トタン屋根の修理方法まとめ!【症状別】補修方法とかかる費用とは?

トタンは近年主流ではなくなっていますが、現在でも多くの住宅で使用されている屋根材です。トタン屋根を長く持たせるには、メンテナンスや定期的な補修が必要になります。

トタン屋根の修理やメンテナンスは、どんなことをすればよいのでしょうか。今回の記事ではトタン屋根の概要やそのメンテナンス方法、補修の相場などについてお伝えしていきます。

トタン屋根のメンテナンスに興味がある方は、ぜひご一読ください!

この記事でわかること
  • トタン屋根の劣化症状とその修理方法
  • トタン屋根の修理を業者に依頼する際のポイント
  • トタン屋根の劣化を防ぐためのメンテナンス方法

そもそも「トタン屋根」とは?

トタン屋根は近年ではあまり見かけなくなりましたが、現在でも多くの住宅や建物に使われている屋根です。では、トタン屋根とはどんな屋根なのでしょうか?

以下にトタン屋根の特徴やメリット・デメリットについて、お伝えしていきます。

トタン屋根とは

トタン屋根とは、金属屋根の一種で薄い鋼板に亜鉛メッキを施した屋根材で作られた屋根です。1980年代までは一般の住宅や集合住宅でも使用されていましたが、現在では主流ではなくなっています。

主流ではなくなったとは言え、現在でも多くの建物にトタン屋根が使用されています。

トタン屋根の特徴

トタン屋根には、屋根材が軽量で安価という特徴があります。低予算での建物を建築する際には適しており、短期間のみ使用する建物の屋根に使用されることも多いです。

トタン屋根のメリット

トタン屋根の主なメリットは、軽量かつ耐震性が高いということです。屋根材としては軽量なので、揺れが起きた時に建物に及ぼす影響を少なく抑えることができます。

また、新品のトタンは継ぎ目がなく、雨漏りしにくいというメリットもあります。そのほか価格単価が安いので、低予算で建物を作るときにも向いている屋根材です。

トタン屋根のデメリット

トタン屋根のデメリットは、耐用年数が短いことです。他の屋根材に比べて耐久性が低く、メンテナンスや補修の頻度が高くなります

また定期的に塗り替えなどのメンテナンスを行わないと、すぐに錆びてしまいます。薄い金属の板なので防音性が低く、雨音などが気になるケースも多いようです。

まとめると…
  • トタン屋根とは1980年頃まで主流だった薄い金属板で作られた屋根
  • 単価が安くて軽量なため低予算でも施工できる
  • メリットは耐震性の高さ、単価の安さ、雨漏りのしにくさ
  • デメリットは耐久性が低いためメンテナンスの頻度が高く、錆びやすく劣化しやすいこと

トタン屋根から雨漏りが…どんな影響がある?

トタン屋根は、劣化が進むと雨漏りしやすくなります。では、トタン屋根から雨漏りすると、どんな影響があるのでしょうか?

ここではその影響について、主なものをいくつかお伝えしていきます。

構造材の腐食

トタン屋根から雨漏りが始まると、トタン屋根の下にある建物の構造材自体が劣化し始めます。屋根内部の木材などに雨水が染み込むことで、腐食したりカビが生えたりといったことが起こるので注意が必要です。

屋根の下の建材が劣化すると、屋根の修理のみで対応できなくなり、屋根の修理費用のほか屋根の内側の修理費用も必要となります。修繕費用がかさんでしまうので、雨漏りが起こらないようにメンテナンスをこまめに行うことが大切です。

室内への雨漏り

トタン屋根が劣化して雨水が浸入すると、室内にも雨水が入りこんできます。天井からポタポタと雨水が垂れてきて、家具や室内の建材などを劣化させるため注意が必要です。

天井や壁、家具などが劣化すると、建物自体の耐久性が低くなってしまいます。屋根の補修だけでは済まなくなるので、屋根からの雨漏りを見つけたら早急に対策が必要です。

錆びが広がる

トタン屋根の劣化が進むと、劣化が進行した部分から錆びが進行してしまいます。錆が起こるとトタン屋根の耐久性が低くなり、より劣化が早く進行するので危険です。

トタン屋根が錆びているのを見つけたら、なるべく早く補修作業をしてください。紫外線や風雨などの影響で、雨漏り以外の劣化現象が起こる可能性があります。

まとめると…
  • 屋根の下の構造材まで劣化が進む
  • 室内に雨水が浸入し天井や家具、床などが濡れて劣化する
  • 屋根材自体の劣化や錆びがさらに進行していく

【症状別】トタン屋根の修理方法と費用

トタン屋根の修理は、症状によって方法が異なります。ここではトタン屋根の修理方法と、その費用の相場についてお伝えしていきます。

塗装の剥がれ・色褪せ

トタン屋根の塗装に色褪せが起こったり、剥げてきたりした場合は、塗り直し作業が必要になります。塗り直し作業はトタン屋根の面積によっても異なりますが、一般的な住宅の場合は30万円から60万円程度が相場です。

塗り直し作業をするときに足場を組む場合は、足場代も10万円から20万円程必要になります。また使用する塗料の単価によっても、価格は変動しますのでご注意ください。

穴あき

トタン屋根に何らかの理由で穴が開いた場合も、修理が必要です。穴あきの範囲が限定的であれば、部分的な補修で済むこともあります。

補修費用は穴あきの状態にもよりますが、10万円から60万円程を想定しておくと良いでしょう。

錆び

トタン屋根が錆びている場合は、塗り直し作業が必要です。塗り直し作業は、30万円から60万円ほどが相場となっています。錆が起こっている場合は、屋根からの雨漏りのほか構造材の状態をチェックしてもらうと良いでしょう。

構造材などの劣化が進んでいる場合は、塗り直しだけでなく屋根以外の補修作業も行う可能性があり、その場合は別途費用がかかります。

全面リフォーム

トタン屋根そのものが劣化して、塗り直しもできない場合は、全面リフォームになります。トタン屋根の全面リフォームは屋根の葺き替え工事です。

面積によっても異なりますが、一般的に140万円から260万円程かかります。全部交換する葺き替え工法と上から屋根材をかぶせるカバー工法とがあり、業者と相談の上工法を選んで施工します。

まとめると…
  • 塗装の剥げや色褪せが出てきたら塗り替えのサイン
  • 錆びを確認したら早期に修繕が必要
  • 劣化が激しい場合は葺き替え工事による全面リフォームが必要

トタン屋根修理を依頼する前に!まず確認すべき事

トタン屋根を修理するときには、まず確認すべきポイントがいくつかあります。屋根修理の費用が抑えられる可能性があるので、しっかりと確認しておきましょう。

屋根を補修する前に確認しておくべき項目は、以下のようなものです。

火災保険に入っているか確認する

屋根修理は風災と認定された場合、火災保険の対象となります。修理費用を保険で賄うことができるので、工事費用を安く抑えることが可能です。

とは言え火災保険に入っていないと保険も支払われませんので、屋根補修を行う前に保険に入っているかどうかをチェックしておきましょう。

保険が適用されるかチェックする

火災保険に加入しており、風災で屋根補修の費用が補填されるようなら、次に確認するのは風災の認定条件です。風災と認定される条件は、保険会社によって異なる場合もあるので事前にチェックしておきましょう。

また保険の請求は施工業者が詳しく知っていることも多いので、業者と事前に相談する方が安心です。保険の申請に詳しい業者に工事を依頼すると、確実に保険を受け取ることができるでしょう。

保険会社に申請

屋根の損壊が風災によるものと認定されたら、保険会社に保険金を請求します。風災の認定から保険金の支払いまでは、詳しい知識が必要なこともあります。

業者に依頼する前に申請が必要な場合もあるので、屋根の補修を始める前に一度手順などを確認しておいた方が安心です。

保険金を受け取る

保険金の申請が無事に通ったら、保険金を受け取ることができます。保険金を受け取るタイミングは保険商品によっても異なりますが、工事費用を支払った後に払い込まれるケースも多いです。

払い込みのタイミングを確認しておくことで、手元に置いておくべき金額が把握できるようになります。保険がいつ受け取れるのかなど、資金の流れも把握しておいた方が良いでしょう。

まとめると…
  • 火災保険の風災に認定されれば屋根の補修費を保険金でまかなえる
  • 風災に認定されたら必要な書類を整えて保険会社に保険金を請求し受け取る
  • 保険金の請求は詳しい業者を頼ると確実に請求できる

トタン屋根修理を業者に頼む場合の相場とは?

トタン屋根の修理は業者に依頼した方が安心、確実です。では、トタン屋根の修理を業者に依頼するときには、どれぐらいの費用が必要になるのでしょうか。

ここではトタン屋根修理を業者に依頼する際にかかる、費用の相場についてお伝えしていきます。

部分補修の場合

トタン屋根の破損がそれほどひどいものではなく、部分的に補修すれば良い場合は1万円から60万円ほどです。修理の内容によっても価格は変動します。

複数の業者から見積もりを取ることで、だいたいの相場を把握することが可能です。あまり高すぎたり安すぎる業者は、悪徳業者の可能性もあるので注意が必要です。

カバー工法の場合

カバー工法とは、古いトタン屋根の上に新しい屋根をかぶせる工法のことです。カバー工法で屋根の補修を行うと、古い屋根材を剥がして廃棄する工程がないので、安く早く工事を終わらせることができます。

カバー工法の相場は概ね130万円から240万円ほどです。工事を行う屋根の面積や、カバー工法で使用する屋根材によっても価格が変動します。

葺き替えの場合

葺き替え工事とは、古い屋根を剥がして新しい屋根を取り付ける工法のことです。カバー工法と違い撤去費用や古い屋根の廃棄費用などが別途かかります。

一般的な相場は160万円から260万円ほどです。屋根の広さや使用する屋根材によっても、価格は変わります。

まとめると…
  • 部分補修の場合は1万円から60万円ぐらいが相場
  • カバー工法の場合は一般的に130万円から240万円ほど
  • 葺き替え工法の場合は160万円から260万円ほどが相場

トタン屋根修理を依頼する業者の選び方

トタン屋根を修理するときは、業者に依頼する方がきれいに仕上がります。では業者に工事を依頼するときには、どんなことに気を付けたら良いのでしょうか。

ここでは、業者に工事を依頼する際に、気を付けるべきポイントについてご紹介していきます。

外装リフォーム専門の業者に依頼する

トタン屋根の工事は、外装リフォーム専門の業者に依頼すると確実です。内装業者や屋根補修の実績が少ない業者に依頼すると、施工不良を起こしてしまう可能性があります。

屋根の補修を業者に依頼するときには、業者の実績をチェックしてから依頼する方が安全です。

実績が豊富な業者を選ぶ

実績が豊富な方が、信頼性の高い工事を期待できます。100件ほどの工事の実績よりも、1万件の実績がある業者の方が安全で確実です。

ホームページなどで実績件数をチェックしたり、口コミサイトなどで評判を確かめたりして、業者の情報を集めてから依頼するようにしましょう。

悪徳業者には注意する

トタン屋根は外から劣化がよく見える屋根なので、悪徳業者に狙われやすい屋根と言われています。訪問営業で工事を勧めてくる業者は、ほとんどが悪徳業者と思った方が良いでしょう。

高額な工事費用を請求されたり、施工不良を起こされることも多いので、訪問営業の業者との契約は避けるようにしてください。

相見積もりをする

工事の見積もりは、複数の業者から取るようにしましょう。複数の業者から見積もりを取ることで、費用や内容の比較検討が可能になります。

価格と工事内容のバランスが良い業者を選ぶことで、品質の良い工事が期待できます。

まとめると…
  • トタン屋根の修繕は外装リフォーム専門の業者に依頼すると確実
  • トタン屋根補修の実績が豊富な業者を選ぶと安心
  • 訪問営業の業者は悪徳業者であることが多いので気を付ける
  • 複数の業者から見積もりを取って比較検討する

トタン屋根修理はDIYでも可能?

トタン屋根の修理費用は決して安くはありません。補修する場所が一部だった場合、DIYで補修したくなりますが、DIYでの補修は可能なのでしょうか?

ここではDIYで補修が可能な部分や、補修が不可能な範囲についてお伝えしていきます。

防水テープで手軽に補修

トタン屋根の破損が軽度の場合は、防水テープで手軽に補修しようと考える人も多いでしょう。ただし、防水テープはすぐに剥がれてしまうので恒久的な補修には向きません

さらに屋根の作業は安全ヘルメットや落ちないための専用の靴、補修テープなどが必要になります。屋根からの落下の危険性もあるので、不可能とは言わないもののおすすめはできません。

自分で塗装

トタン屋根はまっすぐなので、一見自分で塗装もできそうな気がします。しかし塗料は均一に塗り、さらに重ね塗りなどをしないと美しい塗膜が仕上がりません。

塗膜がデコボコしていたり、綺麗に付着しなかったりすると、耐久性が低くなりすぐに剥がれてしまいます。屋根の塗装はトタン屋根の業者に依頼した方が安全で確実です。

なお、塗装に必要な道具は安全対策のヘルメットなどの道具、ハケ、ローラー、養生道具、高圧洗浄機が必要です。作業手順は、足場を設置した上に、高圧洗浄機などで屋根の清掃を行い、下地処理→下塗り→仕上げ塗装と塗装をしていきます。

足場の設置は素人だけでは難しいので、業者に依頼する必要があります。

自分で張り替え

トタン屋根の状態がひどく、張り替えが必要になった場合は、業者に依頼するしか方法がありません。DIYでの張り替えはほぼ不可能なので、信頼できる業者に作業を依頼しましょう。

まとめると…
  • 防水テープでのDIY補修は長持ちしないのでおすすめできない
  • DIYでの塗装はうまくいかないことが多いので業者に依頼する
  • トタン屋根の張り替えはDIYでは不可能なので業者に依頼する

トタン屋根の修理後のメンテナンス方法

トタン屋根の修理が終わっても、定期的にメンテナンス作業を行う必要があります。トタン屋根のメンテナンス作業には、どのようなものがあるのでしょうか?

ここではトタン屋根のメンテナンス作業について、主なものをお伝えしていきます。

屋根洗浄

トタン屋根はまっすぐな板なだけに汚れが付着しやすいという特徴があります。1年おきに高圧洗浄機などで屋根を洗浄することで、カビやほこり、苔などの付着を防ぐことが可能です。

汚れをつきにくくすることで、塗装が長持ちし、錆びなどの劣化の進み具合も遅くすることができます。

屋根塗装

トタン屋根は7年から10年おきの塗り直し作業が必要です。定期的に塗装しなおすことで、金属板の劣化を防ぐことができます。

塗装する際は、塗膜を均一にするなど塗装を良い状態で仕上げるのが望ましいため、塗装の専門の業者に依頼する方が安全で確実です。

まとめると…
  • トタン屋根を1年に1度のペースで洗浄すると耐久性がアップする
  • トタン屋根塗装の塗り直しは7年から10年に1度行うのが良い

トタン屋根を長持ちさせるには定期的なメンテナンスが大切

トタン屋根は1980年代ごろまでは、多くの一般住宅などで使用されていましたが、現在は主流の屋根材ではありません。とは言え安価で軽量なため、現在でも簡易的な建物に多く使用されています。

トタン屋根を長持ちさせるには、定期的な塗り直しや屋根洗浄といったメンテナンスが大切です。メンテナンスを怠ると、トタン屋根はすぐに錆びてしまうため、耐久性が著しく低くなってしまいます。

定期的なメンテナンスを行って、トタン屋根を長持ちさせていきましょう!

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami