tel: 0120-124-775
logo
tel: 0120-124-775

屋上防水ってどんな工事?種類・費用・メンテナンスまで一挙解説!

屋上防水ってどんな工事?種類・費用・メンテナンスまで一挙解説!

屋上には雨が直接降り注ぐので、防水工事は必須です。また屋上防水工事には、さまざまな種類があります。

今回の記事では、屋上防水の種類やその特徴などについてお伝えしていきます。屋上防水について興味がある方は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • 屋上防水とはどのような工事?
  • 屋上防水工事が必要な劣化症状とは?
  • シート防水の特徴やメリット、デメリット
  • アスファルト防水の特徴やメリット、デメリット
  • ウレタン防水の特徴やメリット、デメリット
  • 屋上防水はどの工事がいいの?
  • 屋上防水の注意点とは?
  • 屋上防水のメンテナンスをご紹介

そもそも屋上防水とは?

そもそも屋上防水とは?
屋上防水とはどのような工事のことを言うのでしょうか。

ここでは、屋上防水の概要やなぜ必要なのかといったことをお伝えしていきます。

屋上防水とは

屋上防水とは、屋上や陸屋根で行う雨漏り対策の工事のことです。なお陸屋根とは、平らな屋根のことで、陸屋根で屋上防水をしないとすぐに建物内部に雨水が染み込んでしまいます。

建物を長持ちさせるには、屋上防水は必須の工事です。また後の章でお伝えしていきますが、屋上防水には様々な種類があります。

防水性が高いけど費用が高いもの、逆に防水性が劣るけど狭い場所の防水にも適用できる工法などがあるので、目的に合った工法を選んで防水工事ができます。

屋上防水はなぜ必要?

?
先ほども少しお伝えしましたが、屋上を防水しないと雨水がどんどん建物内部に入り込んで建材を劣化させます。水が染み込んだ建材は腐食が進むので、改修工事も大規模なものになってしまうでしょう。

建物を長持ちさせて、改修工事を最小限に済ませるためにも、屋上防水は必ず必要な工事です。目的に合った工法で正しく施工し、またメンテナンスも適切に行っていくことも合わせて大切でしょう。

また屋上防水が劣化した状態をそのままにしておくと、建物全体に劣化が起こってしまいます。腐食などが進んだ建材は、まるごと取り換えなくてはいけないなど改修する箇所が大きくなってしまうので防水がしっかりできているかどうかで建物の寿命が変わってきます。

まとめると…
  • 屋上防水とは屋上から雨水が染み込まないようにする工事のこと
  • 屋上防水には様々な種類があり特徴やメリット、デメリットが異なる
  • 屋上防水は屋内に水が入り込まないようにするために必要
  • 水が入り込んだ状態を放置すると家屋が劣化してしまう

屋上防水が必要な劣化症状

屋上防水が必要な劣化症状
屋上防水の処理も年月を経ることで劣化していきますが、劣化した屋上防水は補修の必要があります。

ここでは、補修が必要になる屋上防水の劣化症状についてお伝えしていきます。

ひび割れ

ひび割れとは屋上の防水層がひび割れる劣化症状です。ひび割れが起こると、そこから屋根内部にまで雨水が浸透してしまいます。

雨水が浸透すると改修するときの費用が多くなったり、工事期間が長くなったりといったことが起こります。ひび割れを発見したら、早急に補修することが大切です。

塗膜の剥がれ

デメリット
屋上防水の中には塗装工事が施してあるものもあります。塗装も年月を経るごとに劣化し、劣化が進むと塗膜が剥がれてしまいます。

塗膜が剥がれた場所で内部の建材の劣化が進みますので、こちらも早急に塗り直しなどの作業が必要です。

ふくれ

ふくれとは、屋上の塗装が劣化し膨れてきてしまう症状です。このふくれを放置すると次第に塗膜の剥がれになっていきます。

ふくれが起こった時点で塗膜の劣化はかなり進んでいると思って良いでしょう。塗膜のふくれを発見したら、こちらも早急に塗り替え工事が必要です。

雨漏り

雨漏りしている天井
雨漏りが起こった時点で、屋根内部にも雨水が浸入してしまっているということです。屋根内部に雨水が染み込む状況をそのままにしておくと、家屋全体の劣化がどんどん進みます。

屋根内部の点検も必要なので、補修作業が大規模になる可能性もありますが、放置しておくと大変危険なのですぐに点検および改修工事をしてください。

水たまり

雨がやんだのに防水層の上に雨水がたまってしまう症状のことです。劣化などにより屋根に凹凸ができると、水たまりになります。

水が一か所にとどまり続けると、劣化の原因になります。水たまりが起こる原因を調査して、早急に補修をするようにしましょう。

まとめると…
  • ひび割れが起こるとそのひび割れから水が中に入り込んでしまい危険
  • 塗膜が剥がれると下の建材が雨ざらしになり劣化が早まってしまうので塗り直す
  • 塗膜がふくれるともう少しで剥がれに進んでしまうので塗り直す
  • 雨漏りが起こっていると内部まで雨水が浸入している証拠。早急に改修工事が必要
  • 屋上防水が劣化すると水たまりができることがあるが、放置すると防水層が劣化するので改修が必要

屋上防水の種類と特徴①シート防水

屋上防水の種類と特徴①シート防水
屋上防水には様々な種類がありますが、シート防水は中でも多くの防水工事で使われている工法です。

ここでは、シート防水の概要やメリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

シート防水とは

シート防水とは、防水シートという建材を使って屋上や陸屋根を防水する方法です。

シートの種類も複数あり、どの種類を使うかで費用や工事期間も変わってきます。シート状の防水シートを張り付けていくので、作業自体はそれほど難易度は高くないようです。

シートを張り付けるのは一般的に屋根材の下になります。耐用年数を過ぎたら点検をしてもらうなど、メンテナンスもこまめに行うことが大切です。

シート防水のメリット・デメリット

メリット デメリット
シート防水の主なメリットは、施工が簡単で費用が安いことです。家屋の雨漏りを防ぐために、多くの家屋では防水シートが使われています。

一方デメリットは、シートの形が決まっているので屋根の形状が複雑だと利用できません。形状が複雑な場所の防水は、ウレタン塗料などの塗料を使った防水が向いています。

シート防水の施工手順

シート防水の施工手順は以下の通りです。

施工手順は状況や業者によっても変わってくるので、詳しくは業者に問い合わせてください。

  1. 下地処理
  2. 役物まわりの処理
  3. 立上り部の施工
  4. 平場部の施工
  5. エア抜き作業
  6. 仕上げ材の塗布

シート防水にかかる費用

シート防水に必要な費用は1平方メートルあたり、約6,000円程度です。面積や屋根の形状によっても、価格は変わってくるでしょう。

詳しくは業者に見積もりを取って確認してください。

まとめると…
  • シート防水はシート張り付けて防水していく工事
  • 工事が簡単でコストも低い
  • シートの形状が決まっているので、複雑な形状の場所の防水は難しい
  • シート防水の手順は、状況によっても変わるので詳細は業者に確認する
  • シート防水の費用は1平方メートルあたり、約6,000円程度
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

屋上防水の種類と特徴②アスファルト防水

屋上防水の種類と特徴②アスファルト防水
屋上防水にはアスファルト防水という工法もあります。

ここでは、アスファルト防水の概要やメリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

アスファルト防水とは

アスファルト防水とは、アスファルトを使って屋上を防水する方法です。

防水性能は高いですが、工事の手間がかかる、費用が高いなどのデメリットもあります。工事をする際に悪臭が出やすいという面があるので、工事の際には周辺への気遣いも必要です。

またシートを張り付けていく方法のほか、アスファルトをそのまま溶かして張り付けていく工法もあり、アスファルト防水と一言で言っても様々です。

費用やメリット、デメリットが目的と近いアスファルト防水を行うと良いでしょう。

アスファルト防水のメリット・デメリット

アスファルト防水の主なメリットは、先ほども少しお伝えしましたが防水性が高いという点です。耐用年数が他の防水工事よりも長く、丈夫で長持ちする防水方法を望むのであればアスファルト防水で工事すると良いでしょう。

一方デメリットは、アスファルトを高熱で溶かして施工するため工事中に異臭や煙が発生するという点です。周辺からの苦情にもつながりますので、施工する際はご近所に事前にお伝えするなどの配慮が必要でしょう。

また専用の機械を使うこともあるので、その場合は屋上にある程度広い面積が必要になります。

アスファルト防水の施工手順

ウレタン
アスファルト防水の施工手順は以下の通りです。以下ではアスファルト防水のシートを張り付けていく工法をご紹介しています。

アスファルト防水には他にも工法があるので、詳しい手順やアスファルト防水の種類については業者に問い合わせるなどして情報を取得してください。

  1. 下地処理
  2. シート張り付け
  3. 改修用ドレン設置
  4. 塗装

アスファルト防水にかかる費用

アスファルト防水にかかる費用は、工法によっても違いますがシートを使う場合は、1平方メートルあたり約8,000円程度です。

また、防水工法によっても値段は変わってきます。工法によってはこの値段よりも高くなることもあるので、依頼業者に問い合わせてください。

まとめると…
  • アスファルト防水はアスファルトを使って防水工事をする工法
  • アスファルト防水は防水性も高く耐久性が高い
  • 工事をするときに悪臭や煙が発生するのでご近所には配慮が必要
  • 施工方法はアスファルト工法でも複数あるので、詳しくは業者に確認する
  • アスファルト防水にかかる費用は1平方メートルあたり、約8,000円程度

屋上防水の種類と特徴③ウレタン防水

屋上防水の種類と特徴③ウレタン防水
ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使った防水工法です。

ここでは、ウレタン防水の概要、メリット・デメリットなどについてお伝えしていきます。

ウレタン防水とは

ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使って屋上やバルコニー、ベランダを防水する工法です。

塗装することで防水していくので、シートを使った防水工事よりも複雑な形状の防水に適しています。ただし耐久性が低いのでメンテナンスが頻回に必要です。

メンテナンスは塗り替え作業が主ですが、ウレタン防水の下の建材が劣化している場合は、下の建材ごと取り換える必要もあるでしょう。

補修費用を抑えるためにも、こまめなメンテナンスが欠かせない工法です。

ウレタン防水のメリット・デメリット

ウレタン防水のメリットは、塗料で防水するので防水工事をする場所の形状を問わないという点です。シート状だと四角くてまっすぐな場所以外の防水工事は難しいでしょう。

また、塗料単価や工事費用が安いのでリーズナブルに防水工事ができるのもウレタン防水のメリットです。

一方デメリットは、他の防水工法に比べて耐久性が低いという点です。塗料が劣化することで防水性能も下がってしまうので、耐用年数が経過したり塗膜の劣化症状が出たりしたら、塗り替えの作業が必要になります。

そのほか塗料の剥がれやふくれなどを放置しておくと、建材の内部に雨水が染み込んで補修する箇所が大きくなってしまいます。メンテナンスは必ず数年おきにしなくてはいけません。

ウレタン防水の施工手順

アスファルト防水
ウレタン防水の施工手順は、以下の通りです。通常の塗装の手順と概ね同じになります。ウレタンの塗装をするときは、高圧洗浄機による下地の清掃は欠かせません。

またトップコートはより劣化しやすいので、5年に1度は塗り替えが必要です。

  1. 高圧洗浄
  2. プライマー(接着剤)を塗る
  3. 防水材を塗る
  4. トップコートを塗る

ウレタン防水にかかる費用

ウレタン防水にかかる費用は、1平方メートルあたり7,500円程度です。

ウレタン防水に使う塗料や業者によっても変わるので、詳しくは業者に見積もりを取って確認してください。

またメンテナンスも他の工法に比べると頻回に必要なので、メンテナンスの費用も含めてコスト面のことを考えておいた方が良いでしょう。

まとめると…
  • ウレタン防水とは、ウレタン塗料を使って行う防水工事
  • 塗料を使うので複雑な形状や場所の防水工事も可能
  • 耐久性が低く塗膜も劣化しやすいので、塗り直しなどの頻回なメンテナンスが必要になる
  • ウレタン防水の手順は通常の塗装工事とほぼ同じ手順になる
  • ウレタン防水にかかる費用は1平方メートルあたり約7,500円程度です。

屋上防水はどれを選ぶべき?

屋上防水はどれを選ぶべき?
屋上防水工事でどのような点を重視するかで、向いている工法は異なります。

費用を重視するなら比較的コストが安いウレタン防水がおすすめです。ただし、耐久性が低いので長持ちさせたい場合は向いていません。

耐久性を重視するのであれば、耐久性が高いアスファルト防水が良いでしょう。アスファルト防水は費用が高く工事に手間や悪臭が伴いますが、防水性と耐久性が高い防水工法です。

一方簡単な構造かつ広い屋上であればシート防水がおすすめです。費用もアスファルト防水よりはお手頃で、シートを張り付けていく手間もそれほどかからないので工事期間も短くて済みます。

防水工法 メリット デメリット
シート防水 工事が簡単でコストも安い 屋根の形状が単純でないと施工できない
アスファルト防水 防水性能、耐久性ともに高いので丈夫で長持ち 工事費用が高く、施工時に臭いや煙が発生する
ウレタン防水 塗料を使った防水なので複雑な形状の場所にも施工できる

費用が安い

防水性や耐久性が他の工法に比べて劣る

塗膜が劣化するたびに塗り替えなどのメンテナンスが必要になる

まとめると…
  • 屋上防水の工法は複数ある
  • アスファルト防水は防水性が高く耐久性も高いので、長持ちして高い防水性を求めている人におすすめ
  • シート防水は手軽でコストも安いので、一定の面積のある形状が単純な屋根に向く
  • ウレタン防水は耐久性が低くメンテナンスも頻回に必要になるが、形状が複雑な場所や狭小な場所の防水に向く

屋上防水を依頼する際の注意点!

屋上防水を依頼する際の注意点!
屋上防水を業者に依頼するときには、いくつか注意すべき点があります。

ここでは、屋上防水を業者に依頼するときに気を付けるべきポイントについてお伝えしていきます。

防水工事を専門とする業者を選ぶ

防水工事を業者に依頼するときは、防水工事を専門としている業者を選ぶことが大切です。

防水工事は専門的な知識や経験が必要な工事なので、他の工事を主に行っている工務店に依頼すると施工不良が起こる可能性があります。

工務店の情報をチェックして、防水工事に関する知識や経験が十分かどうかを確認しておきましょう。

10年おきに大規模メンテナンスが必要

業者
屋上防水は耐久性が高いアスファルト防水以外は、10年に1回はメンテナンスが必要になります。メンテナンスまで含めた費用を考えて、長期的な視点でコストを計算した方が良いでしょう。

アスファルト防水は初期費用が高いですが、他の防水方法よりも耐用年数が長めです。メンテナンスにコストをかけたくない場合は、アスファルト防水も検討してみてください。

自主的な定期メンテナンスも必須

屋上防水は日常的なメンテナンスも大切です。排水溝が落ち葉などで詰まっていると、水漏れを起こして劣化が早まってしまいます。

排水溝の詰まりのほか、水たまりができていないかなどを毎年こまめにチェックしておくと、屋上防水が長持ちします。

まとめると…
  • 防水工事は専門の知識や経験が重要なので、防水工事専門の業者に依頼する
  • アスファルト防水以外は10年に1度は大規模な改修工事が必要になる
  • 雨樋の掃除や水たまりのチェックなどこまめな自主的なメンテナンスも欠かせない

屋上防水を長持ちさせるメンテナンス方法

屋上防水を長持ちさせるメンテナンス方法
屋上防水の長持ちさせるには、メンテナンスをこまめに行うことが大切です。

ここでは、どのようなメンテナンスをしていけば良いのかをご紹介していきます。

排水溝の掃除

排水溝は落ち葉やほこりなどが詰まりやすい箇所です。汚れが詰まったまま放置すると、水が屋上から流れていかずそのまま防水面にとどまり続けます。

たまり続けた水分は防水層を劣化させるので、排水溝をこまめに清掃するメンテナンスはこまめにしておきましょう。内部の方でゴミが詰まった場合は、業者に依頼して取り除いてもらうという方法もあります。

いずれにせよ、雨樋の清掃は大切なので1年以上放置しない方が良いでしょう。

5年おきのトップコート塗り替え

ローラー 刷毛
屋上防水をウレタン塗装で行った場合は、トップコートを5年おきに塗り替えるメンテナンスが必要になります。

防水層の上にトップコートを塗り替えることで、防水機能を長期間維持することができます。一方トップコートの塗り替えをせずに放置してしまうと、塗膜の劣化が早まり防水層の機能が低下してしまいます。

ウレタン防水で防水工事をする場合は、こまめなメンテナンスが欠かせません。トップコートのほか、塗膜のふくれやはがれなどがないかなども、こまめにチェックしておくと良いでしょう。

まとめると…
  • 排水溝が詰まると雨水が流れず屋上にたまってしまうので注意が必要
  • 排水溝はこまめにチェックしてゴミを取り除くことが大切
  • 定期的にトップコートを塗り替えると防水機能が長持ちする

屋上防水にはさまざまな工法がある

屋上防水には様々な工法があり、主な工法にはシート防水、アスファルト防水、ウレタン防水などがあります。それぞれメリットとデメリットがあり、向き不向きがあるので目的に合った工法を選ぶことが大切です。

例えば一般的にアスファルト防水は防水性と耐久性が高いので、水漏れに強い屋上を作るのに向いています。一方ウレタン防水は防水性や耐久性が低いですが、費用も安く形状が複雑な場所でも防水工事可能です。

そのほか、メンテナンス方法や耐用年数も工事方法によってそれぞれ異なるので、メンテナンスも工法に合った方法で行う必要があります。

目的に合った防水工事で屋上防水を施工し、なおかつ正しいメンテナンスをすることで満足度の高い屋上防水をしていきましょう!

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami