スレート屋根は塗装がマスト!耐用年数・塗り替え費用まで解説

スレート屋根とは、スレートという薄い板状の屋根材を使用して作られた屋根のことです。スレート屋根にはどんな特徴や、メリット・デメリットがあるのでしょうか。

今回の記事ではスレート屋根の特徴やメリット、デメリットのほか、メンテナンスの方法や費用、耐久年数などについてお伝えしていきます。

この記事でわかること
  • スレート屋根の概要と主な特徴
  • メンテナンスに塗装が必須の理由
  • 塗装が必要な時期やタイミング
  • スレート屋根の劣化症状
  • 塗装以外のメンテナンスが必要なケース
  • 塗装の「縁切り」が必須の理由
  • スレート屋根の塗装におすすめの塗料

そもそも「スレート屋根」とは?

見出し画像(スレート屋根とは?)スレート屋根とは屋根材の一種ですが、どんな材料で作られどんな特徴を持っている屋根材なのでしょうか。以下にスレート屋根の主な原料や特徴などについて簡単にご説明します。

スレート屋根とは

スレート屋根スレート屋根とは、スレート材という薄い板のような屋根材を使用して作られた屋根のことを言います。スレート材とは、セメントに繊維質の材料を混ぜた原料を、厚さ5mm程度に引き延ばして成形した板状の屋根素材です。

スレート材という呼び方の他にも、「カラーベスト」や「コロニアル」という呼び方もあります。

スレート屋根の特徴

スレート屋根の特徴はいくつかありますが、主な特徴は価格が安いため施工費用を抑えることができるということです。またデザイン性が高く、様々なデザインがあるため好みのタイプの屋根を作りやすいという特徴や、軽量なので建物の耐震性がアップするという特徴も。

しかし薄くて軽い板のため劣化しやすく、メンテナンスの回数が多くなります。定期的にメンテナンスをしないと耐用年数が減ってしまうので、メンテナンスはこまめに行う必要があるでしょう。

まとめると…
  • スレート屋根とはセメントと繊維質でできた薄いスレート板でできた屋根
  • 「カラーベスト」「コロニアル」という呼び方もある
  • 価格が安く施工費用を抑えやすい
  • デザイン性が高く好みの屋根にできる
  • 軽量なので建物の耐震性が上がる
  • 塗装などメンテナンスの回数が多い

スレート屋根には塗装がマスト!

見出し画像(スレート屋根には塗装がマスト!)スレート屋根のメンテナンスで最もよく行われるのが塗装です。塗装によるメンテナンスを怠ると、どんな不具合が起こってくるのでしょうか。以下に塗装を行わないことで起こる、屋根の不具合についてお伝えしていきます。

塗装をしないと雨漏りが起こる

スレート屋根 水たまり塗装をしないと屋根材の劣化が早まるため、メンテナンスを怠ると雨漏りがしやすくなります。屋根材から雨が浸入することで、屋根材の下の建物も劣化しやすくなるので、定期的なメンテナンスは大切です。

見栄えが悪くなる

スレート屋根の塗装を怠ると、徐々に塗装が剥がれて見栄えが悪くなります。また見栄えが悪くなるだけでなく、塗装が剥がれたところから屋根材が劣化して、ひび割れや破損、雨漏りなどの原因にもなるので注意しましょう。

破損しやすくなる

スレート屋根 破損した屋根スレート材の塗装が劣化によって剥がれると、風雨だけでなく紫外線を防ぐ効果もなくなってくるので劣化が進みます。その結果屋根材が脆くなり、ひび割れや破損が起こりやすくなるので定期的な塗り替えは必須です。

まとめると…
  • 塗装でメンテナンスしないと雨漏りしやすくなる
  • 塗装が剥げると見栄えが悪くなる
  • 塗膜が劣化したところから破損しやすくなる

スレート屋根を塗装するべき時期は?

見出し画像(スレート屋根 塗装するべき時期とは?)スレート屋根の塗り替え塗装は定期的に行う必要があるメンテナンスです。ではどれぐらいの期間で塗り替えを行えばよいのでしょうか。以下にスレート屋根の耐用年数や、塗り替えを実施する時期についてお伝えしていきます。

スレート屋根の耐用年数

屋根 修理工事 足場スレート屋根の耐用年数は環境にもよりますが、一般的に20年から30年と言われていますが、塗装のメンテナンスは10年に1度を目安に行った方が屋根が劣化しにくくなります。

ただし塗り替えだけでスレート屋根を維持するのは難しいため、スレート材の耐用年数を超過してきたら、張り替えや葺き替えといった屋根の交換工事が必要です。

スレート屋根の塗装に最適な季節

スレート屋根を塗装するのに適した季節があります。屋根を塗装するのに向いている季節は、雨が少なく気候が安定している春か夏頃がおすすめ。雨や風が強いと塗装が行いにくいため、梅雨の時期や秋雨、冬などの時期は避けた方が無難です。

また近年は台風やスコールのような雨が降る梅雨もあるので、悪天候になりそうな時期も避けておきましょう。

屋根の劣化状態に合わせて塗装しよう

スレート屋根を施工してから10年経過していなくても、屋根の劣化が進んでいると感じたら塗装などのメンテナンスをするようにしましょう。具体的には塗装にひび割れができたり、手でなでると粉がつくチョーキング現象が起こったり、スレート材の破損などを見つけたときです。

耐用年数を超えても劣化が少なく塗装や補修などが必要ないということも。メンテナンスの目安は、耐用年数とともに実際の屋根の状態も考慮すると適度なメンテナンスを行うことができます。

まとめると…
  • スレート屋根材の耐用年数は20年から30年ほど
  • 塗装のメンテナンスは10年に1度を目安に行う
  • メンテナンスには雨が降りにくい春から初夏にかけての時期が向いている
  • 10年経過していなくても劣化が強いときはメンテナンスが必要

塗装のサイン!スレート屋根の劣化症状

見出し画像(塗装のサイン!スレート屋根の劣化症状)スレート屋根は耐用年数に満たなくても劣化がある場合はメンテナンスが必要です。具体的にはどんなことが起こったらメンテナンスをするべきなのでしょうか。以下にメンテナンスが必要な屋根の状態をご紹介していきます。

コケが生えている

スレート屋根は塗装の表面がデコボコしていることもあり、雨水などが溜まりやすくコケが生えることもあります。コケがスレート屋根に生えているということは、防藻機能が低下している証拠

コケがスレート屋根に生えるとそこからひび割れや破損などの劣化が始まるため、塗り替えなどのメンテナンス作業を検討しましょう。

ひび割れている

スレート屋根 ひび割れスレート屋根の塗装が劣化すると、表面にひび割れが目立つようになります。塗装のひび割れは屋根材を劣化させるだけでなく、屋根の下の建材も劣化させる可能性が。

雨漏りの危険を回避するためにも、ひび割れを見つけたら補修や塗り替えなどのメンテナンスが必要です。

破損している

スレート屋根の一部でも破損しているのを見つけたら、早急に補修作業が必要です。破損個所から雨漏りなどが起こり、内部の劣化が始まります。破損した箇所がある場合はすぐにでも補修作業を行ってください。

雨漏りしている

雨漏りしている天井屋根から雨漏りしている場合は、屋根だけでなく屋根の下の建材にも劣化が起こっている可能性があります。屋根の劣化が始まっている可能性が高いので、業者に依頼して屋根の状態をチェックしてもらいましょう。

屋根の状態によって補修が必要な範囲は変わってきます。雨漏りは確実に建物に問題が発生しているサインなので、早急に対処するようにしてください。

まとめると…
  • コケが生えてきたら塗り替えのタイミング
  • 塗装のひび割れを発見したら塗り替えを行う
  • スレートが破損していたら早期に補修作業が必要
  • 雨漏りしていたら業者に点検を依頼し早急い対処する

塗装以外のメンテナンスが必要な場合とは?

見出し画像(スレート屋根 塗装以外のメンテナンスとは?)スレート屋根のメンテナンス作業は、塗装以外にもあります。塗装以外のメンテナンス作業が必要になる場合とは、どんなときなのでしょうか。以下に塗装以外のメンテナンスが必要なケースについてご紹介していきます。

屋根が破損している

スレート屋根 破損した瓦塗装が剥げているだけでなく、穴あきなど屋根材自体が破損している場合は塗り替え以外の補修作業が必要になります。大部分が破損している場合は葺き替え作業が、一部だけが破損しているなら部分修理が必要です。

屋根材や内部が劣化している

屋根の塗装が剥げていたりひび割れしているだけでなく、屋根材の内部にまで劣化が及んでいる場合は塗り替えだけで屋根を補修することはできません。

屋根内部の防水シートや屋根材にまで劣化が進んでいる場合は、屋根材の上に新しいスレートを重ねるカバー工法や、屋根自体を交換する葺き替え工事が必要です。

屋根材が寿命を超えている

スレート材自体の耐久年数を超過すると、塗り替えだけで屋根材をメンテナンスすることはできません。屋根材自体の耐久年数を超えた場合は、たとえ塗装を行ったとしても数年で破損が起こってくるでしょう。

耐久年数が過ぎたスレート屋根に関しては、カバー工法や葺き替え工事を検討する必要があります。

まとめると…
  • スレート屋根が破損していたら塗装作業では補修できない
  • 屋根材の内部まで劣化していたら葺き替え工事が必要
  • スレート屋根の耐用年数を超過していたらカバー工法か葺き替え工事

スレート屋根の塗装には「縁切り」が必須!

見出し画像(スレート屋根 塗装には「縁切り」が必須!)スレート屋根を塗装するときに欠かせない「縁切り」という作業があるのをご存知でしょうか。以下に縁切りの作業とはどのようなものか、またどんな効果があるのかについてご説明していきます。

「縁切り」とは?

スレート屋根 劣化「縁切り」というのは、スレート屋根を塗装した際に排水する隙間にたまった塗料を取り除く作業のことです。スレート屋根の構造として、屋根材の隙間に雨水を流して排水する仕組みがあります。

スレート屋根の塗装作業では雨水を排水するための隙間まで塗りつぶしてしまうので、「縁切り」を行って隙間を確保する作業が必要となるのです。

塗装時に縁切りをしないとどうなる?

塗装したときに縁切りをしないと、雨水がうまく排水されません。雨水が屋根の内部にたまり続け、室内に流れ込んできて雨漏りが起こります。

雨漏りが起こることで屋根材だけでなく屋根内部の劣化も進行。屋根の耐久性を大きく下げることにつながるので、縁切り作業は必ず行わなくてはいけません。

まとめると…
  • 「縁切り」とは隙間に入り込んだ塗料を取り除く作業
  • 縁切りをしないと雨水が排水されず屋根の劣化が進んでしまう

スレート屋根の塗装におすすめの塗料はこれ!

見出し画像(スレート屋根のおすすめ塗料)スレート屋根を塗装するときの塗料は、いくつか種類があります。主にどんな種類の塗料が使われているのでしょうか。以下によく使用される塗料をご紹介していきます。

シリコン塗料

シリコン塗料はスレート屋根の塗装に最もよく使用される塗料です。価格が安いためコストパフォーマンスが高く、耐用年数も6年から12年ほどあります。一般的な住宅のスレート屋根に向いており、一番人気の塗料です。

フッ素塗料

スレート屋根 白い塗料フッ素塗料はシリコン塗料よりも価格が高いですが、耐用年数が8年から15年とシリコン塗料よりも長持ちします。耐用年数を長くしたいときや、環境的に屋根が劣化しやすい場合などに使用される塗料です。

遮熱塗料

遮熱塗料とは遮熱機能のある塗料のことです。スレート屋根の塗装に使うことで、屋根のからの熱をある程度カットすることができます。そのため空調の効果が上がりやすく、室内を快適な状態に保ちやすくなります。

ただし価格が非常に高額な割には耐用年数が6年から15年程度(塗料によります)。室外からの熱が入りやすい住宅以外では、あまりコストパフォーマンスが良くない塗料かもしれません。

まとめると…
  • シリコン塗料はコスパが良い塗料で、低価格で耐久性が高い
  • フッ素塗料はシリコン塗料より耐久性が高いが価格が高額
  • 遮熱塗料は熱をカットして空調効果を上げるが価格が非常に高い

スレート屋根の塗装にかかる費用相場は?

見出し画像(スレート屋根 塗装にかかる費用とは?)スレート屋根のメンテナンスにはどれぐらいの費用が必要なのでしょうか。以下にスレート屋根のメンテナンスにかかる一般的な費用を、塗り替え、カバー工法、葺き替えの3パターンでご紹介していきます。

スレート屋根の塗装にかかる費用相場

屋根補修 工事スレート屋根の塗装にかかる費用相場は、30坪程度の住宅で40万円から60万円程です。価格は塗料の価格や必要な屋根の広さや構造の複雑さによっても変動します。また工期は一般的に12日から15日程度です。

スレート屋根の葺き替えにかかる費用相場

葺き替え工事とは、屋根そのものを交換する工事です。屋根材の劣化が激しいときに適応される工事で、30坪の住宅の場合150万円から240万円ほど必要になります。工期は状況にもよりますが6日から10日ほどです。

スレート屋根の重ね葺きにかかる費用相場

お金 費用 外壁塗装 家重ね葺き工事とは既存の屋根材の上に新しいスレート屋根を乗せる工事のことをいいます。30坪ほどの住宅で160万円から250万円程度の費用が必要です。一般的な工期は7日から11日程度となります。

まとめると…
  • 塗装の相場は40万から60万程度で工期は12日から15日が一般的
  • 葺き替え工事の場合は150万円から240万円ほどかかり、工期は6日から10日ほどかかる
  • 重ね葺きの費用は160万から250万ほどで、工期は7日から11日ほど

スレート屋根を塗装する際の注意点

見出し画像(スレート屋根 塗装する際の注意点!)スレート屋根の塗装は比較的難易度の低い塗装工事です。しかし塗装の際には注意するべきこともいくつかあります。以下にスレート屋根を塗装する際に気を付けるべきことをご紹介していきます。

スレート屋根の塗装はDIYでもできる?

スレート屋根 DIYスレート屋根の塗装は案外簡単にできる作業なので、DIYでもできるのではと思う人も多い工事です。しかし屋根の塗装は危険も多く、業者ではない人がDIYで塗装を行うのはおすすめできません

屋根からの落下リスクのほか、塗料が飛散して周辺住民の車などの所有物に付着して損害賠償請求されるというリスクも。塗装技術が低いのでせっかく塗った塗料がすぐに剥がれてしまう可能性も高くなります。

訪問営業の業者に騙されない

塗装業者の中には訪問営業をしてきて無料で屋根診断を行い、必要のない工事まで進めてきたり「今すぐ工事しないと危険だ」と危機感を煽り契約を迫ってくる業者もいます。

危険性を過度に強調したり、「すぐに工事が必要」と言ってくる訪問業者はほぼ悪徳業者だと思っても良いでしょう。後で高額な請求をされる、施工不良で工事し直す必要が出てくるといったことも多いので、訪問業者には依頼をしない方が安全です。

自社施工の会社に依頼して費用を抑える

スレート屋根 業者自社施工の会社とは、依頼を受けたら自社で工事を行う会社のことです。業者の中には受けた依頼を下請け業者に丸投げする会社もあります。

そういった業者は仲介料を取るので工事費用が余分に高額になります。消費者にとって何のメリットもない仲介料金を節約するためにも、施工を自社で行う自社施工の業者に工事を依頼するようにしましょう。

まとめると…
  • スレート屋根の塗装は簡単だがDIYでやるのは危険やリスクが多い
  • 訪問営業の塗装業者は悪徳業者の可能性が高いので依頼しない
  • 自社施工業者に依頼すれば施工費用を節約できる/li>

スレート屋根の塗装は10年程度を目安に検討しよう!

スレート屋根は軽くて丈夫、見た目もおしゃれなので近年人気のある屋根材です。耐久年数も20年程度と長いのですが、定期的に塗装などのメンテナンスをする必要があります。

目安としてスレート屋根を施工してから10年程度経過したら、塗り替えなどのメンテナンスを検討するようにしましょう。その際高額な請求をしてくる悪徳業者に依頼しないように、注意して業者を選ぶことも大切です。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami