ALC外壁とは?外壁材の基礎知識から塗装のポイントまで解説!

ALC外壁の「ALC」ってどういう意味なの?そもそもALCってどういう素材で作られていて、どんな特徴があるの?と思っている方いらっしゃいませんか?

この記事では、ALC外壁がどのような外壁なのか、分かりやすく解説します。ALC外壁を検討されている方は是非参考にしてみてください!

この記事でわかること
  • ALC外壁とは?
  • ALC外壁の特徴、メリット・デメリット
  • ALC外壁と他の外壁材との違い
  • ALC外壁の塗装時のポイント

ALC外壁とは?

ALCと聞くと、最近できた外壁のように思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外に歴史は古いんです。なんと100年以上も前から現在に至っても、作り続けられている外壁なんです。

Autoclaved(気泡の入った) Lightweight(軽量の) aerated Concrete(コンクリート)の頭文字を取って「A」「L」「C」と呼ばれています。高性能なコンクリートで、超高層の建物から一般住宅まで幅広く使われています。

ALC外壁の材質


ALCの原料は、珪石、生石灰、セメントから作られています。これらに発泡剤を加えて気泡を発生させ、鉄筋マットやスチール製の金網といった補強材の付いたパネルの型枠に流し込んで高温・高圧の蒸気釜を使って10数時間かけて固めて作られたものがALCパネルとなります。

他の外壁材のサイディングボードと似ていますが、ALCパネルはサイディングに比べて倍以上の厚みがあります。

ALC外壁の特徴

一番大きな特徴は、頭文字Aの「Autoclaved」気泡が入っているということです。実際に ALCパネルの断面を覗いてみると、コンクリートの内部に小さな気泡が無数にあります。

通常のコンクリートは現場に原料を運んで、その場所で固めるので品質が現場作業の精度に依存してしまうところがありますが、ALCパネルは工場で塗装も施されているため安心です。

さらに、ALCパネルの生産には、日本工業規格の認証が必要で、生産できるのが日本に3社しかありません。そのため、製品にムラがなく、高品質で信頼性の高い外壁材なのです。

まとめると…
  • ALCは気泡と補強材で作られたコンクリート
  • パネル(ボード)状に加工されている
  • 工場生産により高品質で安定している

ALC外壁のメリット

ALC外壁には小さな気泡が無数にある特徴的な外壁材です。その特徴ならではのメリットがたくさんあります。

なぜコンクリートに気泡があるとメリットがあるのか、ここで詳しく解説していきます。

耐久性が非常に高い

外壁材を選ぶ際の大きな要素の1つが、耐久性ではないでしょうか。ALC外壁は、医療施設や高層ビルでも使われているほど高い耐久性を誇ります。

コンクリートの内部に有機材が含まれていると時間が経つにつれて、ひび割れが起こってきたり、反りが出てきたりしてしまいます。無機物で作られているALC外壁にはそのような心配はありません。

建て替えをせずに長く住み続けたいと考えられている方にはオススメの外壁材といえるでしょう。

耐火性と断熱性を兼ね備えている


ALC外壁は、無機物で作られているので、炎や熱の影響を受けにくく有害物質が発生することもありません。火事などに対する安全性を重視する方にとっては、とても重要な要素です。

また、内部の小さな気泡などの空気の層が熱を伝わりにくくするため、季節を問わず、室温を一定に保つ働きがあります。熱伝導率はコンクリートの10%です。

世界中で長い間ALC外壁が使われ続けているのは、厳しい気候でもこの機能を発揮できるからといえるでしょう。

軽量のため耐震性が高い

ALC外壁は、非常に軽量で通常のコンクリートの約1/4くらいの重さしかありません。この軽さは、職人の施工のしやすさに直接反映されます。施工がしやすくなれば、すぐに施工を始めることができ、当然工期も短くなります。

軽量で建物へかかる負担も小さいため、地震に対する安全性も高いです。さらにパネルの特性を活かした施工法で、より地震に強くすることもできるため、耐震対策を考えられている方には打ってつけの外壁材といえるでしょう。

高い遮音性で騒音対策にも最適

ご近所の音が気になるという経験はないでしょうか。普段の生活の中で、騒音問題は避けて通れない部分だと思います。

ALC外壁は、気泡と厚みにより、高い遮音性を発揮します。新幹線のホームなどにこの外壁材が多く使われているのは、こうした利点を活かしているためです。小さなお子様がいるお母様にとっても嬉しいメリットです。

まとめると…
  • 気泡により、メリットが豊富
  • 特に断熱性・耐火性・耐久性が高い
  • 軽量で、高い施工性と耐震性

ALC外壁のデメリット

ここまでを読んで頂いた方が気になるのはデメリットですよね。高性能なコンクリートで、優れたメリットがある反面、当然デメリットもあります。

ただし、対策をすれば十分対応できるので、ALC外壁を検討されている方は、ここで紹介する部分を押さえておきましょう。

唯一の弱点は耐水性

ALC外壁にとって、水は大敵です。内部に小さな穴が空いているため、スポンジのように水を吸収してしまいます。当然、気泡に水が入ると膨張してしまい、そこからひび割れが生じてしまいます。

ALC外壁を使用する場合は、防水対策を合わせて考える必要があります。

パネル間のつなぎ目が多い


耐水性が低いために、シーリングやコーキングと言われる、パネル間のつなぎ目が多いこともデメリットとなります。

どうして?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、つなぎ目が多いと言う事はそれだけ水が入るリスクが高いということです。

ALCはサイディングボードよりもサイズが小さい分、つなぎ目が多くそこで使われているシーリング材が劣化してしまうと、そこから水の浸入を許してしまうことになります。

他の外壁材より費用がかかる

ALC外壁は、JIS規格を遵守することで品質レベルは安定しています。その分、外壁材の価格としてはどうしても高くなってしまいます。

工期が他より短くなる部分で、人件費を抑えることは可能ですが、外壁材そのものの価格は決して安くありません。

まとめると…
  • 水を吸収してしまう
  • つなぎ目(シーリング)が多い
  • 高品質なので価格は高い

ALC外壁と他の外壁材を徹底比較!

これまでにALC外壁のメリット・デメリットをご紹介しましたが、他の外壁材と比べることで、より選びやすくなると思います。それぞれ特徴をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

ALC外壁vs窯業系サイディング


ALC外壁と窯業系サイディングを比較した場合、機能面ではALC外壁の方に軍配が上ります。

耐久性、耐火性において、ALC外壁の方が優れていますし、窯業系サイディングの厚みが12~14ミリ程度に対してALCは37~50ミリという厚みで、断熱性もALC外壁の方が勝っています。

ただ、選びやすさという点でいえば、窯業系サイディングが優れているでしょう。色や質感などのバリエーションも豊富ですし、価格もALC外壁より安価です。

機能面を重視するならALC外壁デザイン面を重視するなら窯業系サイディングと言えるのではないでしょうか。

ALC外壁 窯業系サイディング
価格
厚み
デザイン性
機能面

 

ALC外壁vs金属系サイディング


価格こそ金属系サイディングのほうが優れていますが、耐久性、断熱性においては大きな差はありません。ただ、金属特有の性質ですが、「さびが発生しやすい」「傷がつきやすい」という点では、ALC外壁と比べた時に注意が必要かもしれません。

また、金属系サイディングは地域によって左右される部分があります。それは、水分吸収が少ないため、凍害には抜群に強い反面、酸性雨や塩害の被害を受けやすいので、雨が多い地域や海沿いの住宅ではあまりオススメできません。

お住まいの地域によって、検討してみるのもいいでしょう。

ALC外壁 金属系サイディング
価格
厚さ
サビにくさ
凍害対策

 

ALC外壁vsモルタル外壁


ALC外壁とモルタル外壁は、工期に差が出ます。
ALCは工場生産であるのに対し、モルタルは現場で施工する上に、ALC外壁よりも小さなひび割れが起こりやすい性質があるため、どうしても長い工期を必要とします。

モルタル外壁は一面が塗り壁であることから、つなぎ目がほとんどないのでシーリング材からの水の浸入の心配も少なく、シーリングの補修コストも削減できます。

左官職人の腕にもよりますが、仕上げ方法にも種類が多く、味わい深いデザインに仕上げることができます。つなぎ目(シーリング)のメンテナンスやデザイン面で比較検討してみてもいいかもしれません。

ALC外壁 モルタル外壁
価格
デザイン性
つなぎ目の少なさ
工期
まとめると…
  • 他の外壁材を圧倒する性能
  • デザイン性は少し乏しい
  • 工期は短いがALCの価格が高い

「ALC外壁」塗装時のポイントとは?

ALC外壁は塗料選びがとても大切です。弱点となる防水性を補うのに適した塗料は?メンテナンス頻度や、ALCパネル間のシーリング補修など、ALC外壁を塗装する際には、気をつけるべきポイントがいくつかあります。

このポイントを押さえることで、ALC外壁の優れた性能を最大限に活かすことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

防水性の高い塗料を選ぶ


最大の弱点は、吸水性が高いことです。水の浸透は劣化に繋がります。その弱点は塗装で補いましょう。塗料を選ぶときに注目すべき部分は、当然ですが防水性の高い塗料を選ぶことです。

次に、弾性塗料を選ぶことも大切です。弾性塗料は伸縮性が高い特徴があるのですが、この特徴があると、もし、外壁にひびが入ったとしても、塗膜もそれに合わせて伸縮するので、水の浸入を阻止することができます。

ただし、弾性塗料の中には、膨張する性質を持ったものがあるため、透湿性の優れたものを選ぶことを覚えておきましょう。ここを押さえておくとこ塗膜の膨張や剥がれを防ぐだけでなく、外壁材の内部の結露の防止に繋がります。

これらの条件を満たしている商品名を挙げると、DANシリコンセラR(日本ペイント株式会社)が該当します。上記に加え、中性化防止、防藻・防かび機能もあるためALC外壁の塗装において相性のいい塗料といえます。

定期的な外壁塗装が必須


ALCに限らず外壁のお手入れはされていますか?外壁の状況を把握しておかないと、劣化が進んでしまってからでは外壁塗装では対応できずに最悪、高価な張り替えリフォームが必要になってしまうかもしれません。

普段あまり外壁をチェックしていない方は定期的にチェックすることをお勧めします。

外壁の表面にひびが入っていたり、外壁を触ってみて白い粉が付いたら要注意です。表面塗膜の防水性が失われて、吸水性の高いALC外壁に水が浸透し、内部にあるALCの強度を保っている補強材を劣化させてしまい、ALC外壁の強みともいえる耐久性が落ちてしまいます。

ALCの高い耐久性を活かすためにも、定期的な外壁塗装によるメンテナンスをしましょう。

シーリングも同時に補填がおすすめ


外壁塗装ともう一つ、ALCパネル間のつなぎ目(シーリング)のメンテナンスも必要です。シーリング材が劣化してしまうと、そこから水が侵入してしまい外壁や構造部材へのダメージに直結してしまいます。

つなぎ目(シーリング)のメンテナンスには打ち替えや増し打ちという補修方法があります。外壁材に気になる劣化が見られない場合は、工期も費用も抑えられるからとシーリング補修だけで済ませようと考えてはいませんか?

シーリング補修にも外壁塗装にも必要になるのが足場です。足場の設置にかかる工期と決して安くない足場代を考えると、同時に補填した方が実はお得だったりします。外壁塗装とシーリング補修はセットと捉えておくと良いでしょう。

まとめると…
  • 水は天敵なので塗料選びが要
  • 定期的な外壁塗装で防水対策を
  • 塗装時にはシーリング補修も忘れずに

防水対策をすることでALC外壁はとても魅力的な外壁になる!!

いかがでしたか?ALC外壁について、機能性や、施工性の高い外壁材で、気泡という最大の特徴から、メリット・デメリットも交えて解説してきました。高性能なALC外壁の魅力が伝わったのではないでしょうか。

防水対策とメンテナンスを定期的にすることで、水に弱いという弱点も、気にすることなく快適に暮らせるオススメの外壁材です。新築や張り替えリフォームの際はぜひ他の外壁材と比較検討してみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami