サイディング外壁の塗装について徹底解説!目安の時期や費用とは?

サイディング外壁の戸建て住宅

サイディングは外壁材の一種で、薄い板状の外壁材です。サイディングには塗装を施す必要がありますが、どのような塗装をすれば良いのでしょうか。

今回はサイディングの塗装の方法や塗料の種類、また塗装のメンテナンスの時期や劣化症状などについてもお伝えしていきます。サイディングの塗装に興味のある方は、ぜひご一読ください!

サイディング外壁に塗装って必要?

サイディング外壁に塗装って必要?
サイディング外壁に塗装は必要です。塗装をしないと、サイディングの耐用年数が低下してしまいます。サイディング外壁の塗装は、定期的にメンテナンスをすることが大切です。

色褪せなどの劣化症状が出てきた場合は、塗り替えの時期が近い証拠なので、塗り替えの準備をしておきましょう。メンテナンス費用を節約しようとすると、劣化が建物の内部まで及びより多くの補修費用が必要となる可能性もあります。

サイディング外壁の耐用年数と塗り替え時期

サイディング外壁の耐用年数と塗り替え時期

サイディング外壁の耐用年数と塗り替えの時期は、材質や商品によっても異なります。一般的な塗装時期の目安や、種類ごとの耐用年数とメンテナンス時期についてお伝えします。

塗装の目安は10年

塗装は年月を経ると劣化していくため、定期的に塗り直しの必要があります。サイディング外壁の塗装の塗り直しの時期は、環境や塗料の耐用年数などによっても異なりますが、おおむね10年から15年に1度程度です。

塗装の劣化を放置しておくと、サイディング本体の劣化が進み、耐用年数が短くなったり、内部の建材に劣化が進んで建物自体の劣化が早まったりします。

種類別!サイディングの耐用年数、メンテナンス時期

サイディング自体の耐用年数は20~40年程度ですが、定期的に塗り替えなどのメンテナンスが必要です。サイディングには、窯業系、金属系(ガルバリウムなど)、木質系、樹脂系の主に4種類があります。

サイディングの種類によって耐用年数や、メンテナンス時期が異なります。メンテナンスの時期を把握しておき、耐用年数が近づいたらメンテナンスを行うようにしましょう。

サイディングの種類 主な補修内容 メンテナンス周期 耐用年数
窯業系 ・塗り替え
・コーキング補修
8年~15年 20年~40年
金属系 ・塗り替え
・コーキング補修
・傷、サビの補修
10年~15年 20年~40年
木質系 ・塗り替え
・必要ならコーキング補修
3年~10年 15年~40年
樹脂系 ・30年ほど塗装不要
・メンテナンスがほぼ不要
10年~30年 20年~50年

劣化症状が現れた場合は早めに塗装工事を

劣化症状が出てきた場合は、早めに塗装などのメンテナンス工事が必要です。一般的に劣化症状は7年~15年ほどで出てきます。目立った症状がなくても、10年に1度は業者に依頼してサイディングの状態を点検してもらいましょう。

サイディング外壁の塗装が必要な劣化サイン

サイディング外壁の塗装が必要な劣化サイン
サイディング外壁の塗装が劣化してくると、様々なサインがあらわれます。塗装の劣化症状とは、どのようなサインのことなのでしょうか。塗装の主な劣化症状についてお伝えしていきます。

カビ・コケ

カビやコケの生えた外壁

外壁にカビやコケが生えている状態です。放置しても致命的な問題にはなりません。カビやコケの根が内部に達するとサイディングの劣化が早まる可能性があるので注意しておきましょう。

色褪せ・変色

色褪せや変色が起こった外壁

色褪せや変色がある外壁は、紫外線の影響で塗装が劣化しています。塗り替えの緊急性は低いものの、放置するとひび割れや剥がれが起こるので注意が必要です。近いうちに塗り替えを検討してください。

チョーキング

チョーキングが発生している外壁

チョーキングは塗装が劣化して、粉末状になる現象です。指で触ると粉がついてきます。サイディングを保護している塗装の効果が薄れている証拠なので、なるべく早めに塗り替えをしましょう。

ひび割れ

ひび割れている外壁

ひび割れは、塗装や下地がひび割れる現象です。ひび割れを放置すると、塗装の内部に水が侵入する可能性があります。建物の内部に水が入ると、建物自体の劣化が早まる可能性が高いので早急に補修が必要です。

ふくれ

塗膜が膨れている外壁

塗装が建材の素材からはがれて、膨れる現象です。ふくれを放置すると、やがて塗装が剥がれます。塗装がはがれた場所は外気にさらされるので、劣化の進みが早まります。早急に補修をしてください。

剥がれ

塗装がはがれている外壁

塗装が素材から剥がれる現象です。塗装の剥がれを放置するとサイディング素材に雨や紫外線が直接あたって、耐用年数よりも早く劣化します。建物の劣化を早めないためにも、早期のメンテナンスが必要です。

実際の塗装の相場はいくら?
外壁塗装や屋根塗装の相場は、工事内容はもちろんのこと地域によっても違うことをご存じでしたでしょうか? 実際のお客様のデータを反映させた相場シュミュレーションをぜひお試しください! カンタンな質問に答えるだけで、あなたのお家の塗装費用がわずか30秒で受け取れます。ご利用はもちろん無料&匿名です。
▼合わせて読みたい記事 家と図面と人 【2022年最新版】外壁塗装の坪数ごとの費用相場は?単価&見積りを徹底解説!

サイディング外壁の塗装にかかる費用

サイディング外壁の塗装にかかる費用
サイディング外壁の塗装には、どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。外壁塗装の費用について業者に頼む場合とDIYで行う場合で比較してみます。

業者に頼む場合の費用

工事費、材料費、人件費の内訳
業者に塗装を依頼する場合は、30坪の外壁面積100から150平方メートルの住宅では、おおむね70万円から100万円程度です。高所作業のための足場費用は別途必要で、足場代はこれに10万円から20万円ほど追加で必要になります。

延坪数 塗装面積 費用
20坪 約92㎡ 60~80万円
30坪 約139㎡ 80~110万円
40坪 約185㎡ 110~150万円
50坪 約230㎡ 130~180万円
60坪 約277㎡ 160~200万円

なお、塗料代は塗料の単価によっても異なりますが、だいたい1平方メートルあたり2,000円から5,000円程度が相場です。

塗料の種類 耐久年数 費用 ※1缶あたり
アクリル 約3~5年 5,000~15,000円
ウレタン 約5~7年 5,000~20,000円
シリコン 約7~10年 15,000~40,000円
ピュアアクリル 約15年~ 50,000~70,000円
フッ素 約15年~ 40,000~100,000円
(変性)無機 約15年~ 50,000~120,000円

詳しくは「【2022年最新版】外壁塗装の坪数ごとの費用相場は?単価&見積りを徹底解説!」をご覧ください。

DIYで行う場合の費用

DIYで行う場合の費用は、20万円~50万円程度です。費用の内訳は主に塗料代、道具代、足場代です。

足場は業者への依頼が必要なため、10~20万程度かかります。少々値は張りますが、安全のため高所作業の際は必ず足場を組んでもらうようにしましょう。

DIYでの塗装はあまりおすすめできない?

結論としてDIYでの塗装はあまりおすすめできません。塗装がはがれても保証がない、高所からの落下の危険性などデメリットが多いためです。主なデメリットをまとめました。

  • 塗装がはがれても保証がない
  • 失敗したら1年程度ではがれてしまい、結局は業者に依頼することになる
  • 高所からの落下の危険がある
  • 周辺住宅から臭いなどに対するクレームが住人本人に来るため対応が必要になる

サイディング外壁の塗装費用を抑えるコツ

サイディング外壁の塗装費用を抑えるコツ
サイディング外壁の塗装は大きな出費です。どのようにしたら費用を抑えることができるのでしょうか。

複数の業者に見積もりを依頼する

業者に塗装を依頼するときは、複数の業者に見積もりを取るようにしましょう。複数の業者に見積もりを取ることで、費用だけでなく工事内容も比較でき、優良な業者を見つけやすくなります。

完全無料!簡単!

優良業者で見積もりを取る

自社施工の業者に依頼する

ハウスメーカーといった仲介業者ではなく、地元の塗装専門店のような自社施工をしている会社に依頼した方が工事費用がお得になります。仲介業者だと仲介料がかかるため費用が高くなるためです。

訪問営業の業者は避ける

唐突に訪問してくる業者は詐欺やボッタクリのおそれがあるため避けた方が安心です。訪問営業の業者に契約をせかされても安易に契約をしなようにしてください。

助成金・補助金を利用する

自治体によっては外壁塗装で補助金を受け取れる可能性があります。自治体によって支給する条件は違いますが、一般的には10万円から20万円ほどの補助金を受け取ることができます。

「【2022年版】外壁塗装で助成金・補助金を受け取るためには?方法と条件を解説!」

火災保険を利用する

外壁塗装には火災保険を利用できる場合もあります。外壁塗装に火災保険を適用できる主な理由としては、外壁の損害が災害などによるもの、破損してから3年以内などの条件があります。

「火災保険で外壁塗装をしよう!活用できる事例と悪質な詐欺の実態」

サイディング外壁の塗装の工法や流れ

サイディング外壁の塗装の工法や流れ

サイディング外壁の塗装を行うときの工法や工事の流れなどについてお伝えします。

サイディング外壁の塗装の工法

サイディング外壁の塗装の工法は複数あります。ここでは主な工法をご紹介します。

手塗り工法

職人がハケとローラーを使って手作業で塗装する一般的な手法です。サイディングの模様を活かせるクリア塗装や、単色での塗装があります。

吹付け工法

熟練の職人が吹き付けガンやコンプレッサーを使って塗料を吹き付ける工法です。吹付工法でできる模様には、リシン、タイル、スタッコ、石材調などがあります。

  • リシン模様
  • タイル模様
  • スタッコ模様
  • 石材調豪華仕上げ

多彩仕上げ工法

スズカファインから出ている専用の塗料「ウォールバリア」シリーズを使用する工法です。2~3色を重ねることで、濃淡が生まれ、自然な凹凸感を演出します。外壁材が傷みクリア塗装ではきれいに塗装できない場合でも、この工法ならサイディングの模様を活かすことが可能です。

サイディング外壁の塗装の流れと施工期間

塗装に使う道具

塗装に使う道具は複数あります。下塗り塗料、シーリング、仕上げ塗料、ハケなどで、主な道具は以下のとおりです。

  • 下塗り塗料
  • シーリング
  • 仕上げ塗料
  • ハケ
  • ローラー
  • 高圧洗浄機
  • ケレン道具
  • サンドペーパー
  • 養生道具(テープ)
  • マスカー
  • マスキングテープ
  • 足場
  • 吹付の場合は吹付ガン、コンプレッサー、ホースなどの必要

塗装の流れ

塗装の流れは現場や状況によっても異なりますが、一般的には足場を設置して養生、塗装という流れになります。

  1. 足場の設置
  2. 養生
  3. 高圧洗浄機で外壁の汚れを落とす
  4. ケレンで外壁の剥がれかけた塗装を落とす
  5. シーリングの補修などの下地処理
  6. 下塗り
  7. 中塗り
  8. 上塗り
  9. 養生剥がし、清掃、足場解体

 

サイディング外壁の塗装をする際の注意点!

サイディング外壁の塗装をする際の注意点!
サイディング外壁を塗装する際には、いくつかの注意点があります。外壁を塗装するときに注意するべきポイントをご紹介します。

外壁に適した塗料を使用する

サイディング外壁は素材によって適した塗料が異なります。素材に合っていない塗料を塗ると、塗料との相性が悪くてすぐに剥がれてしまうこともあるので注意が必要です。

特に下塗りの塗料は外壁の素材との相性が重要になりますので、素材に適した塗料かどうかを塗装をする前に確認しておくことが大切です。

価格と耐用年数のバランスを考える

塗料にも安価なものから高価なものまであり、またその特徴やメリット・デメリットも様々です。コストを抑えたいがあまり安い塗料を使うと、耐用年数が短く結局メンテナンスに費用がかかってしまうといったこともあります。

塗料を選ぶときは、耐用年数と価格のバランスを考慮して、メンテナンスのコストがかかりすぎないようにすることも大切です。

シーリングも補修する

サイディング外壁の場合、継ぎ目にシーリングが施されていることがほとんどです。シーリングが必要なサイディングの場合、シーリングの劣化にも注意を払う必要があります。

塗り直しを行う際には、シーリングも同時に補修しておきましょう。シーリングの補修を行わずに塗装をすると、シーリングが劣化して剥がれたときに塗装も一緒に剥がれてしまう恐れがあります。

サイディングの隙間には要注意

サイディングの種類によっては、時間が経過するとサイディングに隙間が空いてしまうことがあります。横方向に隙間が空いている場合は、雨漏りが起こることが少ないので状況を見て対処することが大切です。

縦方向に隙間が空いていると内部に水が入りやすくなるので、早急に補修する必要があります。コーキングの埋め直しのほか、サイディングが破損している場合はサイディング自体の交換が必要です。

サイディング外壁の塗装に適した塗料

サイディング外壁の塗装に適した塗料
サイディング外壁には適した塗料があります。どのような塗料が適しているのでしょうか。サイディング外壁に適した塗料を、いくつかご紹介します。

サイディング外壁に使う塗料の種類

サイディング外壁に使う塗料は主にウレタン、シリコン、フッ素塗料などの5種類です。表に耐用年数と価格、メリット・デメリットをまとめました。

種類 耐用年数 価格※1㎡あたり メリット・デメリット
ウレタン塗料 約5~7年 1,400~1,600円 メリット
光沢感がある・高密着
デメリット
汚れやすい・紫外線に弱い・変色しやすい
シリコン塗料 約7~10年 1,700~2,200円 メリット
製品数が多く選択肢が多い・メーカー、業者にノウハウがある
デメリット
ひび割れしやすい・重ね塗りが難しい
ラジカル塗料 約12~15年 2,500~3,000円 メリット
バランスがいい(値段、耐候性、防汚性、耐用年数)・塗りやすい
デメリット
新しい塗料で実績が少ない
フッ素塗料 約15~20年 3,800~4,800円 メリット
対候性がとても高く劣化しづらい・光沢長持ち・汚れをはじく
デメリット
高額・次回の塗り替えが難しい
無機塗料 約20~25年 4,200~5,000円 メリット
耐用性抜群・耐候性はフッ素越え・耐汚染性も光触媒に匹敵・不燃
デメリット
高価・技術が必要・屋根には不向き

サイディング外壁の塗装におすすめの塗料を紹介!

サイディング外壁塗装におすすめの塗料を紹介!
サイディング外壁に使用できる塗料は多くありますが、中でも品質に問題がないおすすめの塗料があります。サイディング外壁に使用できるおすすめの塗料を、いくつかご紹介していきます。

エスケープレミアムシリコン

エスケープレミアムシリコン

エスケープレミアムシリコンは、エスケー化研が販売する人気のシリコン塗料です。安価でありながら耐久性が高く、信頼できる商品となっています。

パーフェクトトップ

パーフェクトトップ

パーフェクトトップは、日本ペイントが開発して2012年に世界で初めて販売した、ラジカル制御形塗料(ラジカル塗料)で、ラジカル塗料の代表的商品です。

ファイン4Fセラミック

ファイン4Fセラミック

ファイン4Fセラミックは日本ペイントが販売する、人気のフッ素塗料です。価格に対して耐用年数が長く、信頼性できる商品となっています。

塗装以外の補修やメンテナンス方法

塗装以外の補修やメンテナンス方法

水洗い

ホースや雑巾などを使って、サイディング全体を優しく水洗いします。一般的な住宅地にある建物でしたら、年に1、2回を目安に行いましょう。

高圧洗浄はNGです。使用方法を誤ると、サイディングボードに傷や凹みなどができたり、せっかくの塗装が剥げ落ちることもあります。

シーリング補修

シーリングを増し打ちしたり、剥がして再充填したりします。目安として、7〜10年に1度に行ってください。

シーリング補修にかかる費用は、一般的には費用は10〜30万円程度です。また、高所作業の場合は足場代も必要になります。

重ね張り

重ね張りとは、既存の外壁材の上から新しい外壁材を張る方法のことです。カバー工法とも呼びます。重ね張りする外壁材は軽量のもののみで、一般的に金属系サイディングが使われます。

頻度は20年~30年に1度行いますが、カバー工法が行えるのは重量の関係で1度までです。費用は180万円~240万円程度かかります。

張り替え

張り替えとは、既存の外壁材を剥がして新しい外壁材を張り付ける方法です。メンテナンス頻度は20年~40年に1度程度です。

外壁材を撤去して処分する工程があるので、カバー工法よりも費用が多くなります。一般的な費用は、200万円~260万円程度です。

サイディング外壁を依頼する業者選びのポイント

サイディング外壁を依頼する業者選びのポイント
依頼する業者を選ぶときは、どんな点に気を付ければ良いのでしょうか。

実績のある業者を選ぶ

施工実績が豊富な業者の方が、施工不良の可能性を低く抑えることができます。可能であれば、1,000件を超える実績がある業者に依頼した方が安心です。

親切に対応してくれる業者を選ぶ

業者に問い合わせをした際、営業マンが親切に対応してくれる場合は信頼性が高いのでおすすめです。

保証がある業者を選ぶ

塗装工事のアフターケアがある業者の方が安全性が高く信頼できます。できれば5年や10年の施工保証がある業者を選びましょう。とは言え、20年を超える場合は保証が長すぎるため逆に危険なので避けてください。

サイディングの塗装は必須!適した時期にメンテナンスを

サイディングの塗装は建物を守るために必要です!サイディング塗装の重要なポイントをおさらいしましょう!

サイディングの塗装は絶対に必要です。雨や紫外線などから外壁を守り、長持ちさせるために定期的に行います。外壁塗装は家の外観のために行う印象がありますが、それ以上に外壁を守るという機能を維持することが非常に重要です。

サイディングの材質や塗料の耐用年数によっても異なりますが10年に1度は塗り替えを検討しましょう。また劣化の状況によっても変わってくるでしょう。劣化が進んでいたら年数にかかわらず外壁塗装が必要です。

色褪せやひび割れなど、さまざまな劣化サインがあります。色褪せはそれほど緊急度は高くありませんが、ひび割れや剥がれなどは早急に補修が必要です。小さい劣化から、どんどん症状は進行していくので早めの対策がおすすめです。

外壁の素材によって、適した塗料は異なります。外壁に合った塗料を選ぶことが大切です。また、サイディングの隙間をつなぐシーリングも合わせて補修すると良いでしょう。見た目や価格だけで選ばずに、きちんと外壁を守ることができる塗料での塗り替えや補修を行いましょう。

 

あなたも外壁塗装ほっとらいんに情報を掲載しませんか?
加盟店募集中!詳しくはこちらをクリック
外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami