塗料の希釈とは? 希釈率や希釈方法をわかりやすく解説!

塗料には適切な使用方法があります。ほとんどの塗料やペンキは、塗料の缶に入っている原液をそのまま使うわけではありません。「希釈剤」と呼ばれる別の素材を混ぜて使用するのです。

なぜ、そのような手間のかかることをするのでしょうか?

この記事では、塗料の希釈について詳しく解説します。

この記事でわかること
  • 「希釈」の意味や目的は?
  • 定められた希釈率を守らないとどうなる?
  • 人気塗料の希釈率をご紹介!

塗料の「希釈」とは?

塗料の 「希釈」とは?「希釈(きしゃく)」とは、塗料の原液に水やシンナーを混ぜて粘度を低下させ、塗りやすくすること。

原液に混ぜる素材は「薄め液」「希釈液」「希釈剤」と呼ばれています。

塗料を希釈する目的

塗料を希釈する 目的とは?塗料を原液のまま塗ることはほとんどありません。しかし、塗料はなぜ希釈して粘度を調整する必要があるのでしょうか?

ここではその理由をご説明します。

塗料を塗りやすくする

塗料は原液のままだと粘度が高いため、そのまま塗ろうとすると非常に塗りにくいのです。ハケやローラーの滑りが悪くムラやシワになりやすく、綺麗に仕上げるのは至難の技。

粘度が高いままだと作業性が低下しますが、希釈することで塗りやすくなる効果があります。

気温や湿度の変化に対応するため

塗料の粘度は気温や湿度によって変化します。

原液をその状況に応じた希釈率で希釈することで、環境に適した塗りやすい粘度にすることができるのです。

施工不良の防止

粘度が高い塗料を無理に塗ると、「ピンホール」を発生させることも。ピンホールは塗膜に小さな穴があく現象で、劣化を引き起こす原因です。

また、塗りムラの原因にもなりやすく、施工不良につながる可能性が高くなります。

吹き付け用の塗料を作る

塗料 吹き付け 塗装外壁塗装では吹き付け工法を採用する場合もあります。

吹き付け工法とは、簡単に言うとホースやスプレーガンで塗料を噴出させて塗装すること。

吹き付け用の塗料は水に近い希釈率で薄めるのが一般的。粘度が高いままだと塗料がホースやスプレーガンの穴を通らず、器具に詰まってしまう恐れがあるためです。

まとめると…
  • 原液を希釈する理由は、塗料を塗りやすくするため。それにより、施工不良を防ぐ
  • 温度や湿度に対応した、環境に適した粘度にするため
  • 吹き付け用の道具を使用するには、粘度が高いままと詰まってしまうため

塗料の希釈率とは?

塗料の 希釈率とは?塗料を希釈するには、原液と希釈剤をどの程度の割合で混ぜればいいのでしょうか?

この章では、希釈率について詳しくまとめました。

塗料の「希釈率」とは

塗料「希釈率」とは、塗料を希釈する割合のこと。製造メーカーが定める希釈率を守ることで、適切な塗装ができるのです。

水性塗料の場合は水、油性塗料の場合は専用のシンナーが希釈剤として使われます。

希釈率の確認方法

一口に「水性塗料」「油性塗料」と言っても、商品ごとに希釈率が異なります。

希釈率はほとんどの場合、商品の缶に記載されています。販売メーカーの公式サイトで確認することも可能です。

塗料の希釈率に幅があるのはどうして?

上記の手段で希釈率を調べてみると、希釈率には幅があるのが分かるでしょう。

塗料は温度や湿度によって、水分を吸い込んだり伸びやすくなります。つまり、塗る時の状況によって希釈率を変える必要があるのです。

このためプロの業者の中には、塗り試しをしながら希釈率を判断する人もいます。

「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

塗料の希釈率を守らないとどうなるの?

塗料の希釈率を 守らないとどうなる?希釈には塗料の粘度を調節する大切な役割がありますが、メーカーが指定した希釈率を守らなかった場合、どのようなことが起こるのでしょうか?

耐久年数が短くなる

希釈率を守らないと適度な塗り具合にならず、耐用年数が低下してしまいます。

本来の耐用年数に満たないまま塗料が色あせたり剥がれたりしてしまうため、結局塗り直しのコストがかかってしまうことに。

塗料が持つ効果を発揮しない

遮熱塗料や光触媒といった特殊塗料の多くは、塗り方が厳密に決められていることも。このような難易度の高い塗装をする場合は、間違った希釈率だと性能に悪影響を与える恐れがあります。

施工不良が起こる

希釈率を守らないと原液と希釈剤がしっかり混ざらず、塗りにくくなったり乾燥不良を起こす原因に。それにより、ピンホールや塗りムラなどができやすくなります。

吹き付け塗装ができなくなる

吹き付け塗装用の塗料の粘度が高すぎると、機械の噴出口に塗料が詰まり、ホースやスプレーガンでの吹き付け作業ができなくなります。

まとめると…
  • 間違った希釈率で使用すると、耐用年数や機能性に悪影響が出る
  • 乾燥しにくくなるため、施工不良の原因になる
  • 粘度が高いとホースやスプレーガンの使用に支障が出る

人気塗料の希釈率をチェック!

基本的に塗料の希釈率は、製造メーカーによって商品ごとに個別に定められています。

ここでは、日本ペイントの人気塗料の希釈率を見てみましょう。

水性シリコンセラUV

「水性シリコンセラUV」は水道水で希釈します。手塗り工法・吹き付け工法ともに希釈率は5〜10%です。

水性サーモアイウォールF

サーモアイウォール「水性サーモアイウォールF」は水道水で希釈します。希釈率は手塗り工法だと0〜5%、吹き付け工法では0〜10%です。

パーフェクトトップ

「パーフェクトトップ」の希釈剤は水道水で、手塗り工法・吹き付け工法ともに希釈率は3〜5%です。

パーフェクトトップに関するさらに詳しい情報は以下の記事をチェックしてみてください!
【パーフェクトトップ(日本ペイント)の口コミ】メリット・価格や評判まとめ

ファイン4Fセラミック

ファイン4Fセラミック「ファイン4Fセラミック」の希釈剤は塗料用シンナーです。希釈率は手塗り工法だと0〜10%、吹き付け工法では5〜10%で、硬化剤の使用が必要になります。

ニッペ ファインフッソ

「ニッペ ファインフッソ」の希釈剤は塗料用シンナーです。希釈率は手塗り工法だと0〜5%、吹き付け工法では0〜10%で、硬化剤の使用が必要になります。

以下に、希釈率を一覧表にまとめました。

ファイン4Fセラミックとニッペ ファインフッソは、別に硬化剤が必要です。

商品名 希釈剤 手塗り工法 吹き付け工法
水性シリコンセラUV 水道水 5〜10% 5〜10%
水性サーモアイウォールF 水道水 0〜5% 0〜10%
パーフェクトトップ 水道水 3〜5% 3〜5%
ファイン4Fセラミック 塗料用シンナー 0〜10% 5〜10%
ニッペ ファインフッソ 塗料用シンナー 0〜5% 0〜10%

塗料の希釈方法を解説!

塗料の希釈方法を 解説!次に、塗料を希釈する方法についてご紹介します。

希釈量を計算する

前述した通り、塗料の希釈率は商品によって異なります。使用する塗料の分量を定められた希釈率で計算しましょう。

希釈方法

使用する塗料の缶を開け、計量した水や専用シンナーを入れて混ぜるだけ。混ぜる時は、均一になるようにするのがポイントです。

希釈する際の注意点

水性塗料は「汚れていない水道水」、油性塗料は塗料に応じた「専用シンナー」を使用します。シンナーは種類を間違えると施工不良を起こすことがあるので要注意です。

また塗料と希釈剤を混ぜる際は、均一に混ぜることが重要。そのため、プロの業者は必ず専用の撹拌器を使用しています。

まとめると…
  • 定められた希釈率を守り、正しく計量する
  • 塗料と希釈剤を混ぜる時は、均一になるように混ぜるのが大切なポイント
  • 油性塗料の場合は、必ず塗料に応じた専用のシンナーを使用する

塗料の希釈率を守らない業者がいるって本当?

塗料の希釈率を 守らない業者がいる?塗装を業者に依頼しても、業者の中には希釈率を守らないケースもあるようです。希釈率を守らないのには、どのような目的があるのでしょうか?

そのような悪徳業者を選ばないポイントも、合わせてご紹介します。

希釈率を守らない悪質な業者も

塗料には、それぞれに規定された希釈率があります。優良業者はきちんと希釈率を守りますが、悪徳業者は規定の希釈率を無視して希釈剤を多く入れるケースが多いようです。

希釈剤は、水性塗料の場合は水、油性塗料の場合はシンナーで塗料よりもはるかに値段は安く済みます。安い希釈剤で薄めて水増しすることで、材料費を浮かせるのが目的です。

このような被害を防ぐためには、依頼主自身も適切な希釈率を確認するようにしましょう。

業者選びは慎重に

希釈率と耐久性は深い関係があります。規定よりも多い希釈剤で薄めた塗料を使用すれば、お住いの外壁の耐久性が下がるだけでなく、機能性塗料の場合は本来の機能を発揮することができません。

悪質業者に引っかからないためには、このような希釈率の重要性をしっかり理解した上で業者に対応するようにしましょう。また、見積もり段階での説明が怪しかったり、質問に対する明確な受け答えができない業者も要注意です。

希釈率を守って、快適なお住いに!

塗料の希釈に関する基本的な知識をご紹介しました。

「希釈率」と耳慣れない言葉ですが、実はお住いの寿命や劣化に大きく関わってくるとても大切なことなのです。

次回の外壁塗装の際には塗料の希釈率にも注意を払い、正しく使用してください。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami