「アクリル塗料」は外壁塗装に不向き?メリット・デメリットを解説!

日常の様々なものに使用されている「アクリル塗料」。この塗料は外壁にも使用することができるのでしょうか?

答えは「イエス」。古くから使われてきた、日本では馴染みのある塗料の一つなんです。しかし、現代ではあまり外壁塗装には使用されなくなってきています。

この記事では、アクリル塗料を外壁塗装に使用することについてのメリットやデメリットについて、徹底調査していきたいと思います。

この記事でわかること
  • アクリル塗料とは?
  • アクリル塗料のメリット・デメリット
  • アクリル塗料はこんな使用をする方にオススメ

「アクリル塗料」とは?

そもそも、アクリル塗料とは、どういったもののことを指すのでしょうか。ここではアクリル塗料とは何か、またその特徴について解説していきます。

アクリル樹脂が配合された塗料

アクリル塗料とは、アクリル樹脂が配合された塗料全般のことを指します。

1950年頃に開発・製造されている、歴史ある塗料のうちの一つです。開発当初は、塗料の注目株として外壁や内装など、様々な分野で活躍してきました。

しかし現代では、コストパフォーマンスの悪さから、外壁塗装ではあまり使用されなくなってきています。細部やごく一部の作業では外壁に使われることもありますが、全般的に使用することは珍しくなっています。

アクリル塗料の特徴

アクリル塗料の主な特徴は、価格が安いことです。しかし、安い分、耐用年数が5〜7年と短くなっています。

付帯部塗装など、外壁塗装の細部では現在も使われることがありますが、一般的な外壁塗装ではほとんど使用されていません。

ですが、模様付けをする「複層タイル仕上げ」などでは現在も使用される場面が多く見られます。

アクリル塗料で塗装するメリット

アクリル塗料を使うことのメリットは、どんなところにあるのでしょうか。以下にまとめてみました。

価格が安い

お金 費用 外壁塗装 家アクリル塗料の大きなメリットとして、一番にあげられるのが「価格が安い」ことです。

外壁塗装で使用する主な塗料としてはもっとも安く、1平方メートルあたり1,900〜3,000円程度で購入することができます。

ガラスのような仕上がり

次に挙げられるアクリル塗料のメリットは、「ガラスのような仕上がり」になることです。

表面が光るような仕上がりになるので、そういった場面では使われることがあります。

作業性が良い

アクリル塗料のメリットその3は、「作業性の良さ」です。

光触媒や断熱塗料のように、特殊な塗装方法が必要ないため、アクリル塗料は初心者でもかなり使いやすい部類に入ります。

色の種類が多い

アクリル塗料の最後のメリットは、「色の種類が多い」ことです。

かつては主流塗料だったこともあり、アクリル塗料は非常に色の種類が多いです。そのため、初心者でも複雑な色合いなど、自分好みに仕上げることが可能です。

まとめると…
  • 価格が安い
  • ガラスのような仕上がりになる
  • 作業性が良い
  • 色の種類が豊富

アクリル塗料で塗装するデメリット

低価格で作業性の良いアクリル塗料ですが、アクリル塗料にもデメリットがあります。以下にアクリル塗料のデメリットについて、まとめてみました。

耐用年数が短い

アクリル塗料は耐用年数が短いことがデメリットの一つです。耐用年数は5〜7年と、外壁塗料の中ではもっとも短い部類に入ります。

耐用年数が短いと、頻繁に塗り替えの必要があるので、長期的なコストとしてはあまり良い方とは言えません

劣化しやすい

アクリル塗料は、外壁塗料としては劣化しやすいものに当たります。

紫外線に弱いため、劣化が早く、見栄えがすぐに悪くなってしまいます

塗膜が割れやすい

アクリル塗料は、塗料の中では硬めのものに分類されるため、ひび割れしやすくなっています

ひび割れから剥がれていってしまうこともあるので、大きなデメリットと言えるでしょう。

外壁塗装用はほとんど販売されていない

アクリル塗料のデメリット、最後は「外壁塗装用はほとんど販売されていない」ことです。

かつては主要塗料だったものの、現在は需要が少なく、付帯部塗装などの細かい部分の塗装用ばかりが販売されています。

まとめると…
  • 耐用年数が5〜7年と短い
  • 紫外線に弱く、劣化しやすい
  • 硬めなのでひび割れやすい
  • 外壁塗装用はほとんど販売されていない

アクリル塗料と他塗料を徹底比較!

開発当初は、手軽に使えてコストも安いことから、外壁塗装にも多く使われていたアクリル塗料。

しかし現在では、他に便利な塗料が多数開発されたため、外壁塗料として使われる場面はかなり少なくなってきました。

以下では、他の外壁塗料との比較をまとめてみました。

ウレタン塗料

ウレタン塗料は、アクリル塗料に比べて光沢のある塗料です。

現在需要がある外壁塗料の中ではもっとも安い塗料となっていて、1平方メートルあたり2,100〜3,100円程度で購入することができます。

ですが、ウレタン塗料もアクリル塗料と同じく、耐用年数が短く、8〜10年ほどと言われています。

シリコン塗料

シリコン塗料は、現在もっとも人気があり、主流となっている外壁塗料です。

価格は、1平方メートルあたり2,800〜4,100円程度で、耐用年数は10〜13年程度とアクリル塗料に比べて使いやすくなっています。

フッ素塗料

フッ素塗料は、耐久性が高く耐用年数が長い塗料です。メンテナンスの手間が少ない点がメリットと言えるでしょう。

価格は、1平方メートルあたり3,700〜4,700円と少し割高になります。その分、耐用年数も15〜20年と長く使えるので、好んで使う人も多くいます。

無機塗料

無機塗料とは、無機質材を含んだ塗料のことで、耐用年数6年の塗料もあるため品質がピンキリだが最も耐用年数が長い外壁塗料となっています。

価格は、1平方メートルあたり3,700〜5,100円程度です。耐用年数は18〜22年とかなり長いのがメリットの一つです。

塗料 価格(1平方メートルあたり) 耐用年数
アクリル塗料 1,900〜3,000円 5〜7年
ウレタン塗料 2,100〜3,100円 8〜10年
シリコン塗料 2,800〜4,100円 10〜13年
フッ素塗料 3,700〜4,700円 15〜20年
無機塗料 3,700〜5,100円 18〜22年

アクリル塗料での塗装はどんな人におすすめ?

アクリル塗料は近年使われることが少なくなった塗料ですが、アクリル塗料を使うことにもいくつかメリットがあります。

以下ではアクリル塗料をおすすめできるケースをご紹介していきます。

費用を抑えたい方

主流塗料としては価格が最も安いため、費用を抑えたい方にはうってつけでしょう。

その代わり耐用年数が短いので、5年程度で剥がれてもいい建物に最適と言えます。

外壁のイメージを頻繁に変えたい方

外壁のイメージを頻繁に変えるのであれば、アクリル塗料は適しています。

5年おきに塗り替えを検討するのなら最良の塗料でしょう。

DIYが好きな方

アクリル塗料は、価格が安く、初心者にも塗りやすいため、DIYにも適しています。

そのため、DIYでの使用は向いている塗料と言えます。

凹凸をつけた模様付け塗装をしたい人

複層タイル仕上げのような模様付けの仕上げ塗料にアクリル塗料は使われます。

そのため、そういった塗装をしたい方には必須アイテムと言っても過言ではありません。

代表的なアクリル塗料を紹介

代表的な アクリル塗料を紹介アクリル塗料には、様々な種類のものが販売されています。

以下にまとめてみましたので、購入の参考にしてください。

DANタイル水性上塗

吹き付けで模様付けをした後に塗装することを目的とした一般的なアクリル塗料です。

そのため、先ほど出てきた「複層タイル仕上げ」などに使用されるタイプのアクリル塗料となっています。

タイルラック水性トップつや一番

DANタイル水性上塗と同じく、吹き付けで模様付けをした後に塗装することを目的としたアクリル塗料です。

水性で1液型のため、初心者でも塗りやすいところがポイントです。

水性ケンエースグロス

この塗料は、内装と外装どちらでも活躍するアクリル塗料です。

しかし、改修時には下塗り不要な場合もあるので、注意が必要となります。

オーデグロス

オーデグロスは、この中ではかなり多機能な1液水性アクリル樹脂塗料です。

光沢があり、乾燥性、透湿性、防藻性、防カビ性が高いので、外壁塗装に向いていると言えるでしょう。

まとめると…
  • DANタイル水性上塗は、模様付けをした後に使用されることが多い
  • タイルラック水性トップつや一番は、水性で1液型なので初心者でも扱いやすい
  • オーデグロスは多機能な1液水性アクリル樹脂塗料なので、外壁に使用することも可能

間違えやすい「アクリル系」その他の塗料

ここでは、アクリル塗料と間違いやすい、その他の塗料について紹介していきます。

購入の際には、ここを参考にしましょう。

アクリルシリコン塗料

アクリルシリコン塗料は、名前にアクリルと入っていますが、「シリコン塗料」の別称です。

アクリル樹脂にシリコンを加えた塗料のためこのような名称となっています。

アクリル樹脂を使っていますが、別塗料と読んでも差し支えないほどの性能差があるため、注意しましょう。

ピュアアクリル塗料

ピュアアクリル塗料とは、アクリル樹脂の純度を極限まで高めた塗料のことです。

アクリル塗料でありながら、シリコン塗料にもまさるほどの高耐久性を実現している塗料です。

ラジカル制御形アクリル塗料(ラジカル塗料)

ラジカル塗料とは、日本ペイントが2012年に開発したラジカル制御技術によって生まれた新塗料のことです。

元はアクリル樹脂を利用していますが、劣化因子である「ラジカル」を制御することによりシリコン塗料を上回る耐久性を実現した塗料です。

アクリル塗料は外壁全体よりも、付帯部での塗装がオススメ

アクリル塗料は費用も安く、初心者にも扱いやすい塗料ですが、耐用年数が短いため、外壁塗料にはあまり向いていません。

頻繁に塗り替えを行えるのであれば別ですが、そうでない場合はあまりオススメできる塗料とは言えないでしょう。

ですが、アクリル塗料は安いことに加えて、非常に多くの色の種類がある塗料です。ちょっとしたDIYや付帯部などの細かい部分では、複雑な色でも再現できるため、かなり活躍する塗料でしょう。

塗料には大変多くの種類がある上、同じアクリル系塗料でもそれぞれの持つ性能差は異なります。用途に合わせたアクリル塗料の性能をよく理解して使用するよう心がけましょう!

外壁塗装屋根塗装適正相場を知りたい方はこちら
Bitnami