サイディングの耐用年数は?寿命を縮めないためのメンテナンス方法

日本の家屋の大半は、外壁材としてサイディングを使用しているということをご存知ですか?サイディングは、外壁材の約9割のシェアを占める最もメジャーな存在です。

薄くて軽量なため、家屋に負担をかけないというメリットがある一方で、雨風や紫外線の影響を受けて経年劣化しやすく、定期的にメンテナンスを行う必要があります。

しかし、「そもそもサイディングの耐用年数はどれくらいなのかわからない」という方も多いことでしょう。サイディングと一口に言ってもさまざまな種類があり、耐用年数や貼り替え時期の目安も異なってきます。

この記事ではサイディングの各種類の特徴や耐用年数に加えて、寿命を縮めないメンテナンス方法についてもご紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
  • サイディングの種類とそれぞれの耐用年数は?
  • サイディングのメンテナンスの時期と目安は?
  • サイディングの耐用年数を伸ばすコツとは?
  • メンテナンスの方法と費用とは?

サイディング外壁の耐用年数ってどれくらいなの?

サイディング外壁の耐用年数ってどれくらいなの?
戸建てに住んでいる方ならば、おそらくほとんどの場合、外壁にサイディングを使用しているはず。

種類によってサイディングの耐用年数も変わってくるので、ご自宅の外壁材の種類についてきちんと確認しておくことが必要です。

耐用年数を過ぎたサイディングをそのまま放置しておくと、カビやシロアリ、ひび割れ・剥がれといったさまざまなトラブルが生じてしまうでしょう。そうなると外壁の強度が失われて安全性が損なわれることに…。

サイディングの耐用年数を把握しつつ、適切なメンテナンスを行うことで、寿命を延ばしたいものです。

そもそも「サイディング」とは?

ガルバリウム鋼板

住宅関係のお仕事をしてない限り、「サイディング」という言葉を聞いてピンとくる人はそう多くないことでしょう。そもそも、サイディングとはどのようなものなのでしょうか?

簡単に言うならば、サイディングとは薄い板状の外壁材のこと。日本の家屋の9割ほどに使用されている、最もポピュラーな外壁材こそがサイディングなのです。

サイディングについて詳しく知りたい方には、こちらの記事もおすすめです。
サイディング外壁とは?種類やメリット&デメリットまで徹底解説!

サイディングはメンテナンスしないと寿命が縮む?

サイディングを使用して外壁を施工すれば、それで終わりというわけではありません。サイディングは経年劣化の影響を受けやすく、年数が経つにつれて徐々に塗装がはがれていきます。

外壁を守る表面が損傷することで、内部が雨や紫外線で直接浸食されるため、寿命が縮んでしまうのです。

この状態で放置しておくと、外壁そのものが脆く危ない状態になってしまいます。だからこそ適切なメンテナンスを行い、寿命を延ばすことが必要。

そもそも、耐用年数を大幅に過ぎた段階でメンテナンスを行うよりも、適切な時期に適切なタイミングでメンテナンスを行ったほうが、結果的に修繕費が安くつくのです。

まとめると…
  • サイディング=最も多く使われている外壁材
  • 種類によってサイディングの耐用年数も変わる
  • メンテナンスを怠ると耐用年数が短くなるので要注意

サイディングの種類と耐用年数

サイディングの種類と耐用年数
サイディングと一口に言っても、その種類は金属系・窯業系・木質系・樹脂系の4つに大別されます。

どの種類のサイディングを選ぶかによって、価格や質感・仕上がりはもちろん、耐用年数も変わってくるのです。

では、具体的にどの種類のサイディングが耐用年数が長く、反対にどの種類のサイディングは寿命が短いのでしょうか?

以下では、サイディングの種類別に特徴と耐用年数をご紹介していきます。

窯業系サイディング

サイディングの種類としてまず挙げられるのが、窯業系サイディング。セメントと木質系成分をミックスして作られたサイディングです。

サイディング外壁材の中でも特に人気が高く、日本の家屋の8割ほどに窯業系サイディングが使われていると言われています。

おしゃれなデザインに仕上がる上に、工期も比較的短いところが人気の秘訣。気になる耐用年数は20〜30年が目安です。

また、木質系成分は2割ほどしか使用されていないため、木質系サイディングと比べるとはるかに防火性が高く、耐震性にも優れているなど、安全面でもバッチリです。

金属系サイディング

金属系サイディング

金属系サイディングとは、断熱材の表面に金属メッキを施したサイディングのこと。

金属でできているものの軽量なため、家屋に負担をかける心配がなく、耐震性の面でも安心できます。

断熱性にも優れているものの、金属ゆえに雨や潮風の影響でサビやすいというデメリットもあるため、海が近い地域の家屋にはあまりおすすめできません。肝心の耐用年数は20〜30年です。

木質系サイディング

木材で作られたサイディング材のことを、木質系サイディングと言います。金属系サイディングや窯業系サイディングであっても木目調のデザインに仕上げることはできますが、木質系サイディングと比べるとその差は歴然です。

木質系サイディングは天然の木を使用しているため、木のぬくもりを感じることができますし、より美しく高級感のある質感に仕上がるのが魅力的。

ただし、木材ゆえに防水性が低く、カビやコケが生えやすいというデメリットも…。防火性も低いため、一部の地域では木質系サイディングを使用することができません。

なお、耐用年数は15〜25年と、他の外壁材と比べると短めです。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングとは、主に塩化ビニル樹脂を使ったサイディングのことです。

アメリカなど北米ではメジャーな外壁材ですが、日本でのシェアは低く、樹脂系サイディングを使用した外壁材はたったの1~2%と言われています。

ただ、樹脂系サイディングは木質系サイディングのような腐食のリスクが低く、防火性にも優れています。軽量であるという点では金属系と同じですが、サビにくく海岸沿いでも安心して使用できるというメリットも。

また、気になる耐用年数は20〜30年と、やや長めです。

まとめると…
  • 窯業系サイディング=耐用年数20〜30年
  • 金属系サイディング=耐用年数20〜30年
  • 木質系サイディング=耐用年数15〜25年
  • 樹脂系サイディング=耐用年数20〜30年

サイディングの耐用年数は短くなる場合もある?


天然の木を使用している木質系サイディングは、他の外壁材と比べるとやや耐用年数が短め。

他方で、窯業系や金属系、樹脂系サイディングはいずれも耐用年数は20~30年ほどですが、紫外線や潮風が強い地域の場合、平均よりも早く寿命が縮まることもあるでしょう。

では、サイディングの耐用年数はメンテナンスとどのような相関関係があるのでしょうか?

メンテナンスをしないと外壁は劣化する

結論から言うと、メンテナンスをしなければ外壁はどんどん劣化していきます。

雨風や紫外線の影響を受けて徐々に塗装がはがれたり、ひび割れが生じるといったトラブルが起きるでしょう。

劣化を放置すると寿命が縮むことも

こうした劣化症状を放置してしまった場合、下地が侵食されてサイディングの寿命は縮むことに…。

外壁そのものの耐久性が低下して脆くなるため、雨漏りの原因にもなるでしょう。見た目的に悪いのはもちろんのこと、機能面・安全面でも問題が生じるのです。

たとえ耐用年数内であったとしても、サイディングに劣化症状が出たならば早めの段階で修繕を行う必要があります。

まとめると…
  • メンテンナンスを怠るとサイディングの寿命が縮まる
  • 劣化症状が出たら早期にメンテナンスを
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

サイディングの耐用年数を保つための対策

サイディングの耐用年数を保つための対策
同じメーカーの同じ種類の外壁材を使用していたとしても、メンテナンスの有無や程度によって耐用年数に差がつくこともあります。

できるならば、サイディングの寿命を延ばして修繕費を抑えたいところでしょう。では、どうすれば耐用年数を保てるのでしょうか?

ここからは、サイディングの耐用年数を保つために実践したい対策を3つピックアップしてご紹介していきます。

外壁が劣化していないかチェックする

最も寿命の短い木質系サイディングであっても、その耐用年数は15~25年ほど。ですが、耐用年数以内であったとしても、諸条件がそろえば劣化がはじまることはあり得ます。

そのため、10年に1度はシーリングや塗装が問題ないかを点検するようにしましょう。劣化症状が見つかったならば、すぐに修繕を行うことが必要です。

定期的にメンテナンスを行う

「耐用年数を過ぎてからメンテナンスを行えばよい」と気長に構えていると、その間にどんどん外壁の劣化が進んでしまいます。

耐用年数を保つためには、定期的にシーリングの補修や塗装を行うことが不可欠。目安としては、10〜15年に1度の頻度で行いましょう。

こまめにこうしたメンテナンスを行うことで、多額の修繕費がかかるのを防ぐことができるでしょう。

メンテナンススケジュールを立てる

外壁の施工を行う前に、あらかじめメンテナンススケジュールを立てておくとよいでしょう。

20〜30年単位でメンテナンスのスケジュールを立てることで、長期的なコストパフォーマンスがわかるため、予算を組みやすくなります。

逆に言えば、メンテンナンススケジュールを行わないと、いつどれくらいの修繕費がかかるのかわからなくなるため、将来的に困ってしまうことも…。

まとめると…
  • 10年に1度は外壁の劣化症状を点検しよう
  • 10〜15年に1度はメンテナンスを行う
  • スケジュールを立てて将来的な修繕費を想定しておく

サイディングのメンテナンス時期はいつ?

サイディングのメンテナンス時期はいつ?
サイディングの種類によってメンテナンスのタイミングも異なります。サイディングの種類別にメンテナンスの時期については、以下のようになります。

外壁材の種類 シーリング補修 貼り替え
窯業系サイディング 10年に1度 20〜30年に1度
金属系サイディング 10年に1度 20〜30年に1度
木質系サイディング 7年に1度 15〜25年に1度
樹脂系サイディング 不要 20〜30年に1度

ここからは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

窯業系サイディング

窯業系サイディングは、上手く言えば40年ほどまで寿命を延ばすことが可能です。そのためには、定期的にメンテナンスを行わなければなりません。

塗装やシーリング補修に関しては、10年に1度を目安にメンテナンスを行いましょう。また、20〜30年に1度貼り替えを行う必要があります。

金属系サイディング

金属系サイディングは比較的耐久性の高い外壁材ではありますが、それでも10年に1度は塗装やシーリング補修が必要です。

また、金属はサビに弱いため、20〜30年に1度貼り替えを行うことを前提にしましょう。

木質系サイディング

デザイン性が高くおしゃれな外壁に仕上がるのが魅力的な木質系サイディングですが、天然の木材を使用している分、耐用年数はやや短め。

塗装やシーリング補修は7年に1度を目安に行いましょう。また、張替えは15〜25年に1度ほど行う必要があります。

ただし、メンテナンスの時期に達しておらずともコケやカビ、ひび割れや反りなどの劣化症状が出た場合には、早めに修繕を行うことが肝心です。

樹脂系サイディング

樹脂系サイディングは他の外壁材と比べると耐用年数が長く、メンテナンスが必要ないところが魅力的。

基本的に、塗装やシーリング補修は不要です。ただし、20〜30年に1度は貼り替えを行う必要があります。

サイディングのメンテナンスが必要な劣化症状

「まだ耐用年数未満だからメンテナンスをしなくても大丈夫」と考えるのは危険です。

劣化症状が出てしまっている場合には、メンテナンスの時期を待たずとも修繕を行う必要があります。

では、具体的にどのような劣化症状が出ていれば早急にメンテナンスを行う必要があるのでしょうか?

色褪せ

最もよくある劣化症状が色褪せです。紫外線や雨風の影響で、外壁の塗装が色褪せている状態になります。

ただ、こうした劣化症状は見た目以外には問題がなく、機能性が損なわれるわけではないので、補修しなくても大きな問題はありません。

シーリングのひび割れ

サイディングとサイディングの間にあるシーリングは紫外線によって経年劣化します。シーリングはゴム製ですので、日が当たると固くなって縮れてきてしまい、その影響でシーリングがひび割れたり、切れたりしてしまうのです。

シーリングは、揺れなどの衝撃を吸収する緩衝材としての役割も持っているため、硬くなってひび割れたり切れたりしてしまうと、その役割も果たせなくなります。

シーリングが劣化して隙間ができてしまうと、外壁の内側に水が入ってサイディングや内部も傷んでしまう可能性もあります。シーリングが固くなってひび割れが入っているのに気付いたら、早めに補修を行うようにしましょう。

カビ・コケ

外壁にカビやコケが生えるというのも、よくある劣化症状のひとつ。放置しても致命的な問題にはなりませんが、カビの根が内部に達すると、サイディングの劣化が早まってしまう可能性もあります。

とりわけ、木材を使用した木質系サイディングはカビの影響で腐食が進んでしまうことも少なくありません。外壁にカビやコケを発見したら、深刻な状態になる前にメンテナンスを行うことをおすすめします。

チョーキング

チョーキングとは、塗装が粉末状になる現象のこと。指で軽く外壁の表面を触ると粉がつくので、すぐにわかります。

チョーキングは、サイディングを保護している塗装の効果が薄れている状態です。防水性が損なわれているためカビが生えやすくなり、放置すると耐久性にも問題が出てくるようになってしまうでしょう。

この場合、粉末を高圧洗浄で取り除き、外壁の塗り替え作業を行うことになります。ただし、木質系サイディングは水に弱いので高圧洗浄を使用はNGなので注意しましょう。

塗装のひび割れ

塗装がひび割れる状態のことをひび割れと言います。放置すると、ひび割れた部分から内部に水が侵入し、腐食が進むおそれも。

そうなると、外壁そのものの耐久性に影響を及ぼしてしまうため、早めに修繕を行う必要があります。

ふくれ

気をつけたい劣化症状のひとつが、塗装のふくれです。ふくれとは、文字通り外壁の表面がボコボコと膨れてしまう現象のこと。

ひび割れた外壁の隙間から水が入り込み、ふくれを引き起こすことがあります。この状態を放置すると、塗装が剥がれてしまい、防水性が低下して雨漏りの原因になってしまうこともあります。

剥がれ

剥がれとは、塗装が剥がれる劣化症状のこと。多くの場合、経年劣化が原因です。

放置するとサイディング素材に雨や紫外線が直接あたり、劣化が進んでしまうため、早めに修繕を行いましょう。

まとめると…
  • 色褪せ→補修しなくても問題なし
  • シーリングのひび割れ→早めに補修を行う
  • カビ・コケ→必須ではないが補修したほうがベター
  • チョーキングやひび割れ→耐久性に支障が出るので修繕が必要
  • ふくれ・剥がれ→早めに修繕を行う

サイディングのメンテナンス方法と費用

サイディングのメンテナンス方法と費用
サイディングの劣化症状が出始めたならば、放置せずに適切なメンテナンスを行うことが必要です。

しかし、そうは言っても「どれくらいの費用がかかるの?」と不安に感じる方も多いことでしょう。

そこでここからは、サイディングのメンテナンス方法とそれぞれにかかる概算費用についてご紹介していきます。

シーリング工事

シーリング工事とは、目地のシーリングを取り除いて再充填する工事のこと。ひび割れなどによって外壁内部に水が浸透したり、雨漏れを防ぐことができます。

「打ち増し工事」と呼ばれる、既存のシーリングの上から埋める増し打ち工法もありますが、既存のシーリングを撤去して新しいシーリングを埋める「打ち替え工事」という工法もあります。

打ち増し工事のほうが安くすみますが、シーリングの劣化症状が進んでいるならば、打ち替え工事を行わなければなりません。

費用に関しては住宅全体で20〜50万円ほど見積もっておけばよいでしょう。

塗装

メンテナンス方法のひとつとして挙げられるのが塗装です。塗装とは外壁を塗り直す工事のこと。

チョーキングやひび割れといった劣化症状が表れた時には、塗装を行って外壁の耐久性を取り戻しましょう。機能面だけはなく、見た目も改善することができます。

色褪せやカビなど外観を損ねる劣化症状に関しても、塗装で対処可能です。

塗装にかかる費用についてですが、費用は使用する塗料によって変動します。

ウレタン塗料は、耐用年数が8~10年で、100㎡あたり46~75万円ほどになります。比較的安価ですが、耐用年数が短くなってるので、コスパは良いとは言えませんが、初期費用を抑えることが可能です。

シリコン塗料は、耐用年数が10~15年で、100㎡あたりの金額は53~83万円ほどになります。迷ったらシリコン塗料、とも言われたほど、値段と質のバランスが良くなっています。

フッ素塗料は、耐用年数が15~20年で、100㎡あたりの費用は60~90万円ほどです。フッ素塗料は耐久性が高いため、長持ちさせたい方におすすめです。

無機塗料は、耐用年数が20~25年と長く、100㎡あたり73~110万円ほどと、比較的に高価な塗料です。ここ数年で登場した塗料で、耐久性が高いのがメリットですが、施工業者が少ないというデメリットもあります。

カバー工法

既存外壁に新しいサイディングを重ね張りする工事のことを、カバー工法と言います。基本的には、軽量な金属サイディングを上から張りつけることになるでしょう。

既存の外壁の上から新たなサイディングを重ねるため、断熱性や防音性が高まるというメリットも。

ただし、軽量な金属サイディングとは言え、重ね張りすることで家にかかる負担が大きくなるため、地震時には揺れが大きく感じやすくなるというデメリットもあります。

なお、費用は住宅全体で160〜260万円程度です。

張替え

外壁の劣化症状が著しく、寿命を迎えた場合には張替えを行うことになるでしょう。張替えとは、既存外壁を剥がして新しいサイディングを張り付ける工事のことです。

塗り替えといった工事に比べると大掛かりな作業になるため、費用は住宅全体で180〜280万円ほどかかります。

ただ、新しいサイディングに張替えることによって美しく新しい外壁に生まれ変わりますし、雨漏りによって内部に生じたカビなどのトラブルを一掃できるでしょう。

まとめると…
  • シーリング工事費用→20〜50万円ほど
  • 塗装(塗り直し)費用→70〜100万円ほど
  • カバー工法→160〜260万円ほど
  • 張替え費用→180〜280万円ほど

サイディングのメンテナンスに関しては、こちらの記事でも詳しくまとめています。
サイディング メンテナンス アイキャッチサイディングのメンテナンス時期はいつ?方法や費用も詳しく解説!

サイディングのメンテナンスについての注意点

サイディングのメンテナンスについての注意点
サイディングの寿命を延ばすためには適切なメンテナンスが必要ですが、その方法や業者選びを間違ってしまうと後悔してしまいかねません

お金だけかかり、肝心のメンテナンス効果が得られないというケースもあるのです。では、実際にメンテナンスを行うにあたってどのような点に気をつければよいのでしょうか?

以下では、サイディングのメンテナンスに関する注意事項についてチェックしていきましょう。

外壁に適したメンテナンス方法を行う

高圧洗浄機

大切なのは、外壁の状態に応じて適切なメンテナンス方法を選ぶということ。劣化が少ないならば、メンテナンスは塗装だけでも問題ありません。

ただし、重度の劣化ならば張替えが必要です。重度の劣化症状が出ているのに、塗装だけで対処しようとすると、すぐに剥がれてしまうため、費用が無駄になるでしょう。

素人が判断するのは難しいため、プロの判断を仰ぎながら、外壁の状態に適したメンテナンスを行うことが大切です。

相見積もりで業者を選ぶ

「サイディングが劣化しはじめてきたけれど、どの業者に修繕を依頼すればよいのかわからない」という方も多いことでしょう。そんな時には、相見積もりをして業者を選んでみてください。

相見積もりとは、複数の業者に見積もりをしてもらうことで比較・検討を行い、よりよい業者に出会うために必要なことです。

相見積もりをすることで、費用が安くて高品質な業者を見抜きやすくなるでしょう。ただし、「他の業者よりも安い見積もりだったから」という理由で飛びついてしまうのは考えものです。

平均よりも安すぎる場合、修繕に必要な工程が行われず雑なメンテナンスになってしまう可能性もあるからです。業者の見積もりを比較し、適正な価格かどうかをよく吟味した上で、信頼できる業者に依頼することが必要です。

保証がある業者を利用する

サイディングのメンテナンスを依頼する業者を選ぶ際には、見積もりの価格だけではなく、保証があるかどうかという点もしっかりとチェックしておきましょう。

保証がない業者の場合、見積もり価格が安くなる傾向にありますが、こうした安さに惹かれて安易に契約をしてしまうと後になってトラブルが起こる可能性があります。

施工後の保証がないと、万が一修繕の不備があった時や、修繕後すぐに塗装がはがれた時でも無償修理をしてもらえなくなるのです。

まとめると…
  • 外壁の劣化症状に適したメンテナンス方法を選ぶ
  • 相見積もりを行うことで適正価格の業者を見つける
  • もしもの時のために無料保証対応の業者を選ぶ

適切なメンテナンスでサイディングの寿命を伸ばそう

今回はサイディングの耐用年数とメンテナンスについて特集してきましたが、いかがでしたでしょうか?

金属系・窯業系・木質系・樹木系と、サイディングにはさまざまな種類があり、それによって耐用年数は変わってきます。

また、メンテナンスの期間や費用も種類によって異なるので、ご自宅の外壁材がどの種類を使用しているのかを把握しておく必要があるでしょう。

耐用年数内であっても、メンテンナンスを怠るとサイディングの寿命は縮んでしまいます。美しく耐久性のある状態を保つために、適切なメンテナンスを行ってサイディングの寿命を延ばしましょう。

 

サイディングの費用の目安について気になる方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。
外壁サイディングの価格を徹底比較!費用を抑えるポイントとは?

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami