外壁塗装で助成金・補助金を受け取るためには?方法と条件を解説!

自宅の外壁塗装は高額になることが多いですよね。しかし外壁塗装の工事費用にも、補助金や助成金があることはご存知でしょうか?

今回の記事では外壁塗装で受けられる助成金や補助金の違いや、その申請方法、受け取り方などについてお伝えしていきます。

外壁塗装の「助成金」と「補助金」何が違う?

見出し画像(何が違う?助成金 補助金)外壁塗装の「助成金」と「補助金」は、何がどのように違うのでしょうか。どちらもお金が支給される制度ですが、明確な違いがあるので利用前に確認しておきましょう

ここでは「助成金」と「補助金」の違いについて、お伝えしていきます。

外壁塗装の助成金とは

助成金・補助金 家とお金外壁塗装の「助成金」とは、一定の条件を満たせばだれでも受け取れる支援金のことです。支給された助成金に返済の義務はありません。

外壁塗装の補助金とは

外壁塗装の「補助金」とは、助成金とは異なり一定の基準を満たすほか細かい適用条件が設定されていることがほとんどです。また、補助金は利用するにあたり審査が必要です。

そのほか金額に限りがあるため定員が決まっている補助金も多いです。支給されたお金は、助成金と同じく返済の義務はありません。

外壁塗装で助成金・補助金がでる条件とは?

外壁塗装での助成金は塗料などに特別指定がない、リフォームの助成金・補助金もありますが、省エネ化など特別な条件がある場合も多いです。ここでは、外壁塗装での助成金やその条件についてお伝えしています。

基本条件

工事内容にかかわらず、いくつか基本的な条件を課している自治体がほとんどです。条件としては主に以下のようなものがあります。

  • 対象の住居がある地域に住民票がある
  • 住居の所有者またはその配偶者、親、子供
  • 対象の住居に住んでいる

遮熱塗料・断熱塗料の使用

助成金・補助金 塗料

最近では、多くの自治体が住宅の省エネリフォーム(エコリフォーム)を推奨しています。そのため、自治体によっては外壁工事の際にヒートアイランド対策を取り入れた工事をすると、助成金や補助金が受けられやすくなります。

省エネリフォームの例には、以下のものがあります。

  • 遮熱塗料・断熱塗料を使用する
  • 効果のある窓への改修工事
  • 雨水を貯める貯水タンクの設置
  • 照明設備をLEDにする

塗装工事をする場合は、遮熱塗料や断熱塗料を使用したリフォームであれば、補助してくれる自治体は多いでしょう。

また稀な例ですが、住宅の緑化対策を行うだけでも助成金・補助金が出る自治体もあるようです。

遮熱塗料や断熱塗料について詳しく知りたい方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみてください。

アスベストの除去

アスベスト

近年アスベストの健康被害が多く発生する中、多くの自治体は住宅のアスベスト除去対策にも力を入れています。アスベストの除去工事に対する補助金や助成金も多くあるので、アスベストの除去工事をする際は自治体の助成金・補助金制度をチェックしてみてください。

外壁塗装で利用できる助成金・補助金の金額は?

見出し画像(外壁塗装で利用できる金額とは?)外壁塗装で利用できる助成金や補助金の補助率は約10~20%のものが多く、金額にするとその上限はだいたい10万円から20万円程度が多いようです。

助成金・補助金の適用条件や、補助が受けられる補助率、上限の金額は助成金・補助金を提供する自治体によって異なるので、利用する際は各自治体に事前に確認しておきましょう。

実際の塗装の相場はいくら?
外壁塗装や屋根塗装の相場は、工事内容はもちろんのこと地域によっても違うことをご存じでしたでしょうか? 実際のお客様のデータを反映させた相場シュミュレーションをぜひお試しください! カンタンな質問に答えるだけで、あなたのお家の塗装費用がわずか30秒で受け取れます。ご利用はもちろん無料&匿名です。
▼合わせて読みたい記事 【令和3年更新】外壁塗装の費用相場はいくら?内訳と計算方法を解説【保存版】

外壁塗装で助成金・補助金が受けられる地域は?

外壁塗装のリフォームや省エネ化で助成金・補助金を受けることができる自治体は非常に多くあります。なかでも、壁の断熱化など省エネ化や環境対策に対して補助金を出している自治体が多く見受けられます。

自治体によっては、模様替えや修繕を目的としたリフォームにも補助金を出しているところがあるので、ご自分の自治体で行っている助成金・補助金事業をチェックしてみてください。

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会の地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイトで自治体ごとに支援制度を検索することができます。
URL:http://www.j-reform.com/reform-support/

【令和3年度最新版】外壁塗装で使える助成金・補助金の実例を紹介!

見出し画像(外壁塗装 助成金・補助金の実例紹介)外壁塗装で使える助成金や補助金には、どのような実例があるのでしょうか。以下に実際に行われている、または過去において行われていた助成金・補助金制度の例を、いくつかご紹介していきます。

東京都港区「高反射率塗料等材料費助成」

港区では太陽光の反射率が高い塗料を使った工事に対する助成金があります。対象は港区の住宅で、工事業者の指定はありませんが塗料の明度や反射率に細かい条件があります。

  • 対象者は区内に建築物を所有する個人
  • 補助の限度額は30万円
  • 交付申請受付期間は2021年4月1日(木曜日)〜2022年2月28日(月曜日)(2021/07/27現在)
  • 港区の該当URLはこちら

東京都渋谷区「住宅簡易改修工事費助成」

渋谷区では住宅を改修する工事費用が助成されます。

  • 渋谷区に住民登録をしている個人が対象
  • 渋谷区内の住宅で申請者が居住していれば助成金を受け取れる
  • 税抜きで5万円以上の工事が条件
  • 工事費用の20%が補助額で、上限は10万円
  • 渋谷区と協定を結んだ事業者に工事を依頼しなければ制度を利用できない
  • 対象工事は外壁の改修や模様替えを含む、様々なリフォーム
  • 渋谷区の該当URLはこちら

埼玉県川越市「住宅改修補助金制度」

埼玉県川越市では、住宅の改修工事の費用が助成されます。

  • 工事費用の5%まで補助を受けられる
  • 上限金額は5万円
  • 助成の条件は市内の施工業者が工事をすること、および工事費が税抜き20万円以上であること
  • 遮熱対策の工事でなくても構わない
  • 対象者は市内居住者
  • 対象工事は外壁塗装を含むリフォーム全般
  • 令和3年度より抽選方式で補助金対象者を決定
  • 川越市の該当URLはこちら

北海道名寄市「名寄市ずっと住まいる応援事業」

北海道名寄市では、住宅の改修費用が助成されます。

  • 対象者は名寄市に住民票がある人、市内の住宅を購入し、改修後転入してくる人
  • 工事費用が50万円以上100万円未満の場合は助成費用は10万円
  • 工事費用が100万円以上の場合は助成費用は20万円
  • 対象工事は改築、耐久性・安全性のための工事、居住性を良好にするための工事など
  • その他の条件として、市内施工業者の利用、同年度3/31までに終了する工事がある
  • 名寄市の該当URLはこちら

福岡県朝倉市「あさ暮らし住宅リフォーム補助金交付事業」

福岡県朝倉市では住宅のリフォーム費用が助成されます。

  • 対象者は市内居住者(3世代世帯に限る)、又は居住を予定している人
  • 市内居住者の場合は工事費用の10%が助成され、上限金額は30万円
  • 転入者の場合は転入人数により変動する。上限は30万円
  • 対象工事はリフォーム全般
  • その他の条件として、市内施工業者の利用、10万円以上の工事、今年度の予算に達したら終了といったものがある
  • 朝倉市の該当URLはこちら

助成金・補助金を申請する前に確認するべきことは?

見出し画像(助成金・補助金 申請する前に確認すべきこと)

助成金や補助金の申請は、慣れていない人にとっては複雑なものです。申請の方法を間違えると、助成金や補助金を受け取れない可能性もあります。

以下では助成金や補助金を申請する前に、確認しておくべきことをまとめました。

申請対象であるかを確認する

自治体の補助を受けてリフォームをしたくても、そもそもどのような場合に助成金や補助金が適用されるのかわからなければ申請できませんよね。

前述した通り、申請条件は自治体によって異なりますので、どのような条件をクリアしなくてはならないかを事前に確認するようにしましょう。

  • 居住目的の建物である
  • 税金を滞納していない
  • 建築基準法に基づいた建物である

といった基本的な内容以外にも、助成金・補助金の申請にはそれぞれ具体的な条件が設定されています

補助金の申請の場合では、「遮熱・断熱塗料を使用する塗装工事のみ認める」「居住期間が3年以上」「かかる費用が100万円以上」のように、条件が細かく設定されていることが一般的です。

条件が多かったり細かいとハードルが高そうに見えますが、ひとつひとつの条件はそれほど難しく設定されていないようなので安心してくださいね。

また補助金の申請受付は、自治体の予算がなくなり次第終わってしまいます。お客様のお住いが自治体の提示する条件をクリアしていたとしても、自治体の適用件数を超えてしまえば利用できないので注意が必要です。

制度に詳しい業者を選ぶ

助成金や補助金の申請は慣れない人にとっては複雑で、間違えることも多くあります。申請に間違いがあると、助成金や補助金を受け取れない可能性も。

助成金・補助金の申請を確実に行うためには、申請経験が豊富な工事事業者を選ぶことで、申請ミスを極力防ぐことができます。業者に工事を依頼する際は、工事業者が多くの申請経験があるかどうかを確認しておくと安心です。

業者との契約前に申請を完了させる

助成金・補助金 家と電卓

一般的に助成金及び補助金の申請は、業者との契約前に申請を完了させる必要があります。原則として契約前に申請を完了させないと、助成金や補助金が受け取れないので注意が必要です。

また申請にあたっては工事開始日ではなく業者との契約日が重要になるため、支援金を利用する際には業者との連携や相談が必須となります。

助成金・補助金を利用する際の外壁塗装業者の選び方

見出し画像(助成金・補助金 外壁塗装の業者の選び方)外壁塗装にあまり詳しくない場合、どんな業者を選んだらいいのかわからないことも多いですよね。助成金や補助金制度を利用する際は、どのような外壁塗装業者を選んだらよいのでしょうか。

以下に外壁塗装業者を選ぶときに、押さえておきたいポイントについてまとめました。

助成金や補助金制度を利用した実績がある業者を選ぶ

助成金や補助金を利用したい場合は、助成金や補助金を利用した実績が豊富にある業者を選ぶ方が支援金申請がスムーズなので安心できます。

確認方法は見積もり依頼時に、支援金の申請の経験があるかどうかを確認したりホームページなどに確認したりする方法があります。

制度の手続きをどのくらい手伝ってくれるかを確認する

助成金・補助金 書類を書く業者工事業者によって、申請の手続きをカバーしてくれる程度は異なります。申請の手続きはすべて業者が行うのか、一部は自分たちか、またはすべて自分たちで行う必要があるのかなどを確認しておくようにしましょう。

また申請の手続きは有料という業者も多いので、申請費用は別途必要になるのかなど費用面も事前に問い合わせておくと安心です。

助成金や補助金を利用するには実績のある業者が必須!

一般的に外壁塗装の工事費用は高額で、100万円以上かかることも多くあります。自治体の支援金があるのなら、受けておいた方がお得です。

ただし支援金の申請は細かい条件や申請方法が複雑などの理由で、慣れていない場合は申請ミスをしてしまうことも多くあります。助成金や補助金といった支援金を利用して工事を行う場合は、支援金の利用実績が豊富な業者に工事を依頼するのがおすすめです。

支援金の申請のミスで支援金を受け取れないといった事態を、極力減らすことができでしょう。

 

外壁塗装にかかる費用や注意点について気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
【令和3年更新】外壁塗装の費用相場はいくら?内訳と計算方法を解説【保存版】

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami