「屋根塗装の単価」費用・相場をくわしく解説!【屋根材別・坪別】

いきなりですが、みなさん「屋根塗装の単価相場」は知っていますか?

おそらくなんとなくは分かるけど詳しくは分からない、…という方が大半なのではないでしょうか?

今回はそんな屋根塗装の費用の相場について、各工程ごとの細かい費用相場まで解説していきます!

この記事でわかること
  • 屋根塗装の大まかな費用相場
  • 各工程ごとの細かい費用相場
  • なるべく安く工事を済ませる方法

お得に屋根塗装をしたいなら費用相場を知っておこう!

見出し画像(屋根塗装 お得にしたいなら?)
なぜ屋根塗装の相場を知っておくことが大切なのか…?それは、「みなさんがお得に屋根塗装をするため」なのです。費用の相場を知らないと、不当に高い値段を請求されても気づかずに払ってしまう可能性もありますよね。

逆に、だいたいの相場や細かい工程ごとの値段まで知っていれば、そのようなリスクはほぼ減ります。

今回の記事では、費用の相場だけでなく、なるべく費用を安く抑える方法や、不当に高い値段を請求されずに済む方法までご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

ちなみに、屋根塗装の相場は30坪の住宅で40〜80万円程度となっています。ここで覚えてしまいましょう!

屋根塗装における工程ごとの単価

見出し画像(屋根塗装 工程ごとの単価は?)

屋根塗装はいくつかの工程に別れていますが、では、どの工程でどのぐらい費用がかかっているのか気になりますよね。

見積もり書をみせてもらう際には、各工程の費用をチェックするようにすれば、不当に高い費用をとられる心配も減るのではないでしょうか。

それでは、以下で細かく各工程の単価相場を見ていきましょう!

足場の単価相場

屋根塗装 工事の足場

まずは、足場の設置費用について。足場の設置は作業をする上で必要不可欠です。値段も気になるかもしれませんが、まずは安全性と動きやすさがしっかりと保たれているかどうか確認するようにしましょう。

費用の相場は、700〜950円/架㎡となっています。「架㎡」という単位は初めて聞く方が多いかもしれませんが、こちらは「足場をかけるおおよその面積」という意味です。

外壁に関する内容を調べていると、たまに出てくるので覚えておくと便利でしょう。

また、足場の費用に関してみなさんに気をつけていただきたいことがひとつあります。

注意
たまに「足場の費用は無料」とうたっている業者がいます。このようなことを言われた場合は、悪徳業者の可能性を疑いましょう。

というのも、足場の設置は一般的な30坪の家の場合15~20万程度かかるので、この分の費用がタダになるということはなかなか考えにくいからです。優良な業者の場合、このようなケースになることは特別な場合を除いてほぼ考えられないので、足場の費用が無料と言われたら逆に何か裏があるのではないかとう疑った方がいいでしょう。

養生シートの単価相場

これは主に足場を覆う養生シートの設置費用です。養生とは、塗料がつかないようにしたい部分塗装の必要がない部分を保護する目的で行うものです。

これをしないと塗料が飛散してしまったり、塗装が必要でないところまで汚してしまうので、大切な工程のひとつです。

費用の相場は350〜450円/架㎡ぐらいだと考えておきましょう。

高圧洗浄の単価相場

屋根塗装 高圧洗浄機

こちらは、屋根の洗浄費用を指します。ちなみに、高圧洗浄とは外壁についた汚れを落とすという目的で行うものです。汚れがついたまま塗装してしまうと、通常よりはやく剥がれてしまったり、劣化がスピードが早くなったりしてしまうので、この工程ではそれを防ぐ役割を果たします。

費用の相場は150〜250円/㎡程度だと認識していれば大丈夫です。また、トルネード洗浄という方法もあり、この場合は相場が300~500円/㎡と少し高くなります。

ちなみに見積書には、外壁の平米数+屋根の平米数×平米単価の金額が記載されている事が多いので、こちらも覚えておくと便利でしょう。

下地調整の単価相場

下地調整とは、主にサビ落としやケレン作業のことを指します。これをすることにより外壁の表面に着いているサビやホコリ、排ガス汚れや藻などを洗い落とすことができ、ひび割れの補修をすることができます

費用の相場は400〜700円/㎡となっていますが、補修が必要な場合はさらに費用が増してしまいます。

下塗りの単価相場

下塗り作業とは、サビ止めなどの下塗り作業のことです。こちらは、旧塗料の色が新塗料の発色を妨げないようにするためや、上塗りを塗装の表面に密着させるために行われます。外壁が上塗り塗料を吸い込むのを防ぐためシーラーを使い防止するという役割もあります。

費用の相場は600〜1,200円/㎡ほどです。もう少し細かく説明すると、普通のシーラーの場合は600~900円/㎡ですが、主にモルタル壁に使用する微弾性フィラーの場合は、900~1,200円/㎡あたりが相場になっているので、自分が使用する方がどちらか確認してみてください。

仕上げ塗装の単価相場

屋根塗装 作業する業者

仕上げ塗装とは、中塗りと上塗り作業を合わせたものを言います。見積もりの際はまとめられることが多いので覚えておくと良いでしょう。

仕上げ塗装の費用相場は1,500〜3,500円/㎡と、全体の中でも比較的高い割合を取ります。また、塗料の種類によっても価格は変動するので一概には言えません。

縁切りの単価相場

「縁切り」という言葉はみなさんあまり馴染みがないかもしれませんが、こちらは屋根に必要な隙間を塗装で塗りつぶしてしまわないよう切れ込みを入れる作業のことを言います。

そして費用相場は、おおよそ250〜360/㎡となっています。

ちなみに縁切りはカッターで行われますが、手間がかかったり時間がかかるためコストがかさんだりなどいくつか問題点があげられます。この他にも、屋根塗装の際に仕上げた塗装を傷つけ、屋根を汚してしまう可能性もあります。

そしてこのような問題を解決してくれるものに「タスペーター」というものがあります。

タスペーサーを使用すると、カッターでの縁切り作業を行う必要がなくなるので、作業の効率も上がるなどカッターに比べメリットも多いため人気ですが、タスペーサーを使用する際には塗装面積でサイズが変わるため、300~900円とやや高くなります

付帯部の単価相場

屋根塗装 軒天

こちらは破風板、軒天井といった屋根の付属部分の塗装のことを指します。外壁塗装と分けて行うこともできますが、なるべく外壁を塗装するのと一緒にやることをおすすめします。

なぜかと言うと、足場代が1回分で済むため費用を安く抑えることができることに加え、一度にやった方が仕上がりがきれいになるからです。

そして費用の相場は500〜1,500円/㎡となっています。

諸経費の相場

こちらは、ゴミ廃棄量、業者の利益など細かい費用の総称を言います。含まれる項目がとても多い、またひとつひとつが細かいため、「一式」と表記されることが多いです。

そして諸経費はだいたい工事総額の5〜15%が相場となっています。

今までの内容を以下に表でまとめたので、ぜひこちらも参考にしてみてください!

内訳 単価相場
足場 700〜950円/架㎡
養成シート 350〜450円/架㎡
高圧洗浄 150〜250円/㎡
下地調整 400〜700円/㎡
下塗り 600〜1,200円/㎡
仕上げ塗装 1,500〜3,500円/㎡
縁切り 250〜360/㎡
付帯部 500〜1,500円/㎡
諸経費 工事総額の5〜15%

屋根塗装の総額費用や単価が変わる要因をチェック!

見出し画像(屋根塗装 単価が変わる要因は?)

上記のように各工法の単価相場はわかったけど、ではなぜその値段になるのか気になりますよね…!ここでは屋根塗装に関する総額費用や単価は主に何によって変わるのか解説していきます。

塗料の種類

屋根塗装 塗料

まず、選ぶ塗料グレードや商品の性能によって費用は上下します。塗料は耐用年数が高いほど高額になる傾向があるなど、使う塗料の種類によって値段が大幅に異なってくることもあります。塗料の種類による費用の相場は上記で既に挙げた関連記事をご覧ください。

また、商品の性能も同様で、やはりより質のいいものを使用しようと思うと、その分値段が上がってしまうと言えます。

屋根の数や面積

そして、塗装する屋根の数や面積によっても費用は変わってきて、屋根の数が少なく面積が小さいほど費用は安くなります。

屋根の面積を測る方法は大きく分けて3つあります。

  1. メジャーなどを使い実際に測る
  2. 図面から計算
  3. 計算式から求める

また、場合に合わせてそれぞれの方法を使い分けることをおすすめします。

細かい数値を明確に知りたい場合はメジャーを使うといいでしょう。主に図面が残っている場合や計測が困難な場合などは、図面から計算する方法をおすすめします。おおよその塗装面積を出したい場合は計算式から求めてみましょう。

その際の計算式は「坪数×3.31」あるいは「延べ床面積×1.1〜1.4」で求めることができます。ちなみにこの方法で出した数字は正確ではないので注意しましょう。「延べ床面積」とは、建物のすべての床面積で、2階建てなら1階と2階の床面積を合わせたものです。

屋根の勾配

屋根塗装 屋根と空

同じ坪数の住宅でも、屋根の勾配が大きいほど面積が増えるため費用が増えます。勾配がきつい屋根は、屋根自体に足場の設置が必要なため費用が増すので、ある程度自分の家の屋根の勾配がどれくらいか把握しておくといいかもしれません。

自宅が業者の拠点から遠すぎる

業者の拠点から工事場所が遠すぎると出張費用がかかってしまいます。特に高速道路を使わなければ行けないような距離だと出張費用がかかりやすいです。知らずに遠い業者に頼んでしまい予想外に費用が高くなった、なんてことにならないようにあらかじめ注意するようにしましょう。

まとめると…
  • 塗料の種類によって総費用は変わってくる
  • 屋根の数や面積、勾配によっても価格は変わる
  • 自宅が業者の拠点から遠過ぎると高くなってしまう

屋根塗装の費用を抑える方法を知って節約しよう

見出し画像(屋根塗装 費用を抑える方法は?)

できることなら、なるべく同じクオリティの屋根塗装を安く済ませたいと思いますよね…!大幅に値段が減る裏技!などはありませんが、知っておくことで少々費用を安く抑えることができたり、不当の高い値段を払うことを避けることができます。

その方法を以下で主に3つご紹介するので、屋根塗装を業者に頼む際には参考にしてみてください。

訪問営業の業者を避ける

屋根塗装の訪問業者まずはじめに、いきなり訪問をし営業をしかけてくる業者には依頼しないようにしましょう。優良業者の場合、向こうから訪問営業をしてくることはほぼありませんので、急に訪問営業をしてくる業者がいたら、悪徳業者だと疑っておいた方が安全です。

また、このような業者に依頼してしまうと、トラブルが起こりやすかったり詐欺にあったりする可能性もあるので、気をつけるようにしましょう。

自社施工の会社に依頼する

 

下請けに作業を任せて仲介料だけを抜き取る会社に依頼すると、工事費が無駄に増えてしまいます。反対に、自社で工事をしている塗装会社に直接依頼すれば費用は安く済むので、なるべく自社で工事をしている業者に頼むようにしましょう。

また、その際業者が自社で施工をしているか下請けに施工を任せているかチェックする方法としては、会社のホームページを確かめて、職人の写真を掲載しているかどうかをチェックしてみるのがよいでしょう。職人の写真がある場合は自社施工の可能性が高いと言えます。

コストパフォーマンスに優れた塗料を使う

屋根塗装 黄色い塗料アクリル塗料やウレタン塗料は単価自体は安いものの、耐久性が非常に低いため屋根塗装に使うとコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。

屋根塗装をする際に使用する塗料としては、シリコン塗料やフッ素塗料がオススメです。

まとめると…
  • 訪問営業の業者は避けよう
  • 自社施工の会社に依頼するようにしよう
  • コストパフォーマンスに優れた塗料を使おう

【屋根材別・坪別】の工事費用の目安

見出し画像(屋根材・坪別 工事費用の目安は?)

屋根材や坪の大きさによっても費用は変わってきます。ここでは、屋根材別・坪別の工事費用の相場を見ていきましょう。ぜひ以下の表を参考に、各屋根材の費用を比較してみましょう。

トタン屋根 ストレート屋根 セメント瓦
20坪 30〜65万円 30〜65万円 35〜55万円
30坪 40〜90万円 40〜90万円 45〜70万円
40坪 50〜110万円 50〜110万円 60〜90万円
50坪 60〜130万円 60〜130万円 70〜105万円
注意
ちなみに、上記はシリコン塗料あるいはフッ素塗料による大雑把な目安です。屋根の面積や構造によって価格は変化します

このようにみると、トタン屋根とストレート屋根はだいたい値段が同じですが、セメント瓦はそれよりやや高くなっていると言えますね。

そもそも屋根塗装は必要?屋根の寿命と劣化症状

見出し画像(屋根の寿命と劣化症状は?)

では最後に、屋根塗装の大切さについて話していこうと思います。

なるべく費用をかけたくないし、できることなら屋根塗装をしなくても問題がないなら放置しておいた方が楽…なんて思ってしまいますよね。しかし、屋根塗装を怠ってしまうと様々な問題が発生してきてしまうのです。以下に、屋根塗装を放置した際起こる主な問題をご紹介していきます。

屋根塗装の耐用年数

屋根塗装 カラフルな家の模型

屋根塗装は一回すれば言い訳ではなく、効果は永遠でないので定期的に塗装しなおす必要があります。また、使用している塗料によっても耐用年数がだいたい決まっており、シリコン塗装で6〜12年フッ素塗装で8〜15年となっています。

そのため、そろそろ6年、8年を過ぎたらそろそろ様子を見て塗装を検討してみることをおすすめします。

屋根塗装が必要な劣化症状

塗装を怠っていると発生する問題には、主に以下のようなものが挙げられます。

  • サビ
  • 穴あき
  • ひび割れ
  • 屋根材の変形や破損

これらは放置すれば放置するほど悪化していき、修理が必要になってしまうため、修理費も考えると結局塗装してもらうより高くなってしまう可能性があります。

なるべく無駄な費用をかけたくはありませんよね。塗装する時期が遅過ぎたせいで余計な出費が出てしまった…なんてことにならないように、計画的に屋根塗装を行うようにしましょう。

また、いつ行えばいいのか分からない場合は、業者に聞いてアドバイスをもらうのもいいかもしれません。

費用の相場を知って計画的に屋根塗装を検討しよう!

いかがでしたか?屋根塗装のだいたいの相場を知ることで、計画的に検討していけると思います。今回は施工の中の細かい内訳の費用相場もご紹介しているので、見積もりをみる際には、不当に高い値段を請求されていないか確認することもおすすめします。

また、中には費用がもったいないからと言って屋根塗装に前向きでない方もいるかもしれませんが、そのせいでサビができたりひび割れしたりと、またそれが原因で屋根材の変形や破損に繋がってしまうこともあります。

長い目で見ても、計画的にしっかり塗装やメンテナンスをしていくことが、結局一番無駄な出費を出さなくて済む方法なのではないでしょうか?

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami