屋根材「カラーベスト」とは?基礎知識から工事費用まで徹底解説!

カラーベストとは、板状の屋根材のことです。様々なメリットがあるため人気の建材となっています。

では、カラーベストとはどのような特徴のある建材なのでしょうか。今回の記事ではカラーベストの概要や主な特徴、メリットやデメリットなどについてお伝えしていきます。

カラーベストに興味がある方は、ぜひご一読ください!

この記事でわかること
  • カラーベストの概要、メリット・デメリット、おすすめはこんな人
  • 他の屋根材とカラーベストとの比較
  • カラーベスト商品の種類と特徴、その選び方
  • カラーベストの劣化症状やメンテナンスの費用
  • 業者選びの注意点

 

カラーベストとは屋根材の一種です。様々なメリットがあるので、人気の建材となっています。

ここではカラーベストの概要や基礎知識、アスベストに関する情報についてお伝えしていきます。

カラーベストとは

ケイミュー「カラーベスト」

ケイミューより引用

カラーベストとは、薄い板状の屋根材のことで一般に「スレート」と呼ばれることもあります。

建材を販売しているケイミューという会社が提供している屋根材の商品名で、様々な特徴のある商品が販売されています。需要に合わせてカラーやデザインを選べるのも、カラーベストの魅力のひとつです。

カラーベストの基礎知識

カラーベストは屋根材としてシェア率が高く、ケイミューが販売している別の屋根材「コロニアル」と並んで多くの屋根に使われいる屋根材です。

シェアが高いため、屋根材で「スレート」と言えばこのカラーベストかコロニアルを指します。屋根の勾配がゆるい場所に使用すると、雨漏りが起こりやすいため、施工にはある程度の勾配が必要です。

カラーベストとアスベスト

アスベストカラーベストはかつて人体に有害な影響を与えるアスベストを含んでいたことがあります。アスベストの建材への使用は2004年に法律で規制されているので、2004年より後に製造されたカラーベストにはアスベストを含んでいません。

しかし、2004年以前に製造されたカラーベストには、アスベストが含まれている可能性が高く注意が必要です。2004年以前にカラーベストで屋根を施工した場合は、撤去するときにアスベストの処理ができる業者に撤去を依頼する必要があります。

まとめると…
  • カラーベストとは薄い板状の屋根材で「スレート」と呼ばれることが多い
  • 2004年に法律で規制される前のカラーベストにはアスベストが含まれているので注意が必要

屋根材カラーベストのメリット

カラーベストは数々のメリットがあるので、多くの住宅で使われている人気の屋根材です。カラーベストのメリットには、どんなものがあるのでしょうか。

ここではカラーベストの主なメリットについてお伝えしていきます。

色やデザインが豊富

ケイミューより引用

カラーベストはカラーやデザインが豊富という特徴があります。そのためデザインにこだわりが強い方に人気の屋根材です。

屋根の色を周囲と違った色にしたい、自分のイメージを忠実に再現したいという方に向いている屋根材でしょう。

価格が安い

カラーベストは価格が安い部類に入る屋根材です。コストを抑えて屋根を施工できるので、屋根の工事にそれほど費用をかけたくない方にも人気となっています。

軽量で耐震性が高い

カラーベスト薄い板状の屋根材なので、カラーベストはとても軽量です。建物は重量が増すほど耐震性が下がっていくので、建物の耐震性を損ないたくない方にもおすすめできます。

施工できる業者が多い

カラーベストの施工はあまり難易度の高い作業ではありません。実績や経験が豊富な業者ではなくても施工しやすいので、業者を選ぶ幅が広がります。

まとめると…
  • カラーやデザインが豊富でデザイン性が高い
  • 価格が安いので工事費用を抑えることができる
  • 軽量で耐震性が高い
  • 工事の難易度が低いので施工できる業者が多い

屋根材カラーベストのデメリット

メリットが多いカラーベストですが、デメリットもあります。カラーベストには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは、カラーベストの主なデメリットについてお伝えしていきます。

他の屋根材に比べ凍害に弱い

カラーベスト 凍害カラーベストは構造的に隙間などに水が溜まりやすいという特徴があります。気候が寒いときなどは、たまった水が凍りつくなど凍害の被害を受ける可能性が高いです。

瓦や金属サイディングなどに比べて凍害に弱いので、北海道や東北などの寒冷地での使用にはあまり適していません。

雨漏りしやすい

カラーベストは複数の板をつなぎ合わせて施工するため、隙間から雨水が入り込みやすいという特徴があります。

そのため、屋根の勾配があまりない場所で使用すると、雨水がたまって浸水し雨漏りが起こる恐れがあるため注意が必要です。

雨漏りを起こさないように施工するには、ある程勾配がある屋根の方が向いています。

割れやすい

カラーベストは薄い板状の屋根材なので、衝撃に弱く割れやすいという特徴もあります。

スレートが割れると、その割れ目から内部に水が浸入し、雨漏りを起こす可能性があり危険です。スレートの割れを見つけたら、早急に補修が必要になります。

まとめると…
  • 水が隙間にたまりやすく凍害に弱いので寒冷地に向かない
  • 板状の屋根材を組み合わせているため雨漏りする可能性がある
  • 薄いため衝撃に弱く割れやすい

屋根材カラーベストはどんな人におすすめ?

様々なメリットやデメリットがあるカラーベストですが、どのような人に向いている屋根材なのでしょうか。

ここでは、こんな人にはカラーベストがおすすめという事例をいくつかご紹介していきます。

色やデザインにこだわりがある人

カラーベスト 色 デザイン他の章でもお伝えしていますが、カラーベストはデザインやカラーが豊富という特徴があります。

そのため、デザインにこだわりが強い人はカラーベストを使用することで、思い通りのデザインの屋根にすることが可能です。

「屋根はこんなデザインにしたい」という意志が強い人に向いています。

安価な屋根材を探している人

カラーベストは価格が安いという特徴もあります。

施工の予算が少ない場合でも、カラーベストなら施工できる可能性があります。

施工費用をなるべく抑えたいという人にも、カラーベストはおすすめの屋根材です。

カバー工法をしたい人

屋根 カバー工法カラーベストは軽量の屋根材なので、建物の重量を大きく上げることはありません。そのため、既存の屋根に重ね葺きするカバー工法での使用にも適しています。

他の屋根材に比べてもかなり軽量なので、金属スレートの他様々な素材の屋根に重ね葺きすることが可能です。

まとめると…
  • カラーやデザインが豊富なのでデザインにこだわりたい人におすすめ
  • 安価なので建築コストを抑えたい人にも向いている
  • 軽量なのでリフォームをカバー工法で行いたい人にもおすすめできる

カラーベストと他の屋根材を徹底比較!

屋根材にはカラーベストの他にも魅力的な屋根材があります。他にはどんな屋根材が人気なのでしょうか。

ここでは、カラーベスト以外の人気の屋根材をいくつかご紹介していきます。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板 ガルバリウム鋼板は金属性の屋根材です。カラーベストに比べると雨漏りを起こしにくく、軽量という特徴があります。

ただし錆びにくい加工はしてあるものの、金属素材のため環境によっては錆びてしまうこともあります。

瓦屋根瓦は昔から日本にある屋根材です。カラーベストに比べると丈夫で、耐用年数が長くメンテナンスもほとんど必要ありません。日本家屋に適した重厚なデザインが特徴です。

ただし重量が大きくて耐震性が低く、単価が高いという難点もあります。

アスファルトシングル

アスファルトシングルアスファルトシングルは薄いシート状の屋根材です。軽量なカラーベストと比べてもより軽く、デザイン性が豊富です。ただしカラーベストよりも薄くて軽量なため、耐久性は低くなります。

さらに強風で吹き飛びやすいので台風など強い風が頻繁に吹く地域での使用には呈しません。また施工が難しいので、施工が十分に行える業者を探すのが難しいという難点もあります。

まとめると…
  • ガルバリウム鋼板は金属サイディングで耐久性が高いが錆びる可能性がある
  • 瓦は耐久性が高くメンテナンスフリーだが重量が大きく建物の耐震性が下がる
  • アスファルトシングルは軽量だが耐久性が低く強風で吹き飛びやすい。また施工業者も限られる。

屋根材カラーベストの種類と特徴

人気のカラーベストは、様々な特徴のある商品が販売されています。では、どのような商品が人気なのでしょうか。

ここでは、カラーベストの中でも特に人気の商品をいくつかご紹介していきます。

グラッサ

カラーベスト グラッサ

ケイミューより引用

グラッサは木目調のデザインが特徴の屋根材です。表面のグラッサコートによって、発色を長く保つことができます。

価格は1枚あたり主に670円ですが、価格は種類によって異なります。

プレミアムグラッサ

プレミアムグラッサ カラーベスト

ケイミューより引用

プレミアムグラッサは石目調のデザインが特徴です。グラッサの発色を保つ機能に加えて、デザイン塗装スプレーにより深みのあるカラーを実現しました。

木目調よりも重厚感を出したい場合におすすめのデザインです。価格は主に1枚790円程度ですが、種類により値段が異なることもあります。

遮熱グラッサ

遮熱グラッサは、グラッサの性能に遮熱性能を加えた屋根材です。空調効率をアップさせたい場合などの使用に向いています。

外部の熱を室内に伝えにくいので、夏に熱くなる地域での使用に適しています。価格は1枚当たり660円です。

クァッド

クァッドはアクリルコートと無機塗料によって、経年劣化による変色を抑える機能を持った屋根材です。屋根材の耐用年数を長くしたい場合の使用に向いています。

クァッドのデザインは、和風建築や洋風建築など、どんなスタイルにも適した横一文字葺きです。価格は1枚当たり590円となっています。

ちなみにすべてのカラーベストに対応したメーカー保証についてですが、雨水の室内への侵入が10年、色感の著しい変化には2年のメーカー保証があります。日数は施工日からの計算です。
まとめると…
  • グラッサは木目調のデザインが特徴。1枚あたり670円からある。
  • プレミアムグラッサは石目調のデザインで高級感がある。1枚あたりの価格は790円から。
  • 遮熱グラッサは遮熱性能がある。1枚あたりの価格は660円。
  • クァッドは無機塗料で経年劣化を防いだカラーベスト。和風洋風双方にフィットするデザインで、1枚あたり590円ほど。

屋根材カラーベストの選び方!

カラーベストを屋根材として選ぶときは、どのような選び方をすると良いのでしょうか。

ここでは、カラーベストを選ぶときの基準になるものをご紹介していきます。

費用で選ぶ

カラーベスト 費用カラーベストは商品によって価格が異なります。そのため、価格を抑えたい場合は価格が安い「クァッド」がおすすめです。

デザインも横一文字葺きで、洋風建築にも和風建築にもマッチしますので、汎用性も高くなっています。

性能で選ぶ

性能で選ぶのであれば、遮熱性能がある「遮熱グラッサ」がおすすめです。遮熱機能があるため、室内の空調を効率的に保つことができます。

夏の暑さが厳しい地域などに、特におすすめです。

デザインで選ぶ

屋根 デザイン カラーベストデザインで選びたい場合は、木目調が特徴の「グラッサ」、石目調が特徴の「プレミアムグラッサ」がおすすめです。

屋根材を木目調にすると柔らかくて優しい雰囲気を、石目調にするとシックで高級感のある雰囲気を出すことができます。

まとめると…
  • 費用で選ぶなら「クァッド」がおすすめ
  • 性能で選ぶなら「遮熱グラッサ」
  • デザインで選ぶなら「グラッサ」か「プレミアムグラッサ」

屋根材カラーベストによくある劣化症状とは?

カラーベストも設置してから時間がたてば劣化します。ではどのような劣化症状が出てくるのでしょうか。

ここではカラーベストが劣化したときに出てくる症状について、主なものをお伝えしていきます。

割れやヒビ

カラーベストは素材自体が薄くて軽いので割れやすい素材です。そのため割れやヒビが入りやすいという特徴があります。

割れやヒビができると、雨漏りなどの恐れがあるので、該当箇所を見つけたら早めに補修を依頼することが大切です。

色褪せ

カラーベスト 色あせ色褪せはカラーベストの塗装が劣化したときに出る症状です。一般的には、設置から10年ほどすると色褪せしてきます。

色褪せが出始めたらこれから劣化が進むサインなので、10年経過していなくても塗り替えが必要です。なお塗膜の劣化は環境によっても異なるので、10年にこだわらず定期的な点検をしておくと安心です。

塗装の剥がれ

スレート屋根 塗装はがれ色褪せからさらに劣化が進むと、カラーベストの塗装が剥がれてきます

一般的に10年以上放置すると塗膜が剥がれると言われており、剥がれてきたら早急に補修が必要です。とは言え、色褪せと同じく塗膜が剥がれる時期も環境によって異なるため、経過年数に関係なく剥がれが出てきたら塗り替えと考えてください。

なお、塗膜の剥がれを放置すると、塗装の内側のカラーベスト本体も劣化が進んで破損しやすくなります。

屋根の破損

カラーベストは薄くて軽量な屋根材なので、衝撃に弱いという特徴があります。

何らかの衝撃で破損が起こった場合は、雨漏りなどの恐れがあるので早急に補修が必要です。雨漏りを放置すると内部の建材にまで劣化が進んでしまいます。

変形

カラーベスト自体が劣化してくると、反り返るなど変形が起こり始めます。形が変化することで隙間が生じ、雨漏りの原因になるため早急に補修が必要です。

他のカラーベストも劣化が進行している可能性があるので、一度屋根を全体的に業者に点検してもらうと良いでしょう。頻度は5年に1度程度がおすすめです。

まとめると…
  • 割れやヒビ、破損や変形が出てきたら早急に補修作業が必要
  • 色褪せや塗装の剥がれが起こったら、塗料の塗り替え作業が必要

屋根材カラーベストの工事にかかる費用

カラーベストを屋根に施工するには、どれぐらいの費用が必要なのでしょうか。

ここでは屋根材をカラーベストにするときの費用について、工程別にお伝えしていきます。

塗装工事

カラーベスト 塗装塗装の劣化が起こって塗装を塗り替えるときは、30坪程度の住宅で40万円から70万円程度の費用が相場です。

また、使用する塗料によっても価格は異なります。ウレタン塗料は1平方メートルあたり2,500円ほど、シリコン塗料では2,800円、フッ素塗料では3,600円程度です。

アスベストの撤去

カラーベストは2004年以前に製造された製品の場合、人体に有害なアスベストを含む可能性があります。アスベストを含む建材を撤去する場合は、アスベストを廃棄できる業者に依頼する必要があるので注意が必要です。

アスベストの撤去費用は、1平方メートルあたり3,000円から5,000円ほどです。また処分費用として別途3万円から5万円ほど必要になります。

カバー工法

カバー工法 カラーベストカバー工法でカラーベストを使用する場合は、30坪の住宅で40万円から70万円程度が相場です。

撤去費用がかからないので、葺き替えをするよりも低価格で工事ができます。

葺き替え

葺き替え工事は既存の外壁材を撤去するため、カバー工法よりも費用がかかります。

だいたい30坪程度の住宅で50万円から80万円程度が相場です。

まとめると…
  • 塗装工事は30坪程度の住宅で40万円から70万円程度。塗料の価格によっても変動する。
  • アスベストの撤去費用は、1平方メートルあたり3,000円から5,000円ほど。別途手間代として3万円から5万円ほど必要になる。
  • カバー工法は30坪の住宅で40万円から70万円程度が相場。
  • 葺き替え工事は30坪程度の住宅で50万円から80万円程度が相場。

屋根材カラーベストの業者選びの注意点!

カラーベストを施工するときには業者に施工を依頼します。業者選びを間違えると、施工不良などを起こすこともあるので注意が必要です。

ここでは、依頼する業者を選ぶときに気を付けるべきポイントについてお伝えしていきます。

経験豊富な業者に依頼する

カラーベストの施工は比較的難易度が低いので、多くの業者が取り扱っています。しかし実績が少ない業者の場合、技術力不足から施工不良を起こす可能性も否定できません。

施工不良が起こると雨漏りが起こったり、塗料が劣化しやすかったりするなど、耐用年数が少なくなってしまう恐れがあり注意が必要です。工事を依頼するときは、経験豊富で信頼できる業者に依頼しましょう。

相見積もりをしよう

工事を業者に依頼するときは、複数の業者に相見積もりを取ることが大切です。見積もりを複数取ることで、工事費用や工事内容などを比較検討することができます。

抽象的な内容や安すぎる見積もりに注意して、適正な価格で丁寧な説明のある信頼できる業者に依頼するようにしてください。

自社施工の会社を選ぼう

自社施工 カラーベスト大手の業者に依頼すると安心のような気がしますが、下請けに工事を依頼することが多くその際に仲介料も取られることがあります。また地元に密着していないため、その地域に合った施工をしてくれない可能性もあるので要注意です。

自社で施工を請け負う地元の業者であれば、仲介料を取られることもなく、地域の気候を考慮した工事を施工してもらえる可能性が高くなります。

工事を依頼するときは、仲介料のかからない自社施工の、できれば地元密着型の信頼できる業者に依頼した方が良いでしょう。

まとめると…
  • 経験豊富な業者に依頼することで施工不良を防ぐ
  • 相見積もりを取って工事費用や工事内容を比較検討する
  • 仲介料を払わなくても良い地元の自社施工の業者がおすすめ

カラーベストは扱いやすくデザイン性も抜群!

カラーベストは価格が安価でデザイン性も高く、扱いやすい屋根材なので多くの住宅で使用されています。シェア率も高く、建材で「スレート」と言えばこのカラーベストを指すことがほとんどです。

ただしカラーベストの耐用年数を保つには、塗装の塗り直しなどメンテナンス作業を定期的に行う必要があります。劣化症状が目立ってきたら葺き替えや重ね張りといった工事も必要です。

デザイン豊富で扱いやすいカラーベストは、定期的にメンテナンスをして長持ちさせていきましょう!

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami