防水工事の種類と特徴とは?費用、耐用年数など詳しく解説!

防水工事の種類と特徴

防水工事にはさまざまな種類があります。今回の記事では、防水工事の種類やその概要、主な特徴などについてお伝えしていきます。

防水工事は建物を雨水から守るための大切な工事です。防水工事について知りたい方は、ぜひ今回の記事をご一読ください。

防水工事とは?

防水工事とは?
防水工事とは、雨から建物を守るために防水加工を施すことです。専用の塗料やシートなどを使い、ベランダなど雨によく当たる部分を保護していきます。

防水工事はなぜ必要?

防水工事は、建物を雨水などの水分から守るために必要な工事です。防水工事を行わないと、雨が降ったときに容易に雨水が建物内に浸入してしまいます。

雨水が建物内部に入り込むと、外壁の内部が腐食してしまい、建材が劣化します。そうなると、建物の全体的な劣化が進み寿命も縮んでしまうでしょう。

建物の良い状態を保ったまま、建物の寿命を縮めないためには、質の良い防水工事は欠かせません。

防水工事を行う場所

防水工事は主に、屋根や屋上、外壁の目地といった雨水が入り込みやすい場所に行います。屋上や外壁の他には、バルコニーやベランダの床などにも行われる工事です。

これらの場所に防水工事が行われることで、建物の内部に雨水が浸入することがなくなり、雨水による建物の劣化を防ぐことができます。

防水工事の種類と特徴を詳しく紹介

防水工事の種類と特徴を詳しく紹介

防水工事には、アスファルト防水、ウレタン防水など、さまざまな種類があります。

工事名 費用 耐用年数 特徴
アスファルト防水 8,000円/1㎡ 15~25年 アスファルトを用いた防水工事。
工期は1週間程度。
FRP防水 9,000円/1㎡ 10年程度 プラスチックとガラスの繊維でコーティングする。
工期は1日から3日ほど。
ウレタン防水 7,500円/1㎡ 10年程度 ウレタン塗料を使った防水。
工期は2日から7日程度。
シート防水 ・屋上:7,000円/1㎡
・屋根:900~1,200円/1㎡
10~15年程度 防水シートを使った防水。
工期は1日から5日程度。
シーリング防水 500〜1,200円/1m 7~10年程度 タイルなどの目地をシーリングで防水する工事。
工期は1日から2日程度。

 

防水工事の種類と特徴①アスファルト防水

アスファルト防水を施した屋上

アスファルト防水とは、アスファルトを用いた防水工事のことです。

アスファルト防水とは

アスファルト防水とは、アスファルトを使って屋上を防水する方法です。アスファルトを屋上に張り付けて防水するため、かなり防水効果は高いと言われています。

アスファルト防水にも工事方法が複数あるので、それぞれの建物に適した工事方法を行うことが大切です。勾配が少なく、スレートなどが使えない屋根にも有効な防水方法となっています。

アスファルト防水のメリット・デメリット

アスファルト防水の主なメリットは、防水性が高いこと、また耐用年数が他の材料と比べて長いことが挙げられます。また耐久性に優れているため、頻繁なメンテナンスが難しい大型建造物の屋上防水にもおすすめです。

一方デメリットは、アスファルトを高熱で溶かす処理をする際に、異臭や煙が発生する点です。環境によっては、周辺からの苦情の原因になることもあるので、注意が必要でしょう。

費用・工期・耐用年数

アスファルト防水の工事費用は、一般的に1平方メートルあたり8,000円程度です。アスファルト防水にも複数の種類があり、種類ごとに価格は異なります。

アスファルト防水の工事方法や状況によっても価格は変動するので、工事業者から見積もりを取得して費用を確認することが大切です。また、工期は1週間前後、耐用年数は15年から25年ほどになります。

>アスファル防水についてもっと詳しくみる

防水工事の種類と特徴②FRP防水

FRP防水を施したベランダ

FRP防水とは、塗料を使った防水工事です。形状を問わないので様々な場所の工事ができます。

FRP防水とは

FRP防水とは、プラスチックとガラス繊維の塗料を使ってバルコニーやベランダを防水する方法です。アスファルト防水よりも見た目が美しいので、デザイン性を重視する場合にも重宝される施工方法となっています。

FRP防水のメリット・デメリット

FRP防水の主なメリットは、FRPが塗料なので塗装場所の形状がどんな形状でも防水可能である点と、ガラス繊維が入った塗料なので仕上がりがガラスのように美しくなる点です。

デメリットは、塗料の価格が高く、またひび割れを起こしやすいこと。耐久性や強度を求めるのであれば、FRP防水よりもアスファルト防水の方がおすすめです。

費用・工期・耐用年数

FRP防水の工事費用は、塗料単価が高いなどの理由で1平方メートルあたり9,000円程度です。工期は1日から3日ほど、耐用年数は10年程度です。

防水工事の種類と特徴③ウレタン防水

ウレタン防水を施した屋上

ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使った防水工事です。

ウレタン防水とは

ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使って屋上やバルコニー、ベランダを防水する方法です。アスファルト防水やFRP防水よりも気軽に防水できますが、耐久性が低いという難点もあります。

ウレタン防水のメリット・デメリット

ウレタン防水の主なメリットは、塗料を使用するため防水する場所の形状を問わないという点です。また、塗料単価がリーズナブルなので施工費用が安くなります。

対してデメリットは、アスファルトやFRPに比べると耐久性が低い点です。また、10年単位で塗り直しが必要になり、メンテナンスにコストが必要となります。

費用・工期・耐用年数

ウレタン防水の工事費用は、1平方メートルあたり約7,500円ほどです。工期は施工面積にもよりますが、2日から7日程度になります。耐用年数は10年程度です。

>ウレタン防水についてもっと詳しくみる

防水工事の種類と特徴④シート防水

シート防水のシートを貼っている屋上

シート防水とは、シート状の防水素材を使った防水工事です。

シート防水とは

シート防水とは、防水シートを使って屋上や屋根内部(ルーフィング)を防水する方法です。シートを貼っていく工事なので、比較的作業しやすい防水工事でしょう。

シート防水のメリット・デメリット

主なメリットとしては、屋上の場合は施工が簡単でかつ費用が安いという点があげられます。屋根内部を防水する場合は、雨漏りの防止ができます。

一方デメリットは、屋上の場合屋根の形状が複雑だと利用できないという点です。屋根内部を防水シートで防水する場合のデメリットは特にありませんが、屋根の内部を防水する場合には必須の防水素材でしょう。

費用・工期・耐用年数

シート防水の工事費用は、屋上の場合1平方メートルあたり7,000円程度です。屋根の場合は、1平方メートルあたり900円から1,200円とリーズナブルになります。施工面積にもよりますが、工期は1日から5日ほど、耐用年数は10年から15年ほどです。

>シート防水についてもっと詳しく見る

防水工事の種類と特徴⑤シーリング防水

シーリング防水の工事の様子

シーリング防水とは、シーリングという素材で目地から入る雨水を防ぐ工事です。

シーリング防水とは

シーリング防水とは、シーリング剤を使って外壁の目地や窓サッシを防水する方法です。タイルやスレートのつなぎめに弾力性のある素材を補填していくことで、防水機能を発揮します。

シーリング防水のメリット・デメリット

主なメリットは、外壁の目地部分を防水できる唯一の素材という点です。デメリットは、シーリングの耐用年数が短く、7年から10年程度で補修が必要になるという点があります。

費用・工期・耐用年数

シーリング防水の工事費用は、1メートルあたり500円から1,200円程度です。工期は1日から2日、耐用年数は7年から10年程度になります。

防水工事が必要な時期はいつ?メンテナンスは必要?

防水工事が必要な時期はいつ?メンテナンスは必要?

防水工事が必要なケースとは、どのようなケースなのでしょうか。防水工事が必要になるケースをいくつかご紹介していきます。

前回の改修から10年経っている

屋根内部のルーフィングシート以外は、防水工事は10年が目安なので、10年を経過したら劣化の調査を依頼してください。特に補修が必要な劣化症状がなければ様子見でも大丈夫でしょうが、補修する必要がある箇所が見つかった場合は、適宜対応していく必要があります。

劣化症状が出ている

シーリングが破損している、雨漏りしている、塗装がひび割れているなどの劣化症状が出ている場合は、補修をする必要があります。劣化症状を放置していると、建物内部に雨水が浸入し劣化が進行してしまいます。

劣化症状 劣化の状態

剥がれや膨れ

塗装の剥がれや膨れが生じた外壁

塗装が剥がれたり膨れたりしている状態。シート防水の場合は、一部が剥がれている状態。

ひび割れ

ひび割れが発生した外壁

塗装や材料がひび割れている状態。

破損

防水層が破損した屋上

 

シートや塗装の一部が下地ごと破損している状態。

チョーキング

チョーキングが発生した外壁

塗装防水の場合は、さわってみて粉状になっている場合は劣化している。

防水を長持ちさせるメンテナンス法

防水工事の耐用年数を長くするためには、メンテナンスを行うことが大切です。施工後5年から10年の間は、目視で施工部分を定期的にチェックして、凹凸やひびが入っていないかを確認します。

変化や傷みが目につき始めたら保護塗料を上から塗って防水材を守る「トップコート」を行いましょう。

どのような業者に依頼する?優良業者の探し方は?

それじゃあ早速、「業者探し」をしないと!でもどんな業者さんに依頼すればいいんだろう?
はっきりと申し上げます。
沢山の業者の中から、希望に合った施工ができる地元の業者を見つけることは素人では難しいです。
なぜなら、住宅リフォームにおいて『何でも屋さん』はいないからです。
業者によって施工の得意不得意があり、対応できない施工もあります。
それを知らず近くの業者に依頼したらこんな面倒なことが起きたケースも…

ほっとらいんスタッフ

よくあるケース
屋根塗装を業者に依頼したら、現地調査で防水工事も必要なことが判明。
しかしその業者は防水工事を扱っていなかったため、別の業者を探さなければいけなくなった。
条件にあった良い業者がなかなか見つからず、何社も相見積もりをする羽目になった

うわ、これは大変。じゃあどうすればいいの??
外壁塗装ほっとらいんが最適な業者をお探しします!ほっとらいんでは、ただ相見積もり業者を紹介するのではなく、
お家の状況に合わせて、必要な施工が可能な地元の優良業者をご紹介いたします。
お客様が無用な相見積もりを行わなくてもいいようにご協力させてください!

ほっとらいんスタッフ

まとめ:防水機能を長持ちさせるにはメンテナンスが大切!

防水機能の耐用年数を長く保つには、適切な時期にメンテナンスを行うことが大切です。またメンテナンスの時期を把握するために、工法や耐用年数の違いについても知っておくと良いでしょう。

防水機能が失われると、建物の内部に水が入り込み劣化が進行してしまうためです。防水機能を維持するためにも定期的なメンテナンスが必要です。詳しくは「防水工事とは?」の章をご覧ください。

アスファルト防水やウレタン防水、シート防水など様々な防水工事があります。詳しくは「防水工事の種類と特徴を詳しく紹介」の章をご覧ください。

ひび割れや剥がれなど、内部に水がしみこんでしまうような状態のときに防水工事が必要になります。詳しくは「防水工事が必要な時期はいつ?メンテナンスは必要?」の章をご覧ください。

あなたも外壁塗装ほっとらいんに情報を掲載しませんか?
加盟店募集中!詳しくはこちらをクリック
外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami