tel: 0120-124-775
logo
tel: 0120-124-775

「サイディングの外壁リフォーム」種類から費用まですべて解説!

近年の住宅の外壁材で多く用いられているサイディング。リフォームでも人気の高い外壁材です。

この記事では、サイディング外壁の基礎知識から外壁リフォームのタイミングや施工費用、リフォームの際の注意点などについて詳しくまとめました。

お住まいの外壁リフォームを検討中の方はぜひ参考にしてください!

この記事でわかること
  • サイディングの種類と特徴
  • サイディングと他の外壁材の違い
  • サイディング外壁のリフォーム方法と施工費用
  • サイディング外壁のリフォームのタイミング
  • サイディング外壁をリフォームの注意点

そもそもサイディングとは?

見出し画像(そもそもサイディングとは?)

人気の外壁材とはいえ、サイディングについてよく知らない方も多いのではないでしょうか?

この章ではまず、サイディング外壁の基本的な知識や魅力についてご紹介します。

「サイディング」とは?

「サイディング」とは、外壁にパネル状の板を張って仕上げる施工方法のこと。またその際に使用する外壁材(建材)をも意味するため、建材の方のサイディングは「サイディングボード」や「サイディング材」と呼ばれることもあるようです。

サイディングボードの使用方法は、壁のサイズに合わせてカットし、壁に沿って1枚1枚張り合わせていきます。最後にそれぞれのボードのつなぎ目をシーリングで埋めて完成です。

日本の住宅の8割がサイディング!

かつての外壁材はモルタルが主流でした。しかし近年におけるサイディングの普及率は非常に高く、実に日本の外壁シェアの約8割を占めています。

そのためサイディング外壁は、日本の住宅や住環境に適した外壁材であるといっても過言ではないでしょう。

サイディングの魅力①バリエーションが豊富

サイディング マンション

サイディングにはさまざまなメリットがありますが、中でも人気の理由のひとつとして挙げられるのが、そのデザイン性の高さです。

後ほど詳しく解説しますが、サイディングには窯業系・樹脂系・金属系・木質系の4つの種類があります。その中のひとつ、窯業系サイディングは色・形状・質感・模様などのバリエーションが多いのが特徴。レンガ調・アンティーク調・北欧調など多様なデザインに仕上げることができるため、理想のお住まいを実現してくれるでしょう。

サイディングの魅力②価格が安い

サイディング材は種類や商品アイテムが豊富なため、価格帯にも幅があります。また、工場で生産・塗装されたものを現場で職人が張り付けるので、モルタルやタイルのような手間や工程が少なくて済むというメリットも。そのため、他の外壁材と比べ、施工費用を比較的安価に抑えることができます

サイディング材の中でも特に窯業系サイディングが安く、逆に高めなのは木質系サイディングです。

サイディングの魅力③カバー工法が可能

サイディング外壁のリフォームには、「カバー工法(重ね張り工法)」と「張り替え工法」の2種類があります。

「カバー工法」とは、既存の外壁の上に別の外壁材を張り付ける工法。カバー工法のメリットには、既存の外壁を取り除く手間や工費が必要ないため施工費用が安く、短い工期で行えることがあります。しかし、新たに張り付ける外壁材が軽量でないと家全体の負担になるので、外壁材選びには注意が必要です。

その点、金属系サイディングは非常に軽量なので、カバー工法で用いることが可能。カバー工法で経費を安く抑えたい方に適した外壁材といえるでしょう。

サイディングの魅力④工期が短い

サイディング 足場

モルタルやタイルの外壁と比べサイディングは施工の手間がかからないため、短い工期で済むのも特徴です。

モルタルやタイルは職人が手作業で塗ったり張り付けたりしなければなりませんが、サイディングは工場で作られたボードをカットして張り付けるため、よりスムーズに作業が行えます

また、モルタルやタイルは施工時の気候に左右されるので、サイディングと比べると施工期間が長引く傾向もあるようです。

サイディングについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。
サイディング外壁とは?種類やメリット&デメリットまで徹底解説!

4種類のサイディングを徹底分析!

見出し画像(サイディング4種を徹底分析!)

すでにご紹介した通り、サイディング材には窯業系サイディング・樹脂系サイディング・金属系サイディング・木質系サイディングの4種類があります。

この章では、それぞれのサイディングのメリット・デメリット、費用の目安について見ていきましょう。

窯業系サイディング

サイディング レンガ調の外壁

窯業系(ようぎょうけい)サイディングの特徴は、サイディング材の中でもデザインの自由度が高いこと。お好みの色や質感だけで仕上げることも可能ですが、レンガ調・木目調・アンティーク調・ヨーロッパ調など出来上がりのバリエーションも豊富です。

機能面では特に防火性が高く、比較的価格が安いのがメリットですが、防水性に劣り、シーリングのメンテナンスの手間がかかるというマイナス点もあります。

価格は4,200〜5,100円/㎡が目安です。

樹脂系サイディング

サイディング 木の実

樹脂系サイディングの主原料は塩化ビニル樹脂で、日本でのシェア率は高くないものの、アメリカやカナダではよく使われている外壁材です。

つなぎ目のない見た目で、すっきりした外観が特徴。シーリングを必要しないため、メンテナンスの手間が少なくて済むのがメリット。寒さ・サビ・酸性雨に強く、ひび割れしにくいため耐久性にも優れています。

日本での普及率が低く施工できる業者が少ないこと、施工難易度が高いことがデメリット。施工費用も高額になりがちです。

価格は4,300円〜/㎡が一般的です。

金属系サイディング

サイディング 金属

窯業系サイディングに次いで普及率が高いのが、金属系サイディングです。軽量で家全体にかかる負担を軽減できるので、足場の組みにくい部分やカバー工法でよく使用されています。

近年ではデザイン性が向上し、メタリックな外見をいかしたモダンなデザインからレンガ調まで、種類も豊富になりました。

主原料はアルミや鋼板、ガルバリウムといった金属ですが、内部は断熱材でできています。金属なので断熱性・防音性に優れるのもメリットです。

デメリットは表面のメッキがサビやすく、傷がつきやすいこと。そのため、塗装補修など定期的なメンテナンスが必要になります。

価格は4,300〜5,300円/㎡程度です。

木質系サイディング

サイディング 木材

木質系サイディングは、天然の木を加工して作られたサイディング材です。自然の木目がお好きな方や、温もりのある外観にしたい方にぴったりですね。

木質系サイディングのメリットは木の質感をいかした外観にできることと、断熱性が高いことです。

しかし、天然素材を使用しているため価格が高くなりがちなのがデメリット。また木製なので防水性や耐火性が低く、腐食しやすいのでこまめなメンテナンスが欠かせません。

価格は5,200〜10,000円/㎡が目安です。

 

以下に、サイディング材別のメリット・デメリットをまとめました。比較する際の参考にしてください。

種類 メリット デメリット
窯業系 ・デザインが豊富

・防火性が高い

・防水性が低い

・シーリングの補修が必須

樹脂系 ・サビ・ひび割れ・劣化に強い

・シーリングを必要としない

・施工難易度が高い

・施工費用が高額

金属系 ・軽量

・メンテナンスの手間がかからない

・サビや傷がつきやすい
木質系 ・木目をいかしたデザインが可能 ・防水性・耐火性が低い

・天然素材なので値段が高い

サイディングとその他の外壁材を比較!

見出し画像(徹底比較! サイディング 他外壁材)

サイディング材は優れた性能やバラエティー豊かなデザインを備えた外壁材ですが、他の外壁材にも特性やメリットがあります。

この章では、サイディング外壁をモルタル外壁・タイル外壁と比較することで、それぞれの特長を把握していきましょう。

サイディングvsモルタル

現在ではサイディングが圧倒的なシェア率を誇っていますが、かつての日本の住宅の外壁はモルタルが主流でした。

モルタルは砂・セメント・水が原料で、施工現場で混ぜて練ったものを外壁に塗って使用します。外壁表面を成形した後は、塗装を施すのが一般的です。

デザイン性

サイディングは色・形・質感のバリエーションが豊富。一方、モルタル外壁は形状の自由度は低いものの、高級感があり、重厚で味わいのある仕上がりが楽しめます。

耐久性

サイディングの種類によって耐久性が異なりますが、寿命は30年が目安です。窯業系は耐久性に劣るものの、樹脂系は高い耐用性があります。

モルタルの耐久性は、職人の技術力によるところが大きいです。優れた技術をもつ職人による施工ならば、サイディングの耐用年数である30年よりも長持ちすることも珍しくありません。

メンテナンスの手間

サイディングもモルタルも、10年を目安に塗装補修が不可欠。その場合の費用は、30坪の住宅で約70〜100万円が相場です。

リフォームの価格

サイディングはカバー工法も張り替え工法も可能ですが、モルタルは塗り壁なので張り替えることは不可能です。モルタル外壁をリフォームする場合は、既存のモルタル材を撤去してからサイディング材を張り付けることになります。

つまり、既存の外壁材はサイディング・モルタルのどちらでもOKですが、カバー工法でも張り替え工法でもリフォーム後の素材はサイディングのみということになります。

サイディングのカバー工法や張り替え工法の費用は、180〜270万円です。

サイディングvsタイル

タイル外壁のメリットのひとつは、粘土や無機質素材を主原料としているためタイル自体の耐久性が非常に高いことです。タイルをつなぐシーリングは劣化しますが、タイルが劣化することはほとんどありません。また、欠けたり破損した場合でも、問題の部分だけ張り替えればいいだけなので、メンテナンスが楽なのも特長です。

タイルは粘土や無機質素材を成形し、高温で焼いて作られます。非常に丈夫で水に強く、外壁以外にも床や浴室などで装飾としてもよく使用される素材です。

デザイン性

サイディング材は色や形状の自由度が高いものの、安っぽく見えてしまう場合も。一方、タイルは色・質感・サイズのバリエーションが多く、独特の立体感で他の外壁材にはない風合いも楽しめます。タイル外壁では高級感や重厚感を演出することもできるでしょう。

耐久性

サイディングの耐用年数は30年程度ですが、タイルは耐久性が高く30年以上長持ちします。

メンテナンスの手間

サイディング外壁は10年を目安に塗装補修が必要です。一方でタイルは、7〜10年おきぐらいに目地の補修が欠かせません。

タイルの目地補修はサイディング塗装の半額程度の費用で可能なので、コスト面ではタイルが勝ります。タイル自体が欠けたり破損した場合は、その都度メンテナンスするだけでOKです。

リフォームの価格

サイディングのリフォーム方法には、塗装・カバー工法・張り替え工法の3種類があります。塗装補修の費用は70〜100万円(30坪程度の住宅の場合)、カバー工法・張り替えの場合は180〜270万円が目安です。

タイルのリフォームは、かぶせ工法で300〜380万円程度が相場です。

「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

サイディング外壁のリフォーム方法

見出し画像(サイディング外壁 リフォーム方法)

続いては、サイディング外壁のリフォーム方法について紹介します。

今回紹介する主な方法は以下の4つです。

  • モルタルからサイディングへのリフォーム
  • サイディングの外壁塗装
  • サイディングの重ね張り(カバー工法)
  • サイディングの外壁張り替え

それぞれの工法について詳しく解説していきます。

モルタルからサイディングへのリフォーム

モルタルが既存の外壁材である場合は、既存のモルタルの上にサイディング材を重ね張りする「カバー工法」と、モルタルを剥がしてサイディング材を張る「張り替え工法」の2種類があります。

張り替え工法と比べてカバー工法は安く抑えることができますが、新たに張り替える素材は軽量でなければならないため、金属系サイディング以外を使用することは難しいでしょう。

サイディングの外壁塗装

サイディング 塗装道具

サイディングのリフォーム方法の中で、もっとも簡単なのが塗装補修です。サイディングの塗膜が剥がれたり、チョーキングや軽度のクラックといった劣化症状に対応します。

サイディングの塗装補修は10年に1度を目安に行うようにしましょう。

使用塗料はコストパフォーマンスに優れている「シリコン塗料」、耐用年数が長い「フッ素塗料」がよく使用されています。

サイディングの重ね張り(カバー工法)

サイディング 業者

カバー工法は、既存のサイディング外壁の上に新しいサイディングボードを重ね張りする工法です。張り替えに比べて価格が安く、工期が短いという特長があります。

重ね張りが可能なサイディング材は、金属系と窯業系サイディングのみとなります。しかし既存外壁の重量が重い場合は、窯業系サイディングも使えないことがあるので注意しましょう。

サイディング外壁の張り替え

張り替え工法は既存のサイディング外壁を除去し、新しくサイディングを張り替える施工法です。外壁リフォームとしては高額な工事ですが、外壁内部の防水シートや劣化を補修できるメリットがあります。

新たに張り替えるサイディング材の種類は問わないため、簡単にお住まいのイメージを変えることもできるでしょう。

まとめると…
  • サイディングの外壁塗装は10年に1度の頻度で必要
  • カバー工法は価格が安く工期が短いという利点があるが、使用できるサイディングに限りがある
  • 張り替え工法は高額だが、外壁内部を補修できるのがメリット

「サイディングの外壁リフォーム」その費用は?

見出し画像(サイディング外壁 リフォームにかかる費用)

次に、サイディングのリフォームに必要な費用を見てみましょう。

この章でもリフォーム法別にご紹介します。

モルタルからサイディングへのリフォーム

モルタルからカバー工法でサイディング外壁にリフォームする場合は、30坪程度の住宅で185〜255万円程度が相場です。

既存のモルタル材を取り除いて張り替える工法の場合には、撤去代などのためプラス20万円ほど予算が必要となります。

サイディングの外壁塗装

サイディング 壁と足場

サイディング外壁を塗装補修する際、30坪程度の住宅でシリコン塗装をする場合は70〜100万円程度が目安です。

外壁塗装の際、屋根の塗装も同時に行えば足場や経費を節約することができます。屋根の塗装もするのであれば、100〜140万円程度の予算が必要となるでしょう。

サイディングの重ね張り(カバー工法)

カバー工法でよく使用されるサイディング材に、窯業系と金属系のサイディングがあります。

30坪程度の住宅を重ね張りする場合、窯業系サイディングなら185〜255万円程度、同じ条件で金属系サイディングは190〜265万円ほどになるでしょう。

サイディング外壁の張り替え

張り替え工法の場合は、サイディングを張り付ける前に既存の外壁材を剥がす必要があります。既存の外壁材の撤去代やゴミ処理代などが別途かかるため、カバー工法より高額になるのが一般的です。

30坪程度の住宅を張り替える際は、205〜270万円程度かかります。サイディングは種類ごとに値段が異なりますから、新しく張るサイディングの種類によってはさらに費用がかかることもあるでしょう。

サイディングの価格についてよく知りたい方には、以下の記事もおすすめです!
外壁サイディングの価格を徹底比較!費用を抑えるポイントとは?

サイディング外壁をリフォームすべきタイミングは?

見出し画像(サイディング外壁 リフォームすべきタイミングとは?)

サイディング外壁も劣化が進めばリフォームが必要となります。では、どのタイミングでリフォームを行えばいいのでしょうか?

この章では、サイディング外壁のリフォーム時期についてご紹介していきます。

サイディング外壁の耐用年数

こまめにメンテナンスを繰り返していても、サイディング材自体の耐用年数は20〜30年です。

大きな破損などがなくても、20年をすぎたら劣化状況に応じて張り替えを検討するようにしましょう。

サイディングをリフォームする季節

サイディング 家のおもちゃ

モルタル材と異なり、サイディング材は気温の影響を受けにくい外壁材です。そのためカバー工法や張り替え工法なら、基本的にはどの季節に行っても問題はないでしょう。あえて挙げるのであれば、雨が降りにくい春が適している季節であるといえます。

サイディング外壁を塗装でメンテナンスする場合は、天気や気温に注意が必要です。雨の多い季節や気温の低い日は避けなければいけないため、梅雨や台風のシーズンはNG。また、35℃以上の高温や、気温が5℃以下になる時期も塗料が正常に乾燥しないため避けた方が無難です。

サイディングのリフォームを検討すべき劣化症状

サイディング材を張り替えて20年未満で定期的にメンテナンスを施していても、外壁表面に劣化症状が現れたらリフォームが必要です。

お住まいの外壁に以下のような症状が出たら、補修のタイミングであると考えて良いでしょう。

  • 変色や褪色
  • カビやコケ
  • チョーキング
  • 塗膜のふくれ
  • 塗膜の剥がれ
  • ひび割れ
  • 外装材の変形や破損

原因と症状について詳しく見ていきましょう。

・変色や褪色

サイディング外壁の変色や褪色は、紫外線や雨風に長期間さらされることで起こります。

変色や褪色自体は大きな問題ではありませんが、外観の見栄えが悪くなるのは避けられません。さらに長く放置しておくと、外壁材表面の剥がれやひび割れにつながります。

外壁の色の変化が目立ち始めたら、塗装メンテナンスの検討をはじめましょう。

・カビやコケ

サイディング外壁にカビやコケが発生するのは、日当たりが悪い、風通しが悪い、水はけが悪い、植物が近くに植えてあり湿度がこもりやすい、などさまざまな原因が考えられます。

カビやコケを放置しておくと、外壁表面を侵食します。表面のカビやコケだけならば致命的な問題ではありませんが、長く放置すると塗装の機能性の低下につながることに。また、外壁にカビやコケがついているのは見た目にも美しくありませんよね…。

カビやコケを見つけたらこまめに掃除し、取り除けない場合は塗装を塗り直すようにしましょう。

・チョーキング

サイディング チョーキング現象

「チョーキング」とは、外壁表面を触った時にチョークのような白い粉がつくこと。紫外線によって塗料に含まれている顔料が剥がれ、塗膜表面に現れることによって起こります。

チョーキング現象は代表的な劣化症状です。塗装の機能の低下が始まっているため、再塗装を検討しましょう。

・塗膜のふくれ

塗膜のふくれは、塗装の表面が劣化することで起こる現象です。原因のひとつに施工不良があります。

塗装中、下地がきちんと乾燥していないのに上塗りを重ねた場合、塗装の層の間に空気が残ってしまい、気温の高い日に下地がふくらむことがあります。また、外壁表面に凸凹がある場合も、空気が残りやすいためふくれができやすいでしょう。

その次に考えられるのは、外壁に水が入り込んでいる可能性です。

塗装が劣化し表面にヒビが入ると、雨水が浸入しやすくなります。やがて下地と塗膜の間に水分や湿気がこもると、ふくれが生じる原因に。放置すると下地にダメージを与え続けることになり、建物内部まで水が入り込んで建材の腐食や雨もりの原因となります

ふくれを破って水が出てくるようならば、すでに内部に水がたまっていると考えて良いでしょう。建物の耐久性の低下につながるため放置は厳禁! できるだけ早く補修業者に相談しましょう。

・塗膜の剥がれ

塗膜の剥がれの原因は、経年劣化だけでなく施工不良も考えられます。施工の工程で洗浄が十分でない場合、汚れが付着したところに空気が残ってそこから剥がれてしまうのです。また下塗りが十分でなかったり、乾燥しきっていないまま上塗りするケースも塗膜の剥がれにつながります。

塗膜が剥がれたら、防水性や耐候性といった塗料のもつ機能も失われてしまいます。塗膜の剥がれが多く見つかったら、早めに塗り替えメンテナンスを行いましょう。

・ひび割れ

サイディング ひび割れ

経年劣化の影響で、塗装の表面やサイディング自体にひび割れが生じることがあります。

軽度のひび割れは「チェッキング」、重度の場合を「クラッキング」と呼びます。チェッキングは、見た目が気にならなければ放置しても問題ありませんが、クラッキングは補修と塗り替えが必要です。

クラッキングを放置すると雨水が浸入し、建材の腐食や雨もりの原因となるでしょう。

・外装材の変形や破損

紫外線や風雨にさらされると、長い年月を経てサイディング材が変形することも。サイディング材が弓状に反り返るようになると、変形していないサイディングボードとの間に隙間ができ、ひび割れや破損につながります。

また、サイディング外壁に物が強く当たり外壁材に穴があいたり破損した場合は、雨もりの原因となるだけでなく、建物として危険な状態になるでしょう。

このような症状は塗装では対処できないため、サイディング材の交換が必要となります。放置すると手遅れになったり、補修にかかる費用や手間が何倍もかかってしまうので、できるだけ早く業者に相談しましょう。

「サイディングの外壁リフォーム」施工の注意点は?

見出し画像(サイディングの外壁リフォーム施工の注意点とは?)

サイディングの外壁リフォームをする際には、いくつか注意点があります。サイディングの外壁リフォームをする際は今回ご紹介する内容を踏まえて行うようにしましょう。

基本はカバー工法よりも張り替え工法

カバー工法は価格が安く工期も短いメリットがありますが、外装材内部の劣化を補修できません。このため年月がかなり経過しているサイディング外壁はカバー工法よりも張り替えのほうが確実といえます。

サイディングのリフォームはできる業者が限られる

樹脂系サイディングは施工難易度が高く日本での工事実績も少ないため、施工が可能な業者は少ないのが現状。一般的な窯業系サイディングであれば多くの業者が工事可能です。

悪徳業者にだまされないようにする

サイディング 業者

自宅に訪問営業してくる会社が優良業者である可能性はほとんどなく、トラブルを引き起こしやすいので要注意! 複数の会社に見積もりを依頼して比較し、価格や工事内容をチェックしてみることが大切です。

まとめると…
  • サイディングの外壁リフォームは張り替えの方が確実
  • 樹脂系サイディングは施工できる業者が限られる
  • 訪問営業の業者は悪徳業者の可能性も
  • 「相見積もり」を行い、見積もり内容を慎重に比較する

サイディングの外壁リフォームはDIYでもできる?

見出し画像(サイディングの外壁リフォーム DIYでもできる?)

サイディングの外壁リフォームは自分でやった方がいいのか、業者に頼むべきなのかを迷っている方もいらっしゃるでしょう。結論からいうと、素人でもできるものもあるし、業者に頼まなくてはいけないものもあります。

ここではその点について解説していくので参考にしてみてください。

DIYでできるサイディングの外壁リフォーム

サイディング DIY

外壁塗装のみ可能です。しかし張り替えは難易度が高いため、ひとりでやるのは不可能です。

また、チョーキング・カビ・塗装の剥がれはDIYによる塗替えで対処が可能ですが、ひび割れはホームセンターでコーキング材を購入して隙間を充填し、塗装すれば対処可能と考えておいてください。

腕のある業者に任せるのが安心!

サイディングの外壁リフォームはひとりでも可能と上記に書きましたが、失敗すると数年で塗装が剥がれるリスクがあります。

そうなると余計に費用がかかってしまいますので、確実性を求めるなら業者に依頼するのが最善といえるでしょう。

サイディング外壁のリフォームは優良業者の選定が重要

いかがでしたか? 今回のでサイディングの種類やリフォームの費用など、サイディングの外壁に関する知識はある程度ついたのではないでしょうか。

サイディング外壁のリフォームはひとりでやるよりも業者に頼んだ方が確実といっても、業者選びに失敗すると高額な費用を請求されてしまう可能性があります。そのため、信頼できる業者探しに重点を置くことがとても重要です。

 

サイディングについて気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
サイディングの張り替え費用は?そのメリットを重ね張りと徹底比較!

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami