アクリル塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品4選も公開!

アクリル塗料はどんな家におすすめ?特徴豊かなオススメ製品4選も公開!

外壁塗装の塗料選びでお悩みでしょうか?あなたのお家に最適な外壁塗料の選ぶためには、「建材と塗料の相性」が大切です。以下の記事で詳しく説明させていただいております。ご参考になさってくださいね。

外壁塗料の正しい選び方3STEP|種類や特徴を理解して最良な外壁塗装を!

アクリル塗料とは

アクリル塗料とは
アクリル塗料は、1950年頃から開発・製造されている歴史のある塗料です。アクリル塗料はその名の通り、アクリル樹脂が配合されています。

歴史のある塗料ではありますが、現在ではコストパフォーマンスが悪いため、外壁塗装ではほとんど使われていません。

アクリル塗料の特徴として、一番に挙げられるのが、価格が安いということです。また、耐用年数が5〜7年と短いのも特徴の1つ。

現在ではあまり外壁塗装に利用されなくなったアクリル塗料ですが、付帯部塗装など外壁塗装の細部では現在も使われていることがあります。また、一般的な塗装で活躍する場面は少なくなりましたが、模様付けをする複層タイル仕上げやプラモデル、自動車の塗装などでは現在も利用されています。

アクリル塗料の特徴

アクリル塗料の特徴として、透湿性があります。湿気をため込みにくく、逃がしやすい性質です。

内部に湿気が籠ると、内部から破損していく可能性があります。内部の劣化や破損には気付きにくく、気付いた時には大事になっていた、なんてことも。

それを遅らせる効果として、透湿性があります。そのため、1日の寒暖差が大きい地域や、季節による寒暖差が大きい地域にも適しています。

また、アクリル塗料は変色しづらいというメリットもあります。

外壁や屋根は、紫外線によるダメージを受けやすい部分です。そのため、塗料の変色や色褪せも激しい部分です。

アクリル塗料であれば、他の塗料よりも変色しづらく、塗装したての色をキープできます。

アクリル塗料の価格

アクリル塗料の価格は、1,400~1,600円/㎡ほどとなっており、塗料の中でも低価格帯に位置しています。

アクリル塗料の耐久年数

アクリル塗料の耐久年数は5~7年と短めです。

近いうちに建て直しや、引越しなどの可能性が高い方には、コスパのよい塗料と言えます。

塗料の耐候性とは?
耐候性とは、プラスチックや塗料、繊維、有機素材等の工業製品が太陽光・温度・湿度・雨等の屋外の自然環境に耐 えうる性質であることをいいます。
メーカーが自社の塗料の耐久年数のテストをする場合は、促進耐候性試験と呼ばれ、室内で人口の強い太陽光を浴びせる試験をします。
ただし、室内の試験なので、塩害や凍害、雨などの劣化を早くする要素が含まれていません。あくまでもテスト上の耐久年数です。

アクリル塗料のメリット・デメリット

アクリル塗料のメリット・デメリット
近年では使用頻度が下がってきていますが、アクリル塗料には、美しさの点でメリットも多くあります。

その一方で、勿論デメリットも持ち合わせています。メリット・デメリット共に知っておくことで、より理想に沿う仕上がりが期待できます。

メリット

まずは、アクリル塗料のメリットを確認しておきましょう。アクリル塗料の良さとして、ここでは4つのポイントをご紹介します。

価格が安い

なんと言っても、価格が安いのがアクリル塗料のメリットです。

初期費用を抑えたい方、すぐに塗り替える予定がある方に適した塗料でしょう。

ガラスのような仕上がり

塗り上がりが、ガラスのような美しさを持つことも、アクリル塗料のメリットです。

その美しい塗り上がりから、住宅以外にも、自動車等の塗料としても使われています。

作業性が良い

作業性が良いことも、アクリル塗料のメリットとして挙げられます。

1液タイプのため、混合不良になりづらく、安定した品質も期待できます。

色の種類が多い

カラーバリエーションが多いことも、アクリル塗料が選ばれる理由のひとつです。

高発色で、カラーバリエーションも多いため、希望の仕上がりの色を実現することができます。

デメリット

メリット デメリット
次に、デメリットを確認しておきましょう。アクリル塗料のデメリットとしては、4点が挙げられます。

耐用年数が短い

アクリル塗料は耐用年数が5~7年と短いのが最大のデメリットです。

他の塗料と比べても、最も耐用年数が短い塗料とされています。

初期費用は抑えられるものの、長期的な目で見れば、何度も塗り直しをしなければならない塗料であり、コスパが下がってきています。

劣化しやすい

アクリル塗料は、劣化しやすいという特徴があります。

塗装は住宅を補強したり、守ったりするもの。劣化しやすい塗料では、内部の損傷や劣化の進みがはやくなってしまいます。

そのため、長期的な目線では選ばれにくい塗料になってしまうのです。

塗膜が割れやすい

塗膜が割れやすいのも、アクリル塗料のデメリットの1つです。

塗膜が割れてしまうと、そこから雨水などが浸入してしまい、内側でカビや錆などが発生してしまい、気づかぬうちに内側から劣化が進んでしまうことも…。

そのため、塗膜の割れが目立つようになる前に、再塗装が必要になります。

外壁塗装用はほとんど販売されていない

ここまでに何度もお伝えしているように、アクリル塗料は今ではほとんど使われていません。

外壁塗装用は、ほぼ販売されていないため、取り扱っている業者さんや、扱いなれている業者さんが少なく、安心して任せられる業者さんが少ないのが、デメリットと言えるでしょう。

他の塗料との比較

他の塗料との比較
アクリル塗料を他の塗料(ウレタン塗料、シリコン塗料、ラジカル塗料、フッ素塗料、光触媒塗料、無機塗料)と比較すると、その価格は7種類の中で最も安く、耐用年数も最も短くなっています。

耐久性やメンテナンス頻度などの面で、他の塗料に劣る部分はありますが、価格や発色の良さ、デザイン性の面で他の塗料よりも優れています。
外壁塗料の正しい選び方3STEP|種類や特徴を理解して最良な外壁塗装を!

塗料選びの落とし穴!業者によって塗れない塗料があるって本当⁈

残念ながら本当です。 塗料によっては高度な塗装技術が必要だったり、特定の業者にしか取り扱いを認めていない塗料も存在するのです。つまり、塗料が決まっても業者さんが塗ることができなかったら意味がないのです。

そこで外壁塗装ほっとらいんでは、経験豊富なスタッフがお客様にぴったりの塗料・業者選びをサポートいたします。 「自宅の外壁にどんな塗料が最適なのかわからない。」 「おすすめの塗料を提案してほしい!」 といったお悩みの方もぜひお気軽にご相談ください!もちろん費用はかかりません。

無料相談フォームへ

オススメのアクリル塗料商品一覧!

オススメのアクリル塗料商品一覧!
さて、ここからは外壁塗装ほっとらいんがおすすめするアクリル塗料商品について、ご紹介していきます。

今回ご紹介するのは、4種類の塗料です。

DANタイル水性上塗

DANタイル水性上塗

楽天市場より引用

ポイント DANタイル水性上塗の特徴
メーカー 日本ペイント
分類 1液水性/上塗
対応建材 コンクリート、モルタル
価格 1,530円/㎡(ノーマル塗装)
艶タイプ つや有り、5分つや、3分つや
DANタイル水性上塗は、付着性に優れており、様々な自然環境に対応できる塗料です。また、クラックに対する追随性を上げることができます。 安全性が高く、作業時の周囲への配慮にもつながります。アクリル塗料らしく、カラーバリエーションも豊富です。
参考 DANタイル水性上塗日本ペイント

タイルラック水性トップつや一番

タイルラック水性トップつや一番

楽天市場より引用

ポイント タイルラック水性トップつや一番
メーカー 日本ペイント
分類 1液水性/化粧仕上げ塗料
対応建材 コンクリート、モルタルなど
価格 1,370円/㎡(ノーマル)
艶タイプ つや有り、5分つや、3分つや
タイルラック水性トップつや一番は、防カビ・防藻性、耐アルカリ性、耐水性を持ち合わせています。また
、臭気がないため、塗料特有の匂いが苦手な人でも安心できます。防火認定塗料なのも、嬉しいポイントです。
参考 タイルラック水性トップつや一番日本ペイント

水性ケンエースグロス

水性ケンエースグロス

楽天市場より引用

ポイント 水性ケンエースグロス
メーカー 日本ペイント
分類 1液水性/内外壁用
対応建材 (新設)コンクリート、モルタル、石膏ボード、スレート、珪酸カルシウム
(改修)新設+鉄面
価格 1,840円/㎡(新設)
1,430円/㎡(改修)
艶タイプ つや有り、7分つや、5分つや、3分つや
水性ケンエースグロスは、付着性と隠ぺい性に優れており、作業性に優れています。また、ヤニ止め性、透湿性、防カビ・防藻性も持ち合わせているため、外部・内部の汚染や劣化を遅らせることにも長けています。
参考 水性ケンエースグロス日本ペイント

オーデグロス

オーデグロス

楽天市場より引用

ポイント オーデグロス
メーカー 日本ペイント
分類 1液水性
対応建材 コンクリート、モルタル、ボード、鉄類や鉄部、塩ビ樋など
艶タイプ つや有り、7分つや有り、5分つや有り、3分つや有り、つや消し
オーデグロスは、透湿性、防カビ・防藻性を持っています。内部からの劣化を遅れさせることができます。また、耐水性、耐アルカリ性、耐酸性や耐候性も持ち合わせているため、塗膜の劣化も比較的遅いです。防火認定塗料であることもメリットと言えるでしょう。
参考 オーデグロス日本ペイント

塗料豆知識

①水性と油性って?
同じグレードの塗料でも水性か油性かの違いがあります。水性は水で希釈しますが油性はシンナーで希釈します。油性のほうが耐久性良いものの、臭いはきつい傾向が。一方水性塗料は耐久性では油性では劣るものの、きつい臭いがしません。

②1液性と2液性って?
1液タイプは缶を空ければそのまま使用できるタイプで、2液タイプは主剤と硬化剤の2種類の材料を混ぜるタイプの塗料です。
1液タイプよりも2液タイプの方が耐久性が高く、価格も高価な傾向があります。1液タイプの方が施工しやすいものの、2液タイプの方が仕上がりも良く、塗装できる素材も豊富です。

アクリル塗料はどんな人におすすめ?

アクリル塗料はどんな人におすすめ?
アクリル塗料は、価格の低さから、費用を抑えたい方に向いています。また、耐用年数が短く、塗直しの頻度が他の塗料よりも多くなるため、外壁のイメージを頻繁に変えたい方にも適した塗料です。

作業性の高さから、DIYが好きな方にも適していますが、業者さんに頼む場合には模様付けも可能なため、凹凸をつけた模様付け塗装をしたい人にもおすすめです。

アクリル塗料を選ぶときの注意点は?

アクリル塗料を選ぶときの注意点は?
アクリル塗料と間違いやすいものとして、アクリルシリコン塗料、ピュアアクリル塗料、ラジカル制御形アクリル塗料(ラジカル塗料)、弾性アクリル塗料があります。

それぞれの特徴をご紹介します。

アクリルシリコン塗料は、アクリル樹脂とウレタン樹脂のいいとこ取りをした塗料です。耐用年数がアクリル塗料・ウレタン塗料より長く(12~15年)、コスパがいいのがメリットです。また、防汚効果が高いのも、お手入れの手軽さから人気の秘訣です。

ピュアアクリル塗料は、アステックペイントが製造している、アクリル塗料に含まれる不純物をできるだけ取り除いた塗料です。耐用年数は15年ほどで、防水性や耐久性に優れています。汚れやすく、高価な点がデメリットとして挙げられます。

ラジカル塗料は、ラジカル抑制のために、耐候酸化チタンと光安定剤を配合した塗料です。コスパがよく、チョーキングが起きにくく、低汚染性も持っているため、美観を崩したくないという希望を叶えてくれます。2015年登場と比較的新しいため、施工実績の多い業者さんを探すのは困難な可能性があります。

弾性アクリル塗料は、ゴム性の塗膜を形成するなど、弾性に優れています。そのため、防水性に優れ、ひび割れしにくいのがメリットです。耐用年数は5~7年と短めなため、コスパはあまりよくありません。

アクリル塗料は安価でデザインが楽しめる!

アクリル塗料は安価で、耐用年数が短いというデメリットもありますが、デザイン性や発色の良さなど、美しさの面においてメリットの多い塗料です。

そんなアクリル塗料について、改めて確認しておきましょう。

「アクリル塗料」はどこの塗装に適していますか?

アクリル塗料はコンクリートやモルタルの塗装に適しています。屋根・外壁共に塗料がありますが、近年一般的に使用されていないため、その数や種類は少なく、取り扱い業者さんを探すのは困難な可能性があります。


「アクリル塗料」の平均価格はいくらですか?

1,400円~1,600円ほどで、塗料の中で最も安くなっています。


「アクリル塗料」の長所と短所はなんですか?

メリットは、安価で、発色が良く、デザイン性に優れているところです。デメリットは、耐久性が短く、頻繁に塗り替えをする必要があるところです。


「アクリル塗料」の耐久年数は何年ですか?

5~7年と、塗料としてはかなり短めで、他の塗料に比べて、メンテナンス頻度が上がってしまいます。


「アクリル塗料」はどんな人におすすめですか?

アクリル塗料が向いているのは、費用を抑えたい方や外壁のイメージを頻繁に変えたい方、凹凸をつけた模様付け塗装をしたい人です。


塗料の種類とその特質をしっかりと確認し、理想の塗装が行えることを願っています。

外壁・屋根塗装の費用 を今すぐチェック▶︎▶︎
Close Bitnami banner
Bitnami