外壁用塗料【クリーンマイルドシリコン】の価格と評判!特徴やメリット・デメリットも紹介

この記事でわかること
  • クリーンマイルドシリコンとはどんな塗料?
  • クリーンマイルドシリコンのメリット・デメリットとは?
  • クリーンマイルドシリコンの口コミ

「クリーンマイルドシリコン」とは?

クリーンマイルドシリコン

楽天市場より引用

クリーンマイルドシリコンとは、エスケー化研の販売するシリコン塗料の商品名のひとつで、臭気も少なく、安全性も高い塗料です。対応建材も多く、ご自宅の外壁を好みの艶感で安全に塗ることができます。

クリーンマイルドシリコンの特徴や価格などについて表にしてみました。

ポイント クリーンマイルドシリコンの特徴
種類(グレード) 外壁用・超低汚染・超耐久性NAD型特殊アクリルシリコン樹脂塗料
対応建材 コンクリート、セメントモルタル、ALCパネル、スレート板、GRC板、押出成形セメント板、各種サイディングボード、各種旧塗膜(活膜)など
鉄部、亜鉛メッキ鋼、アルミニウム、ステンレスなどの金属
機能性 超低汚染性、超耐久性、防かび・防藻性、透湿性
耐用年数 12~15年
価格 2,500~3,000円/㎡(やや安い)
艶タイプ つや有り、7分つや、5分つや、3分つや
塗装方法 吹付、ローラー、刷毛

クリーンマイルドシリコンのカラーバリエーションは、標準49色です。
クリーンマイルドシリコン カラーバリエーション

エスケー化研とは?
エスケー化研とは、1955年に創業した、建築用塗料の大手メーカーです。
外装用塗料に強く、建築仕上塗材ではシェアNo.1で、内装用塗料でも高いシェアを誇っています。

参考 クリーンマイルドシリコンエスケー化研

クリーンマイルドシリコンのメリット・デメリット

クリーンマイルドシリコンには、その人気を誇るだけの多くのメリットがあります。
その一方で、デメリットもあります。

外壁塗料は家の外観や、その機能の持続にも関わってきます。
慎重に選ぶためにも、しっかりとメリットとデメリットを確認しておきましょう。

ここでは、メリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット①超低汚染性

クリーンマイルドシリコンは、セラミック複合の特殊技術により、これまでにないほどの超低汚染を実現しました。

外壁は、雨や風にさらされる部分。そのため、非常に汚れやすい部分です。クリーンマイルドシリコンは超低汚染性をもつため、外壁の美しさを保つことができます

メリット②超耐久性

クリーンマイルドシリコンは超耐候性も持っています。その性能は、耐候形1種に相当するほど。

雨に打たれたり、寒暖差にさらされたりしていると、外壁はどんどん劣化していきます。超耐候性があることにより、その劣化を遅らせることができます。

メリット③防かび・防藻性

クリーンマイルドシリコンは、特殊設計がされており、それによって防カビ・防藻性を誇っています。

雨の多い地域や、川や海に近い地域など、カビや藻の危険がある地域に住む方には、向いている塗料と言えるでしょう。

メリット④透湿性

クリーンマイルドシリコンは透湿性を持っています。このように透湿性をもつ塗膜は、内部結露の防止に役立ちます。

寒暖差により内部結露が発生してしまうと、塗膜の内側から劣化が進んでしまいます。それを避けることにも役立つ塗料です。

メリット⑤幅広い下地適用性

クリーンマイルドシリコンは弱溶剤で構成されているため、前に塗っていた塗料の種類を問わずに、優れた密着性を発揮します。

そのため、塗り直しの際に選びやすい塗料と言えるでしょう。

メリット⑥環境に優しい

クリーンマイルドシリコンは、臭気が少なく、安全性も高い塗料です。そのため、作業環境の改善にも役立ちます。

塗りたての外壁でも匂いが目立たないため、近隣への影響も控えめにすることができます。

デメリット①艶なしにはできない

クリーンマイルドシリコンは、つやなしの選択ができません

そのため、和風の住宅など、つやなしを選択したい方には向いていない塗料です。

こんな人におすすめ
  • 雨の多い地域や、川や海に近い地域に住む方
  • きれいな外壁を長持ちさせたい方
  • 塗り替えをしたいが、前の塗料が分からない方

クリーンマイルドシリコンシリーズを比較

クリーンマイルドシリコンシリーズを比較
クリーンマイルドシリコンシリーズには、クリーンマイルドシリコン・弾性クリーンマイルドシリコン・クリーンマイルドシリコンCR・クリーンマイルドシリコンSTの4種類があります。

それぞれの特徴とその違いについて確認していきましょう。

クリーンマイルドシリコン

クリーンマイルドシリコンは、クリーンマイルドシリコンシリーズの代表的な塗料です。セラミック複合技術を取り入れた、低汚染性の高い塗料となっています。

ポイント クリーンマイルドシリコンの特徴
特徴 セラミック複合技術を取り入れたシリコン塗料
価格 2,200円/㎡
耐用年数 12~15年
対応下地 コンクリート、セメントモルタル、ALCパネル、スレート板、GRC板、押出成形セメント板、各種サイディングボード、各種旧塗膜(活膜)など
鉄部、亜鉛メッキ鋼、アルミニウム、ステンレスなどの金属

シリーズの代表的な塗料なだけあり、対応下地も多く、汎用性の高いものとなっています。そのため、クリーンマイルドシリコンシリーズの中でも迷ったらクリーンマイルドシリコンがおすすめです。

弾性クリーンマイルドシリコン

弾性クリーンマイルドシリコンは、クリーンマイルドシリコンよりも弾性が高く、ひび割れを起こしにくい塗料となっています。

ポイント 弾性クリーンマイルドシリコンの特徴
特徴 ひび割れに強いクリーンマイルドシリコン
価格 2,500円/㎡
耐用年数 12~15年
対応下地 防水形仕上塗材や可とう形改修塗材の上塗り

弾性クリーンマイルドシリコンは、少しお値段が高くなるものの、ひび割れを抑える仕様なため、ひび割れを避けたい!という方におすすめの塗料です。

クリーンマイルドシリコンCR

クリーンマイルドシリコンCRは、JIS認証を受けた塗料です。そのため基準の厳しい公共建築物の塗装に向いています。

ポイント クリーンマイルドシリコンCRの特徴
特徴 JIS認証を受けた公共建築物向きのクリーンマイルドシリコン
価格 2,200円/㎡
耐用年数 12~15年
対応下地 コンクリート、セメントモルタル、押出成形セメント板

クリーンマイルドシリコンCRは、あまり一般住宅向けの塗料ではありません。JIS認証を受けており、品質が保証されている塗料です。

クリーンマイルドシリコンST

クリーンマイルドシリコンSTも、JIS認証を受けた塗料です。公共建築物の鉄部の塗装に使用できます。

ポイント クリーンマイルドシリコンCRの特徴
特徴 JIS認証を受けた公共建築物向きの鉄部用クリーンマイルドシリコン
価格 2,500円/㎡
耐用年数 12年程度
対応下地 鉄部、亜鉛メッキ鋼、アルミニウム等

クリーンマイルドシリコンSTも、あまり一般住宅向けではありません。JIS認証を受けており、公共施設の塗装に向いています。

塗料選びの落とし穴!業者によって塗れない塗料があるって本当⁈

残念ながら本当です。 塗料によっては高度な塗装技術が必要だったり、特定の業者にしか取り扱いを認めていない塗料も存在するのです。つまり、塗料が決まっても業者さんが塗ることができなかったら意味がないのです。

そこで外壁塗装ほっとらいんでは、経験豊富なスタッフがお客様にぴったりの塗料・業者選びをサポートいたします。 「自宅の外壁にどんな塗料が最適なのかわからない。」 「おすすめの塗料を提案してほしい!」 といったお悩みの方もぜひお気軽にご相談ください!もちろん費用はかかりません。

無料相談フォームへ

クリーンマイルドシリコンの口コミや評判

クリーンマイルドシリコンの口コミや評判
ものを選ぶうえで気になるのは、実際に選んだ人や使っている人の評価や口コミですよね。

そこで、ここからはクリーンマイルドシリコンの口コミや評判について、見ていきましょう。

シリコン系の中でも耐久性が高い方で、他のメーカーの商品よりも少し安いので、クリーンマイルドシリコンに決めました。
マットな仕上がりは期待できません。マットにしたい人は、別の塗料がいいかも。

クリーンマイルドシリコンは耐候性や防汚性に優れていて、美しさをキープすることができます。
シリコン系塗料の中では安く、性能もいいのでおすすめです。

クリーンマイルドシリコンは価格は高いが質は良い

クリーンマイルドシリコンは、シリコン系塗料の中では安く、低汚染性や高耐久性、防カビ、防藻など、魅力もたくさんあります。

その魅力を十分に発揮するためにも、お住まいがクリーンマイルドシリコンと合う外壁材であるかを確認しておきましょう。
また、業者を選ぶ際にも注意が必要です。業者選びのポイントについての記事もあるので、以下の記事を参考にしてみてくださいね。

信用できる外壁塗装の口コミサイト3選!評判のいい業者選びのコツとは?

快適な屋根塗料選びのためにも、この記事が参考になれば幸いです。

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami