スレート瓦とは? スレート屋根の費用や特徴などキホンを解説!

建物を新築したり屋根をメンテナンスする際、「スレート」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか? 「スレート」とは屋根材のことですが、調べてみるとさまざまな種類があるのです。

それぞれのスレートには特徴やメリット・デメリットがあるため、実際にお住まいに使用する前によく知っておくことが大切です。

この記事では、スレートの種類や特徴、またそれぞれに必要とする費用など、スレートに関する基本的な知識をご紹介します。

この記事でわかること
  • スレート屋根の種類とそれぞれの特徴
  • スレート屋根の耐用年数と劣化症状
  • スレート屋根の主な補修法と、費用を安く抑える方法

スレートとは? 屋根材の基礎知識を解説

見出し画像(スレートとは?)「スレート」とは一般的に屋根材のことを指しますが、見渡してみるとさまざまな形状や素材を使った屋根がありますね。

そこで、まずは「そもそもスレートとは何か?」ということをまとめてみました。

スレートとは?

スレート屋根一般的な住宅で使われている主な屋根材には、スレート系、金属系、粘土系の3つのタイプがあります。

その中の1つの「スレート」は、セメントに繊維質を混ぜて5mm程度の厚さにした板状の屋根素材のこと。「カラーベスト」や「コロニアル」と製品名で呼ばれることもあるようです。

スレートの種類

見出し画像(スレートの種類)スレート屋根は、大きく分けて「天然スレート」と「人工(化粧)スレート」の2つに分類されます。ここでは、それぞれの素材や特徴について見ていきましょう。

また、スレート屋根にはセメントを原料としていますが、スレート屋根の他にも「セメント屋根」という屋根材も存在します。その違いについてもまとめてみました。

天然スレート

天然スレート天然スレートは、天然鉱物である粘板岩を素材とした屋根材のこと。青黒色で独特な模様が美しい、高級感のある素材です。

希少性が高いため屋根材としては高価で、重量が重く割れやすいのが弱点。専門の施工技術を必要とする分、費用も高くなります。そのため、国内ではほとんど使用されていません。

人工スレート(化粧スレート)

化粧スレートは、主原料にセメントと繊維素材を使用。軽量なので運搬や施工がしやすく、施工費用も安いのが特徴です。現在「スレート屋根」と言えば、この人工タイプのスレートを指すことが一般的です。

スレートにはアスベストが含まれている?

アスベスト2006年以前のスレート屋根には、アスベスト(石綿)が使用されるケースもありました。

アスベストは発がん性のある物質で、アスベストを含むスレート屋根を使用し続ければ、健康被害に関わると懸念されていたのです。

しかし、2006年の「労働安全衛生法施行令」の改正により、アスベストの使用・運搬・製造は全面的に禁止に。そのため、現在使用されているスレート屋根にはアスベストは含まれていません

セメント瓦との違いは?

前述した通り、スレートはセメントを主原料とした屋根材です。しかし、それとは別に「セメント瓦」という屋根材も存在しています。

「セメント瓦」とは、セメントのみで作られた屋根瓦のこと。厚さも2〜3cmの厚みがあるのが一般的です。また重量もあるので割れやすく、スレート屋根と比べ施工にも時間がかかります。

種類 原料 厚さ / 重さ
スレート屋根 セメントと繊維質 5mm程度 / 軽量
セメント瓦 セメントのみ  2〜3cm / 重量
まとめると…
  • スレート屋根には「天然スレートと「人工スレート」の2種類があるが、現在使用されているのは「人工スレート」がほとんど
  • 2006年の法改正以降、スレート屋根にアスベストは使用されていない
  • セメント瓦はセメントのみで製造され、スレート屋根と比較し厚みと重さがある

スレート屋根のメリットとは?

見出し画像(スレート屋根のメリットとは?)現在、国内の多くの住宅で使用されているスレート屋根ですが、どのようなメリットがあるのでしょうか?

スレート屋根を使用するメリットと人気の理由は主に次の4つです。

  • 施工費用が安い
  • デザインや色が豊富
  • 耐震性が高い
  • 施工が簡単

それぞれの具体的なメリットについて見ていきましょう。

施工費用が安い

スレート屋根は、他の屋根材と比べると価格が安いのが魅力。天然スレートは高価ですが、一般的に普及している人工スレートはお手頃な価格です。

そのため新築でも施工費用が全体的に抑えられるのがメリット。また、スレート屋根は施工難度が低いため、メンテナンスの費用を抑えることもできるでしょう。

デザインや色が豊富

スレート屋根の大きなメリットの1つは、デザインの自由度が高いこと。形状や色のバリエーションが豊富ということは、デザインの選択の幅が広がり、お客様の理想のイメージに沿ってデザインできます。

施工しやすい素材なので直線・曲線はもちろん、波型など複雑な構造にもマッチ。また、洋風にも和風にも合わせやすいのも特長です。

耐震性が高い

スレート屋根は他の屋根材と比べると薄くて軽量な屋根材なので、地震による揺れの影響を受けにくく、大きな衝撃に強いというメリットもあります。

最近では地震に備え、瓦屋根からスレート屋根に葺き替える人も多いようです。

施工が簡単

スレート屋根は普及率が高いことに加え、施工難度が低いため、施工工事できる業者が多いのも特長。新築やメンテナンスはもちろん、ちょっとした相談にも対応してくれる業者を見つけやすいのは嬉しいメリットですね。

軽量なため建物全体の負担も軽減します。また、屋根材が軽ければ施工工事もしやすく、他の屋根材と比較して短時間で済むのも嬉しいメリットです。

まとめると…
  • 施工費用が抑えられる
  • デザインや色の自由度が高く、和風にも洋風にも合わせやすい
  • 耐震性が高く、他の屋根材から葺き替える人も
  • 施工難度が低いため、対応できる業者を見つけやすい

スレート屋根のデメリットとは?

見出し画像(スレート屋根のデメリットとは?)コストが安く、耐震性が高くて人気のスレート屋根にもデメリットがいくつかあります。

スレート屋根の主なデメリットはこちら。

  • 定期的なメンテナンスが必須
  • ひび割れしやすい
  • 色あせしやすい
  • 耐用年数が短い

ここではスレート屋根のデメリットをまとめてみましたので、ぜひ他の屋根材と比較・検討する際の参考にしてください。

定期的なメンテナンスが必須

屋根の葺き替え工事スレートは比較的劣化しやすい屋根材です。スレート屋根は風雨や紫外線を浴びることで、表面が傷みやすくなります。劣化した状態で放置しておくと、雨漏りや腐食の原因に。また、薄くて硬い素材の性質上、反りやひび割れが生じやすいという弱点もあります。

劣化症状を軽度に抑えるためには定期的なメンテナンスが必須なので、手間やコストがかかるのがデメリットと言えるでしょう。

ひび割れしやすい

スレート自体が薄く硬い素材なので、他の屋根材と比べ衝撃に弱いのもデメリット。台風や強風で飛んできたものに当たって、ひび割れしたり破損することも少なくありません。

また、経年や自然災害だけでなく、誰かが上に乗ることで踏み割れしてしまうことも。経験の多い職人でも、スレートの新しい・古いに関わらず踏み割れが起こることがあるようです。

色あせしやすい

スレート屋根 色褪せそもそもスレートは、瓦屋根と比べて表面が色あせしやすいという弱点があります。それが経年劣化で長い年月、紫外線にさらされれば、スレートの色あせは進む一方。

新築時は理想の外観だったのが、時が経つにつれ色あせみすぼらしくなるのは残念ですよね。定期的な塗り替えを行い、常に美しい外見を保つようにしましょう。

耐用年数が短い

瓦屋根と比較して、耐久性が低いというのもスレートのデメリット。他の屋根材よりもコケやカビが生えやすく、欠けたりひび割れしやすい素材なのです。また、雨や湿気などで水分を含んだ後に日に当たり乾燥すると、反り返りやすくなります。

せっかくの凝った理想のデザインも、これでは台無しですね。スレート屋根を美しく維持するためには、他の屋根材よりもマメなメンテナンス塗装と、20〜30年程度で交換する必要があるでしょう。

まとめると…
  • 色あせ・ひび割れといった経年劣化が現れやすい
  • 薄い素材なためひび割れしやすい。経年劣化だけでなく、施行中の踏み割れの可能性も
  • 定期的なメンテナンス塗装と、20〜30年程度で交換が必要

スレート屋根の耐用年数は?

見出し画像(スレート屋根の耐用年数は?)せっかく手に入れた理想のお住いなのですから、できればいつまでも美しく快適に保ちたいものです。しかし、それには適度なメンテナンスや交換は必須。

では、スレート屋根はどの程度の頻度で交換が必要なのでしょうか?

経年劣化だけでなく、天候や地震などの自然環境にも左右されますが、一般的な目安を見てみましょう。

スレート屋根の耐用年数

スレート屋根は20〜30年程度で交換が必要と言われています。交換を怠ると劣化が進み、屋根材の表面だけでなく破損や腐食が建物内部にまで広がることも。そうなると次回のメンテナンス工事の時にかかる手間が増え、費用も大幅に増加してしまいます。

定期的に屋根の劣化状態をチェックし、必要に応じてメンテナンスを行うようにしましょう。

劣化症状に応じたメンテナンスが必須

スレート屋根 劣化上述のように、スレート屋根には耐用年数があります。しかし、耐用年数前に劣化がひどくなることも考えられます。

屋根の表面だけの劣化ならば塗装で対応できますが、破損やひび割れは交換や部分修理が必要となります。それらを放置すると雨漏りや腐食の原因となる恐れも。

耐用年数ではなく、劣化症状を重視してメンテナンスを検討するようにしましょう。

まとめると…
  • 一般的な耐用年数は20〜30年程度
  • 屋根表面の劣化は塗装補修で対応できるが、破損なひび割れは交換や部分修理が必要
  • 耐用年数より、劣化症状を優先してメンテナンスする

スレート屋根の劣化症状

見出し画像(スレート屋根の劣化症状)スレート屋根の耐用年数についてご紹介しましたが、具体的な劣化にはどのようなものがあるのでしょうか?

以下のような症状を放置しておくと症状が深刻化し、のちに修理する際の手間や費用がかさむことになります。日頃からこのような症状が出ていないかをチェックし、症状が現れたら早めに業者に相談するようにしましょう。

  • 色あせ
  • コケやカビが生えている
  • ひび割れ
  • スレートの破損

それでは順番に、具体的な症状について見ていきましょう。

色あせ

色あせは紫外線や熱によって色素が破壊されることで起こり、塗装の劣化を進めます。そのため、日当たりがいい場所ほど色あせしやすくなります。

屋根材に色あせができていれば劣化が始まっているサインなので、早めの塗装を検討しましょう。

コケやカビが生えている

スレート屋根はセメントが主原料ですが、セメントには防水性がありません。色あせによって屋根材表面の塗装が剥がれるとセメントが雨や湿気などを吸収し、放置しておくとコケやカビが発生する原因となります。やがてコケやカビが根を張ると、表面だけでなく屋根材自体の劣化にも繋がるでしょう。

また、コケやカビが生えているということは、屋根の塗装の防藻機能が低下しているということになります。他にも問題が起こる前兆なので、早めの塗装を検討するようにしてください。

ひび割れ

スレート屋根のひび割れは、ひびが入ったスレート表面から雨や湿気を吸水し、晴れた日に乾燥することを繰り返すことで起こります。ひび割れが目立つようなら雨漏りの危険性があるため、補修や交換が必要となるでしょう。

スレートの破損

スレート表面の劣化だけでなく、スレート自体が欠けたり割れたりと破損しているケースもあります。台風で飛来物が当たったり地震で衝撃を受けると割れてしまうことがあるためです。

数カ所程度ならば補修や部分的な交換で直すことが可能ですが、全体が破損すると部分補修や交換では直せません。放置が長引くと雨漏りや内部の劣化を招くため、早急に対応するようにしましょう。

まとめると…
  • 色あせは劣化のサイン。放置するとコケやカビの原因に
  • コケやカビを放置すると、屋根材自体の劣化に繋がることも
  • ひび割れ、破損は雨漏りの原因に。早めの補修や交換が必要

スレート屋根のメンテナンス方法とは

見出し画像(スレート屋根のメンテナンス方法)劣化症状の早期発見の重要性を認識していただいたところで、メンテナンス方法についてもまとめてみました。

スレート屋根の代表的なメンテナンス法
塗装補修・重ね葺き(カバー工法)・葺き替え

それぞれのメンテナンス法の特徴と、費用や工期を見ていきましょう。

スレート屋根の塗装

屋根補修 工事塗装補修は、スレート屋根のメンテナンス法でもっとも手軽なメンテナンス法。文字通り屋根を塗り替える工法のことで、色あせ、カビやコケが発生している場合、ひび割れなどの対処法として効果的です。

費用の目安は30坪の住宅で40〜60万円程度、工期は12〜15日です。

スレート屋根の重ね葺き(カバー工法)

重ね葺き工法は、既存の屋根材の上から新しい屋根材をかぶせる工法で、「カバー工法」と呼ばれることもあります。既存の屋根材が劣化しているが、屋根内部は補修しなくてもいいケースで利用することが多く、屋根の劣化が進行し、ひび割れなどの症状が出てきた場合に有効です。

重ね葺きは既存の屋根をそのまま残すので、古い屋根材の解体作業や処分が必要ありません。短い工期で費用を抑えたい方におすすめの工法です。

費用の目安は30坪の住宅で150〜240万円程度、工期は6〜10日です。

スレート屋根の葺き替え

屋根の葺き替え工事葺き替え工法は既存の屋根材を撤去し、新しい屋根材に交換する工法のこと。既存の屋根材や下地が激しく破損・劣化している場合は、葺き替え工事をする以外に方法はありません。

屋根を丸ごと取り替えることになるため、その分の手間と費用が余分にかかります。

費用の目安は30坪の住宅で160〜250万円程度、工期は7〜11日です。

メンテナンス法 費用 工期
塗装補修 30坪の住宅で40〜60万円 12〜15日
重ね葺き(カバー工法) 30坪の住宅で150〜240万円 6〜10日
葺き替え 30坪の住宅で160〜250万円 7〜11日
まとめると…
  • 塗装補修は、色あせや軽度のカビ・コケなどに有効
  • 重ね葺き(カバー工法)は、既存の屋根に新しい屋根を重ねる工法。費用を抑えたい人におすすめ
  • 葺き替えは既存の屋根材を撤去して、新しい屋根材に交換する工法。著しい破損や劣化では不可欠

スレート屋根のメンテナンス費用を抑えるには?

見出し画像(スレート屋根 メンテナンス費用を抑えるには?)一般的なメンテナンス法をご紹介しましたが、やはりある程度の出費は免れないようです。しかし、中には「少しでも費用を節約したい!」という方もいらっしゃるでしょう。

そこで、メンテナンス費用を抑えるための業者選び、塗料選びのポイントをまとめてみました。

  • 悪徳業者にだまされない
  • 自社施工の会社に依頼する
  • コストパフォーマンスに優れた塗料を利用する

これらを慎重に選ぶことで、コスト削減に繋がるはずです。さっそく、それぞれのポイントを見ていきましょう。

悪徳業者にだまされない

業者選びは、メンテナンス費用を節約するには大切なポイントです。詐欺や悪徳業者の中には「無料で見積もりをさせてほしい」とお得感をアピールしたり、「早くメンテナンスしないと屋根が腐っている」とお客様の不安を煽る業者もいます。

悪徳業者は、住宅地を訪問営業する会社に多いと言われています。また、見積もりを取ったら金額が異常に高い業者も要注意です。

悪徳業者を見分けるには、「相見積もり」がおすすめです。「相見積もり」とは、同じ条件で複数の業者に見積もりを依頼すること。複数の見積もりを比較することで、1社だけ金額が高かったり、何が本当に必要な工事であるかが判断できます。

悪徳業者に依頼すると、のちに金銭的トラブルになることが多いです。悪徳業者には絶対に依頼しないようにしましょう。

自社施工の会社に依頼する

スレート補修に限らず、メンテナンス費用を安く抑えるには自社施工の業者に工事を依頼するのがおすすめです。

リフォーム業社には、大きく分けて「下請け施工業者」と「自社施工業者」があります。「下請け施工業者」はお客様から依頼を受けた工事を、下請け業社に委託する形態を取っています。実際の工事は下請け業者が行うので中間マージンが発生し、そのため修理費用が高額になりがちです。

その点、「自社施工業者」に依頼すれば下請け業者への費用が必要ないため、適正な価格でメンテナンスできる可能性が高くなります。また、自社施工の業者の中には、屋根の調査や見積もりの段階から工事終了まで、メンテナンスのすべてを同じ職人が担当するケースもあります。そのため、お客様の細かい希望やニーズが反映されやすいメリットもあります。

コストパフォーマンスに優れた塗料を利用する

メンテナンスで塗り替えを行う時は、コストパフォーマンスに優れた塗料を使用すると費用が抑えられるでしょう。具体的には、シリコン塗料やフッ素塗料などの塗料がおすすめです。

他の塗料と比べコストに対して耐用年数が長いので、次回の塗り替えまで長持ちします。

まとめると…
  • 悪徳業者はトラブルの元。絶対に依頼しないよう要注意!
  • 自社施工の業者に依頼すれば、中間マージンを支払う必要がない
  • コストパフォーマンスの良い塗料を使用することで、耐用年数に対する費用が抑えられる

スレート瓦は安価で耐震性が高い人気の屋根材

ご覧いただいたように、スレート屋根は安価で軽いというメリットがあります。耐震性に対しても信頼が高く、地震がきても揺れが伝わりにくく建物への負担が軽いため、他の屋根材からスレート屋根に交換する人もいるようです。

さらにデザイン性が高く、お客様のイメージに沿った理想の屋根を実現できるとあれば、人気が高いのも当然ですね。

これから屋根のメンテナンスをお考えの方は、スレート屋根のメリット・デメリットを検討し、お住まいに最適な屋根材を探してください。

外壁塗装屋根塗装適正相場を知りたい方はこちら
Bitnami