アスファルトシングルとは?屋根材の特徴から塗装価格まで解説!

アスファルトシングルとは、薄くて軽量な屋根材です。アスファルトシングルにはどのような特徴やメリット、デメリットがあるのでしょうか。

今回の記事ではアスファルトシングルの特徴やメリット、デメリットをお伝えするほか、耐用年数はメンテナンス方法、施工費用などについてもお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • アスファルトシングルの特徴
  • アスファルトシングルのメリット・デメリット
  • アスファルトシングル屋根の耐用年数
  • アスファルトシングル屋根のメンテナンス方法
  • アスファルトシングル屋根の施工相場

アスファルトシングルとは?

アスファルトシングルとは屋根材の一種です。アスファルトシングルとはどのような特徴のある屋根材なのでしょうか。以下にアスファルトシングルの特徴を簡単にまとめました。

アスファルトシングルとは?

アスファルトシングル屋根アスファルトシングルとは、ガラス基材にアスファルトを浸透させて、表面に石粒を吹き付け接着した屋根材です。ザラザラとした質感で、瓦より重厚感がなく薄くて軽い形状をしています。

アスファルトシングル屋根の特徴

アスファルトシングルは屋根瓦と違い、薄くて軽い小さなシート状になっています。そのため複雑な形状の屋根にも対応しやすく、様々なタイプの屋根に使用できる屋根材です。

またデザインや形状などのバリエーションが豊富なのも特徴で、洋風の家にも和風の家の屋根にも適しています。また軽くて施工がしやすいため、DIYでも施工が可能な場合も。

業者に依頼する場合でも比較的作業が簡単なので、瓦やスレートなどの屋根材と比べて施工費用を抑えることも可能です。

まとめると…
  • アスファルトシングルとはガラス基材にアスファルトを浸透させた屋根材
  • アスファルトシングルや軽量かつ丈夫で施工しやすい

アスファルトシングル屋根のメリット

薄くて軽量なアスファルトシングルの屋根材には様々なメリットがあります。アスファルトシングル屋根材のメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。以下に、アスファルトシングル屋根材の主なメリットについて、いくつかご紹介していきます。

軽くて耐震性に優れている

アスファルトシングルは薄くて軽い素材のため、地震などの衝撃が加わっても壊れにくいというメリットがあります。建材自体が軽量なので、建物にかかる負荷も少なく、地震やトラックなどによる地面の揺れによるひび割れなどを防ぐ効果が期待できるでしょう。

地震が多い地方や、近くに大きな道路や線路があり振動が加わりやすい家屋の屋根に適した屋根材と言えます。また建物にかかる重量負荷を軽くしたい場合にもおすすめです。

割れない

アスファルトシングル屋根アスファルトシングルには瓦やスレートのように硬さや重さがありません。そのため衝撃が加わっても割れにくい、破損しにくいというメリットが。大きな道路や線路が近く、常に振動が建物に伝わるような環境に適している屋根材です。

屋根材の割れから雨漏りが起こると、建物自体が劣化してしまうため雨が多い地方の屋根にも向いています。外壁からの雨漏りを軽減したい場合はアスファルトシングル屋根がおすすめです。

錆びない

アスファルトシングルはガラス基材にアスファルトを加えて作った建材です。材料に金属を使用していないため、錆びることがありません。そのため錆びた場所から雨漏りなどが起こることが少なく、雨や雪などが多い地域での使用にも適しています。

また海風が当たる、工場が近く酸性雨が多いといった環境の場合、金属を使った建材は劣化しやすくなります。アスファルトシングル屋根材は、海や工場が近いところの建物にもおすすめの屋根材です。

施工しやすい

屋根の葺き替え工事アスファルトシングルは、屋根材の1枚1枚が軽くて小さいため、持ち運びがしやすく扱いやすいという特徴があります。軽量で扱いやすい建材なため施工がしやすく、簡単な工事ならDIYでも施工できます。

また、業者にとっても扱いやすい建材なので、スレートや瓦などの屋根材に比べて施工費用を抑えることも可能です。またプレートが小さいので複雑な形状の屋根にも向いています。

アスファルトシングル屋根材は、施工費用を抑えたい場合や、複雑な形状の屋根の屋根材におすすめの屋根材です。

まとめると…
  • アスファルトシングルは軽量で耐震性に優れている
  • 軽量なので振動や衝撃に強く割れにくい
  • 金属を使用していないので錆びない
  • 軽量で扱いやすいので施工しやすく施工費用を抑えやすい

アスファルトシングル屋根のデメリット

薄くて軽量で扱いやすいなど、様々なメリットがあるアスファルトシングルですがデメリットもいくつかあります。アスファルトシングルにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。ここではアスファルトシングルのデメリットについてご紹介していきます。

表面の石がはがれやすい

アスファルトシングルは表面に細かい石粒を吹き付けて加工してあります。表面の石粒は時間の経過とともに劣化し、剥がれやすくなるため石粒の剥がれが強くなってきたらメンテナンスが必要です。

また細かい石粒が剥がれてくると、雨樋に砂が詰まるといったことも。雨樋が詰まらないように雨樋の掃除をこまめにすることも必要になります。またバルコニーにも砂粒が落ちてくるので、バルコニーや庭をきれいに保ちたい場合も不向きかもしれません。

勾配が緩い屋根には向かない

おしゃれな家(陸屋根・白い外壁)アスファルトシングルは構造的に勾配がある屋根に施工するように作られた建材です。緩い勾配の屋根や水平の屋根には向いておらず、施工できないことも多くあります。

勾配がどの程度必要かは屋根材にもよりますが、判断がつかない場合は業者に依頼して鑑定してもらうようにしてください。勾配が緩い場合はアスファルトシングルよりもスレートの使用が向いています。

カビやコケが発生しやすい

アスファルトシングルは表面に石粒が吹き付けてあるため凹凸が他の屋根材に比べて多い屋根材です。その凹凸にカビや苔がたまりやすく、カビや苔、藻などが発生しやすいというデメリットがあります。

雨が多い地方や湿気がこもりやすい地方はより苔が発生しやすいので、アスファルトシングルの屋根は不向きです。苔やカビが発生するとメンテナンスの頻度も上がるので、金属素材など苔が生えにくい屋根材の方が向いています。

風で吹き飛びやすい

強風・台風アスファルトシングルは1枚が軽くて薄いという特徴があります。そのため風で飛びやすく、台風や大型低気圧が来ると風で剥がれて吹き飛ばされてしまうこともあります。

吹き飛ばされた箇所から雨漏りしてしまうため、アスファルトシングルが剥がれた場所は修繕する必要があります。台風や竜巻が多い地域には不向きな屋根材でしょう。

まとめると…
  • 吹き付けてある表面の石粒が剥がれやすい
  • 勾配が緩い屋根には施工できないことが多い
  • 凹凸が多いので苔やカビが発生しやすい
  • 軽くて薄いので強風や台風などで吹き飛ばされる可能性がある

アスファルトシングル屋根の耐用年数は?

アスファルトシングル屋根は、環境にもよりますが一般的に20年から30年程度と言われています。屋根材自体は20年以上もちますが、塗装がはがれてくるなど細かい破損が目立つようになるため、10年おきに塗装などのメンテナンスをする必要があります。

そのほかアスファルトシングルは表面の石粒が剥がれやすいため、剥がれた石粒を掃除するなどの細かいメンテナンス作業もこまめに行うことが大切です。アスファルトシングル屋根の耐用年数自体は長いので、こまめにメンテナンスを行うことで屋根を葺き替えずに長期間保つことが可能になります。

まとめると…
  • アスファルトシングル自体の耐久性は20年から30年
  • 石粒や塗装の剥がれなどでメンテナンスが10年に1度は必要
  • 剥がれた石粒の清掃はこまめに行うと良い

アスファルトシングル屋根のメンテナンス方法

アスファルトシングルは軽くて施工しやすい屋根材ですが、定期的にメンテナンスをしておいた方が良い屋根材でもあります。以下にアスファルトシングルのメンテナンス方法を簡単にまとめておきました。

屋根塗装

屋根補修 工事
アスファルトシングル屋根材のメンテナンスは、主に屋根塗装になります。アスファルトシングルを塗装する方法として必要なのが、下塗り、中塗り、上塗りの3工程です。メンテナンスの費用はかかりますが、屋根カバー工法や屋根の葺き替えよりも低価格で行うことができます。

塗装に主に使われる塗料は、ウレタン塗料、シリコン塗料、フッ素塗料などのがあります。屋根に使用される塗料なので耐久性が高い塗料が望ましいでしょう。塗装をすることでアスファルトシングルの屋根を長持ちさせることは可能ですが、屋根材自体の劣化は進みます。

アスファルトシングルの耐久年数が経過したら、屋根の張り替えも検討することが大切です。

屋根カバー工法

屋根カバー工法とは、既存の屋根の上にアスファルトシングルの屋根材を重ね葺きすることです。既存の屋根の例としてはコロニアル(スレート)があります。

屋根の塗装をするよりも費用はかかりますが、葺き替えの工事よりは費用を推させることが可能です。重ね葺きの場合、元からある屋根材の劣化は遅らせることができますが、屋根内部の防水シートなどの劣化は防ぐことができません。

防水シートなどの内部の修繕も合わせて行いたい場合は、屋根の葺き替え作業を行った方が良いでしょう。

屋根の葺き替え

屋根の葺き替えは、既存の屋根をはがして新しく屋根を葺き替えるメンテナンス作業のことです。全面的に屋根を改修するので、屋根の塗装や屋根カバー工法よりも費用はかかります。

ただし屋根材をすべて交換するので、劣化した屋根材を新しくすることができますし、既存の屋根をはがすことで劣化した屋根内部の修繕も合わせて行うことが可能です。屋根の劣化が激しい場合は、屋根の葺き替えが適しています。

まとめると…
  • 屋根塗装がアスファルトシングルの主なメンテナンス作業
  • アスファルトシングル屋根は屋根カバー工法で施工することもできる
  • 屋根の葺き替えは費用がかかるが質の高い修繕作業ができる

アスファルトシングル屋根の価格相場は?

アスファルトシングル屋根の施工の価格相場はどれぐらいなのでしょうか。屋根をどの程度修繕するのかによっても、かかる費用は変わってきます。以下にアスファルトシングル屋根の施工費用についてまとめておきました。

屋根塗装

屋根塗装の場合は、一般的な住宅でおおむね30万円から70万円程度です。塗装作業が主なので、作業は塗装業者に依頼します。費用は屋根の面積や形状、使用する塗料によっても異なります。

屋根塗装はメンテナンス作業の一環で、アスファルトシングルの屋根材の場合はだいたい10年に1度は必要になります。

屋根カバー工法

屋根 修理工事 足場屋根カバー工法はアスファルトシングル以外の屋根材でも施工することが可能です。スレートなどの屋根材の上に、アスファルトシングルの屋根材を施工していく施工方法となります。

施工費用は一般的な広さの住宅で70万円から110万円ほど。元からあった屋根の劣化は遅らせることができますが、内部の修繕ができないので本格的に屋根が傷んでいる場合は不向きな工法です。

屋根の葺き替え

屋根の葺き替え工事は、屋根全体を修理するときに適している工法です。既存の屋根を剥がして内部の補修ケ所を修繕し、アスファルトシングルの屋根材を施工していきます。

費用は屋根塗装や屋根カバー工法よりも高額で、一般的な広さの住宅だと80万円から120万円ほど必要です。屋根をすべて新しくするので、屋根がだいぶ傷んでいる場合は屋根の葺き替え作業が向いています。

まとめると…
  • 屋根塗装は一般的に30万から70万程の費用がかかる
  • 屋根カバー工法は概ね70万円から110万円程が必要
  • 屋根の葺き替え作業は概ね80万円から120万円程がかかるが損傷の程度により変わる

アスファルトシングルは耐震性に優れているが風で飛びやすい!

アスファルトシングルの屋根材は1枚が軽くて薄いため、施工しやすい便利な屋根材です。また軽くて丈夫なので、ひび割れや破損に強いというメリットもあります。

ただし屋根材自体が軽いため、剥がれて吹き飛ばされてしまうことも。また石粒が吹き付けてあるので凹凸が多く、カビや藻が発生しやすいというデメリットもあります。

屋根材自体の耐久年数は20年以上ありますが、表面の建材の剥がれや塗料の剥がれ、また風により吹き飛ばされた箇所などの修繕を10年に1度を目安に行うと良いでしょう。

Bitnami