ベージュの外壁をおしゃれに見せるには?画像付きでポイントを解説!

あたたかみがあり、優しい色合いのベージュは、使い勝手がいいこともあり、外壁の定番人気カラーです。

定番だからこそ、少しでもおしゃれに見せたい、他とは一味違う外壁にしたい、と思われている方、必見です!

ベージュの外壁でおしゃれに見せるためのコツや相性のいい組み合わせなどをまとめました。

この記事でわかること
  • ベージュの外壁のメリット・デメリットは?
  • ベージュの外壁と相性のいい組み合わせは?
  • ベージュの外壁に塗装する際のポイントは?

ベージュは外壁塗装の人気色!

外壁の色として多くの方に選ばれているベージュ。どんな点が人気なのか、まずはベージュ外壁のメリットからご紹介します。

温かみのある雰囲気

ベージュのもつ温かみのある素朴な雰囲気は、あなたの家に安らぎや安心感をもたらしてくれるでしょう。帰ってきたときにほっとできる雰囲気にしたい、優しい印象の家にしたいと思っている方におすすめです。

家を大きく見せる

ベージュやアイボリーなどの淡い色や黄色や赤などの暖色系の色は膨張色や進出色といって、ものを大きく見せたり、より近くにあるように感じさせる効果があります。ファッションではベージュを「太って見えるから…」と避ける人もいると思いますが、外壁に使うと家を大きく見せたり、立体感を引き立たせたりできます。

反対に、黒や茶色などの濃い色や緑や青などの寒色系は収縮色や後退色といって、ものを小さく見せたり、より遠くにあるように感じさせる色です。膨張色と収縮色を上手に組み合わせることで、ベージュの魅力を最大限に引き出すことができます。

周囲ともよくなじむ

ベージュは茶色に白を加えた色です。土の色がベースになっているので、周囲から浮くことなく自然になじみます。さまざまな色味があり、塗料のバリエーションも豊富なので、あなたの家にぴったりのベージュが必ず見つかるはずです。

また、ベージュはグリーンとも相性がよく、ガーデニングが趣味という方や庭に大きな木があるという方にもおすすめです。ベージュの外壁が庭の緑を自然に引き立たせてくれます。

汚れが目立ちにくい

「ベージュやアイボリーの淡い色って汚れが目立ちそう」と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はベージュは汚れが目立ちにくい色の一つです。外壁に付く汚れは、砂埃やカビ、苔などくすんだ中間色が中心です。ベージュも同じ中間色のため、汚れとの色の差が目立たなくなります。

とにかく汚れが気にならない家にしたい、できるだけ長くきれいな外観をキープしたいという願いを叶えるなら、ベージュまたはグレーを選びましょう。

一番汚れが目立ちにくい外壁の色はグレーですが、ベージュは「汚れは目立たない色がいいけれど、グレーよりソフトな印象にしたい」という方に人気です。

まとめると…
  • 温かみがあり、優しい雰囲気に
  • 周辺環境に自然に溶け込む
  • 汚れが目立たない

ベージュの外壁のデメリットは?

さまざまな色があり、どんな環境にもよくなじむベージュ。そんなベージュの外壁にはどんなデメリットがあるでしょうか?

ベージュ一色にするとボヤっとした印象に

膨張色のベージュは家を大きく見せる効果があるとご紹介しましたが、一方で膨張色ばかりの配色はメリハリがなく全体的にぼやけた印象になります。

家の外観全てを同じようなベージュの色味で統一するのは避けましょう。ベージュを全面に使いたい場合でも、付帯部に黒を使って引き締める、木製の玄関ドアや家の角にレンガ調タイルを取り入れて質感の違いでメリハリをつけるなど、工夫が必要です。

周囲に埋もれてしまう

ベージュ系の色はここ何年も外壁の人気カラーランキングの上位を占めています。定番で根強い人気があるということは、それだけ多くの方が外壁にベージュを選んでいるということです。

ご近所の家を見ても、ベージュの家が多く並んでいませんか?個性的で人目をひく家にしたい、人と被らない外観にしたいと考えている方にはあまり適さない色かもしれません。

赤や青などの強い色とは合わない

赤、青、黄色などの原色はベージュの持つ雰囲気にマッチしないため、組み合わせると色が反発し合いまとまりがでません。ベージュと合わせるなら、同じような淡いトーンの色を合わせると全体に統一感が出ます。また、白や黒でベージュの外壁にメリハリをきかせるのもいいでしょう。

原色のような鮮やかな色を使いたい場合は、黒や白、グレーといった無彩色を合わせるとよいでしょう。色のもつ華やかさが際立ちます。

まとめると…
  • ベージュ一色だとぼやけた印象に
  • 目立たせたい場合には適さない
  • 原色との組み合わせは難しい

ベージュの外壁をおしゃれに見せるコツ

ナチュラルな雰囲気や素朴な色合いが人気のベージュですが、上手に使わないとどこか野暮ったく暗い印象になってしまいます。ここからはベージュの外壁をおしゃれに見せるポイントをお伝えします。

付帯部の色をアクセントにする

壁全体をベージュにして、付帯部分の色を変えるとさりげないアクセントになり、自然にメリハリのある仕上がりになります。

付帯部分が白なら濃いめのベージュを、付帯部分が黒なら明るめのベージュを選ぶとよりコントラストがはっきりしてメリハリがつきます

材質や質感で全く異なるイメージに

ベージュの外壁との組み合わせとして思い浮かぶのがレンガやタイルではないでしょうか?レンガやタイルと組み合わせると、明るくポップな印象になります。

またベージュの外壁部分を漆喰調にしてみたり、木目調と組み合わせてみると、和風モダンな雰囲気を醸し出します。トーンを抑えたベージュと組み合わせることで、落ち着いた印象を与えます。

色のコントラストでスタイリッシュに

柱や窓、四隅などを利用して縦方向に色を変えると、建物自体がスマートに見える効果があります。特にベージュと黒などの濃色との組み合わせは、ベージュの膨張効果を黒が引き締めてくれるのでお勧めです。

また1階部分と2階部分で色を変えるのも、手軽に出来るおしゃれな方法です。ベージュとグレー、ブラウンなどとの組み合わせは鉄板です。ここに一捻り加えたいという方は、1階部分と2階部分の境界になるところにアクセントカラーを入れると、目を引く外観になります。

まとめると…
  • 付帯部で自然なメリハリを
  • 素材感の違いでさりげないおしゃれを演出
  • 縦・横のラインで差をつける

ベージュの外壁と相性のいい色選びのコツとは?

素敵に見せるコツがわかったところで、よりおしゃれに見えるベージュと相性のいい色を見ていきましょう。

ベージュ×茶

ベージュと茶色は同系色のため、まとまりがありますが、濃淡の差が大きくメリハリのある見た目に仕上げることができます。

収縮色のブラウンはベージュのぼんやりした印象を引き締め、高級感のある家を演出してくれます。赤みの強いブラウンを合わせると、より温かみのある雰囲気に仕上がります。

ベージュ×ホワイト

ベージュとの組み合わせで王道なのは、やはりホワイトではないでしょうか。ともすると地味になりがちなベージュを、ぱっと明るく華やかな印象に変えてくれます。

シンプルな色同士の組み合わせは飽きることなく、どんな環境にもなじみます。

ベージュ×ベージュ

濃淡の違うベージュ同士を組み合わせることで、ワントーンでまとまりのある印象に仕上がります。淡いカラーの組み合わせのため、ベージュの優しい雰囲気を崩すことなく、自然にメリハリをつけることができます。

ただし、ベージュにはさまざまな色味があるため、色の組み合わせが難しくなります。黄みよりのベージュなら同じ黄みよりのベージュを、ピンクベージュなら同じピンクベージュのトーンから選び、濃淡で差をつけると違和感がありません。

また、地味になりすぎないようにホワイトをアクセントで使いましょう。白が入ることで、軽さや明るさがプラスされます。

ベージュ×カーキ

ベージュとカーキはどちらもアースカラーで、とても相性のいい組み合わせです。大地を連想するベージュと植物を連想させるカーキは、ナチュラルでリラックスした雰囲気を演出してくれます。

淡いトーンのカーキを使う場合、全体にぼんやりした印象になる恐れがあります。引き締め色として黒を入れるとよいでしょう。洗練された色合いになります。

ベージュの外壁の仕上がりをイメージ画像付きで紹介!

ここからは具体的な施工のイメージ画像とともに、ベージュの外壁を生かしたデザイン案をご紹介します。あなたの理想に近い家はありますか?

ホワイト


王道のベージュとホワイトの組み合わせは相性抜群です。ベージュのトーンを変えることで、落ち着いた雰囲気にもポップな雰囲気にも印象を変えることができます。またホワイトも、真っ白ではなくオフホワイトなどを用いることで、汚れなどが目立ちにくくなります。

更にこちらのイメージ画像では、屋根や玄関扉を濃色のブラウン系で統一することによって、のっぺりとした印象にならないようにしています。

縦のラインでスタイリッシュに!ベージュ×ベージュのワントーン


同系色の組み合わせで全体的に統一感のある仕上がりになります。色を垂直方向で切り替え、スタイリッシュな印象を演出しています。

ベージュを使いたいけど、かわいらしい雰囲気にはしたくないという方はこの方法がおすすめです。

こちらのイメージ画像は、サッシの白で軽さを出し、ブラウンをアクセントで取り入れ全体の印象を引き締めました。

ツートンカラーで重厚感を演出


ベージュとブラウンを組み合わせることで、重厚感のあるシックな雰囲気の家になります。濃い色を下にすると視覚効果で、よりどっしりとした安定感のある見た目に仕上がります。

上部を落ち着いた色合いのベージュにするとより重厚感のある雰囲気に、明るいベージュにするとメリハリのある仕上がりになります。

レンガの縁取りでおしゃれな南欧風の家


南欧風の家の特徴といえば、暖色系の素焼きの屋根瓦に、レンガの壁や外構、木製のドアやアーチ形のエントランスなどがあります。

すべてを変えるのは難しくても、配色や塗料にこだわれば南欧風に仕上げることが可能です。漆喰風の塗料を使って表情を出す、レンガ調タイルを四隅に貼ってアクセントにするなど工夫することで、あこがれの南欧テイストにできます。

黒を加えてシックに!ベージュ×カーキ


ベージュとカーキ、黒の組み合わせは、洗練されたシックな印象の家に仕上がります。相性の良いベージュとカーキにアクセントカラーとして黒を加えることで、高級感を醸し出します。

外壁をベージュにしたい!塗装時のポイントは?

「こんなベージュの外観にしたい!」という具体的なイメージは湧いてきましたか?あなたの理想を叶えるために、ここからは施工時の注意点を確認していきましょう。

カラーシミュレーションで細かな色合いをチェック


ベージュには黄色に近いもの、ピンクっぽいもの、グレーがかったものなど、さまざまな色味があります。あなたが好きな色味はどれでしょうか?

また、色の濃淡によっても見え方がことなるため、色選びは慎重に行う必要があります。

各メーカーが自宅で気軽にできるカラーシミュレーションソフトやアプリを公開しています。さまざまな組み合わせを試し、仕上がりのイメージを膨らませましょう。

具体的に「これと同じ色で」というものがあれば、そのものを業者に見せて近い色を探してもらうこともできます。

カラーシミュレーションの注意点
カラーシミュレーションは全体のイメージをつかむのに大変役立ちますが、次のような点に注意して活用してください。

カラーシミュレーションの注意点①見え方の違い

洋服などでもよくあることですが、通販であれば画面で見たものと届いたものが違う、店頭で見て購入したのに家で見たら雰囲気が違う、といった経験のある方も多いのでは?

同様のことが家でも起こります。データで完全に実際の塗料の色を再現することは大変困難です。カラーシミュレーションを鵜呑みにしないようにしましょう。

カラーシミュレーションの注意点②面積で色の印象が変わる


面積効果と呼ばれるもので、色が塗られた面積が広ければ広いほど、色は明るく見えるというものです。上の画像は同じ色ですが、大きい方が明るい色に見えませんか?

色見本やカラーシミュレーションは実際の外壁の大きさと比べれば、随分と小さくなります。このことを加味すると、実際はやや明るく見えることは確実です。

色を決める際は、希望の色より少し暗めの色を選びましょう。また、業者によっては実際の塗料を試し塗りできることもあります。気になる方は対応可能かどうか、業者に問い合わせてみましょう。

カラーシミュレーションの注意点③光源の種類で見え方が変わる

太陽光、蛍光灯、白熱灯の3つのうち、カラーシミュレーションや色見本を見るのは大抵蛍光灯か白熱灯の下になります。しかし外壁そのものは太陽光の下で見ることになります。

ここでも見え方に差異が表れるため、色見本など可能なものは太陽光の下で見ることをおすすめします。

ドレスの色は何色?
色の見え方について、数年前に注目された写真があります。「青と黒のドレス」か「白と金のドレス」かと言えば、ピンと来る方もいるかもしれません。これは無意識に脳が補正をかけてしまった結果と言われています。この補正に影響するのが面積効果や光源などになります。

カラーシミュレーションの注意点は、ベージュに限ったことではありません。どんな色を選んだとしても気をつけたいポイントとなります。是非参考にしてください!

まとめると…
  • 色合いのチェックのポイントは大きく3つ
  • カラーシミュレーションを過信しない
  • できるだけ大きな見本で見る
  • 太陽光の下で見る

おしゃれにコツを抑えて、素敵な外壁に!

あたたかみがあり、優しい色合いで、メリットばかりのベージュですが、だからと言って安易に決めてしまうのは考えものです。理想の外壁を実現するためにも、コツやポイントを抑えて納得のいく外壁に仕上げてくださいね。

Bitnami