軒天に使うケイカル板の塗装方法は?ケイカル板の特徴や費用も解説!

今回は、軒天に使うケイカル板の塗装方法を紹介していきます!また、ケイカル板の特徴、他の素材との違い、さらに費用なども解説しています。

軒天のカイケル板の塗装が初めての方、いまいちやり方がよく分からない方は必見です。

この記事でわかること
  • ケイカル板の特徴や他の素材との違いが分かる
  • ケイカル板の塗装を自分でできるようになる
  • ケイカル板の張り替え方法が分かる

軒天にも使われるケイカル板とは?

軒天では一番よく使われるケイカル板ですが、名前に馴染みのない方は多いかもしれません。軒天に使う素材を検討されている方は、どれを使うべきか悩みますよね。

今回は、ケイカル板の特徴や自分でやる際の塗装方法から張り替えの方法まで詳しく解説していくので、検討する際の参考にしてみて下さい。

そもそも軒天とは?

「軒天」と言われてもすぐにはイメージがつかない方もいるかもしれませんが、軒天とは、屋根のうち「外壁より外側に飛び出している部分の裏側」を指します。ちなみにこれは屋根だけではなく、ベランダ下の天井部分も当てはまります。

延焼を防いだり、外観をキレイにする目的で作られ、また屋根裏の内部結露を防ぐという効果もあります。

軒天は付帯部分に属しているので、塗装の際は屋根や外壁とは別の箇所として区別されます。

軒天で最もメジャーな「ケイカル板」

軒天の素材として主に使われているものは、ケイカル板と水で出来た合板です。その他にも、珪藻土(けいそうど)、消石灰(水酸化カルシウムの事)、石綿(アスベスト)など使われることがあります。(以下でケイカル板以外の素材についても解説するので、ぜひそちらも参考にしてみてください)

そして、ケイカル板は軒天の中でも一番メジャーな素材です。また、現在ではアスベストが含まれていないノンアスベスト材が主流となっています。

ケイカル板の特徴とは?

ケイカル板は軒天の中でも一番メジャーなだけあって、以下のような、素材として用いやすい特徴がいくつかあります。

  • 丈夫
  • 湿気などで変形しにくい
  • 腐食しない
  • 耐火性が非常に高くて燃えない素材

この中でも耐火性が高いという点はケイカル板の最大の特徴でもあります。

軒天にケイカル板を用いるメリット・デメリット

軒天に人気のケイカル板はメリットが多い分、デメリットも存在します。ここでは、軒天にケイカル板を用いるメリットとデメリットを紹介していきます。

軒天にケイカル板を用いるメリット

まず、先ほども説明しましたが、ケイカル板は燃えないため、火事の際の延焼を防げるというメリットがあります。そして、湿気などで変形しにくいため雨が当たりやすい場所でも安心して使用できます。

それに加え通気性が良い素材があるため、屋根裏の換気をしやすくなるという利点もある素材と言えるでしょう。

軒天にケイカル板を用いるデメリット

ケイカル板は反対に、汚れが目立ちやすいというデメリットもあります。また、ひび割れしやすく、重量があるという点もケイカル板の特徴です。

まとめると…
  • ケイカル板は、耐火性が強く丈夫で、腐食しないという特徴ある。
  • ケイカル板は湿気などで変形しにくいため、雨が当たる場所でも安心して使用できる。
  • 汚れが目立ちやすく、ひび割れしやすいという側面も存在する。

ケイカル板と他の素材を比較してみよう!

軒天の素材にはケイカル板以外にもいくつか使用される素材があります。失敗のない素材選びをするためにも、各素材の特徴や素材ごとの特徴を知っておきましょう。

木材(合板、ベニヤ板)

木材(合板、ベニヤ板)は、その名の通り木材の板です。木材のうち、ベニヤ板は木の丸太を剥いた薄い板を指し、そのベニヤ板を接着剤でいくつか重ねたものが合板です。

安価で軽量であるということから昔はよく用いられていましたが、耐久性や耐火性はケイカル板に劣るため今では木材の軒天は少なくなっています。

スラグ石膏板(エクセルボード)

スラグ石膏板とは、鉱物に石膏を混ぜた板で、不燃材です。名前自体はあまり聞かないかもしれませんが、ほとんどの建物の内装に使われていて、最も一般的な素材と言えます。ケイカル板と同じく、軒天の材料としてよく使われています。

価格は安いというメリットがある一方、水に弱いというデメリットもあります。そのため、特に水回りにおいてはスラグ石膏板よりもケイカル板のほうが適しています。

フレキシブルボード

フレキシブルボードとは、セメントと補強な繊維質を原料に、高圧プレスを用いて作られたものです。そしてこちらも不燃材となります。また、「フレキ板」とも呼ばれ、軒天の他にも天井材やビルトインガレージの壁にも使われています。

フレキシブルボードは、ケイカル板よりも耐久性が高いというメリットがありますが、他の材質に比べると少々重い素材であると言えます。

金属板

こちらは金属の板で、不燃材となります。屋根から直接軒天を覆うように施工される場合もあります。

軽量で耐火性にも優れているというメリットがありますが、サビが発生してしまうというデメリットもあります。

まとめると以下のようになります。

素材 メリット デメリット
木材 安価で軽量 耐久性や耐火性は△
スラグ石膏板 安価 水に弱い
フレキシブルボード 耐久性が高い 素材が重い
金属板金属板 軽量で耐性に優れる サビが発生

軒天ケイカル板のメンテナンス法は?

ケイカル板を長持ちさせるためにも、メンテナンスは大切です。正しいメンテナンスの方法を学び、より良い状態を保てるようにしましょう。

塗装

塗装の場合は、10年を目安に塗り替えが必要となります。場合によってはもう少し短いスパンでメンテナンスが必要となるので、一概には言えません。自分でわからない場合は業者に見てもらうのも良いでしょう。

また、塗装の際の値段は、30坪の住宅で15〜30万円程度が相場です。

張り替え

張り替えの場合は、腐食や破損が目立ってきたあたりを目安にして下さい。こちらも自分では判断しづらかったら、業者に頼んでみることをおすすめします。

軒天のケイカル板の価格は?

ケイカル板の価格は一般的に以下のようになっています。

・ケイカル板そのものの価格
5,000〜8,000円/㎡(足場費用は別)
・自分で塗装した場合の費用
300〜700円/㎡
・業者に塗装してもらった場合の費用
900〜1,100円/㎡(足場費用は別)

費用は、30坪の住宅でだいたい30〜50万円程度です。

まとめると…
  • ケイカル板のメンテナンス法には、塗装と張り替えがある
  • ケイカル板の塗装は自分で出来るが、失敗した場合余計に費用がかかる
  • ケイカル板の張り替えは、業者に頼む必要がある

軒天のケイカル板は自分でメンテナンスできる?

ケイカル板のメンテナンスは、方法によって自分でできるものと業者に頼まなくてはいけないものがあります。

「張り替え」はできない

ケイカル板の塗装はDIYでできる範囲ですが、張り替えのなると本格的な大工仕事となってしまうためDIYは不可です。

主な手順は、以下のようになります。

  1. 足場の設置をする
  2. 既存の軒天材を剥がす
  3. ケイカル板を適正サイズに1つ1つカットする
  4. 釘などで張りつけていく
張り替えの場合は信頼できる業者に頼むのがおすすめです。

「塗装」はできる

塗装は自分でも行うことができます。自分でやったほうが費用が抑えられるというメリットがあります。

以下では軒天のケイカル板の塗装をDIYで行う方法を解説していくので、DYIで行う際の参考にしてみて下さい。

塗装を自分で行う方法は?

ここでは実際にDIYで塗装を行う方法を解説していきます。間違った手順で塗装を行うと、外壁の劣化が早まるなど様々な問題が発生してしまいます。

あくまでも正しい手順で丁寧に行うようにしましょう。

準備するもの


軒天のケイカル板の塗装を自分でやる際、主に必要なものは以下の通りです。

洗浄用のホースまたは高圧洗浄機ハケ、ローラーの柄、ローラーの毛、ローラーバケット、ローラーネット、軍手、汚れてもいい服(ヤッケなど)、脚立、マスキングテープ、養生用ガムテープ、マスカー、コーキング、コーキングガン、サンドペーパー、かわすき、地面養生用のブルーシートやビニールシート、下塗り塗料、仕上げ塗料
これらを全部揃えるのは大変かもしれませんが、ネットで販売しているものも多いです。揃えるのが大変な場合は、業者に依頼することも検討してみてもいいでしょう。

軒天ケイカル板の塗装手順

まずはじめに、足場の設置をしましょう。これは自分で行うのは危険なため、業者に依頼することをおすすめします。

そうしたら、マスカーやマスキングテープで養生をします。

既存の塗装で剥がれやすい部分があるので、その部分を「かわすき」で落として下さい。

次に、サンドペーパーで細かい塗装を剥がし、塗料が付着しやすいようにしましょう。

いよいよ下塗りです。この下塗りの作業によって、この後の塗料の密着性が変わってくるため大切な作業になります。丁寧に行いましょう。

それが終わったら最後に仕上げ塗りを2回おこないます。

あとは養生を剥がして清掃作業し、足場の解体をおこなってください。

塗装をDIYでやる際の注意点
上記のように塗装をDIYで行うこともできますが、失敗してやり直しとなることがあります。その場合、費用が業者に依頼するよりも高額になる危険性があるのは考慮しておく必要があるでしょう。

軒天のケイカル板のメンテナンスは業者に依頼するのが確実!

いかがだったでしょうか。軒天のケイカル板は耐火性が強く丈夫、湿気により変形しにくいなどの特徴があります。塗装はひとりでもできますが、失敗した場合のことも考えて業者に頼むのが安全です。また、張り替えの場合は自分ではできませんので、信頼できる業者にやってもらいましょう。

Bitnami