外壁の汚れをキレイに!雨だれ・黒ずみのお掃除方法&洗浄の注意点

外壁が汚れてたり、黒ずみが目立つと家全体が薄汚れて見えてしまいます。外壁は家の第一印象を左右する重要なポイントですから、常に綺麗に保っていたいですよね。

外壁の汚れをいつまでも放置すると外観が悪くなるだけでなく、外壁の劣化を招くことにもつながります。せっかく優れた性能をもつ外壁材や塗料を使用していても、汚れのせいで本来の性能が発揮されないのではもったいないですね。

そこでこの記事では、外壁の汚れについてまとめました。汚れの原因やご自宅でできる清掃方法、また業者に依頼する場合の費用やポイントについてもご紹介していきます。

この記事でわかること
  • 外壁汚れの種類と原因、放置するリスクとは?
  • 汚れやすい外壁の特徴と汚れを防止する方法
  • 外壁汚れの掃除方法と業者に頼むべき場合
  • 外壁汚れの洗浄を業者に頼む場合の費用と注意点

外壁汚れの正体は?汚れの種類と原因

見出し画像(外壁の汚れ 種類と原因)

普段気にすることのない外壁の汚れですが、年月が経つにつれ汚れもたまってしまいます。

そもそも、外壁が汚れる原因にはどのようなものがあるのでしょうか?

この章では、まず汚れの種類と原因についてまとめてみました。

雨だれ

雨だれは、外壁に付着していたホコリが雨で流されたものの、その一部が外壁上に残ってしまったことによって起こります。

外壁の窓枠や換気扇の下などに縦に細長い筋のような汚れがあれば、雨だれである可能性が高いでしょう。

雨だれを放置しておくと黒ずみが増し、外壁にこびりついてご家庭での掃除では落としにくくなることもあります。

コケやカビなど

外壁の汚れ(コケやカビ)

外壁に緑色・黒色の汚れが目立つ場合は、コケや藻、またはカビである可能性が高いでしょう。

コケは日当たりが良く、湿気がたまりやすい部分に発生しやすいのが特徴。外壁の近くに草木が多く植えてあるようであれば、コケの胞子が付着していることも考えられるでしょう。

カビは湿気のたまりやすいジメジメした場所や、凸凹面がある外壁に発生します。外壁近くに植物が生えている場合は、湿度が高くなりやすいため要注意。また、隣家や塀と近く日当たりが悪い場合も、カビが繁殖しやすい環境です。

コケやカビが生えた状態で放置すると、見た目を損なうだけでなく外壁を腐食させることもあります。コケやカビは落としにくいので、発見したら早めに対処する必要があるでしょう。

ホコリ

空中には目に見えないチリやホコリがたくさん飛んでいます。近年では、地域によっては海外から風で運ばれてくる黄砂の影響も話題ですね。それらの小さな汚れでも長い年月の間に蓄積されれば、いつの間にか外壁全体がくすんで見えるようになってしまいます。

見た目では汚れ具合に気づかなくても、最後に外壁塗装をした時より汚れているのは確実です。

雨が当たりにくい場所や、風の通りが多い面の外壁はホコリの汚れが落ちにくいことも。その汚れを専門業者に高圧洗浄機で洗浄してもらえば、溜まった汚れが落ちて見違えるような壁の色になるかもしれませんよ。

排気汚れ

外壁の汚れ(廃棄汚れ)

一般的に、窓や換気口の周りにはシーリング材が施されています。シーリング材から溶け出した脂分が雨で流され、外壁に付着したところに排気やホコリなどの汚れがつくことで、黒ずんだ汚れとなって外壁に残ってしまうのです。

シーリング以外にも、シリコンや外壁塗装の油分が溶け出すことも。外壁についた油分の汚れは素人が落とすのは難しいので、業者に依頼するケースが多いようです。

まとめると…
  • 雨だれは、外壁に付着したホコリが雨で流されたもの。単純に付着しているだけならば落としやすい汚れの一つ
  • コケやカビは、凸凹や湿気の多いところに発生しやすい。放置すると腐食の原因になる上、繁殖しやすいため根本的な対策が必要
  • ホコリの汚れは目に見えにくいが外壁に確実に付着しているため、洗浄後の違いが顕著に見られる
  • 排気汚れは、シーリング剤・シリコン・塗装材の油分が溶け出したことが原因。汚れが付着して黒ずんで見える

外壁の汚れを放置するとどうなる?そのリスク

見出し画像(外壁の汚れ 放置するリスクとは?)

外壁の汚れを放置するのは良くないとは分かっていても、ついつい後回しにしがちですよね。

この章では、放置するとどのようなリスクがあるのかをまとめました。

見栄えが悪くなる

外壁や屋根の汚れは意外と目につくものです。家の見た目のほとんどを占める外壁が汚れていては、家全体の印象が一気に悪くなってしまいます。目立つ汚れを落とすだけでも、だいぶ印象も変わるかもしれませんね。

マイホームを美しく保つには外壁の汚れを定期的にチェックし、早めに除去するようにしましょう。

塗装面の性能が低下する

外壁の汚れ(内部に入った水分と湿気)

外壁の塗料は、耐水機能を備えたものがほとんど。それによって雨風から家を守ってくれるのです。

しかし、コケやカビなどによって腐食が進めば、外壁材や塗装材が本来もつ優れた性能が発揮できません。腐食したまま放置し続けると、外壁材の内部に水分が浸入して雨もりが発生することもあるようです。

また、塗装の性能が落ちると外壁の劣化を招く原因に。劣化が進んでから対処を始めば大規模な工事が必要になるかもしれず、そうなるとリフォーム費用が余分にかかってしまいます。お住まいの寿命を維持するためにも、外壁の汚れはマメに掃除するようにしましょう。

まとめると…
  • 外壁の汚れは見栄えが悪い
  • コケやカビは長く放置すると外壁の塗装を侵食。それにより外壁材や塗装材の性能が落ちる
  • 汚れを放置することは、家の寿命にも悪影響を与える

汚れやすい外壁の特徴はこれ!

見出し画像(汚れやすい外壁の特徴はこれ!)

外壁の特徴によって汚れの見えやすさ、目立ちやすさは変わってきます。

ここからは汚れが目立ちにくい外壁の色と特徴について紹介していきますね。

汚れが目立ちやすい色の外壁

まず、汚れが目立ちやすい外壁の色には、主に以下の色があります。

  • 白・黒
  • 赤や黄色などの原色に近い色

・白と黒は汚れが目立つ色です。真っ白の外壁はあらゆる汚れが目立ちますし、黒は水アカなどが白く浮き上がってしまいます。

・赤や黄色といった原色は、紫外線による色劣化がしやすい色合いです。色あせした外壁に、さらに雨だれ・排気汚れ・コケやカビなどが付着するとより汚く見せてしまいます。

逆に、ブラウン・グレーは汚れが目立ちにくい色と言えます。汚れの色と近い色合いなので、汚れが付着してもカムフラージュ効果によって汚れが目につきにくいのです。他にも、アイボリー・ベージュ・クリームなどの淡い色も汚れが目立ちにくい傾向があります。

凹凸が多い外壁

壁面に凹凸が多いと、その分汚れが付着しやすくなります。これは、模様や隆起の隙間に汚れや雨水が入り込んでしまうためです。

モルタル外壁の中でもリシン仕上げやスタッコ仕上げは表面の細かい凸凹がデザインの特徴ですが、短時間で汚れてしまうデメリットも。

ご家庭で掃除する場合は、高圧洗浄機だけでは汚れが取れないこともあり、また水圧によって表面の凸凹が破損する恐れもあるため注意が必要です。

山や海が近くにある住宅

外壁汚れの原因(山や海が近くにある)

お住まいの近くに山や森林があると、コケの胞子や虫が多く外壁が汚れやすくなります。

海が近くにある場合は塩害が発生しやすいため、外壁の劣化につながることもあるでしょう。

湿度が高い地域もコケや藻、カビといった汚れがつきやすくなります。コケやカビは発生も繁殖も早いので、小さい汚れでも油断は禁物です。

まとめると…
  • 白や黒、また赤や黄色といった原色の外壁は汚れが目立ちやすい
  • 外壁表面に凸凹が多いと、汚れが入り込みやすく洗浄しにくい
  • 山が近い家はコケ・藻・カビがつきやすく、海に近いと塩害の被害を受ける可能性がある
「外壁塗装ほっとらいん」では、あなたのおうちの外壁塗装にかかる費用相場をチェックすることができます。

もちろんチェックは完全無料&匿名。

いくつかのチェック項目を入力するだけで、塗装にかかる適正価格が簡単にわかりますので、ぜひお気軽にチェックしてみてくださいね!

外壁汚れの掃除方法

見出し画像(外壁汚れの掃除方法)

外壁の掃除には、ご自分でやる方法と業者に依頼する方法とがあります。

この章では、ご家庭でできる清掃方法についてご紹介します。

必要な道具

外壁掃除に必要なスプレー

amazonより引用

外壁の清掃に最低限必要な道具は以下になります。

  • ブラシ
  • 外壁洗浄剤(研磨剤が入っていないものがおすすめ)
  • ゴム手袋
  • バケツ
  • ホース
  • レインコート(身体を保護するため)
  • ゴーグル(目を保護するため)
  • 必要に応じて脚立、はしご、高所用モップ、など

ほとんどのものがホームセンターなど身近なところで購入できます。また、高圧洗浄機があれば広範囲の汚れやしつこい黒ずみなどを効率よく落とすことができるでしょう。

次の中見出しからは、実際の清掃方法について見ていきましょう。

掃除方法①まずは水洗い

外壁の掃除 水洗い

まずは、ホースや高圧洗浄機で外壁全体の汚れやホコリを洗い流します。

本格的に掃除に入る前にしっかりと簡単な汚れは落としておきましょう。

掃除方法②ブラシと洗剤で汚れを落とす

ブラシでゴシゴシと強く汚れを落とそうとするのではなく、外壁を傷つけないように優しく洗いましょう。外壁材を傷つけてしまうと素材の寿命が縮み、劣化しやすくなります。特にシーリングのようにゴムのように柔らかい目地部分は、ブラシでこすらないようにしてください。剥がれると外壁の劣化が一気に進んでしまいます。

外壁を洗浄する際は、必ず高い場所を行ってから低い場所の洗浄を行うようにしましょう。低い場所から始めてしまうと、高い場所を洗った際に発生した汚れが低い場所に流れ落ちてきて、低い場所が汚れてしまいます。

掃除方法③洗い流す

丁寧に汚れを落としたら、最後にホースを使って洗い流しましょう。

高圧洗浄機を使う場合は、圧力は弱めにして外壁を傷つけないようにすることが重要です。

まとめると…
  • ブラシでこする際は外壁を傷つけないよう注意する
  • 外壁を掃除する場合は高い場所から行う
  • 外壁汚れの掃除は高圧洗浄機があると便利

外壁の汚れを防止するには?

見出し画像(外壁の汚れ 防止するには?)

外壁のこまめの清掃も大切ですが、汚れを予防するにはどのようなことに注意すればいいのでしょうか?

この章では、汚れを最小限に抑えるための方法をご紹介します。

凹凸が少ない外壁にする

外壁が汚れにくい凹凸の少ない壁

壁面に凸凹があるとおしゃれに見えますよね。しかし凸凹の部分に汚れがたまってしまうため、汚れを少しでも抑えたければ避けた方がいいデザインなのです。外壁表面に凸凹が少ないほど、汚れがつきにくくなります。

外壁材を選ぶ際は、凸凹が少ないデザインを選ぶようにしましょう。

可能なら空気の循環を促す

湿度が高くなるとカビやコケが生えやすくなります。カビは菌、コケは植物と違いはありますが、どちらも水分や湿気のある場所に生息するのが特徴。

カビやコケを避けるには、建物の近くに植物を植えない、大きなものを置かない、塀との間にスペースを作るなど、風が通りやすいようにして外壁周辺の空気の循環を促すようにしましょう。

汚れの少ない地域に住む

外壁の汚れをより少なくしたいなら、自然や海から遠い地域や、黄砂の影響が少ない場所に住むのも一案です。

森林が多い地域だと、季節によっては飛散した花粉やコケの胞子、チリ、ホコリで外壁が汚れます。

海に近い地域に住むと、塩害の影響で外壁が剥げる恐れもあるようです。「塩害」とは海水が蒸発し、塩気をまとった空気が外壁に付着することで障害が生じること。外壁についた塩分は塗装の劣化を促進させたり、金属部を腐食させることもあります。

汚れに強い塗料に塗り替える

外壁汚れに強い塗料

外壁のデザインに種類があるように、塗料にも種類が存在します。ここでは、汚れに強い塗料の種類について紹介します。

まずは光によって汚れを分解する塗料「光触媒」をお勧めします。光触媒塗料は次世代塗料として登場した最新の塗料です。

セルフクリーニングという汚れを落とす機能があり、雨と日光の力を利用してで汚れを落としてくれます。つまり、自然の力で汚れを落とすことができるのです。他にもカビや藻にも強いというメリットがあります。また、耐用年数が約20年と長いのもメリットとして挙げられます。

しかしながら、もちろんデメリットも存在します。一つは他と比べコストが高い点です。塗料の中で最も高いグレードだそうです。他にも色や艶の種類が少ない点や、屋根用の塗料がない点、塗る職人によって差が出やすい点などが挙げられます。

さらに、メリットとして挙げられていた雨と日光の力を利用して汚れを落とす機能についてですが、日当たりの悪い場所や雨がかかりにくい場所であると、当然その能力は全くと言っていいほどに発揮されません。

メリットがデメリットを凌駕しているというならば、根本的に外壁に汚れをあまり付着させず汚れにくい綺麗な外壁を長期間維持させる事が出来るため、光触媒塗料をお勧めします。

光触媒塗装のメリット&デメリット
  • 自然の力で汚れを落とすことが可能
  • カビや藻にも強い
  • 耐用年数が長い
  • コストが高い
  • 日当たりの悪い場所や雨がかかりにくい場所であると能力が発揮されない

一般的な塗料でも汚れに強い「フッ素塗料」などもあります。塗料の主成分が合成樹脂で、その樹脂にフッ素が含まれているのがフッ素塗料です。外壁塗料の主流のウレタン系塗料やシリコン系塗料よりは高価ですが、光触媒塗料よりは安価です。耐熱性、親水性、防カビ/防藻性、耐候性、耐摩耗性があるなどたくさんのメリットが存在します。

デメリットはやはり価格が高いことが挙げられます。また、フッ素塗料は非常に強いツヤを持つ塗料のため安っぽく見えてしまう可能性があります。

塗料の特徴を知った上で、塗り替えの際に自分の家に合った塗料はどれなのかじっくり検討してみてください。

フッ素塗料のメリット&デメリット
  • 耐熱性
  • 親水性
  • 防カビ/防藻性
  • 耐候性
  • 耐摩耗性
  • 光触媒塗料ほどではないがコストが高い
  • 非常に強いツヤを持つ
まとめると…
  • 外壁の汚れを防ぐには、凹凸の少ない壁にするか汚れの少ない地域に住むのが有効
  • 外壁のコケやカビは、空気の循環を促すことで繁殖を防げる
  • 汚れに強い塗料に塗り替える場合は、塗料のメリットとデメリットを踏まえて選ぶ

外壁の掃除を業者に頼むべき場合は?

見出し画像(外壁の掃除 業者に頼む場合とは?)出来る限り外壁の掃除は自分でやりたいけど業者に頼むことも考慮したいという方もいらっしゃるでしょう。どのような場合業者に頼むべきなのかをここでは共有します。

2階建て以上の住宅で高所作業が危険な場合

業者に依頼が必要な高所の外壁汚れコストを抑えたいのなら出来る限りの事はやるべきですが、あなたの安全性のほうが何よりも大事です。慣れていないために外壁の高い部分の掃除の際にうっかり足を滑らせて落ちてしまったという方もいます。

外壁の掃除なんてやったことないし、家は二階建てで外壁の上の部分の掃除は不安という場合は思い切って業者に掃除を任せてしまいましょう。

外壁の寿命が短くなるのが嫌な場合

自分のスキルに自身がなかったり、少し不器用だと感じている方は業者に甘えてみたほうが良いかもしれません。素人が手を出してしまったがために外壁が劣化してしまったとなれば、せっかく頑張って掃除をしたのに報われず、無駄な努力となってしまいます。

時間と手間が惜しい場合

自分でやってもいいけど仕事や育児などで時間が確保できなかったり、正直外壁の掃除なんかに時間をかけたくはないと思われる方はいらっしゃるでしょう。しかし、だからといって外壁の掃除を怠るとどんどん汚れていき取り返しのつかない状態に陥ってしまいます。自分で出来なければ思い切って業者に頼んじゃいましょう。

まとめると…
  • 高所の外壁の掃除は、安全性を考え業者に依頼する
  • 外壁の掃除は、素人が行うと劣化につながる場合もあるので注意する

洗浄を業者に頼む場合の費用や注意点

見出し画像(外壁の洗浄 業者に頼む費用と注意点)業者に委託しようと決めたはいいものの、費用がどれくらいかかるかわからなければ不安ですよね。ここからは業者に頼む上での費用や注意点についてお教えします。

外壁の洗浄を業者に頼む費用相場

基本的には3〜5万円程度とされています。ただし足場が必要となった場合は10万円程度の追加費用が必要です。節約したいのなら足場を事前に用意しといたほうが良いでしょう。

外壁の洗浄を業者に頼む注意点

まずは見積もり内容を確認することが大切です。例えば、使う洗剤の種類や作業工程が記載されているかどうかなどをチェックしておくべきでしょう。

また、訪問営業の会社には依頼しないようにするべきです。実は訪問営業の会社は外壁を傷つけたりしてトラブルが起こりやすいのです。

質問に具体的に答えてくれるかチェックしましょう。質問できた場合、安心できるまで何度も質問し、納得できる回答が得られた業者だと信用性が高いと言えます。

まとめると…
  • 外壁の洗浄を業者に頼む際の相場は3~5万円。足場が必要な場合は追加で10万程度費用がかかる
  • 見積内容はしっかりチェックする

洗浄ではなく塗り替えが必要な場合もある

見出し画像(外壁の汚れ 塗り替えが必要な場合も?)外壁を洗浄することで劣化を抑えることはできますが、掃除だけでは十分でない場合もあります。その際には塗り替えが必要となります。塗り替えが必要となるのはどういう場合か、どうやって判断すべきかの情報をこれから紹介します。

塗膜の劣化によって汚れもつきやすくなる

外壁は10年程度が塗り替えの目安です。長く放置すると汚れだけではなく外壁素材の劣化にもつながり、塗装だけでは対処ができなくなります。

塗り替えの目安となる症状をチェック!

  • チョーキング
  • ひび割れ
  • 塗装の剥がれ

外壁に触ると粉がつく現象をチョーキングと呼びます。この状態であると塗装の機能が低下と言えるため塗り替えを検討するべきでしょう。

外壁に亀裂が入っている現象がひび割れです。指が入るくらいの亀裂だとすぐに補修が必要です。放置すると雨漏りの原因にもなり得るため注意が必要です。

塗装の剥がれもまた塗り替えが必要なサインです。塗装が剥がれてきた場合は塗り替えの目安だと考えるのが懸命でしょう。

まとめると…
  • 外壁の塗り替えは10年程度が目安
  • チョーキング・ひびわれ・塗装の剥がれは塗り替えが必要なサイン

外壁の洗浄は業者に依頼するのが確実!

もちろん前述した通り、自分で外壁の掃除を行うことは可能です。しかし、あくまで素人であるため完璧に掃除を完了させることは難しいでしょう。もしあなたがマイホームを大切にしていて、外観を綺麗に保ちたいし外壁を劣化させたくないと思うならば、業者に依頼しましょう。自分で行うよりは確かにコストは高くなってしまうかもしれませんが「確実」であると言い切れます。

外壁・屋根塗装をお考えの方へ
外壁塗装や屋根塗装は、一生に数回しかない大きな買い物の一つです。

しかし、外壁塗装の「価格相場」というのはとても複雑。外壁の状態や使用する塗料によって金額が大きく変動するため、素人がその適正価格を見極めるのはとても難しいのです

中にはその複雑さに付け込み、不当な価格を要求したり手抜き工事をする悪質な業者も…

「外壁塗装ほっとらいん」では、厳正な審査をクリアした優良業者のみを無料でご紹介しています

ご自宅の相場がわからないという方も、今の業者でいいのかな…と不安な方も、ぜひ一度見積もりをしてみてはいかがでしょうか?

外壁・屋根塗装の相場 を今すぐチェック▶︎▶︎
Bitnami