【優良店のみ】南風原町の外壁塗装業者おすすめ6選!口コミ・評判も紹介

沖縄県南風原町の外壁塗装業者やリフォーム会社の中から、おすすめの優良業者を紹介しています。

口コミ・評判はもちろん、失敗しない業者選びの方法や優良業者と悪徳業者の見分け方についても解説しているので、業者選びの参考にしてください。

外壁塗装が初めての方へ

当サイトでは、外壁・屋根塗装の見積もりシミュレーションを無料で行っています。初めて外壁塗装を検討している方は、まず下記ボタンより、最新料金相場を確認しましょう。

沖縄県南風原町のおすすめ「屋根・外壁塗装業者」一覧

優良塗装業者の選定基準

  1. 利用者の口コミ評判
  2. 塗装・リフォーム実績
  3. 価格(料金)
  4. 担当営業の丁寧さ
  5. 取り扱い塗料の豊富さ

沖縄県南風原町内にあるおすすめの屋根塗装・外壁塗装業者をご紹介します。

「外壁塗装ほっとらいん」による独自のリサーチで、この業者であれば安心して任せられるという業者を厳選してピックアップしました!

おすすめ業者:沖縄塗装株式会社 那覇営業所
沖縄塗装株式会社
沖縄県内を施工エリアとしている業者さんです。

お客様の笑顔と安心を第一に、外壁塗装を行っています。雨の多い沖縄で、県内初の雨漏りに特化した外壁塗装の会社としても評価されています。

防水を含め、さまざまな塗装の豊富な経験に基づいた施工で安心してお任せできる会社です。


概要 詳細
住所 沖縄県那覇市山下町31-5
おすすめ業者:結リフォーム(株式会社YUIサポート)

結リフォームは、糸満市で多くの依頼者に選ばれている地域密着型の業者です。

下請けに頼らない工事だから費用は適正価格で高品質。遮熱と防水にも力を入れており、台風や長雨のシーズンに強い塗装に仕上げます。

アフターメンテナンスもバッチリ。糸満市内ならばより迅速に対応してもらえますよ。


概要 詳細
住所 沖縄県糸満市糸満1171番地
おすすめ業者:琉城塗装店
※※公式HPがないため画像はありません※※
琉城塗装店は沖縄で活動する塗装業者であり、中でもうるま市を中心として施工を行っています。

創業10年、1級塗装技能の資格を持ったプロの職人が手塗りで丁寧に仕上げます。

完全自社施工なので中間マージンをカットすることができ、適正価格で仕上げてくれるのも嬉しいですね。


概要 詳細
住所 沖縄県うるま市石川東山本町2-7-23
おすすめ業者:ヒカリ塗装工業

ヒカリ塗装工業は一級塗装技能士がいる業者。外壁塗装・屋上防水工事を中心とし、様々な要望に応えてくれます。

与那原町から沖縄本島全域をカバーしています。下地から手を抜かず丁寧な作業を心掛けており、仕上がりに満足できること間違いありません。

屋根の雨漏りやヒビ割れなどにも対応可能です。お気軽にお問い合わせください。


概要 詳細
住所 沖縄県島尻郡与那原町字東浜62-33-203
おすすめ業者:ちゅらら工房

ちゅらら工房は塗装工事の中でも断熱・遮熱塗装、防水工事を専門とする業者です。

塗装職人はもちろんのこと、防水技能士などさまざまな「専門職人」が施工に携わってくれるのもポイント。

完全自社施工のため、下請け業者との間で中間マージンが発生することはありません。資格を持った職人による品質の高い施工を適正価格で提供しています。

施工実績2000件以上、地域密着店ならではのスピード対応が安心ポイントといえますね。


概要 詳細
住所 沖縄県中頭郡西原町兼久261-2
おすすめ業者:クオリティー沖縄

クオリティー沖縄は南城市が拠点。一級建築塗装技能士が在籍する業者です。

外壁塗装・防水工事はもちろんのこと、どの工事も安心・安全の自社施工で丁寧に仕上げてくれますよ。

沖縄全域対応可能。お気軽にご相談ください。


概要 詳細
住所 沖縄県南城市大里字古堅1424-1 301号室

沖縄県南風原町で塗装工事をする前に…


沖縄県南風原町で塗装を検討する前に、まずは外壁塗装や屋根塗装を業者に依頼するうえで知っておくべき基礎知識を簡単にご紹介します。

冒頭でもお伝えした通り、外壁塗装・屋根塗装はどの業者に依頼するかがその先10年以上のマイホームに影響してきますので、業者選びは特に慎重に行う必要があります。

外壁塗装・屋根塗装の耐用年数は?

提案
外壁塗装や屋根塗装の耐用年数は、その材質や塗料によって異なりますがおおよそ10~15年程度といわれています。

しかし、これはあくまで平均的な耐用年数。お住いの環境や塗料の種類によって耐用年数が変わってきますので、実際に塗装工事を行うタイミングは、ご自宅の外壁や屋根の劣化状況に合わせて決めるべきといえるでしょう。

早めの塗装がマイホームを長持ちさせるカギ

外壁や屋根の劣化症状は、軽度なものであれば塗装でカバーすることができます。しかし、これを放置しておくと症状が進行し、外壁材や屋根材そのものを取り換える大掛かりな補修が必要な事態に。

症状が進行しているほど、当然補修にかかる費用もどんどん高額になっていきます。

見た目にはわからなくても劣化が進んでいる場合もありますので、定期的なメンテナンスをしておくことが結果的な出費を抑えるための重要なポイントになるのです。

外壁塗装・屋根塗装の費用相場に差があるのはなぜ?

外壁塗装の費用相場は、40坪の住宅で約100万円といわれています。しかし、実際に見積もりをしてもらうと、この金額から10万円単位でズレがあった…ということは決して少なくありません。

というのも、外壁塗装はさまざまな要因でその金額に差が生じてしまうものなのです。以下はその一例ですが、実にさまざまな項目からその費用が決まることがお分かりいただけるかと思います。

  • 住宅の築年数
  • 使用する塗料のグレード(質)
  • 住宅そのものの階数や構造
  • 使用する塗料の色数
  • 施工を下請けに依頼する業者かどうか
  • 業者の拠点から現地までの距離
お住いの構造や、希望する仕上がりによって決まるものもあれば、選ぶ業者によって価格が変わってくるものもありますので、一概に「この家の塗装費用はいくら」とは決められないのです。

外壁塗装・屋根塗装は業者の技術を見極めづらい


このように非常にたくさんのチェック項目があるだけでもややこしい外壁塗装・屋根塗装ですが、これをさらにややこしくしているのが「素人の目にはその技術がわからない」ということ。

例えば、外壁や屋根の塗装で用いられる塗料は、水などで希釈して使うものが多いのですが、この希釈率(=どのくらい塗料を薄めるか)を守らないと、あとあと塗料が剥がれるなどの劣化症状が発生してしまいます。

しかし、こういった塗装における細かい技術は一般の人にはなかなかわからないもの。つまり、最初の業者選びがかなり重要になってくるのです

悪徳業者やトラブルに巻き込まれるリスクも…

しかもタチが悪いことに、外壁塗装や屋根塗装の施工不良が発覚するのはだいたい施工から2~3年後。つまり、施工したばかりの時点でそのクオリティを判断するのは至難の業なのです。

悪徳業者の場合、下塗りなど本来必要な工程を省いて施工費を浮かそうとするのがよくある手口。数年後に施工不良が発覚しても「わからない」の一点張りで、結局泣き寝入りしてしまった…という被害者も実際にいらっしゃいます。

また、悪徳業者とまではいかなくても、職人の技術不足などで本来の耐用年数よりも短い期間で劣化してしまうこともあり得ます。こういった場合に備えて、万一の際の保証が手厚い業者を選ばなくてはなりません。

沖縄県南風原町の塗装業者事情


ここまでは、南風原町に限らず外壁塗装・屋根塗装で一般的にいえる基礎知識についてご紹介してきました。

ここからは南風原町の塗装工事にフォーカスして、その具体的な特徴やポイントについて解説していきます!

南風原町の「外壁・屋根塗装業者」その特徴は?

塗装
南風原町は地元を拠点する業者が少ないのが特徴です。そのため、周辺地域の業者から選ぶ必要があるでしょう。

周辺都市には南風原町を施工範囲とする業者が多く存在するため安心してください。ただかなりの数が候補となるため、今度は一社に絞り込むのが困難となります。後述する”相見積もり”を活用しましょう。

業者の特徴としては、工事に下請けを挟まない「自社施工」が多く見受けられます。遮熱・断熱塗装や防水工事に対応している業者もとても多いですね。

南風原町で失敗が少ない塗装業者の選び方とは?

外壁塗装や屋根塗装の工事は決して安い出費ではないうえに、大きな工事となります。できるだけ失敗が少ない選択をしたいものです。

失敗をできるだけ防ぐ業者選びのポイントはいくつかありますが、今回はそのなかでも重要な2点に絞ってご紹介します。

ポイント①相見積もりで自分に合った業者を選びましょう

塗装業者の特徴を知るには”相見積もり”が大変役に立ちます。これは、複数業者に見積もりを依頼することを指します。

お願いしたい業者を1つに絞ってしまった場合、その価格が適正かどうかを知るのは難しいですよね。依頼した会社が悪徳業者だった場合、必要ない工事で料金を水増しされかねません。相見積もり後に各業者の情報を比較し、自分の求める工事の適正価格をはっきりさせることが大切といえます。

また、ホームページの施工実績例や口コミ、感想を見ることもおすすめです。たくさん掲載されている業者は経験が豊富と判断できますし、感想を見れば対応の良し悪しが判断できます。

ポイント②遮熱・断熱塗装に詳しい業者を選びましょう

気温高く住宅が強い日差しに晒され続ける地域では、外壁の劣化に注意する必要があります。外装表面の塗料が直射日光によりボロボロになってしまうためです。

このような気候のところでは遮熱・断熱塗装がおすすめです。この塗料は太陽光を反射、外装表面の温度上昇を抑える機能を持っています。さらに室内の気温上昇も抑えてくれるので冷房代の節約にもなってお得ですよ。

南風原町の気候・外壁塗装


外壁塗装や屋根塗装は、その日の気温や湿度に大きく左右されます。気温や湿度によっては、外壁塗装を行うことができないこともあり得ます。

例えば以下のような条件下では、外壁塗装や屋根塗装を行うことはできません。

  • 気温が5℃以下、あるいは35℃以上
  • 湿度が85%以上(≒雨の日もNG)
  • 強風の場合
南風原町は亜熱帯性気候で高温多湿となっています。気温の高い地域ですが、強い海風の影響で35℃以上の猛暑日は数えるほどしかありません。そして沖縄の代名詞でもある台風は、年間7・8回も襲来します。

このような気候ですので特に雨の多くなる梅雨の5・6月、風も強くなる台風シーズンは塗装工事を避けたほうが良いでしょう。

沖縄県南風原町で「優良塗装業者」を選ぶためのポイント


ご自身で塗装業者を選ぶ場合、なんとなくよさそう…というその場の雰囲気で塗装業者を選んでしまうのは絶対に避けたいところ。

また、大幅値引きなどの甘い言葉に乗せられて契約してしまうというのも悪徳業者のよくある手口です。ここでは、そういった罠に引っかからないための「正しい優良業者の見分け方」について解説していきます。

歴史のある塗装業者

ビス打ち
100%の判断基準とはなりませんが、歴史のある塗装業者は少なくとも悪徳業者ではない可能性が高いでしょう。

悪徳業者はどうしても悪評が立ちやすいため、10年程度で潰れてしまう業者が多いのです。創業から20年以上経過している塗装業者は、それだけ経営を続けられる実績があるといえます。

契約を急かさない

裏のある塗装業者は、他の塗装業者と比べられるのを恐れて契約を急かしてきます。

外壁塗装や屋根塗装は、相見積もりといって複数の塗装業者を比較するのが当たり前。他の塗装業者と比較する時間をきちんと設けてくれる業者は、自社の施工に自信を持っている優良業者と考えることができるでしょう。

ただし、他の業者と比較した後に「こっちのほうが安かったんだけど…」と塗装費用を値切るのはご法度。優良業者ほど正当な価格設定をしていますので、大幅値下げなどはできないということもあわせて覚えておきましょう!

細かい質問や要望にも応えてくれる

提案
外壁塗装や屋根塗装の見積書は、細かい塗料の名前や工程の名称などの専門用語が多いため、パッと見ただけでは何にどのくらい費用がかかっているのか理解しづらいものです。

わからないところがあれば、業者の良し悪しを見抜くチャンスと考えてどんどん質問してみましょう!真摯に答えてくれる業者には安心して施工を任せてOKです。

施工のリスクやさまざまな施工法を提案してくれる

どんな施工方法や塗料にも、メリットとデメリットの両方があるものです。こういった施工のリスクについてもきちんと説明してくれる業者は、施工そのものも丁寧に行ってくれる可能性が高いでしょう。

逆に、この施工が絶対おすすめ!というように一つの施工方法しか提案してくれない業者は、その腕前を疑ったほうがよさそうです。

沖縄県南風原町の悪徳塗装業者によくある手口4パターン


優良塗装業者の特徴についてご紹介したところで、続いては逆に「悪徳業者」と言われるような塗装業者の特徴についてもご紹介していきます。

南風原町で塗装を検討している方のうち、次のような特徴がみられた場合には今一度契約を見直してみてください。

突然の訪問営業

訪問
ある日突然やってきて「外壁塗装をしませんか?」と塗装をすすめてくる訪問業者。きちんとした業者でも訪問営業を行うことはありますので一概にすべてが悪徳業者とはいえませんが、基本的に訪問営業は信用しないに越したことはありません

訪問営業をしなければならないということは、それだけ客足が遠のいているとも考えることができます。本当の優良業者は、口コミなどを通じてお客さんのほうからやってくるものです。

絶対に信用してはいけない、とまではいいませんが、少なくともその場で契約することだけは避けたほうがよいでしょう

「足場代0」など10万円以上の大幅な値引き

少しでも塗装費用を安くしたい…という思いに付け込んで、「今なら足場代0」などと大幅な値引きをしてくるのも悪徳業者によくある手口です。

外壁塗装や屋根塗装が高額になってしまうのは、塗装業を運営していくうえでそれだけの金額がどうしても必要だからです。特に足場代などは、どれだけ企業努力をしても一定以下に金額を抑えることはできません。

そんな費用をタダとまで言い切ってしまうような業者は、ほぼ間違いなく他のどこかで必要な費用を浮かせています。うまい話には必ず裏があると考え、甘い言葉をうのみにしないよう注意しましょう!

「一式」など見積書の内容が不透明

見積書
すでにご紹介しましたが、外壁塗装や屋根塗装の見積書は素人目線にはとてもややこしい内容になっています。

このややこしさを利用して、費用の内訳を「一式」などと省略して書いている業者は、悪徳業者と考えてほぼ間違いありません。

また、塗料の名前を具体的な商品名にせず「シリコン塗料」などとごまかしている場合も要注意。事前に指定した塗料よりも粗悪な塗料を使用される可能性があります

危機感をあおってくる

すでにお伝えしましたが、悪徳塗装業者はとにかく早く契約を取りつけようとしてきます。ひどい例だと、訪問営業でいきなり屋根にのぼり、業者自身が屋根材を壊して「お宅の屋根は今すぐ修理が必要です」とデタラメな話で契約を迫ってきたという話も…

この例のように、特に屋根などご自分では確認できない箇所の劣化を指摘されるとつい信じてしまいそうになりますが、これでは悪徳業者の思うツボです。

今契約すれば割引になる、など今すぐ契約させようとしてくる塗装業者にも要注意。とにかく「いきなり契約しない」ということを徹底しましょう!

沖縄県の地域別おすすめ塗装業者

沖縄県のおすすめ塗装業者を地域別に紹介しています。

周辺の市区の業者でも良いところが見つかることがあるのでぜひ参考にしてください。

>沖縄県内のおすすめ塗装業者ランキングを見てみる

外壁塗装 あなたの地域の相場はいくら?▶▶︎▶︎