太陽光発電はやめたほうがいい?太陽光パネルと屋根の本当の話

太陽光発電はやめたほうがいい?太陽光パネルと屋根の本当の話

太陽光発電は太陽の光で発電するクリーンなエネルギーで、自家発電のため電気代もお得になるというイメージがあります。しかし、太陽光発電には無視できないデメリットもあるので安易におすすめできるものではありません。

今回の記事では、太陽光発電のメリットのほか、太陽光発電の主なデメリットについてお伝えしていきます。太陽光発電について興味がある方は、ぜひご一読ください。

この記事でわかること
  • 太陽光発電の主なデメリット
  • 太陽光発電に向いていない「住宅」と「屋根」
  • 太陽光パネルの設置で起こりやすいトラブル
  • 太陽光発電の主なメリット
  • パネルを設置した屋根の状況別塗装費用
  • 塗装業者に依頼するポイント

太陽光発電はやめたほうがいい?「太陽光発電のデメリット」

太陽光発電のデメリットは?
太陽光発電は自家発電できて、電気代の節約につながるイメージがありますが、実際にはどうなのでしょうか。ここでは、太陽光発電の思わぬデメリットについてお伝えしていきます。

設置費が高い

太陽光発電をするには、屋根に太陽光パネルという発電するためのパネルを設置する必要があります。このパネルを設置する費用が高額で、一般的な設置費用は145万円程度です。

電気代の方は自家発電で安くなるかもしれませんが、設置のための初期費用が高いので実際に電気代がお得になるまでには長い期間が必要となります。

発電量が安定しない

太陽光パネル 屋根
太陽光発電は太陽の光を使って発電するため、天候が悪いときは発電量が落ちます。電力会社から送電される電気よりも安定しないため、曇りや雨が続くと思うように自家発電できないといったこともあります。

発電量が十分でないときは、電力会社から電気を買うことになるでしょう。日照時間が多く、気候が比較的安定している場所に向く発電方法です。

屋根が重くなる

太陽光発電をするためのパネルは重量があるので、屋根に取り付けると屋根の重みが増します。屋根が重くなると住宅全体の耐震性が低下して、建物全体の劣化にもつながるため注意が必要です。

屋根の重みに耐えられない建物の場合は、屋根の破損だけでなく建物自体にひび割れや雨漏りが起こる可能性もあります。太陽光パネルを設置する際は、重みに耐えられる建物かどうかも考慮に入れて検討することが大切です。

メンテナンスに手間と費用がかかる

太陽光パネル 清掃
太陽光パネルは定期的にメンテナンスが必要です。太陽光パネルのメンテナンスには20年間で30万円程度かかると言われています。

メンテナンスを怠ると、火災の原因となる可能性もあるため、メンテナンスせずに放置するのは危険です。また、太陽光パネル以外の屋根工事の際に太陽光パネルが邪魔になり工事費用が増えてしまうこともあるでしょう。

光の反射によるトラブルが増える

太陽光発電に使われるパネルは、光を反射するため周囲の建物や人に反射光が当たってトラブルになることがあります。

周囲との思わぬトラブルが発生する可能性があるので、設置する方向や角度には気を配ることが大切です。光の反射を避けようがない場合は、近隣の住人と話し合いをするなど事前にトラブルを回避する努力をした方が良いでしょう。

詐欺が多い

訪問営業
太陽光発電は訪問営業による詐欺が多いことでも知られています。訪問営業をする業者は割高な工事費用を請求したり、いい加減な工事で施工不良を起こしたりといったことが度々あるため、気を付けた方が良いでしょう。

業者に依頼する際は、見積もりを複数の業者から取って検討することも大切です。訪問営業してくる業者は早急に契約を結ばせようとすることもあるので、すぐに契約をしないようにしましょう。

雨漏りが起こりやすくなる

悪徳業者や設置に慣れていない業者に依頼すると、太陽光パネルを屋根に設置するときに施工不良を起こして屋根を傷つけてしまうことがあります。

設置工事によって屋根が傷つくと、屋根から水が浸入して雨漏りを起こす可能性があるので注意が必要です。また、太陽光パネル設置による破損は屋根材保証の対象外となるケースもあるため、修理費用が高くなってしまうこともあります。

税金が増える場合がある

驚く女性
屋根と一体型の太陽光発電の場合は、固定資産税がかかりやすいため税金が高くなってしまうことがあります。固定資産税をなるべく安く抑えたいときは、太陽光パネルの設置はやめておいた方が良いかもしれません。

業者の倒産リスクがある

一般的にアフターフォローやメンテナンスは太陽光パネルを設置した業者が行いますが、太陽光パネルの業者が倒産してしまい、アフターフォローなどが受けられないといったケースが続出しています。

アフターフォローを割安で受けられる契約をしていた場合など、当てが外れてしまうこともあり得ます。業者を選ぶ際は、経営が安定している業者を選ぶことも大切です。

売電価格が低下している

下がる 矢印
太陽光パネルで発電した電力が余ったら、電気を売ることができるのも太陽光パネルのメリットのひとつです。しかし売電価格は2012年から8年で3分の1以下にまで低下しています。

そのため、太陽光パネルで余った電力を売って利益を確保するということが難しくなっている状況です。余剰電力で収益を得ることが目的の場合は、太陽光パネルの設置は考え直した方が良いかもしれません。

まとめると…
  • 太陽光パネルは設置費用が高い
  • 天候によって発電量が安定しない
  • 屋根が重くなり耐震性が低下する
  • メンテナンスに手間や費用がかかることがある
  • 光を近隣に反射するためトラブルになることがある
  • 訪問営業による詐欺が多い
  • 屋根を破損するリスクがあるので雨漏りが起こりやすい
  • 固定資産税が高くなる恐れがある
  • アフターフォローを依頼した業者が倒産してフォローが受けられなく可能性もある
  • 売電価格が低下しているので収益を得ることが難しくなってきている

太陽光発電はやめたほうがいい「住宅の特徴」

太陽光発電に向かない住宅の特徴
太陽光パネルの設置には、向いている住宅と向いていない住宅があります。どのような住宅が太陽光パネルの設置に不向きなのでしょうか。

ここでは、太陽光パネルの設置に不向きな住宅の特徴をご紹介していきます。

築年数が古い

建てられた時期が古く、耐震性も低い住宅は太陽光パネルの設置に向いていません。古い時期に建てられた住宅は耐震性に問題があるケースも多く、太陽光パネルの負荷に耐えられない恐れがあります。

また、建物自体が老朽化しているため、太陽光発電設置の際に施工不良が起こる可能性も高いでしょう。

日当たりが悪い

日当たり 悪い
太陽光発電には太陽の光が必要です。そのため日当たりが悪い住宅も太陽光発電には不向きです。多少日の当たる場所にパネルを設置したとしても発電効率が悪くなるため、費用対効果が低くなってしまいます。

屋根が影になる

家全体の日当たりはそれほど悪くなくても屋根部分は日影になりやすいといった住宅も、発電効率が悪くなるので太陽光発電には向いていません。一般的に太陽光パネルは屋根に設置するため、屋根の日当たりが悪いと十分な発電量を得られないでしょう。

まとめると…
  • 築年数が古く耐震性が低下している建物は太陽光パネルの重みに耐えられない
  • 北向きの屋根など日当たりが悪い屋根は太陽光発電に向かない
  • 屋根が日影だと十分な発電量を得られない可能性がある
実際の塗装の相場はいくら?
外壁塗装や屋根塗装の相場は、工事内容はもちろんのこと地域によっても違うことをご存じでしたでしょうか? 実際のお客様のデータを反映させた相場シュミュレーションをぜひお試しください! カンタンな質問に答えるだけで、あなたのお家の塗装費用がわずか30秒で受け取れます。ご利用はもちろん無料&匿名です。
▼合わせて読みたい記事 【令和3年更新】外壁塗装の費用相場はいくら?内訳と計算方法を解説【保存版】

太陽光発電はやめたほうがいい「屋根」

太陽光発電に向かない屋根
太陽光パネルを設置するのに不向きな「屋根」というのもあります。ここでは、パネルの設置に向いていない屋根の特徴をご紹介していきます。

屋根の大きさ

太陽光パネルのサイズはさまざまですが、あまり小さな屋根にはどのサイズのパネルも設置できません。パネルが置けるだけの屋根の広さがない場合は、設置するために屋根を広げるなどの工事が必要になるため初期費用がより高くなってしまいます。

狭くて形状が複雑な屋根の場合設置作業が難しくなってしまうため、費用面も含めてよく検討した方が良いでしょう。

屋根の向き

住宅
十分な発電量を得るためには、太陽の光をパネルに多く当てる必要があります。建物に北向きの屋根しかない場合は太陽の光があまり当たらないので、パネルの設置には向いていません。

太陽光発電で効率的に発電したいなら、太陽の光が多く当たる南向きの広い屋根が必要です。なお南向きでなくても太陽光パネルを設置することはできます。

屋根の勾配

屋根の勾配は住宅によって様々ですが、太陽光パネルを設置するためには30度程度が最適と言われています。あまりに急勾配や緩勾配の屋根だと、設置できないことがあるので、水平や極端な角度の屋根への設置はおすすめできません。

水平な屋根や急勾配な屋根に設置する場合は、別途設置のための工事が必要になる可能性もあります。

屋根の形

小さい 家
太陽光パネルを設置できる十分なスペースがない屋根も、太陽光発電には不向きです。特に日照時間が少ない北側を向いている片流れ屋根は、太陽光パネルを取り付けられる場所がないので設置に向いていません。

屋根材の種類

太陽光パネルを設置するには、それなりの強度の屋根が必要です。耐用年数が短いトタンなどの屋根に太陽光パネルを設置すると、パネルよりも先に屋根のメンテナンスを行う必要があり非効率です。

またメンテナンスの際には太陽光パネルを一度取り外す必要があるので、手間やコストが増加してしまいます。

屋根材の種類と特徴を徹底解説!【完全版】主なメーカー&商品も紹介
まとめると…
  • 屋根にパネルよりも小さいスペースしかないと設置できない
  • 屋根が北向きの場合は発電量を十分に得られない可能性がある
  • 屋根の勾配がきつすぎても緩すぎても設置できない
  • スペースがない、形状が複雑、北側の片流れ屋根などは設置に向かない
  • 耐久性が低い屋根材の場合、屋根の方が先にメンテナンスが必要になる

太陽光パネル設置で起こる「屋根トラブル」

太陽光パネルの設置で起こる屋根のトラブルとは?
太陽光パネルを設置すると、屋根トラブルが発生することもあります。ここではパネル設置で起こりうる代表的なトラブルをお伝えしていきます。

屋根の負担増や劣化

前にもお伝えしましたが太陽光パネルはそれなりに重量があり、屋根に設置すると屋根の重みが増します。屋根の重量が大きくなるため、建物全体の耐震性が低下するなど、建物の劣化をはやめてしまう危険があります。

太陽光パネルを設置するには、ある程度強度のある屋根と耐震性の高い構造の建物であることが大切です。

雨漏り

雨漏り 天井
技術が未熟な業者の場合、パネルを設置する際に屋根を破損するという施工不良を起こしてしまうことがあります。

破損個所から雨水が侵入して雨漏りを引き起こすケースもあるため、太陽光パネル設置で実績がある信頼できる業者に依頼しましょう。

非公開: 雨漏り修理の全情報をまとめ!費用相場から応急処置まで徹底解説

反射光トラブル

パネルが太陽光を反射することで、近隣の建物を照らしてまぶしい思いをさせてしまうことがあります。近隣の住民から苦情が入るなどしてトラブルになることもあるため設置する場所や角度にも注意が必要です。

雪トラブル

屋根 雪
雪が多い地域だと太陽光パネルの上に積雪して発電量が低下してしまうことがあります。また雪の重みでさらに屋根の重量が増加して、建物に負担がかかりやすくなるため、降雪量が多い地域では積雪対策も怠らないようにすることが大切です。

まとめると…
  • 太陽光パネルの重みによる屋根の破損や劣化、耐震性の低下などが起こる
  • 施工不良などで屋根が破損すると雨漏りを起こす恐れがある
  • 太陽光パネルの反射光で近隣に迷惑がかかりトラブルになる可能性もある
  • 積雪量が多い地域だと雪に覆われて発電できなくなることもある

太陽光パネル設置で良いことも!「太陽光発電のメリット」

太陽光発電のメリット
太陽光パネル設置にはデメリットもありますが、もちろんメリットもあります。ここでは太陽光パネルを設置することで得られる、主なメリットをお伝えしていきます。

光熱費の節約につながる

太陽光パネルの主なメリットは電気代の節約です。発電量が十分なときは電力会社から電気を購入しないで済むため、電気代を0円にすることも可能だと言われています。

余った電気を売れる

電球 電卓 家
発電して余った電気は、電力会社に売ることができます。電気代が浮いてさらに販売することができるため、パネルでの発電が順調なら電気代がかなりお得になるでしょう。

災害時の自家発電にも使える

災害などで送電線などが使えなくなってしまったときにも、太陽光発電の機能が壊れていなければ自家発電で電気を確保することができます。

自宅で何らかの医療機器を使っているなど安定的な電気の供給が欠かせない場合は、停電時も自家発電できる太陽光発電のメリットは大きいでしょう。

投資対象としては安定した収入がある

女性 貯金箱
太陽光発電は投資の対象としても安定した収入を得ることができます。他の投資商品に比べると安定して供給されますので、投資による利益をなるべく安定的に得ていきたい人に向いています。

耐用年数が長い

太陽光パネルの耐用年数は長く、一般的には15年から30年は利用できると言われています。耐用年数が長いので、初期費用を差し引いても最終的には電気代がお得になります。

室内が夏は涼しく、冬は暖かくなる

女性 子供
屋根に大きなパネルを設置して太陽光を遮っているので、夏は室内が涼しく冬は室内の温かい空気を逃がしにくい屋根となります。屋根からの太陽光の影響を少なくしたい場合にも、太陽光パネルは便利です。

環境保護につながる

太陽光発電は火力発電などCO2を出さない発電方法なので、環境に優しいエネルギーです。火力や原子力のように周囲に悪影響を及ぼす可能性がある発電方法ではないので、クリーンで持続可能な電力を望んでいる方にもメリットがあります。

北向き以外では設置場所を選ばない

住宅
パネルを設置する方向は北向き以外ならどこでも設置可能です。あまりに極端な勾配や、複雑な形状の屋根でなく一定のスペースがある屋根ならば、太陽光パネルを設置することができます。

故障しにくい

太陽光パネルは劣化や故障が起こりにくいと言われています。故障することがあまりないので、頻繁に点検する必要がなく、定期的なメンテナンス工事もそれほど大変ではありません。

補助金を受け取れる

家 ZEH
環境に配慮したZEHの条件を満たす太陽光パネルは補助金の対象です。設置費用の一部を補助金でまかなうことができるので、工事費用の節約にもなります。

まとめると…
  • 自家発電できるので光熱費の節約につながる
  • 発電して余った電力を電力会社に売ることができる
  • 災害時の自家発電にも活用できる
  • 投資対象として安定した収入源になる
  • 耐用年数が長く長期間使用できる
  • 太陽光パネルによって太陽光が遮られるので夏涼しい一方で、冬は室内の暖気を保てる
  • CO2を出さない発電方法なので環境に優しい
  • 北向きの屋根以外ならどの方向でも設置できる
  • 太陽光パネルは故障しにくいと言われている
  • 環境に配慮したZEHの条件を満たす太陽光パネルは補助金の対象

状況別にみる太陽光パネル設置住宅の塗装費用

太陽光パネルの設置状況別塗装費用
太陽光パネルを取り付ける前と後では、屋根のメンテナンス費用にどのような違いが出てくるのでしょうか。

ここでは太陽光パネルの設置状況別に、屋根メンテナンスにかかる費用や問題点などについてお伝えしていきます。

太陽光パネル設置前

太陽光パネルを設置する前は屋根全体を塗装していきます。設置する前なので、太陽光パネル関係で特に必要な作業はありません。

塗装方法

屋根を塗装するときは、屋根全体に塗装をしていきます。通常の屋根の塗装と同じ作業です。

問題点

太陽光パネルで塗装面積が小さくなるといったことがないので、塗装範囲は広くなります。

費用

屋根全体に塗装するので、一般的な塗装費用は40万円から70万円程度必要です。価格は塗料の単価や広さによっても変動します。

太陽光パネルを取り付けたまま屋根全体を塗装

屋根 太陽光パネル
太陽光パネルを設置している状態では、どのような塗装になるのでしょうか。

塗装方法

太陽光パネルが屋根に設置されているときは、太陽光パネルを避けて塗装していきます。

問題点

太陽光パネルを避けて塗装するのは、手間がかかる作業なので工期がやや延びる恐れがあります。また太陽光パネルに詳しくない業者の場合、パネルを誤って損傷してしまう可能性もあるでしょう。

費用

屋根全体に塗装するよりは塗装費用が安くなり、一般的に30万円から60万円程度です。

太陽光パネルを脱着して屋根全体を塗装

太陽光パネルを取り外した状態で屋根を塗装すると、どのような塗装方法になるのでしょうか。

塗装方法

塗装する前にパネルを外して塗装を施し、施工後にパネルを戻す作業を行います。パネルの設置に関する知識も必要なので、太陽光パネルに詳しい業者に依頼する必要があります。

問題点

塗装を行うためにパネルを取り外す作業が必要になるため、非常に手間がかかる作業です。屋根の塗装範囲も全面になり塗装範囲も広くなるため、塗装費用も増加するでしょう。太陽光パネルの知識も必要になるため、依頼できる業者が限られるか、複数の業者に依頼する必要があります。

費用

太陽光パネルを取り外してから塗るため、全体的に塗装するのと同程度かそれ以上の費用がかかります。塗装する範囲にもよりますが、一般的に40万円から90万円ほど必要です。

「屋根塗装の単価」費用・相場をくわしく解説!【屋根材別・坪別】
まとめると…
  • 太陽光パネルを設置する前は屋根は全面的に塗装する。一般的な塗装費用は40万円から70万円程度。
  • 太陽光パネルを設置してある屋根は一部塗装が一般的。手間がかかるので工期は長くなりやすい。一般的に30万円から60万円程度。
  • パネルを外して塗装する場合は、全面塗装と同じ。パネルを外す手間がかかるので工期も長く、費用も増す可能性がある。一般的に40万円から90万円ほど。

業者に依頼する際のポイント

塗装業者に依頼する時のポイント!
屋根の塗装を業者に依頼する際には、いくつかチェックしておきたいポイントがあります。

一般的には太陽光パネルの設置と、塗装は別の作業になるので基本的には別の業者に依頼することがほとんどです。塗装は塗装の実績が多くある優良業者に、太陽光パネルの設置はパネルの設置実績が多い優良業者にそれぞれ依頼します。

おすすめなのは、塗装の実績もありつつ太陽光パネルにも詳しい業者に依頼する方法です。太陽光パネルの設置や脱着に加えて、塗装もひとつながりの工程で施工してもらえます。

費用の面でも別々の業者に依頼するよりもお得になることが多いでしょう。依頼する窓口がひとつなので業者とのやり取りもスムーズになります。

まとめると…
  • 塗装と太陽光パネルの設置は別の分野なので、別々の業者に依頼するのが一般的。
  • 太陽光パネルの知識や実績が豊富な塗装業者に依頼すると、やりとりもスムーズで費用も節約できる可能性がある。

太陽光パネルの設置はメリットとデメリットを考えてから

太陽光パネルは電力を自家発電できて環境にも優しい発電装置です。ただし設置費用が高い、設置する場所を選ぶなどデメリットもあります。

また重量もあるため建物に負担がかかって耐震性が低下する恐れもあり、設置の際には注意が必要です。そのほか太陽光パネルの設置の実績が少なく技術が低い業者に依頼すると、屋根が破損するなどのトラブルも起こる可能性があります。

太陽光発電を設置する際は初期費用が高い、売電価格が下がり続けているなど軽くないデメリットも複数あるため、長い目で見て本当に得かどうかを考えることも大切です。

太陽光発電のメリットとデメリットを考慮して、「設置しない方が良かった」といったことにならないよう、よく検討してから設置を決めてくださいね。

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami