外壁塗料の正しい選び方3STEP|種類や特徴を理解して最良な外壁塗装を!

外壁塗装の塗料には、正しい選び方があります。なんとなく色や質感だけで決めてはNG!外壁の塗料を正しく選ばないと、塗装も壁も長持ちしません。

今回の記事では、外壁に合った塗料の選び方についてまとめてあります。外壁の塗料について興味がある方は、ぜひご一読ください。

外壁塗料の正しい選び方3STEP

外壁塗料の選び方

外壁を塗装するときに、塗料はどのようなものを使えばいいのか悩みませんか?以降に外壁塗料の正しい選び方について、3つのステップを追ってご紹介していきます。

STEP.1
外壁材との相性で選ぶ
まずは外壁材との相性で選びます。相性が悪いと耐久性が落ちてしまうことも。
STEP.2
塗料の種類を選ぶ
塗料の種類はさまざま。希望に合った種類の塗料を選びましょう。
STEP.3
機能や特徴を選ぶ
塗料の中には様々な機能を持つ塗料も。機能や特徴のある塗料を選びます。

STEP1 外壁材(建材)と塗料の相性で選ぶことが最重要!

外壁材との相性で選ぶ

外壁に使う塗料は、下地となる外壁材(建材)と相性の良いタイプの塗料を使う必要があります。

外壁材と塗料の相性とは?

サイディングやモルタルといった外壁材には、それぞれに特徴が存在します。外壁材の特徴を把握し、それに合った塗料を塗らないと外壁材が長持ちしません。

このように塗料と外壁材には相性があるので、塗料を選ぶ前に確認しておきましょう。

外壁と塗料の相性の一例

ここでは、外壁材と塗料の相性の例をあげていきます。

モルタル外壁

モルタル外壁は一般的にひび割れ(クラック)が発生しやすい外壁材です。そのため弾性がある塗料が適しています。また、割れた場所から水分がしみこみやすいため、透湿性の高い塗料であることも大切です。

一方塗膜が固く柔軟性がないフッ素塗料、無機塗料は相性が良くありません。

窯業系サイディング

窯業系サイディングは蓄熱しやすい性質があります。そのため、透湿性の低い塗料の場合膨れが起きやすくなるため注意が必要です。

そのため、窯業系サイディングに使用する塗料は透湿性が高い塗料が向いています。一方、弾性塗料は透湿性が低いため向いていません。

金属サイディング

金属サイディングは、錆対策が必要です。また表面が高温になりやすいため、熱に弱い弾性塗料は不向きでしょう。

ALC

ALCは多孔質で吸水しやすい性質があるため、水に強く透湿性が高い塗料が向いています。

弾性塗料とは・・・

ゴムのように伸び縮みをする性質をもった塗料です。ひび割れが起きにくいというメリットがあり、アクリル塗料やシリコン塗料にも弾性塗料があります。

透湿性塗料とは・・・

透湿性とは、雨水は通さずに蒸気状態の水分つまり、湿気のみを通過させる性質のことです。

外壁塗料においての透湿性は、建材の腐食や建物自体の結露を防ぐことができるため、特に湿気の多い天井部分の塗装に使われます。

STEP2 塗料の種類を選ぶ!

塗料の種類で選ぶ

塗料の種類って?

塗料の種類は、俗にグレード(等級)と呼ばれており、グレードごとに価格や耐用年数がおおよそ決まっています。

値段と性能はほぼ比例しており、性能が高い塗料は価格も高価です。塗料を決めるときは、外壁材と相性をみながら、耐候年数と予算のバランスでグレードを決定しましょう。

  • 耐用年数は5~7年
  • 単価は1,400円~1,600円ほど
  • メリット 安い、発色の良さ、デザイン性の高さ
  • デメリット 耐久性悪い、頻繁なメンテナンス

外壁にはほぼ使われませんが、イベントの建物など期間が限定的で、色とコスパを重視するときには使われることもあります。

ただし最近はピュアアクリルというアクリル100パーセントの塗料があります。これは耐久性が高く、モルタルなどに適した塗料として活躍しており、値段はフッ素並みです。

主な商品として、「ニッペ DANフレッシュ」「関西ペイント アスカⅡ」などがあります。以下にアクリル塗料についてまとめた記事がありますので、あわせてご覧ください。

アクリル塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品4選も公開!アクリル塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品4選も公開!
  • 耐用年数は8~10年
  • 単価は1,700~2,200円ほど
  • メリット 光沢感、高密着
  • デメリット 汚れやすい、紫外線に弱い、変色しやすい

新しく出た塗料のほうがコスパがいい傾向がありますが、ほかの種類の塗料と比べると費用対効果が劣ります。

とは言え木材や塩ビ製の雨樋などと相性がいいので、そういった素材に塗装するときには便利です。ほかにもコンクリのヒビ対策、鉄部のさび止めなど細かい用途でよく使われます。

主な商品には、「ニッペ ファインウレタンU100」、「関西ペイント アレスレタン」があります。

以下の記事はウレタン塗料についてまとめたものです。こちらもあわせてご覧ください。

ウレタン塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品3選も公開!ウレタン塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品3選も公開!
  • 耐用年数は10~15年
  • 単価は 2,300~3,000円ほど
  • メリット コスパが良い、耐久性がアクリルやウレタンの1.5倍、汚れに強い
  • デメリット これといった弱点はないが、多少ひび割れしやすく重ね塗りが難しい

現在最も一般的な塗料です。大手メーカーから新製品もたくさん出ています。

主な商品として、「ニッペ オーデフレッシュSi100Ⅲ」、「エスケー化研 クリーンマイルドシリコン」などがあります。

シリコン塗料については、以下の記事が詳しいです。ぜひあわせてご覧ください。

シリコン塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品5選も公開!シリコン塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品5選も公開!
  • 耐用年数は12~15年
  • 単価は2,500~3,000円ほど
  • メリット バランスがいい(値段、耐候性、防汚性、耐用年数) 塗りやすい
  • デメリット 新しい塗料で実績が少ない

シリコン塗料の次の標準塗料候補と言われている次世代塗料です。シリコンと同程度の価格で、性能はフッ素塗料に迫ります。

主な商品は「ニッペ パーフェクトトップ」、「水谷ペイント ナノコンポジットw」などがあります。

以下はラジカル塗料やその商品についてまとめた記事になります。こちらもあわせてご覧ください。

ラジカル塗料塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品3選も公開!
  • 耐用年数は12~15年
  • 単価は3,800~4,800円ほど
  • メリット 対候性がとても高く劣化しずらい 光沢長持ち 汚れをはじく
  • デメリット 高い 次回の塗り替えが難しい

予算に余裕があり、良い塗料を使いたい人向きの塗料です。耐久性に優れ汚れにも強いため、スカイツリーに使われています。ただし、次の塗り替えで使える塗料の種類が限られるのはデメリットでしょう。

主な商品には「AGC ルミステージ」、「ニッペ ファインフッ素」などがあります。

以下の記事はフッ素塗料についてまとめた記事です。こちらもあわせてご覧ください。

非公開: フッ素塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品5選も公開!
  • 耐用年数は15~20年
  • 単価は4,200~5,000円ほど
  • メリット 汚れに極めて強い カビや藻にも強い セルフクリーニング機能
  • デメリット 高い 塗装には高度な技術がいる

日が当たると汚れを自ら分解する機能がある塗料です。大通り沿いで壁が汚れやすい家などにおすすめ。

また、真っ白な壁をあきらめたくない人や、凹凸が多く汚れやすい壁にも向いています。ただし塗装には高度な技術が必要なので、取り扱いできる業者は限らるでしょう。

主な商品には、「TOTO ハイドロテクトECO-EX」、「日本特殊塗料 エヌティオ」があります。

以下の記事は光触媒塗料についてまとめた記事です。あわせてご覧ください。

光触媒塗料の効果とは?メリットデメリットを詳しく解説
  • 耐用年数は20~25年
  • 単価は4,500~5,500円ほど
  • メリット 耐用性抜群 対候性はフッ素越え 対汚性も光触媒に匹敵 不燃
  • デメリット 価格が高い 塗装に技術が必要 屋根塗装には向いていない

耐久性が高く、ほかの塗料に比べて品質の高い塗料です。一つの家に長く住むことを想定し、耐久性を極限まで高めた塗料となっています。

ただし価格が高く、塗装には高い技術が求められるため、業者選びが難しいという側面も。また屋根塗装にも不向きです。

主な商品には、「ニッペ セラミックトップg」、「関西ペイント アレスダイナミックMUKI」があります。

無機塗料については、以下の記事にもまとめてあります。あわせてご覧ください。

無機塗料とは?メリット・デメリットと有機塗料との違いを解説!
塗料の耐候性とは?

耐候性とは、プラスチックや塗料、繊維、有機素材等の工業製品が太陽光・温度・湿度・雨等の屋外の自然環境に耐 えうる性質であることをいいます。

メーカーが自社の塗料の耐久年数のテストをする場合は、促進耐候性試験と呼ばれ、室内で人口の強い太陽光を浴びせる試験をします。

ただし、室内の試験なので、塩害や凍害、雨などの劣化を早くする要素が含まれていません。あくまでもテスト上の耐久年数です。

STEP3 塗料の機能や特徴を選ぶ

機能や特徴で選ぶ

塗料を選ぶときは、機能や特徴を調べて合うものを選ぶことも大切です。

こだわりで選ぶことも必要です!

塗料には同じグレードだとしてもそれぞれ特徴があります。カラーバリエーションが豊富だったり、遮熱効果があったり、耐候性に特化していたりなど…。

また、機能や特徴はメーカーによっても異なります。「ここだけはこだわりたい!」というポイントがあれば、業者の人に相談しましょう。最適な塗料が選べます。

機能性塗料によくある特徴は以下です。

  • カラーバリエーションが豊富
  • 火に強い
  • 水に強い
  • 遮熱性がある
  • 紫外線に強い
  • 防カビ・防藻
  • 環境にやさしい
  • 特殊なテクスチャー
  • デザイン性が豊富

様々な特徴を持った塗料を紹介!

例えば同じシリコン塗料でも、このような特徴の違いがあります。

商品名 特徴
ニッペ ハナコレクション100ファイン 花の色をテーマにした塗料。彩り豊かなカラーが特徴
ニッペ ファインサーモアイウォールSi 高い遮熱性があり、蓄熱を抑制。室内温度を低減する
ニッペ インディアートCERA 意匠性が高く、ランダムな凹凸など模様や質感をつけることが可能
エスケー化研 サンドフレッシュSi 表面が石材調に仕上がる
エスケー化研 ベルアートSi 意匠性や低汚染性に加え、カラーバリエーションが100色

そのほか、こんなユニークな塗料もあります。

商品名 特徴
ニッペ パーフェクトトップローズ 塗料特有のにおいが気にならず、バラの香りに包まれて塗り替えできる
関西ペイント レタンPG80 高い光沢性で、メタリック色や原色のラインナップが豊富

塗装業者さんは何を見てる!?外壁塗料選びシュミレーション!

業者さんは何を見ている

業者さんと実際に塗料を決めるときにはどんなことを聞かれ、何を基準に決めていくのでしょうか。実際の流れを見ながら塗料選びに必要なポイントを押さえましょう。

外壁材は何を使用していますか?

  • 窯業系サイディング
  • 金属系サイディング
  • モルタル
  • ALC
  • その他

ほっとらいん中本

実は外壁材によって使用できる塗料が限られていたり、おすすめの塗料があったりします。ですので最初に外壁材をお伺いしています。

例えば、フッ素塗料や無機塗料は高性能ですが、これらの塗料は柔軟性がなく割れやすい特性があります。同じくヒビが入りやすいモルタルとは相性が悪いです。

そんなモルタルには伸縮性のある弾性塗料がおすすめですが、これは逆に窯業サイディングには適しません。ちなみに窯業系サイディングは高いデザイン性が特徴。ですので、元のデザインを残せるクリアー塗装がおすすめです。

現在の外壁はどのような状態ですか?

  • ところどころ色褪せている
  • 汚れが目立つ
  • ひび割れが見られる
  • チョーキングが見られる
  • サイディングボードのそり

ほっとらいん中本

外壁の傷み具合によっては残念ながら外壁塗装で対応できないこともあるんです。色褪せや汚れは外壁塗装のリフォームできれいにすることができます。軽度のひび割れも補修可能です。

しかし、チョーキングが起きていたり一部分剥がれていたり、表面だけでなく外壁本体にまで損傷が及んでいるときには、張替の検討が必要に…。

MEMO

外壁の痛みがひどく塗装で対応できないときはカバー工法があります。カバー工法は今の外壁の上からサイディングをはる方法です。張り替えより手軽にデザインを一新できるうえ、劣化がひどいときにおすすめです。

重視したい機能はありますか?

  • 色・デザイン重視
  • 汚れを防ぎたい
  • 防水性
  • 防火性
  • 遮熱性

ほっとらいん中本

塗料にはそれぞれ特徴的な機能があります。最近では抗ウイルス機能がついたものも。

お客様の希望する機能を予算内で叶えるため、グレードごとの特徴と、塗料ごとの特徴を照らし合わせて最適な塗料を選びます。

費用は?

  • なるべく抑えたい
  • コスパ重視
  • 高くてもいいからとにかく機能重視

ほっとらいん中本

塗料の費用はグレードによってはもちろん、重視する機能によっても費用は変わってきます。費用対効果を考えて選んでいく必要があります。

塗料を決定する流れ

これらの情報をもとに、業者さんが何種類か塗料の候補を出してくれます。そのサンプルをみて、候補を絞る、見本板や試し塗りをみて決定するなどの作業を経て決定していく流れです。

塗料豆知識

①水性と油性の違いは?
同じグレードの塗料でも水性か油性かの違いがあります。水性は水で希釈しますが油性はシンナーで希釈します。油性のほうが耐久性良いものの、臭いはきつい傾向が。一方水性塗料は耐久性では油性では劣るものの、きつい臭いがしません。

②1液性と2液性の違いは?
1液タイプは缶を空ければそのまま使用できるタイプで、2液タイプは主剤と硬化剤の2種類の材料を混ぜるタイプの塗料です。
1液タイプよりも2液タイプの方が耐久性が高く、価格も高価な傾向があります。1液タイプの方が施工しやすいものの、2液タイプの方が仕上がりも良く、塗装できる素材も豊富です。

塗料選びについて30秒でポイントをおさらい!

塗料を選ぶときは、外壁の素材との相性が重要になってきます。ポイントをQ&Aでおさらいしましょう!

外壁材と塗料には相性がある?

あります。例えば、モルタル外壁はクラックが入りやすいので弾性のある塗料が良いでしょう。詳しくはコチラ


塗料にはどんな種類がある?

塗料の種類にはいわゆるグレードと呼ばれる種類に分かれます。耐用年数があがるほどに高価です。外壁材との相性をみながら、予算のバランスでグレードを決めましょう。詳しくはコチラ


塗料には機能や特徴によって違いがあるの?

塗料によってカラーバリエーションが豊富だったり、火に強かったり、遮熱性があったりといった特徴があります。詳しくはコチラ


外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami