屋根の葺き替え工事を徹底解説!気になる費用や工期も詳しくご紹介

屋根の葺き替え工事を徹底解説!気になる費用や工期も詳しくご紹介

屋根の葺き替え工事って、聞いたことはあるけれど、具体的にはどうするのかわからない…という方や、葺き替え工事が必要な気がするけれど、費用はどのくらいかかるの?という方はいらっしゃいませんか?

屋根は、雨や風、太陽による日差し、紫外線、気温の変化などから住人や家の中のもの、そして住宅を守ってくれているのです。

そんな屋根に大きなダメージがあったときに行う葺き替え工事。

この記事では、そんな葺き替え工事について、基礎知識から詳しくお伝えします。葺き替え工事を考えている方や、葺き替え工事について知りたい方はご一読くださいね。

この記事でわかること
  • 屋根の葺き替え工事とは?
  • 葺き替え工事を行うべきタイミング
  • 葺き替え工事の費用と工期
  • 屋根材の選び方

屋根の葺き替えってどういう工事なの?

屋根の葺き替えってどういう工事なの?
まずは、屋根の葺き替え工事の基礎知識についてお伝えします。

葺き替え工事をするにあたっては、葺き替え工事のメリットとデメリットを前もって知っておくほうがいいでしょう。葺き替え工事とはどんなものなのか、どんなメリットやデメリットがあるのかをお伝えします。

また、屋根の工事には、葺き替え工事と重ね葺き工事があります。葺き替え工事と重ね葺き工事の違いについても見ていきましょう。

葺き替え工事とは

葺き替え工事とは、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を設置する工事のこと。

瓦や下地板のすべてを交換する全体交換の大掛かりな工事です。

屋根材全体の経年劣化、屋根材の広範囲に及ぶ破損、屋根材に加え下地も傷んでいる場合など屋根の広範囲にダメージがある場合に最適な工事です。

葺き替えのメリット

屋根の葺き替え工事のメリットとして、1番に挙げられるのは、屋根材の内部の劣化でもすべて補修できるという点でしょう。

下地板も交換するため、気づいていなかった内部の劣化なども含めてすべて補修できます。

また、すべてを交換するため、デザインが一新できるというのもメリットの1つでしょう。屋根のデザインが変わると家の印象がパッと変わりますから、葺き替え工事の際にはデザインの変更を考えてみるのもいいかもしれませんね。

重たい屋根材から軽い屋根材に変更することも可能です。軽い屋根材に変更することで、屋根の軽量化ができ、耐震性を高めることもできます。

葺き替えのデメリット

メリット デメリット
葺き替え工事のデメリットとしては、屋根全体であるため費用がかさむという点が1番に挙げられます。

ほかに挙げるとすれば、工期が長くなるという点でしょうか。

詳しい工期や費用については後ほど改めてご説明しますので、最後までお読みくださいね。

葺き替えと重ね葺きの違いって?

葺き替え工事は、既存の屋根をすべて撤去してから新しい屋根材を張るという工事です。

それに対して重ね葺き工事は、既存の屋根を撤去せず、その上から新しい屋根材を張るというものです。

それぞれにメリット・デメリットがあり、葺き替え工事は工期が長く、費用がかさんでしまいますが、屋根全体の補修や、内部の劣化の補修も行うことができます

それに対し、重ね葺き工事は、内部の劣化を補修することはできませんが、葺き替えに比べて工期が短く、費用も抑えることができます

まとめると…
  • 葺き替え工事は既存の屋根材を撤去して新しい屋根材を設置するもの
  • 葺き替えのメリットは内部まで修繕でき、デザインも一新できること
  • 葺き替えのデメリットは工期が長く費用がかさむこと
  • 重ね葺き工事は既存の屋根材を撤去せずに、上から新しい屋根材を張るもの

屋根の葺き替え工事が必要なケース

屋根の葺き替え工事が必要なケース
葺き替え工事はかなり大がかりな工事になってしまいますし、何度も何度も気軽にできるような工事ではありません。

葺き替え工事が必要な際に、適切に葺き替え工事を行いたいですよね。

では、屋根の葺き替え工事が必要なのはどのようなケースなのでしょうか。

瓦が全体的に劣化している

まずは、多数の瓦が割れてしまったり、屋根自体が変形したりしているなど、屋根全体に劣化がみられる場合です。

このような場合には、劣化している部分を補修する工事を行うよりも、屋根の葺き替え工事の方が適しています。

瓦が全体的に破損・劣化してしまっている場合には、下地にも影響が出ている可能性があります。そのため、葺き替え工事の際には下地のチェックもしてもらいましょう。

金属・スレート屋根の下地が劣化している

屋根 工事
次は、金属・スレート屋根が、全体的に割れたり内部まで劣化したりしている場合です。

金属やスレートの屋根の割れは全体に広がってしまいますし、内部の劣化を修理できるのは葺き替え工事のみになりますので、これらの場合にも葺き替え工事が必要です。

軽量化して耐震性を高めたい

スレートや金属など、今よりも軽量の屋根材を使って耐震性を高めたいという場合にも葺き替え工事は有効な手段。

屋根が軽くなると耐震性が上がりますから、既存の重たい屋根材を撤去して軽い屋根材に変えたいという方もいらっしゃるでしょう。

こういう場合には全体を取り換えることになりますので、葺き替え工事を行います。

防水シートが劣化している

屋根材内部にある防水シートを交換する場合には、葺き替えを検討しましょう。

防水シートは屋根材の下にありますから、取り換えの際には屋根材を取り除く必要があります。そのため、葺き替え工事と同時に行うのに適しています。

まとめると…
  • 屋根全体が劣化しているとき
  • 内部に劣化があるとき
  • 屋根材を軽いものに変えたいとき
  • 防水シートを取り換えたいとき

屋根の葺き替え時期の見極め方

屋根の葺き替え時期の見極め方
一部分の修復や重ね張りではなく、すべてを取り換える葺き替え工事が必要になるのは、いったいどのような時なのでしょうか。

それぞれの屋根材別に、経年による葺き替え工事の時期の目安についてご紹介していきます。

ここでご紹介するのは経年によるものですので、劣化やダメージがみられた場合にはこれからご紹介する時期に合っていなくても、補修工事を行ってくださいね!

スレート

スレートは、岩やセメントを加工して薄い板状にした屋根材のことです。価格が安く、軽いため耐震性が高いのがメリットです。その一方で、割れやすく、塗装が必要になります。

通常、20〜30年程度で葺き替えが必要と言われています。

ガルバリウム

屋根
ガルバリウムは、アルミニウムと亜鉛、シリコンから作られる金属屋根材です。軽量で耐震性が高く、防水性が高いうえに、金属製の中ではさびにくい特徴を持つため、金属製のものの中では一番人気が高くなっています。その一方で、傷がつきやすく、塗装が必要です。

およそ30年程度で葺き替えが必要になります。

トタン

トタンは、亜鉛でメッキを施した薄い鉄板材のこと。トタン屋根は工事価格が安く、耐震性が高いというメリットがありますが、耐用年数が非常に短く、断熱性や防音性が低いうえ、錆びやすいというデメリットがあります。

このように、デメリットが多いため、近年では利用住宅が減少傾向にあります。

だいたい、10〜20年程度で葺き替えが必要です。

瓦は、主に粘土を利用して作るデザイン性が高い屋根材です。

瓦屋根はメリットが多く、耐用年数が長いこと、断熱性や防音性が高いこと、結露しにくいこと、塗装が不要であることが挙げられます。デメリットとしては、初期費用が高いこと、屋根材が重いために耐震性が下がってしまうことです。

瓦屋根は一般に、50〜100年で葺き替えの時期を迎えます。

まとめると…
  • スレートの葺き替え時期は20~30年
  • ガルバリウムの葺き替え時期は30年程度
  • トタンの葺き替え時期は10~20年
  • 瓦の葺き替え時期は50~100年
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

無料見積もりはこちら

屋根の葺き替えにかかる費用と工期

屋根の葺き替えにかかる費用と工期
屋根の葺き替えは比較的大きな工事になります。その費用や工期が気になる方も多いことでしょう。

ここからは、屋根の葺き替えにかかる費用や工期、屋根材の交換のパターン別費用についてお伝えしていきます。以下は、30坪のお住まいを想定した価格ですので、参考にしてみてください。

足場設置・養生・解体作業

屋根の葺き替えは高所での作業になるため、足場の設置が不可欠です。

足場の設置や養生にはおよそ30〜50万円の費用が掛かります。また、足場の設置、養生、解体には1〜2日ほどかかることを見込んでおきましょう。

下地補修

下地の補修も行えるのが葺き替え工事のメリットでもあります。

下地の補修には12〜20万円ほどかかり、その工期は1〜2日が一般的です。

新材設置

費用
新しい屋根材を設置する場合には、80〜120万円の費用が見込まれます。工期はおよそ4〜6日です。

葺き替える範囲や、屋根材を交換するかどうかでも価格が変動します。別の屋根材への変更については、後でまたご紹介しますので、そちらをご確認くださいね。

金物類取り付け

葺き替えの際には、金物類の交換や取り付けも行います。

その費用は20〜30万円ほど、工期は2〜3日です。

足場解体・清掃

足場の解体や清掃などの諸経費として、30〜45万円を見込んでおきましょう。また、かかる日数は1日ほどです。

パターン別の工事費用の目安

価格
屋根材交換のパターンごとの工事費用の目安についてお伝えしていきます。面積や業者によっても変動しますので、あくまで目安として参考にしてください。

スレートから金属材やスレートに葺き替えをする場合、160〜260万円ほどの費用が必要となります。

スレートから瓦への葺き替える場合には、瓦の費用が高いために少し費用が上がり、180〜280万円が目安です。

瓦からスレートや金属への葺き替えには、180〜280万円が目安の金額となります。

瓦から瓦への葺き替えの際には、180〜300万円が目安の金額となり、このパターンが最も費用が高いパターンです。

パターン 費用
スレート→金属orスレート 160~260万円
スレート→瓦 180~280万円
瓦→スレートor金属 180~280万円
瓦→瓦 180~300万円
まとめると…
  • 足場設置・養生・解体作業:1~2日、30〜50万円
  • 下地補修:1~2日、12〜20万円
  • 新材設置:4〜6日、80〜120万円
  • 金物類取り付け:2〜3日、20〜30万円
  • 足場解体・清掃:1日、30〜45万円

屋根の葺き替え費用を抑える方法は?

屋根の葺き替え費用を抑える方法は?
屋根の葺き替えは、金額的にも大きな工事になります。

できることなら金額を抑えたい、という方も多いでしょう。

ここからは、屋根の葺き替えの費用を抑える方法について見ていきましょう。

複数の業者に見積もりを依頼する

1社だけの見積もりを見て、その業者と契約するのは避けた方がいいでしょう。

適正価格もわかりませんし、その1社が悪徳業者である可能性も否定できないからです。業者を選ぶときには必ず、相見積もりをして価格を比較しましょう。

最低でも2,3社から見積もりを取ることをおすすめします。

相見積もりを取ると、あまりにも価格帯が外れている業者を避けることもできますし、相談しやすい業者などを見極めることもでき、安心できますよ。

ただし、「他の業者はもっと安かった!」などと値引き交渉を行うのはご法度ですよ。

補助金が受給できないか確認する

自治体によって補助金の条件や内容は異なりますが、工事の際には補助金を受けることができる可能性があります。

自治体のホームページなどを調べてみるのもおすすめですし、地元密着型の業者ですと、補助金についての相談にも乗ってくれる可能性もありますよ。

火災保険を利用する

保険
火災保険の対象になることもあります。

台風や地震、豪雨、豪雪などの自然災害による損害なら全額補償されることもあります。

ご加入の保険によって保証の対象や金額も変わりますので、工事をご検討中の方は、今加入している保険の補償範囲を確認しておくといいでしょう。

まとめると…
  • 相見積もりを取ろう
  • 自治体の補助金の対象になる可能性も
  • 火災保険の対象になる可能性も

葺き替え時の屋根材の選び方【種類別】

葺き替え時の屋根材の選び方【種類別】
屋根材を変えることもできる葺き替え工事。

新しい屋根材を検討するにあたっては、それぞれのメリットやデメリットが気になりますよね。

ここでは、スレート屋根、ガルバリウム屋根、トタン屋根、瓦屋根の4種類の屋根材のメリット・デメリットをご紹介します。

スレート屋根の場合

スレート屋根のメリットは軽量であることと、安価であること、そして、施工に対応している業者が多いことです。

デメリットとしては、割れやすいこと、塗装が不可欠なことが挙げられます。

スレート屋根は、価格を安くしつつ、耐震性とデザイン性を重視する人に向いている屋根材と言えます。

ガルバリウム屋根の場合

ガルバリウム屋根のメリットは、金属としては錆びにくく、耐震性・防水性に優れていることです。また、複雑な形状の屋根にも施工できるのもメリットでしょう。

デメリットは傷がつきやすいことと、防音性が低いことです。

ガルバリウム屋根は、軽量化して耐震性を高めたい人向けの屋根材です。

トタン屋根の場合

錆 トタン屋根
トタン屋根のメリットは安価で、軽量であること。

デメリットは、耐久性が低く錆びやすいこと、断熱性・防音性が低いことです。

トタン屋根は、短期間でメンテナンスが必要となりますが、葺き替えにかかる価格をとにかく安くしたい!という人に向いている屋根材でしょう。

瓦屋根の場合

瓦屋根のメリットは、耐久性・防音性・断熱性の高さと、結露しにくいことです。

デメリットとしては価格が高いこと、屋根材が重いために耐震性が下がってしまうことが挙げられます。

瓦屋根は、耐用年数も長く、耐久性にも優れていますので、メンテナンスの手間を省きたい人にピッタリの屋根材だと言えるでしょう。

まとめると…
  • スレート屋根は価格を安くしつつ、耐震性とデザイン性を重視する人向き
  • ガルバリウム屋根は軽量化して耐震性を高めたい人向き
  • トタン屋根は葺き替えにかかる価格をとにかく安くしたい!という人向き
  • 瓦屋根はメンテナンスの手間を省きたい人向き

葺き替え時の屋根材の選び方【勾配別】

葺き替え時の屋根材の選び方【勾配別】
ここからは、葺き替え工事のときの屋根材の選び方を勾配別にお伝えしていきます。

屋根材を選ぶときに重要なのは、実は屋根の形状よりもむしろ勾配の方なのです。

おすまいの屋根の勾配に合わせて選ぶのもいいでしょう。

急勾配

6寸以上の勾配を、急勾配と言います。急勾配の屋根のメリットは、雨漏りのリスクが少ないこと、デザイン性が高いことです。その一方で、屋根の面積が大きいため、施工にコストがかかり、耐風性が減少するというデメリットもあります。

このような急勾配のおすまいには、瓦・金属・スレート屋根などすべての屋根材が適しています。

この場合は、どの様な屋根にしたいかを、それぞれの屋根材のメリットやデメリットを見比べて選ぶのがおすすめです。

並勾配

並勾配
3〜6寸の勾配を、並勾配と言います。

並勾配は、最も普及している勾配です。そのため、工事に慣れている業者が多く、トラブルの際には対応してもらいやすいのがメリットです。また、最も普及していることから、デザインも豊富なのが特徴と言えるでしょう。

デメリットとしては、広く普及しているために没個性になってしまうということくらいです。

この並勾配のおすまいに適しているのは、金属屋根とスレート屋根です。4寸以上の勾配の場合には、どの屋根材も適していますよ。

緩勾配

3寸以下の勾配のことを、緩勾配と言います。

緩勾配の屋根のメリットは、風の影響を受けにくいこと、落雪による被害を抑えられることです。また、屋根がなだらかで面積が小さいため、施工しやすく、人件費や材料費を抑えられます。

その一方で、デメリットもあります。雨が流れ落ちていかないため、雨漏りの発生するリスクが上がってしまったり、ほこりやゴミが堆積しやすいため劣化が早まってしまったりするのです。また、デザイン性に劣るため、家の外観にこだわりたい方には不向きかもしれません。

緩勾配のおすまいに適しているのは、金属屋根(特にガルバリウム鋼板)です。それ以外の屋根材が使えない場合もありますので、注意が必要です。

まとめると…
  • 急勾配に適しているのは、すべての屋根材
  • 並勾配に適しているのは、金属屋根とスレート屋根
  • 緩勾配に適しているのは、金属屋根

屋根の葺き替えは大きな工事

屋根の葺き替え工事は、おすまいにかんする工事の中でも最も大きな工事の1つです。

工事にかかる時間も長く、費用も大きくなりますから、工事での失敗は避けたいですよね。

工事の失敗を避けるためには、業者選びは重要なポイントになります。

よい業者を選び、よい葺き替え工事を行うためにも、相見積もりを取るようにしましょう。

1社で決めてしまうのではなく、焦らずに2,3社から見積もりを取り、安心して任せられる!と思えた業者に任せましょう。

ホームページを見たり、クチコミを参考にしたりするのもいいかもしれません。ホームページを見る際には、業者の顔が映っているものがおすすめです。クチコミは、1つの意見だけをうのみにしないようにするのがポイントです。

屋根材ごとのメリットやデメリット、おすまいの屋根の勾配に適している屋根材はどれかなど、この記事を参考にして、失敗のない屋根の葺き替え工事をしてくださいね!

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

無料見積もりはこちら

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami