「サイディングの外壁リフォーム」種類から費用まですべて解説!

皆さんはサイディングというのはご存知ですか?今回はサイディングについて、種類から初期費用までサイディングに関する知識を詳しく解説していきます!

この記事でわかること
  • サイディングの種類や特徴
  • サイディングと他の外壁材との比較
  • サイディング外壁をリフォームするタイミングやリフォーム方法
  • サイディング外壁のリフォーム費用やリフォームする際の注意点

そもそもサイディングとは?

見出し画像(そもそもサイディングとは?)そもそおサイディングと聞いてすぐに説明できる方はいるでしょうか?名前は聞いたことがあっても、意外と知らない方も多いはず。

ここでは、主にサイディングの魅力についてご紹介していきます。

日本の住宅の8割がサイディング!

実は、日本の一般住宅の8割はサイディング外壁と言われています。そのため、今回ご紹介してく内容はみなさんにとっても身近な話になってくるのではないでしょうか?

サイディングの魅力①バリエーションが豊富

サイディング マンション

サイディングの魅力の魅力といえば、色、形状、質感などで豊富な種類があることが挙げられます。

また、窯業系、金属系、木質系、樹脂系といった異なる素材があります。

サイディングの魅力②価格が安い

モルタルやタイル外壁などに比べると、サイディングは施工時の費用が安い傾向にあります。特に窯業系サイディングが安く、木質系サイディングは高めとなっています。

サイディングの魅力③カバー工法が可能

既存外壁に重ね張りするカバー工法というものが可能です。カバー工法は張替えよりも価格が安く、また工期が短いなどというメリットがあります。

サイディングの魅力④工期が短い

サイディング 足場塗装やタイル張替えに比べて施工の手間がかからず、工期が短い傾向にあります。工期が短いということは費用もその分安く抑えられるということになります。

4種類のサイディングを徹底分析!

見出し画像(サイディング4種を徹底分析!)サイディングには主に4種類あります。窯業系サイディング、金属系サイディング、樹脂系サイディング、木質系サイディングそれぞれの特徴や価格などを解説していきます。

窯業系サイディング

サイディング レンガ調の外壁

見た目のデザイン性が高く、タイル調やレンガ調など様々な形状や色に対応しています。材質はセメントと繊維質を混ぜ合わせたものです。

価格が安く、また耐火性にも優れているというメリットがあります。反対に、防水性が低かったり、シーリングのメンテナンスの手間が多かったりというデメリットがあります。

価格は4,200〜5,100円/㎡程度です。

樹脂系サイディング

 

サイディング 木の実

見た目は、シーリングが必要ないためスッキリとしていますが、デザインの幅は狭いです。材質は塩化ビニル樹脂です。

メリットはメンテナンスの手間が省ける、劣化などに強く耐久性が高いことなどが挙げられます。反対にデメリットは、施工難易度が高いため工事できる業者がかぎられること、価格が高額になりやすいことなどです。

価格は4,300〜/㎡程度です。ただし施工難易度が高いため、手間賃が追加でかかることも多いと言えます。

金属系サイディング

サイディング 金属

見た目は金属質でデザイン性は低いと言えます。材質は、ガルバリウム、アルミ、ステンレスなどで、内部は断熱材でできています。

軽量で耐震性が高く、また吸水性が低くて水に強いというメリットがある一方で、錆びることがあったり、傷が付きやすかったりするというデメリットも考慮しなければなりません。

価格は4,300〜5,300円/㎡程度です。

木質系サイディング

サイディング 木材

木目があって落ち着いた見た目になるという理由で木質サイディングを選ぶ方もいます。材質は名前からわかる通り木材です。

メリットは木材による独特の見た目にできるという点、デメリットは防水性や耐火性などの耐久性が低い点、価格が高いなどが挙げられます。

価格は5,200〜10,000円/㎡程度です。

以下の表にそれぞれの種類別メリットデメリットをまとめてあるので、比較してみましょう。

種類 メリット デメリット


・デザイン性が高い
・価格が安い
・耐久性に優れている
・防水性が低い
・シーリングのメンテナンスの手間が多い


・軽量
・吸収性が低く、水に強い
・デザイン性が低い
・錆びることがある
・傷がつきやすい


・メンテナンスの手間が省ける
・劣化などに強い
・耐久性が高い
・デザインの幅は狭い
・施工難易度が高い
・価格が高額になりやすい


・木材による独特の見た目にできる ・防水性や耐火性などの耐久性が低い
・価格が高い

サイディングとその他の外壁材を比較!

見出し画像(徹底比較! サイディング 他外壁材)ここでは、サイディングの特徴をより掴む為に、他の素材と比較してみましょう。

サイディングvsモルタル

サイディングとモルタルのデザイン性、リフォーム価格、耐久性など比較してみてみましょう。

種類 サイディング モルタル
デザイン性 ・形状や色の自由度が高い ・形状は自由度が低い
・色は自由度が高い
耐久性 ・30年程度
・種類によって耐久性が異なる
・窯業系は耐久性が低いが樹脂系は高い
・施工した職人の技術力によって耐久性が変わる
・優れた技術をもつ職人が施工すればサイディングよりも長い耐用年数(30年以上)が期待できる
メンテナンスの手間 ・10年を目安に塗装が必要 ・10年を目安に塗装が必要
リフォームの価 ・70〜100万円程度(30坪の住宅を想定)
・カバー工法や張替えの場合の費用は180〜270万円程度
・70〜100万円程度(30坪の住宅を想定)
・カバー工法や張替えの場合の費用は180〜270万円程度

 

※リフォーム前の素材はどちらでも大丈夫ですが、リフォーム後の素材はサイディングしか使えません。つまり、まとめると以下の通りになります。

既存外壁→サイディングへの張替えは可能
既存外壁→モルタルへの張替えは不可能

サイディングvsタイル

種類 サイディング タイル
デザイン性 ・形状や色の自由度が高いものの安っぽく見える ・高級感があるデザイン
耐久性 ・耐久性が低く耐用年数は30年程度 ・耐久性が高く30年以上はもつ
メンテナンスの手間 ・10年おきくらいに塗装が必要 ・7〜10年おきくらいに目地の補修が必要
リフォームの価格 ・塗装で70〜100万円(30坪程度の住宅を想定
・カバー工法や張替えで180〜270万円
・かぶせ工法で300〜380万円程度

※タイルの目地補修は、サイディングの塗装よりも半額程度の価格で可能です。

サイディング外壁のリフォーム方法

見出し画像(サイディング外壁 リフォーム方法)続いては、サイディング外壁のリフォーム方法についてご紹介していきます。今回紹介する主な方法は以下の4つです。

  • モルタルからサイディングへのリフォーム
  • サイディングの外壁塗装
  • サイディングの重ね張り(カバー工法)
  • サイディングの外壁張り替え
以下でそれそれについて細かく解説していきます。

モルタルからサイディングへのリフォーム

モルタルを剥がしてサイディングを張る工法と、既存のモルタルの上にサイディングを重ね張りするカバー工法の2種類があります。カバー工法のほうが価格は安いですが、軽量である金属系サイディング以外はほとんど利用できなくなってしまいます。

サイディングの外壁塗装

サイディング 塗装道具こちらは、サイディングに塗装をする工法です。10年に1度程度の頻度で必要になります。コストパフォーマンスが優れている「シリコン塗料」、耐用年数が長い「フッ素塗料」が一般的に使われています。

サイディングの重ね張り(カバー工法)

サイディング 業者

既存のサイディング外壁の上に新しいサイディングを重ね張りする工法です。張り替えにくらべて価格が安く、工期が短いという特徴があります。

新しく重ね張りできるのは金属系サイディングと窯業系サイディングのみとなります。既存外壁の重量が重い場合は窯業系サイディングも使えないことがあるので注意しましょう。

サイディングの外壁張り替え

こちらは既存のサイディング外壁を剥がして新しくサイディングを張り替える工法です。外壁リフォームとしては高額な工事だが、外壁内部の防水シートや劣化を補修できるメリットがあります。

新しく張るサイディング素材の種類は特に問いません。

まとめると…
  • サイディングの外壁塗装は10年に1度の頻度で必要
  • カバー工法は価格が安く工期が短いという利点があるが、使用できるサイディングに限りがある
  • 外壁張り替えは高額だが、外壁内部を補修できるというメリットがある

「サイディングの外壁リフォーム」その費用は?

見出し画像(サイディング外壁 リフォームにかかる費用)では、サイディングの外壁をリフォームしようと思ったらどれくらいの費用がかかるのでしょうか?ここではリフォームの費用を種類別に紹介していきます。

モルタルからサイディングへのリフォーム

30坪程度の住宅をカバー工法する場合は185〜255万円程度になります。モルタルを撤去してサイディングを張る場合はさらに20万円程度が必要です。

サイディングの外壁塗装

サイディング 壁と足場30坪程度の住宅をシリコン塗装する場合は70〜100万円程度と思っておきましょう。外壁のみの価格で、屋根も塗装するのなら100〜140万円程度です。

サイディングの重ね張り(カバー工法)

30坪程度の住宅を窯業系サイディングでカバー工法する場合は185〜255万円程度になります。金属系サイディングでカバー工法する場合はさらに5〜10万円程度が増えます。

サイディングの外壁張り替え

30坪程度の住宅を張替えする場合で205〜270万円程度です。新しく張るサイディングの種類によってはさらに費用がかかってしまいます。Fbai

サイディング外壁をリフォームすべきタイミングは?

見出し画像(サイディング外壁 リフォームすべきタイミングとは?)サイディングの外壁をリフォームしようと思っても、実際いつすればいいのか分からない場合もありますよね。ここでは適切なリフォームの時期などを解説しているので、参考にしてみてください。

サイディング外壁の耐用年数

素材自体の耐用年数は20〜30年程度です。20年を超えたら劣化状況に応じて張替えを検討する必要があると考えておきましょう。

サイディングをリフォームする季節

サイディング 家のおもちゃ

張り替えやカバー工法なら基本的にどの季節でも問題はありません。というのも、気温による影響を受けないためです。ただ、雨が降りにくい春は適していると言えるでしょう。

塗装の場合は低気温や降雨を避けなくてはいけないため春と、梅雨以外の夏、台風以外の秋が適しています。

サイディングのリフォームを検討すべき劣化症状

サイディングのリフォームを検討すべき劣化症状は主に以下の通りです。

  • 変色や退色
  • カビやコケ
  • チョーキング
  • 塗膜のふくれ
  • 塗膜の剥がれ
  • ひび割れ
  • 外装材の変形や破損

一つずつ簡単に説明していきます。

変色や退色
サイディングの色が薄くなってきたら検討しましょう。変色や退色自体は致命的な問題ではないですが、見栄えが悪いのが気になる場合は塗装を検討してみてもいいと思います。

カビやコケ
カビやコケは外壁表面を侵食する恐れがあります。致命的な問題は起こりにくいが長く放置すると塗装の機能が低下するため塗り直しを検討してください。
「外壁のコケ」落としたい方必見!原因や掃除方法・予防法まで解説! ・チョーキング

サイディング チョーキング現象
外壁の塗装が劣化して白い粉が発生する現象です。塗装の機能が低下しているため塗替えを検討しましょう。
外壁塗装の「チョーキング現象」とは?原因と対策方法を解説します! ・塗膜のふくれ
塗装の膜が劣化してふくれあがる現象です。ふくれた内部に空気や水がたまっていることがあります。数多く見つかったら塗替えを検討してください。

・塗膜の剥がれ
塗装の膜が剥がれている現象です。剥がれた場所は塗装の機能が失われてしまっています。数多く見つかったら塗り替えが必要となります。

・ひび割れ
サイディング ひび割れ塗装の表面あるいはサイディング自体がひび割れている現象です。軽度の症状をチェッキング、重度の場合はクラッキングと呼びます。ひび割れが数多く見つかった場合は補修と塗り替えが必要となります。
塗装のひび割れを補修したい人へ!原因と種類を徹底解説 ・外装材の変形や破損
サイディング自体が変形や破損している場合は補修が必須です。放置すれば雨漏りなどを引き起こすことがあるでしょう。塗装では対処ができないためサイディング材の交換が必要です。

「サイディングの外壁リフォーム」施工の注意点は?

見出し画像(サイディングの外壁リフォーム施工の注意点とは?)サイディングの外壁リフォームをする際には、いくつか注意点があります。サイディングの外壁リフォームをする際は今回ご紹介する内容を踏まえて行うようにしましょう。

基本はカバー工法よりも張替え工法

カバー工法は価格が安く工期も短いメリットがありますが、外装材内部の劣化を補修できません。このため年月がかなり経過しているサイディング外壁はカバー工法よりも張り替えのほうが確実と言えます。

サイディングのリフォームはできる業者が限られる

樹脂系サイディングは施工難易度が高く、日本での工事実績も少ないため施工が可能な業者は少ないです。一般的な窯業系サイディングであれば多くの業者が工事可能です。

悪徳業者にだまされないようにする

サイディング 業者

自宅に訪問営業してくる会社が優良業者である可能性はほとんどなく、トラブルを引き起こしやすいので、気を付けるようにしましょう。複数の会社に見積もりを依頼して比較し、価格や工事内容をチェックしてみることが大切です。

まとめると…
  • サイディングの外壁リフォームは張り替えの方が確実
  • 樹脂系サイディングは施工できる業者が限られる

サイディングの外壁リフォームはDIYでもできる?

見出し画像(サイディングの外壁リフォーム DIYでもできる?)サイディングの外壁リフォームは自分でやった方がいいのか業者に頼むべきなのか迷っている方は多いと思います。結論から言うと、1人でできるものもあるし、業者に頼まなくてはいけないものもあります。ここではその点について解説していくので参考にしてみてください。

DIYでできるサイディングの外壁リフォーム

サイディング DIY外壁塗装のみ可能です。しかし、張り替えは難易度が高いためひとりでやるのは不可能です。

また、チョーキング、カビ、塗装の剥がれはDIYによる塗替えで対処が可能ですが、ひび割れは、ホームセンターでコーキング材を購入して隙間を充填し、塗装すれば対処可能と考えておいてください。

腕のある業者に任せるのが安心!

サイディングの外壁リフォームはひとりでも可能と上記に書きましたが、失敗すると数年で塗装が剥がれるリスクが有ります。

そうなると余計に費用がかかってしまいますので、確実性を求めるなら業者に依頼するのが最善と言えるでしょう。

サイディング外壁のリフォームは優良業者の選定が重要

いかがでしたか?今回のでサイディングの種類やリフォームの費用など、サイディングの外壁に関する知識はある程度ついたのではないでしょうか。サイディング外壁のリフォームはひとりでやるよりも業者に頼んだ方が確実と言っても、業者選びに失敗すると高額な費用を請求されてしまう可能性があります。そのため、信頼できる業者探しに重点を置くことがとても重要です。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami