屋根カバー工法とは?重ね葺きのメリット・デメリットや費用を解説!

屋根を補修する工事のひとつに「屋根カバー工法」という工事方法があります。既存の屋根の上にもうひとつ屋根を追加する工法ですが、屋根カバー工法にはメリットとデメリットの両方があります。

今回の記事では屋根カバー工法の概要や特徴、メリットやデメリット、屋根カバー工法と葺き替え工事との比較などの情報をお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • 屋根カバー工法とは?そのメリット・デメリット
  • 屋根カバー工法が施工できない場合
  • 屋根材別の屋根カバー工法
  • 屋根カバー工法と葺き替え工事は何が違う?
  • 屋根カバー工法を施工する際の注意点

屋根カバー工法(重ね葺き)とは?

屋根を補修する工事のひとつに、屋根カバー工法という工事があります。屋根カバー工法とは、どのような工事なのでしょうか。ここでは屋根カバー工法について簡単にお伝えしていきます。

屋根カバー工法(重ね葺き)とは

屋根カバー工法(重ね葺き)とは、既存の屋根にもうひとつの屋根を貼り付ける工法のことです。主に金属製の屋根材が使われることが多く、カバー工法で施工するためには既存の屋根の状態が比較的良好である必要があります。

屋根葺き替えとの違いは

屋根の重ね葺き(カバー工法)と葺き替えの違い屋根を補修する主な工事には、屋根の葺き替え工事もあります。カバー工法が既存の屋根にもうひとつ屋根を追加するのに対し、屋根の葺き替え工事は既存の屋根を撤去して、新しい屋根を施工する工事です。

まとめると…
  • 屋根カバー工法とは既存の屋根に新しい屋根を追加する工法
  • 葺き替え工事は既存の屋根を撤去して補修して新しい屋根を作る工事

屋根カバー工法のメリット

既存の屋根に新しい屋根を追加する屋根カバー工法には、どのようなメリットがあるのでしょうか。以下に屋根カバー工法の主なメリットについてまとめました。

葺き替えに比べて費用が抑えられる

屋根カバー工法は既存の屋根を撤去しないので、屋根の葺き替え工事よりも施工費用を抑えることができます。屋根の葺き替え工事を行うと、既存の屋根が不要になるため大量の廃材が発生します。

廃材を処理するのにも費用がかかるので、屋根の葺き替え工事の方がコストが高くなるのです。一方カバー工法であれば廃材がほとんど出ないので、廃材の処理費用を抑えることができます。

アスベストの処理が必要ない

アスベスト屋根材の中にはアスベストを含む建材もあります。既存の屋根材にアスベストを含む建材を撤去する場合は、アスベストを処理する資格がある業者に廃材処理を依頼する必要があり撤去費用が高額に

カバー工法であればアスベストを含んだ廃材を処理しなくても良いので、アスベストの処理業者に依頼する必要がなく、工事の費用を抑えられます。

工事中の雨漏りが起こりにくい

カバー工法の場合は既存の屋根をそのままにした状態で工事を行います。そのため雨漏りなどが起こりにくく、工事の間も普段通りの生活を送ることが可能です。

葺き替え工事の場合は屋根そのものを撤去するため、工事内容によっては一旦別の場所で生活する必要があります。

工期が短い

屋根 修理工事 足場カバー工法は葺き替え工事に比べて工期が短いというメリットも。葺き替え工事では屋根を撤去して廃材を処理して、屋根の下の建材の補修も行うためカバー工法よりも工事期間は長くなります。

葺き替え工事の方が屋根の質は良くなりますが、工期が長くなるので工事期間中不便を感じることも多いでしょう。

断熱性や遮音性が高まる

カバー工法は既存の屋根に新しい屋根をかぶせるので、屋根が二重構造になり厚みが出ます。そのため防音性や遮熱性が高くなるというメリットも。

まとめると…
  • 屋根材のアスベストを処理しなくて良いので費用が安くなる
  • 工事中も雨漏りしにくく普段通り生活ができる
  • 葺き替え工事に比べて工期が短い
  • 屋根が二重になるので断熱性や遮音性が高くなる

屋根カバー工法のデメリット

メリットが多い屋根カバー工法ですが、デメリットもいくつかあります。ここではカバー工法の主なデメリットについて、いくつかご紹介していきます。

屋根が若干重くなる

屋根カバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根を追加して施工するため、屋根の重量が増します。主に使用されるのは金属製の屋根材なので増加する重量は少ないですが、それでも建物に対する負荷が増すので耐震性が低下するというデメリットがあります。

使える素材が限られる

建物が耐えられる重さはあらかじめ決められているため、屋根を重くするには限度があります。そのため使用できる屋根材は建物が耐えられる重量に収まる軽い屋根材に限られます。カバー工法で主に使用されるのは金属製のスレートです。

既存の屋根材によってはカバー工法ができない

既存の屋根材によってはカバー工法を行えないこともあります。瓦屋根はカバー工法を行うのに適していないため、カバー工法を行うのは現実的ではありません。

また必要な勾配がない屋根へのカバー工法も難しく、カバー工法で使用できる屋根材に適した勾配がない屋根の場合はそのほかの補修方法を選択する必要があります。

次の屋根工事は葺き替えをしなくてはいけない

屋根 瓦 葺き替え工事カバー工法は一度行うと、再度カバー工法を行うことができません。カバー工法の次の補修は葺き替え工事ということになるので、最終的には葺き替え工事をすることになります。

カバー工事を行っていても、屋根の劣化が激しい場合は数年程度で補修が必要になることも。あらかじめ屋根の状態を確認してからカバー工法を行うかどうかを決めた方が安心です。

屋根内部の補修ができない

カバー工法は既存の屋根にそのまま新しい屋根材を追加する工事なので、屋根の下にある建材の補修工事はできません。屋根の下の建材の劣化が進んでいる場合は、カバー工法ではなく葺き替え工事が必要となります。

屋根の内部の補修が必要かどうかは、専門の業者に判断してもらう方が確実。屋根の下の建材の補修が必要かどうかを判断してから、カバー工法でいくか葺き替え工事でいくかを決めた方が良いでしょう。

まとめると…
  • 屋根が重くなるので耐震性が低くなる
  • カバー工法に使用できる屋根材が限られる
  • カバー工法は2回できないので最終的には葺き替え工事になる
  • 屋根の下の建材の補修はできない

屋根カバー工法で施工できない場合とは?

屋根カバー工法は工期が短く費用も安いなどメリットが多い工法ですが、施工できない場合もあります。以下ではカバー工法が施工できないパターンについて、いくつかご紹介していきます。

以前すでにカバー工法を行った場合

カバー工法は、1度行うと再度カバー工法を行うことはできません。既存の屋根に新しい屋根を追加する工事は、1度までしか施工できないので、カバー工法の次に屋根を補修する場合は別の補修方法を選択する必要があります。

カバー工法を行った後にさらに補修工事が必要になるときは、多くの場合葺き替え工事になります。

瓦屋根への重ね葺きはNG

瓦屋根瓦屋根は屋根材の中でも特に重量があるタイプの屋根材です。屋根の重量が増すほど建物の耐震性や耐久性は低下するため、重量の大きい瓦屋根にカバー工法は現実的ではありません。

瓦屋根を補修する場合は、屋根の葺き替え工事が一般的です。損傷が一部にとどまっているなら、一部分だけの修復で済むこともあります。

既存の屋根が激しく痛んでいる場合

穴があいて劣化した瓦屋根カバー工法はある程度の強度がある屋根でなければ新しい屋根材をしっかりと固定できないため、損傷が激しい屋根にはカバー工法は施工できません。また屋根材の下の建材が損傷している場合は、カバー工法では補修しきれないため、葺き替え工事が必要です。

さらには損傷が激しい屋根にカバー工法を施工しても、数年程度しか持たないことも多くあります。その場合葺き替え工事が必要になり、新しい屋根材の撤去費用も追加になるのでさらに修繕費用がかかってしまうため注意が必要です。

まとめると…
  • 以前カバー工法を行っている場合はカバー工法ができない
  • 瓦屋根へのカバー工法は現実的ではない
  • 既存の屋根の損傷が激しい場合はカバー工法できない

あなたの屋根はカバー工法でリフォームできる?

あなたの家の屋根はカバー工法でリフォームできる屋根材でしょうか。以下にカバー工法で工事できる屋根材とできない屋根材を、いくつかご紹介していきます。

瓦屋根

既存の屋根が瓦屋根の場合は、カバー工法はできません。屋根瓦自体の重量が大きいため、さらに屋根材を追加することが難しいためです。また瓦屋根には新しい屋根材を固定することも難しいため、瓦屋根へのカバー工法は現実的ではないでしょう。

瓦屋根を補修する場合は、一部を補修する場合を除いて葺き替え工事になります。葺き替え工事であれば屋根材の材質などを選ばずに補修工事を行うことが可能です。

スレート屋根

スレート屋根スレート屋根はカバー工法に向いている屋根材です。屋根材がスレートの場合は、同じスレート、金属、アスファルトシングルでカバー工法が施工できます。

スレート屋根の葺き替え工事を行うのであれば、重量が軽いものがおすすめです。瓦屋根は重量が大きいので、スレート屋根からの葺き替えは非推奨となっています。

アスファルトシングル

屋根材がアスファルトシングルの場合も、カバー工法を施工できます。重量が軽い屋根材なので、スレート、金属、アスファルトシングルを使ったカバー工法が可能です。

葺き替え工事を行うのであれば、アスファルトシングルよりも重量が同程度から軽いものがおすすめ。瓦屋根とスレート屋根以外の屋根材を使用すると良いでしょう。

ガルバリウム鋼板

ガルバリウム鋼板ガルバリウム鋼板の屋根材にもカバー工法が施工できます。スレート、金属、アスファルトシングルの屋根材を使ったカバー工法が可能です。

葺き替え工事を行う場合は、ガルバリウム鋼板と同程度の重量の屋根材が良いでしょう。金属屋根の重量はかなり小さいので、葺き替え工事を行う場合も同じガルバリウム鋼板を使うと安心です。

トタン屋根

トタン屋根屋根がトタン屋根の場合も、カバー工法を施工できます。トタン屋根の重量もかなり小さいので、カバー工法に使用する屋根材も重量の小さい屋根材を使用するのが望ましいです。

トタン屋根を葺き替えるのであれば、耐久性が高く重量も小さい金属スレートがおすすめです。重量が重い屋根材は建物が耐えられない可能性があるので、施工するのは現実的ではないでしょう。

まとめると…
  • 瓦屋根は重量があるためカバー工法に向かない。補修するなら葺き替え工事になる。
  • スレート屋根は軽量なのでカバー工法が可能
  • アスファルトシングルは軽量かつ扱いやすいのでカバー工法に向いている
  • ガルバリウム鋼板はもっともカバー工法を施工しやすい屋根材
  • トタン屋根はカバー工法が可能な屋根材だが金属スレートの使用が推奨される

屋根カバー工法と葺き替えを徹底比較!

屋根カバー工法と葺き替え工事では何がどのように違うのでしょうか。以下に屋根カバー工法と葺き替え工事の特徴を、項目別に比較しました。どちらの工事を行うかを迷っている方はぜひご参照ください。

費用で比較

お金 費用 外壁塗装 家屋根カバー工法と葺き替え工事では、屋根カバー工法の方が費用がかかりません。カバー工法が180~240万円が相場であるのに対し、葺き替え工事は200~260万円が相場です。

屋根カバー工法は既存の屋根に新しい屋根を追加する作業なのに対し、葺き替え工事は既存の屋根の撤去、廃材の処理、屋根の下の建材の補修なども含まれます。作業工程や必要になるスキルも多いので、その分費用が多くかかります。

施工期間で比較

施工期間はカバー工法の方が短いです。一般的にはカバー工法の施工期間は5~9日程度、葺き替え工事の施工期間は7~11日程度となっています。

カバー工法よりも葺き替え工事の方が工程や作業内容が多いので、施工期間が長くなる傾向があります。

デザイン性で比較

葺き替え工事の方が多くの種類の屋根材から選ぶことができるので、デザイン性では葺き替え工事の方が有利です。カバー工法は使用できる屋根材が限られているため、デザイン面を重視するのであれば葺き替え工事の方が良いでしょう。

葺き替え工事の場合は、カバー工法で使用できない瓦も選択肢に入れることが可能です。ただし建物の強度によっても使用できる屋根材は変わってくるので、事前に確認する必要があります。

耐震性で比較

カバー工法は既存の屋根に新しい屋根材を追加するので重量が大きくなります。そのため工事前よりもわずかに耐震性が低下してしまいます。耐震性で比較した場合では、選ぶ屋根材にもよりますが葺き替え工事の方がやや有利です。

葺き替え工事の場合は、既存の屋根材よりも軽量の屋根材を使用することで、耐震性を向上させることもできます。

項目 カバー工法 葺き替え
費用 180~240万円 200~260万円
施工期間 5~9日程度 7~11日程度
デザイン性
耐震性

屋根カバー工法がおすすめな場合

屋根塗装 補修工事屋根リフォームの費用を抑えたいときは屋根カバー工法がおすすめです。屋根カバー工法は葺き替え工事に比べて作業工程が少なく施工期間も短くて済みます。そのため費用も葺き替え工事に比べて安く抑えることが可能です。

また屋根が二重構造になるため、断熱性や遮音性が高まります。そのため断熱性や遮音性を高めたいときにもおすすめできる工法です。

そのほか屋根材にアスベストが含まれている場合、撤去作業は資格を持っている業者に依頼する必要があります。アスベストの処理費用を抑えたい場合も、屋根カバー工法はおすすめです。

屋根葺き替えがおすすめな場合

瓦屋根はカバー工法に向かない屋根です。そのため既存の屋根が瓦屋根という場合は、葺き替え工事の方が現実的でしょう。

またカバー工法は屋根の劣化がひどい場合は施工できません。屋根の下の建材が腐っているなどの場合は、屋根を撤去して建材を補修する必要があるため、カバー工法では対応しきれず葺き替え工事が必要です。

そのほかカバー工法では既存の屋根に新しい屋根を乗せるので重量が大きくなります。屋根の重量が大きくなると耐震性が下がってしまうので、建物の強度や耐震性を下げたくないときは葺き替え工事の方が向いています。

まとめると…
  • 費用を安く抑えたい、工期を短くしたい場合は屋根カバー工法がおすすめ
  • 屋根材が瓦の場合や、屋根の破損が大きい場合は葺き替え工事が向いている

屋根カバー工法で施工する際の注意点

屋根カバー工法を施工するには、いくつかの注意点を知っておく必要があります。以下に、屋根カバー工法を施工する前に確認しておくべきポイントをいくつかご紹介していきます。カバー工法を検討している方は、ぜひご参照ください。

屋根カバー工法ばかりすすめてくる業者は注意!

屋根の補修には屋根カバー工法のほか、葺き替え工事など複数の方法があります。にもかかわらずカバー工法ばかりを勧めてくる業者には注意が必要です。

屋根カバー工法は工程が少なく費用も安いので受注しやすい工事。そのため屋根の状態や使用できる屋根材などに関係なくカバー工法だけを売り込んでくる業者もいます。

カバー工法にすると耐震性が低下したり、寿命間近の屋根に重ね葺きするとせっかく補修しても数年しか持たなかったりと、カバー工法を行うには一定のリスクや条件があります

これらのデメリットを伝えず、安易に屋根カバー工法のみをすすめてくる業者は怪しいと思った方が良いでしょう。

耐震性が気になる場合は?

カバー工法にすると屋根の重量が増してしまいます。あまり影響がない増加の場合もありますが、耐震性が心配なら軽量のガルバリウム鋼板を使用すると良いでしょう。

また建物の強度や既存の屋根材によっても、カバー工法で使用できる屋根材は違ってきます。そのほか勾配が少ないと屋根材が使用できないこともあります。

建物の耐震性が気になる場合は、専門の業者に依頼して強度や耐震性などを調査してもらうのもおすすめです。

次回のリフォーム費用が高額となるリスクも…?

カバー工法を行った後の修繕工事は、主に屋根の葺き替え工事です。カバー工法を施工した屋根を撤去する場合は、屋根材を2枚分撤去することになるのでカバー工法を行っていない屋根の葺き替え工事よりも廃材が多く出ます。

つまり、撤去作業にかかる費用が、通常の葺き替え工事よりも多くかかってしまうので注意が必要です。また廃材にアスベストが使われている場合、アスベストを処理する資格がある専門業者に依頼する必要があります。

アスベスト以外の未知の有害な建材が発見される可能性もあるため、その場合撤去費用が高額になるリスクも考慮しておかなくてはいけません。

まとめると…
  • 屋根カバー工法だけしか勧めてこない業者は要注意
  • 耐震性の低下が気になる場合は事前に業者にチェックを依頼する
  • カバー工法を行うとその後葺き替え工事をするときの費用が高くなるリスクがある

屋根のカバー工法は費用が安いが耐震性が低下する

屋根カバー工法は工事期間が短く、施工費用も安く抑えることができます。ただし重量が大きくなるため、建物の耐震性が低下するというデメリットもある工法です。

またカバー工法を行うためには、既存の屋根材がある程度しっかりしていることが大切です。既存の屋根材の損傷が激しい場合は、カバー工法を行ってもすぐに補修が必要になり、結局数年で葺き替え工事になってしまうことも。

カバー工法を実施する場合は、事前に屋根材の状態や耐震性の低下の確認を行ったうえで施工する方が確実です。耐震性や耐久性などが心配な場合は、屋根材のチェックを専門業者に依頼してチェックしてもらいましょう。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami