の場合は無機塗料を使用してもメンテナンスが発生する可能性もあります。

無機塗料で塗装する際の注意点は?

無機塗料で塗装する際の注意点は?
無機塗料は高い耐久性を持ち、長期間美しい状態を保つことができます。しかし無機塗料を美しく塗装するには、熟練の技術が必要です。

施工実績が少なく技術が足りない業者に塗装を依頼すると、無機塗料本来のメリットを発揮できないこともあるので注意が必要です。ここでは無機塗料の塗装業者を選ぶときの注意点を、いくつかご紹介していきます。

悪質な業者には要注意!

無機塗料は高い耐久性のある塗料ですが、その分施工に熟練の技術が必要になります。安い費用で施工を請け負う業者は、塗装技術が足りていない可能性もあるので、注意が必要です。

また、訪問営業で無機塗料による塗装をすすめてくる業者も詐欺の可能性があるため避けてください。そのほか無機物の比率が著しく低い粗悪品を高い価格で販売している業者もいるので、商品名を調べずに購入するのはやめましょう。

大手メーカーの無機塗料より安い、業者オリジナルの無機塗料を販売しているケースも注意が必要です。大手塗料が多くのコストをかけて作っている商品よりも高品質で低価格な塗料を、中小の企業が開発できる可能性は低いでしょう。

悪徳業者の見分け方のコツや注意点については、以下の記事で詳しくご紹介しています。
外壁塗装の「詐欺」にご注意!悪徳業者の見分け方・驚きの手口とは?

施工は実績のある業者に頼む

無機塗料は無機物が含まれるだけに、塗装には熟練の技術が必要です。熟練した技術がない業者や職人に依頼すると、無機塗料本来のメリットを発揮できず、1年ほどで塗装が劣化し剥がれてしまうリスクがあります。

無機塗料の塗装には相応の技術が必要ですが、施工価格も高額になります。安価だからと言って実績のない業者に依頼すると、施工不良を起こす可能性もあるのでご注意ください。

無機塗料の塗装を依頼する際は、施工実績が豊富な信頼できる業者を選ぶようにしましょう。

無機塗料は高価だが、長持ちする塗料!

無機塗料は、最も高価な塗料ではありますが、最も耐久性に優れている塗料でもあります。耐久性の他にも、親水性によって汚れを落とす効果もあるので、美しさ・機能共に長持ちする塗料です。

そんな無機塗料について、改めて確認しておきましょう。

「無機塗料」はどこの塗装に適していますか?

無機塗料は、外壁塗装に適しています。屋根塗装にはあまり適していません。


「無機塗料」の平均価格はいくらですか?

単価は4,500~5,500円ほどで、7種類ある塗料の中でも最も高い塗料です。その分、耐久性に優れた塗料です。


「無機塗料」の長所と短所はなんですか?

メリットは耐用性、耐候性が抜群に優れている点です。また、耐汚性も光触媒に匹敵しており、 不燃性がある点も、メリットと言えるでしょう。デメリットとしては、高価であることと、塗装に技術が必要であること、屋根塗装には向いていないことが挙げられます。


「無機塗料」の耐久年数は何年ですか?

20~25年です。耐久性や耐候性に優れ、低汚染性も持つため、手入れもラクな塗料と言えるでしょう。


「無機塗料」はどんな人におすすめですか?

無機塗料が向いているのは、メンテナンス頻度を下げたい人や、外壁の汚れをできるだけ防ぎたい人です。


塗料の種類とその特質をしっかりと確認し、理想の塗装が行えることを願っています。

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami